アレルギー対策、自宅でできる効果的な方法とは?

色々な前提でさまざまな回答があることを承知の上で質問させていただきます。

物語で10万貫というお金の単位が出てきました。

これは今の貨幣価値になおすといくらくらいに相当するのでしょうか?

かなりアバウトでもよいので教えていただけると幸いです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

結論としては、『銭』10万貫であれば、現在のお金で約10億円のようです。


「貨幣価値の換算」が「色々な前提でさまざまな回答があることを承知の上で質問させていただきます」ということは既に理解されているようですが、
http://hirose-gawa.web.infoseek.co.jp/mame/kahei …
が参考になるでしょう。
銭1貫が約1万円とすれば、銭10万貫は約10億円という計算になります。概ね「普通の人が想像できる範囲の巨額のお金」ではないでしょうか。

ただし
「10万貫=銭10万貫=現在価値10億円」
というのは、江戸を中心とする「金遣い経済圏」の話です。

大坂を中心とし、東北地方の日本海側にまで広がる「銀遣い経済圏」の方が江戸時代の日本では大きかったのですが、そこでの話であれば
「10万貫=『銀』10万貫=現在価値1千億円」
となります。上記のHPを再度参照して下さい。
(銀1貫=現在価値100万円)

ただ、いくら物語であっても「銀10万貫」というのはあまりに金額が大きすぎて現実的ではないでしょう。

江戸時代の大商人で「越後屋」を創業して大成功し、現在の三井グループにつながっている三井高利という人がいます。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%89%E4%BA%95% …
天下の大商人と言われた三井高利の遺産は、銀4900貫であったようです。現在価値で言うと50億円です。銭に直すと50万貫になります。
http://www.hakaishi.jp/tomb/tomb/02-19.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

大変参考になりました。

お礼日時:2009/05/08 08:48

大宝律令では1両は金10匁ですが、そんな事どうでも良いので、



甲州金が4匁であり、実質の信用金貨でもありました。
慶長小判は秤商いを元に決められましたが、
後々重さと実質経済は乖離(かいり)して行きます。

慶長時代の金一両=銀50匁で行きますと、
銀187.5g=金1両(1貫の1/20)

1貫は金20両に相当します。
10万貫で200万両。
1両を4万円とすると約800億円です。

お上が一両の価値を保障したからです。

現在の銀相場で10万貫目を比較しますと、
1貫目3.75kgですので10万倍で37万5千kg

現在の銀を50円/gの価値とすると約1800万円。
上記とは大きく食い違います。

一石一両としますと、1石は180リットルですので米約150キロ。
現在の米の価値を10kgで5千円とすると
1両は7万5千円になります。

これを200万両で換算すると1500億円。
です。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ありがとうございます。

大変参考になりました。

お礼日時:2009/05/08 08:47

銀10万貫なら江戸時代に、銭10万貫(文)なら室町、戦国時代に使われた勘定の仕方です。


ここでは室町、戦国時代の銭10万貫文の身代を考えて見ます。
1文の銅銭の価値は時代により、地域により違いがあります。
銅が貴重であった室町初期は高い価値を持っていました。    国内の銅の産出が増えるにつれ価値が次第に下がりました。
戦国期ですが北条氏康の書状で1文の価値が推定できます。
職人の日当が1日あたり17文とあります。
そのまま今に当てはめると馬鹿高い価値になり、今に比べ生活水準の低いことから、仮に日当1700円とすると、1文は100円になります。
10万貫文は1億文で100億円、途轍もない身代です。
室町初期の物語なら何百億円でしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

大変参考になりました。

お礼日時:2009/05/08 08:46

前の方と逆の発想でいってみましょう。


文、銭、円の関係は直線的な換算がありまして1円=100銭=1000文です。
この換算に当て嵌めると100円になります。

前の方が10億円と換算しているので、
これに当て嵌めると経済は1000万倍大きくなったということです。
物価上昇率、株式のリターンなども概ねこれに準じており、
体感としても江戸時代と比べて随分豊かになったのが実感できます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

大変参考になりました。

お礼日時:2009/05/08 08:47

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q戦国時代の「禄高100貫」とは?(大河ドラマ風林火山を見て)

先週の大河ドラマ「風林火山」で、今川家重臣の食客として駿河にいた山本勘助を、家督を継いだ武田晴信が「禄高100貫」で招くという話がありました。

山本勘助については確実な史料はほぼ皆無、全てフィクションと承知していますが、禄高100貫とは江戸時代以降の石高制で表現すると何石くらいに当たるのでしょう?勘助を庇護していた今川家重臣が「お前のような素浪人に武田家が禄高100貫とは信じ難い」と言う所からして「100貫=1,000石 程度」かなと思いますがどんなものでしょう。

