仕事と子育てを両立。働くママを、もっと笑顔に!>>

カラーレーザの複合機を検討しています。いくつか質問がございます。
(1)複合機はコピー機とどう違うのか?(速度、印刷コストなど)
(2)インクジェット機は使わなくてもインクが消耗するが、レーザでも同じか?
(3)中古を購入するとメンテが大変か?
(4)モノクロだけの印刷では、モノクロレーザ専用機とカラーレーザ機で印刷コストや仕上がりは異なるのか?
少人数のオフィス用です。よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

プリンタの修理屋です。



他に詳しい方がたくさんこたえられていますので、補足程度ですけれど・・・

(1)、比較の意味がいくつか出てくるのですが、現在はほぼ意味はない比較です。
その昔、コピーと言えば原稿に光を当てて、その光をミラーやレンズで感光体に送り画像を作っていました。現在ではアナログコピーと言われるものです。
その後、コピー機の画像形成部分をレーザー光線で行うレーザープリンタが登場しました。
さらに、スキャナが登場し、レーザープリンタとスキャナを組み合わせて、デジタルコピーになったわけです。
画像を一度データー化して、プリンタ部に送るわけですから、その途中でPCからの入力ポートを作るだけでプリンタとして使えました。
また同様にスキャナからの出力ポートを用意しておけば、PCからスキャナとして使うことも出来たわけで、これが複合機と言われる所以で現在もこのスタイルは基本的に変わっていません。
スキャナ部とプリンタ部の間に電話回線などの通信ユニットを組み合わせればFAXにもなります。

オフィス用の複合機としてはFAX付きでネットワーク対応と言うのが標準でしょう。

比較があまり意味がないといったのは、現在ではアナログコピーは家庭用の機種でわずかに残っている程度、またデジタルコピーを複合機化してもさほどのコストアップにはなりませんので、コピー専用機と言うものも少なくなりました。
あっても上位機種からプリンタボードを省いた廉価版と言うものですので、コストやスピードなどは一緒と言うことになります。

(2)、カラー調整でトナーを消費することを指摘されている人がいますけれど、インクジェットのクリーニングなどと違い、ごく微量ですのでコストに影響するようなものではありません。
カラー調整と言われていますけれど、4色のトナーが決められた位置にキチンと転写しているかの確認で2cm程度の十文字、細線のパターンを数箇所に転写し、それをセンサで拾って補正する動作です。
電源を切っておけば良いという判断をされたようですが、電源投入時に行われることが多いはずですので、逆効果かも。

(3)、これは機種と程度しだいですね。カラー機の場合レーザープリンタでも定期交換を必要とするユニットが出てきます。
一部のレーザープリンタではユーザーが交換できるようになっていますけれど、カラー(レーザー)複合機の場合は保守対応の物が多くなりますね。
メーカーに申し込めばよほど古い機械でなければ保守契約は受けてくれるでしょうから、機種選定の時点で問い合わせればよいでしょう。
トナー込みという話もありますけど、これも機種によって変わりますので、一緒に確認すればよいでしょう。

(4)、モノクロのみの印刷の場合、コストに関してはトナーの価格と感光体などの消耗品の価格差だけです。
カラーでモノクロ印刷を行ってもカラートナーは消費されませんし、ドラム類もトナーをのせることが無いので消耗はさほど進まないはずです。(メーカーの寿命計算もそうなっているはずです)

画質に関しては見かけは一緒でしょうけど、意味的にはかなりの差が出てくる場合があります。

まず、最大の差はトナーの溶ける温度です。
正確な値も公表されていませんが、カラーの方が少なくとも30度程度は低くなっています。

ごく個人的な印象ですけど、モノクロ専用機の方が「硬い」という印象があります。
まぁ、差は微々たる物で、個人的な思い込みだろうとは思いますけど、なれた人間が見ればモノクロ専用機で出力したものか、カラー機で出力したものかの差は(かなりの確率で)分かります。
ただ、それが実務に影響するかと言えば、こたえは「NO」です。


