現在、日立HDT722525DLA380(250GB)をシリアルATAケーブルで繋いで使ってるんですが
このHDDはシリアルATAII対応なんですがシリアルATAケーブルとシリアルATAII対応ケーブル使うのとでは転送速度や読み込み、書き込みは速くなるんでしょうか?
ちなみにマザーボードはシリアルATAIIに対応しています。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

SATAとSATAIIケーブルは一緒ですよ。


ただSATA時代にケーブルが抜けやすいモノでしたので、
L字タイプや抜け防止ロック付き等が売られているだけです。
中にはノイズ強化とか色々うたっているものもありますが・・・

ですので問題ないです。HDD側は出荷時にSATA2仕様になっていないものもあります。
逆にマザーがSATA2モードで認識しないのもあるので注意が必要です。
(まぁ、現状ではSATA2とSATAで体感変わらないと思います)
    • good
    • 0

#3の方に質問です。



wikiからの転載みたいですがそれはS-ATA自体の規格であって、別にケーブルの規格ではないのではないでしょうか?

もしケーブルが違うのであれば興味がありますので、参考URLを教えていただきたいです。
    • good
    • 0

シリアルATA 1.0 (S-ATA)


150MBytes/secの転送速度を持つ。
Generation 1:1.5Gbit/sec 現行コネクタで対応
Generation 2:3.0Gbit/sec 現行コネクタで対応
Generation 3:6.0Gbit/sec 新しいコネクタで対応

シリアルATA 2.0 (S-ATA 2)
Serial ATA 1.0aを基に拡張したもの。Serial ATA 1.0a策定後から2004年頃までにとりまとめられた技術的な拡張全体を指す(エラー訂正などの都合のため、1バイトの情報の転送に実際は10ビットが必要)。
Serial ATA300とも書かれるように300MBytes/secの転送速度を持っている
NCQ (Native Command Queuing) やマルチポート等の概念を入れる
15ピン電源端子にアクティブLEDやスピンアップ制御機能をオプション扱いで盛り込む
インターフェイス仕様の統一の為AHCI (Advanced Host Controller Interface) という標準インタフェース仕様が規格化された。ATAエミュレートが不要な為性能も向上する。

シリアルATA 2.5 (Serial ATA Revision 2.5)
2005年8月23日付 SATA-IO、シリアルATAのRevision 2.5仕様を策定

SATA 1.0aとSATA 2.0の拡張仕様を統合

シリアルATA 2.6 (Serial ATA Revision 2.6)
2007年3月5日付 SATA-IO、シリアルATAのRevision 2.6仕様を策定

小型フォームファクタ用スリムドライブ向けのスリムケーブルとコネクタ
1.8インチHDD向けのMicro SATAコネクタ
Mini SATAの内蔵/外付けマルチレーンケーブルとコネクタ
複雑なワークロード環境のデータに対するネイティブ・コマンド・キューイング(NCQ)の優先度の強化
NCQのアンロードの強化

シリアルATA 3.0 (Serial ATA Revision 3.0)
2008年8月18日付 SATA-IO 発表、2008年後半に策定完了

低コスト・低消費電力の方向性を継続
既存のコネクタ形状を維持
転送速度 6Gbps サポート

eSATA
External Serial ATAの略称。字の綴りから「イーサタ」等とも呼ばれるSerial ATA 1.0aの拡張規格で、外付けドライブ向けに定義されたもの。

誤接続を防ぐ為、eSATAのコネクター形状はシリアルATAのコネクター形状とは違うものになっている
接続ケーブルの長さは最大2m
ホスト (コンピュータ) の電源を入れたまま、接続ケーブルを抜き差し出来るホットプラグに対応
現在主流のUSB2.0接続の5倍以上の速度で通信可能
2000年11月にシリアルATA 1.0が発表された。この時に、2007年頃(シリアルATA 3)までの大まかな開発予定も示された。

シリアルATA 2 ワーキング・グループの発足は2002年2月。後にSATA-IO (Serial ATA International Organization) へと改名。

シリアルATA 2という表記は当初、商品性能表記での混乱などもあり、特定の機能であるNCQや転送速度300MBytes/secを表す名前だという誤解があった。正しくはシリアルATA 2 ワーキング・グループが策定した(策定を目指す)規格全体の総称と考えるべきものである。2005年にはこのような誤解を避けるため、SATA1とSATA2を単一規格にまとめたSerial ATA2.5が発表された。 発売当初は形状の規格が混乱した状態にあった。その為当初市場に出回った非常に「抜け易い形状」のシリアルATAケーブルやコネクタが混在する点には注意が必要である。

ウィキから引用しました、他の2人が同じものですよと言ったのは今シリアルATA2.5になってるからです。一番最初のSATAは150M/秒
の転送速度、2番目のSATAは300M/秒、最近増えてるのがSATA2.5です。1番目と2番目の統合したものコネクタでスピードが変わる。
対応した機器がもちろん必要です。
    • good
    • 0

ケーブルはS-ATA用もS-ATA2用も同じものなので違いはないと思います。

    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qハードディスクに関してUltra ATAとシリアル ATAとシリアル ATA RAID0キットの違いは何ですか?