Aベストアンサー

室町期の貫高は時代により変り、一概にはいえないのですが、
北条氏康時代の「小田原衆所領役帳」によると、平均七貫に一人の軍役(例えば、284貫の所領の宇津木兵庫助は軍役36人)になっています。
江戸幕府の軍役は50石で一人ですが、戦国時代は20~40石で一人、平均して30石で一人と推定されます。(戦前の陸軍参謀本部)
従い一貫は約4石で、勘助の初任給は400石相当のようでなかなかの高給です。
当時所領500貫(2000石)は重役でした。

Q戦国時代の貨幣は?

金、銀は別として、戦国時代の貨幣って誰が発行していたのですか ?

足利幕府が発行していたとすれば、幕府と敵対している戦国大名は偽の貨幣を作ると思うのですが。ましてや幕府が倒れた後ではそれも無いでしょうし、、織田と毛利、武田が同じ貨幣を使用してたとは到底思えません。

各戦国大名が自分の領土でしか通用しない貨幣では、戦費の調達などあまり意味がないようにも思います。

やはり共通貨幣は金、銀だけで、少ない単位の貨幣は自分たちの領土だけで通用をさせていたのでしょうか ?

Aベストアンサー

こんばんは。
う~む、よい着眼点です。
仰るとおり、政府には貨幣を発行する力など無かったのです。
では、どうしたか?
「輸入」です。
12世紀から17世紀にかけ中国(北宋や明)から銅銭を輸入して流通させていたのです。
当然発行元は中国ですから、国際通貨としての価値はバッチリ。
もちろん、国内で私鋳銭と呼ばれる模造品が出回りましたから、
民衆の間でその質によって受け取り拒否など「撰銭」という選別行動が起こりました。
大名たちはなんとか撰銭を取り締まろうとしましたが、
いまいち効果を発揮せず。
結局その状況は江戸時代になり、幕府が貨幣発行権を独占するまで続きました。

といった感じでよろしいでしょうか?
たぶんこんな風に習いました。

Q「輩(やから)」ってどういう意味ですか?

テレビやラジオで関西の芸人さんが「ヤカラや」って言ってるのを聞いたことがあるのですが

意味が分かる方、教えてください。

関西方面の言葉(大阪弁)なのでしょうか?

Aベストアンサー

大阪出身のものです.
疑問に思われたということは,一般に使われている「・・・する人たち」というような意味ではなく,いきなり一つの名詞のようにして「やから」が出てきたのではないですか?
もしそうなら,それは「やくざや不良など,理不尽な言い分を押し付ける人」という意味に使われているものです.特にやくざ限定というわけではなく,街のおっさんでも,変な因縁をつけてきたら,やからです.
また,「やかられる」(=因縁をつけられる,からまれる)などという言葉もあります.

Q江戸時代、藩がどう分布していたかがわかりやすい日本地図を探しています。

たとえば、
今の山口県のあたりには長州藩があり、藩主は毛利家
ということが見てわかりやすい日本地図を探しています。
そのような地図がおいてあるサイトをご存知の方はいらっしゃいますか?

Aベストアンサー

江戸時代初期は大名の取り潰しが多かったので、いつの時代が必要なのか難しいですが、一応300藩と言うことで参考URLをご覧ください。
地方ごとに分かれています。

参考URL:http://www.asahi-net.or.jp/~me4k-skri/han/hantop.html

Q極少量の生理がとまりません・・・

元々量は多いほうだったのに、今回の生理は茶褐色の(生理の終わりかけのような)ものでダラダラ9日続いています。量は物凄く少なく、おりものシートを1日中交換なしでも大丈夫なくらいです。

気になって婦人科を受診し、内診・エコーをしてもらいましたが特に異常なし。子宮ガン健診も先月しましたが異常なし。

先生はストレスやこの暑さのせいでしょう、と言われたのですが・・・。こんなことは初めてのなので心配しています。ちなみに周期的にも生理だと思うんです。基礎体温を測っていればよかったのですが、仕事の関係で不規則な生活なので正しく検温できず測ってません。

いつごろまで様子をみていたらいいのでしょうか・・・。また同じようなことがあった方、いらっしゃいませんか?