質問から少しそれますけど、オフィス用のコピー機で勘違いされているかも知れませんので、一応。

コピー機で感光ドラムという部品は消耗品であり、定期的に交換しなければなりません。
ところが、新品のコピー機には付属しておらず、メーカーから別途出庫され、サービスマンによって組み込まれます。
感光ドラムはメーカーからの貸与という形で出庫されますので、使用が完了して手放す場合、メーカーに返却しなければなりません。
感光ドラムの費用は保守契約の料金の中に含めれているわけです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうもありがとうございます。
いろいろと意見を頂いて考えたのですが、複合機でもスキャナーとプリンターに分離できるタイプで検討してみたいと思います。いずれか故障しても単独で機能するので。それと、カラー機にすれば、兼用できてよいと思いました。

お礼日時:2009/05/07 05:50

No5です。


先ほどの回答の追加です。

2のトナー消耗ですが、最近の複合機はトナー込みの保守が一般的なのでトナーは消耗しますが費用面では心配いりません。(機種やメーカーによりますので確認してみて下さい。)

4の印刷品質も最近の機器と付け加えます。少し前の機器はオイルを使った方式が多く表面がてかてかしていたりしました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうもありがとうございます。
あのテカテカはオイルを使ったトナーだったのですね。
少し前の機種でオイルを使っていないトナーに切り替えはできるのでしょうか?

お礼日時:2009/05/06 23:34

1、複合機はコピー意外にFAXやプリンターやスキャナーを複合した機械です。


基本は同じなので速度や印刷コストはほぼ同じです。

ただし購入価格は複合機のほうが当然高いです。

2、消耗品の消費は、インクジェットよりは目立ちませんが、カラー調整をしますのでトナーは消耗します。

3、中古のコピー(複合機)はやめたほうがいいです。
複合機も日々進化し、コストダウンされています、メンテナンスもそうですが後々後悔するはずです。

4、一枚当たりの単価は最近の機種ではほぼモノクロ機とカラー機の差はありません。
基本料金がややカラー機の方が高いかもしれません。

仕上がりはモノクロ印刷であれば変わりません。

ただし電源をいれて1枚目の印刷にかかる時間はカラー機は若干遅い事が多いです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

(2)やはり消耗しますか。
(3)新品だと手が出ないのですが、後悔するのであれば検討してみたいと思います。
(4)仕上がりは同じですか?それであれば兼用できるのでカラーレーザにしたいと思います。
どうもありがとうございました。

お礼日時:2009/05/06 22:01

1.複合機=ファックス、プリンタ、スキャナなどの機能も付いているもしくは付けることができます。


 速度はどちらも同じようですが、印刷コストについては、使用頻度が少なければコピー機のほうが割安だと思います。多分ギャランティ契約で1枚当たり○○円となると思います。複合機では普通にプリンタとして印刷しても単価契約の金額が発生します。単価契約にインク代やドラム交換費用、メンテナンス費用なども含まれている場合があるので、その辺も考慮されるとよいかと思います。
2.レーザーは使わなければ消耗しないと思っていいです。
3.中古だと、その機種の使用頻度がわからないので、中古だとメンテナンスができる期間なども短くなる場合もありますので注意してください。
4.印刷コストはモノクロ専用機のほうがかなり安いです。また、仕上がりですが、カラーの黒だと光沢のある文字になってしまうものが多いので、文字が読みにくい方もいらっしゃると思います。
コストもそうですが、設置場所のスペースなどもご検討されることをおすすめします。また、トナー代やドラム代も結構なお値段になりますのでその辺のランニングコストの比較も含めてご検討してください。
上記の回答は、あくまでも本体をリース契約で、使用料を単価契約としての話ですので、購入される場合には参考にならないかもしれません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳しい回答をありがとうございました。
(2)電源を切っておけば消耗しないのですね。助かりますね。使うときだけ電源を入れるようにすると節約になるということなんですね。
(4)カラーレーザーで印刷するとちょっと光沢のある文字になりますが、普通の白黒文書をカラーで印刷しても同じようになってしまうということなんですね。そうするとモノクロの印刷が多い場合、モノクロ専用を購入する方がいいのですね。わかりました。