ハードディスクに関してUltra ATAとシリアル ATAとシリアル ATA RAID0キットの違いは何ですか?

Aベストアンサー

下記の情報通信辞典でそれぞれ詳しく解説しています。
それぞれハードディスクの規格の違いですが、
UltraATAは通常の規格でその中でも転送速度の違いからDMA66とか100とか、(数字の大きい方が速い)種類があります。
シリアルATAは最近出てきた、より高速のハードディスクの規格です。上記のハードディスクより1.5倍以上高速です。速いものはもっと速いです。
シリアルATARAID 0(ゼロ)キットというのは、
そのシリアルATAのハードディスクを使って、レイドというシステムで更に高速化できるものです。
レイド・ゼロはストライピングといい、2台以上のハードディスクをあたかも1台の様に使用する事で高速化するものです。しかし、レイド・ゼロは、データ破損の危険が大きいため(1台でもハードディスクが壊れると全てのデータが壊れる)通常は使用しません。レイドにはゼロから5迄色々種類があり(1台を通常に使って2台目は同時にバックアップ出来る等)ますが、高速化のためには、劇的な効果はないようです。

参考URL:http://e-words.jp/p/c-computer-io-ide.html

下記の情報通信辞典でそれぞれ詳しく解説しています。
それぞれハードディスクの規格の違いですが、
UltraATAは通常の規格でその中でも転送速度の違いからDMA66とか100とか、(数字の大きい方が速い)種類があります。
シリアルATAは最近出てきた、より高速のハードディスクの規格です。上記のハードディスクより1.5倍以上高速です。速いものはもっと速いです。
シリアルATARAID 0(ゼロ)キットというのは、
そのシリアルATAのハードディスクを使って、レイドというシス...続きを読む

QATA66/100ケーブルとATA100/133ケーブルとATA66ケーブルとATA100ケーブルと違い?

ATA66/100ケーブルとATA100/133ケーブルとATA66ケーブルとATA100ケーブルと違い?
ATA66フラットCABLE1:2が300円で売っていて、
ATA100フラットケーブル1:2が500円で販売店で売ってました、店員に違い何が違うのか聞いたところ、同じケーブルで値段が違うだけといわれました。
ATA66でつかってもATA100ケーブルで使っても同じSPEEDが出るということでした。
ATA66とATA100は同じということはわかりましたが、ATA133ケーブルは何か違うのでしょうか?

Aベストアンサー

補足です。

規格上は同じですが、#2で答えられてる方がいますように、
ATA66で動作してもATA133では動作が不安定にある場合があります。

理由は、電気信号の余裕とでも言いましょうか、品質の精度とでも言いますか、
ATA133で動作できなくてもATA66で動作するなら、ATA66対応として売られます。
このようなところに原因があります。

QシリアルATA(SATA)の延長ケーブルの互換性について。

最近、パソコン電源を交換しました。
旧電源を使用していた頃は、2本のSATAケーブルが二手に分かれていて、
30cm弱離れて設置されているDVDドライブとHDDそれぞれに問題なくSATAケーブルを接続することができていましたが、
新電源のケーブル設計では、二つのSATAケーブル端子が10cmほどの間隔で存在し、
この状態ですとお察しの通り、DVDドライブとHDDそれぞれに同時に電力を供給することができませんので、
そのために延長ケーブルなるものをこの度、探すことにしました。
(現在は、HDDを優先し、DVDドライブには電力が供給されていません。)

もっとも、延長ケーブルを用意せずに、ドライブ2つを近づける改造をするという方法も検討しましたが、
色々と面倒なことになりそうなので今回は見送りました。
さて、この状況において、延長ケーブルがベストな解決策だと思っていますが、
その延長ケーブルの選び方についてどなたかアドバイスしてください。
ただ、当方はパソコンには詳しくありませんので、
できるだけ優しく教えて頂けると助かります。

SATA方式には、SATA2というものもあるようなので、
互換性の問題で、
延長ケーブルを購入しても結局使えないなんてことになるのではないかとか、
端子のタイプも色々あってどうたらとか、
ケーブルの長さが長いとデータ転送速度が落ちるとか、
そういった細々としたことについて、ずばっと教えて頂きたいなと思っています。

なお、新しい電源は「パワグリ400W」です。
この商品ではSATAケーブルは2本用意されていますが、
これがSATA2に対応しているのか私には分かりません。
また、DVDドライブとHDDそれぞれについてもSATA2との互換性について、同様に分かっていません。
もし調べ方がありましたら教えてもらえますでしょうか。
ちなみに、パソコンはBTOで購入したものです。

具体的に、おすすめの商品(SATA延長ケーブル等)を教えてくださると、さらに助かります。
以上、まとまりのない質問となりましたが、どうぞよろしくお願いします。

最近、パソコン電源を交換しました。
旧電源を使用していた頃は、2本のSATAケーブルが二手に分かれていて、
30cm弱離れて設置されているDVDドライブとHDDそれぞれに問題なくSATAケーブルを接続することができていましたが、
新電源のケーブル設計では、二つのSATAケーブル端子が10cmほどの間隔で存在し、
この状態ですとお察しの通り、DVDドライブとHDDそれぞれに同時に電力を供給することができませんので、
そのために延長ケーブルなるものをこの度、探すことにしました。
(現在は、HDDを優先し、DVDド...続きを読む

Aベストアンサー

SATA電源ケーブルで、SATA用2個のコネクタの下段にある白いコネクタ(デバイス用)に下記を挿せば、50cm延長できます。
http://www2.elecom.co.jp/cable/serial-ata/cfd-sat2p/

その上の、デバイス用と書かれている大き目3つ+小さ目1つのケーブルの、大き目コネクタに、上記の延長ケーブルを挿しても大丈夫です。SATAの電源ケーブルは、従来の4ピンペリフェラル電源コネクタの形をSATA用に変えたものなので、同様に使用できます。

因みに、電源ケーブルにはSATA用、SATA2用は、同一で違いはありません。

QSerial ATA300とSerial ATAIIの違い

HDDの容量が不足してきたので、新たに増設しようと思い、ネットでどのHDDがいいか検索していました。

今まで周辺機器はバッファロー製のものばかり使っていたので、バッファロー社製の『HD-H500FBS2/3G』と、価格が安く某サイトで評価の高い日立IBM社製『HDP725050GLA360』の2つにしぼりました。
しかしインターフェースの表記で前者は『Serial ATAII』となっており、後者は『Serial ATA300』となっていました。
この2つのインターフェースは同じものと考えてよいのでしょうか?

マザーボードは『ASUS P5B Inter(R)P965で、最初から内蔵してあるHDDもPCの仕様書を見ると、『160GB S-ATA2/7200rpm』とあるので、Serial ATAIIには対応しているようですが、Serial ATA300が同じ意味なのかはっきりとわからず困っています。
教えてください。

Aベストアンサー

同じです。S-ATA2のデータ転送速度が300MB/sとなっているので、S-ATA300と書く事が。
http://kaden.yahoo.co.jp/dict/?type=detail&id=5234

QシリアルATA対応のHD

最近、シリアルATA対応のマザーボードがちらほらと出てきておりますが、シリアルATA対応のHDドライブのほうは、まだ聞いたことがありません。(シリアル→パラレル変換アダプタは出てますね・・・)どうせなら対応のドライブを使ってみたいものですが、発売されているのでしょうか?また、速度的には、ATA133とどちらが早いものなのでしょうか?

Aベストアンサー

確かに雑誌で見た限りでは研究が進んでいるみたいですが、実際に販売され
ているところは見た事がありませんね...残念ながら(^-^;

憶測ですが旧来のパラレルATAが思っている以上に性能が向上している為、
大量生産と販売を見合わせているのではないでしょうか。
現状のラインで生産を続けた方が低コストであるとか...詳しくは不明です
取り立てて問題は聞こえて来ませんけど、そもそもチップセットとHDDが
両立する必要があり、両メーカーともタイミングを見合わせているのでは
ないでしょうかね...お互い予想ではない新ハードですから。

技術式には150Mbytes/s(ATA150?)相当からの規格ですから、現段階では
シリアルの方が高速ですし、構成から考えるとより高速にできるように思い
ます...気になっていた物なので、詳しい方からの意見が書きこれるのを
一緒に待たせて下さい。

参考として以下のURLと、他の方からの回答を待たれて下さい。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報