お礼日時:2009/05/06 21:53

1.コピー機にFAXやネットワークプリンタの機能を追加したモノが複合機です


2.インクと同じようにトナーを消費します
インクジェットのヘッドと同じようにドラムも消耗品です
コスト的にはインクよりも安価になることが多いです

3,大変と言うより、中古のコピーは出張メンテを受けてくれないメーカも多いです

4,印刷解像度等の基本性能によります
基本性能が同じならモノクロ専用機でもカラー機でも同じです
    • good
    • 0

1.色々違います


2.んな事は無い
3.そーでも無い
4.異なります


複合機、壊れた時にその他の機能が使えなくなりますので、困りますよ
    • good
    • 0
この回答へのお礼

さっそくありがとうございます。
昔のテレビデオみたいなんですね。わかりました。

お礼日時:2009/05/06 21:47

複合機とはカラーコピー機にスキャナやFAXなどの機能を統合したものです。

    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q複合機(プリンター)のデメリット・ メリットは?

エプソンのプリンター(820C)が 目づまりを起こし 修理しようか?複合機を買おうか?
迷っています。

複合機のメリット・ デメリットを教えていただけませんか?

( 現在 ご使用の方のお話もできればお聞きしたいのですが・)

お願いいたします

Aベストアンサー

私は今、『EPSON PM-A850』を使用しています。
ここ最近の複合機はずいぶんと値段が下がって、一昔前のプリンター機能だけのものと変わらない値段で
購入できるようになりました。
しかも性能もかなり上がってきています。
ですので、複合機のメリットと言えば『お手ごろな値段でなんでもできる』というところです。
プリントはもちろんの事、コピーをとるためにコンビニに10円玉を持って走ることもないし、憧れのスキャナ機能もついてる、写真プリントもパソコンの電源を入れなくても出来る等ですね。

デメリットは『各機能が専用機よりも性能が落ちる』事ですね。
プリントスピードやコピー、スキャンの画質等ですね。
ですが、よっぽど画質等を気にする方でなければ、特に問題なく使えると思いますよ。

Q多機能プリンターと複合機の違いは?

多機能プリンターは超すごいプリンターだけどスキャナーはできなくて、
複合機は普通だけど、コピーとスキャナーが出来る

と言うことでしょうか?

Aベストアンサー

プリンタの修理屋です。

一緒のものです。

言葉の定義は非常に曖昧で、メーカーによっても複数の表現を使っています。
たとえば、キヤノンの場合、
「インクジェット複合機」:http://cweb.canon.jp/product/mfp/index.html
「オールインワン」:http://cweb.canon.jp/pixus/lineup/index.html?id=pix2

エプソンでは、
「多機能モデル」:http://www.epson.jp/products/colorio/printer/multi/
「複合機」:http://www.epson.jp/products/printer/

と言う感じで、商品を取上げるシーンで使い分けている感じです。

キヤノンでは、普通のプリンタは「A4」、「A3」、「プロフェッショナル」と言う感じで表示しています。

エプソンで「多機能モデル」と表示している場所は、「単機能モデル」と並んでいるとき。



hpでは、
「複合機」と「単機能」、さらに「コンパクト」と分けています。
hpでコンパクトを分けているのは理由があると思います。
モバイルプリンタを販売しているのは、キヤノンとhpだけなので、後発のhpは強調したいのでしょう。


また、各社とも他社と同じくくりにはしたくないので、表現を微妙に変えているのかも。

プリンタの修理屋です。

一緒のものです。

言葉の定義は非常に曖昧で、メーカーによっても複数の表現を使っています。
たとえば、キヤノンの場合、
「インクジェット複合機」:http://cweb.canon.jp/product/mfp/index.html
「オールインワン」:http://cweb.canon.jp/pixus/lineup/index.html?id=pix2

エプソンでは、
「多機能モデル」:http://www.epson.jp/products/colorio/printer/multi/
「複合機」:http://www.epson.jp/products/printer/

と言う感じで、商品を取上げるシーンで使い分けている感じで...続きを読む


人気Q&Aランキング