Aベストアンサー

こんにちは。

排卵が上手く起こらないために内膜の剥離がスッキリいかないのが原因だと思いますが、それをすぐに更年期と結びつける必要はないと思いますよ。若くてもこういうことは珍しくないので。
婦人科で投薬はなかったのですか?なかったとしたらちょっと...様子を見る必要はないですので、別の病院に行かれた方が(^_^;) 「子宮ガン検診は済みで異常なしだった」と仰れば内診もしないかもしれません。
このような時は、ピルを1週間程度服用して中止すると数日でまとまった出血が起こりますので、それで内膜をスッキリ剥離して新しい周期に速やかに移行させます(いわゆる「リセット」ですね)。

Q「幕府」と「朝廷」の違いを教えて

中学校1年生の子供からの質問なのですが、

・「幕府」と「朝廷」の違いが分からない。
・そもそも「幕府」って何?「朝廷」って何?

と言われました。
お恥ずかしながら的確に説明できません。
教科書には説明が載ってないし、「先生に聞いてみたら?」と言うと
「先生は授業が終わるとすぐに職員室に戻ってしまうし、あまり質問しやすい先生じゃないもん!o(;△;)o 」
とのこと・・・(´_`;)

どなたか教えていただけますか?
私も勉強したいです。よろしくお願いします。<(_ _;)>

Aベストアンサー

朝廷というのは天皇を頂点とした政府のことですが、ここが日本全国を完全に支配していたのはせいぜい平安時代までで、その後紆余曲折はありますが、鎌倉時代、室町時代、戦国時代(この時代は全国を支配した政権はありません)、安土桃山時代から江戸時代まで、ほとんどは武士が支配することになります。
ただ、ややこしいのは武士が支配していた時代でも一貫して朝廷は存在していたことです。幕府の長は征夷大将軍ですが、これは形式的には天皇の部下なんですね。ただ、現実には天皇が将軍を自由に選べるということはほとんどなく、武士に言われるがままに任命していたわけですから、実権は武士の側にあったということになります。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BE%81%E5%A4%B7%E5%A4%A7%E5%B0%86%E8%BB%8D
これを端的にお子さんに説明するのは難しいかもしれません。
ただ、今の天皇陛下も政治的な実権はまったくなくて象徴として存在しているわけなので、それとちょっと似ているというような説明は、できるかもしれませんね。(今でも首相を任命するのは天皇と決まっています。ただし天皇が首相を選ぶことはできず、国会が選んだ人を形式的に任命するだけです)

朝廷というのは天皇を頂点とした政府のことですが、ここが日本全国を完全に支配していたのはせいぜい平安時代までで、その後紆余曲折はありますが、鎌倉時代、室町時代、戦国時代(この時代は全国を支配した政権はありません)、安土桃山時代から江戸時代まで、ほとんどは武士が支配することになります。
ただ、ややこしいのは武士が支配していた時代でも一貫して朝廷は存在していたことです。幕府の長は征夷大将軍ですが、これは形式的には天皇の部下なんですね。ただ、現実には天皇が将軍を自由に選べるという...続きを読む

Q枯れた桜の木を復活させる方法はありますか?

枯れた桜の木を復活させる方法はありますか?

雨続きで
根腐れしてしまったみたいなんです…

手のひら大の鉢に一本植えてあるのを春に購入して
今は青い葉があるはずなんですが
みんな茶色になってしまいました…

どうにかならないでしょうか(;0;)?

Aベストアンサー

完全に枯れていないなら。
軽度 1.根づまり、水のやりすぎ、土の不良などによる根腐れは比較的軽微なことが多いので、植え替えれば元気になります。
2.腐った根と黒くなった部分と土を多めに落としてメネデール等の発根剤をつけて鉢植えしてあげると良くなるそうです。
▲ ▼重度 1.肥料やけの場合は、腐った根を完全に取り除いてできるだけ土を落とし、地上部を適宜切り詰める。
http://grass.jpn.cx/grow/index.php?%C9%C2%B3%B2%C3%EE

もうダメそうなら、
・根を接ぐ。
・枝がまだ生きているなら、別な桜に接ぎ木する。
・同じく、枝を挿し木する。
が有りますが、素人には難しいかも。

完全に枯れてしまったら、花咲じいさんでないと無理です。
枯れたかどうかは、枝を曲げてやるとわかります。
しなれば生きている、折れれば枯れている。

Q前売り券の使い方について、質問させていただきます。

前売り券の使い方について、質問させていただきます。

先日、初めて映画の前売り券を購入しました。
7月10日公開のトイストーリー3です。
翌日の11日に見に行こうと思うのですが、前売り券のシステムがよくわからないのです。

窓口で交換することはなんとなくわかるのですが、11日の、私が見たいタイミングの放映が予約などですでに満席になっていたら、その時間は見られないと思います。
さらに一日を通して上映スケジュールが満席だったら、11日は見られないということになります。
すると、前売り券を購入するメリットはなんだったのか、Webで席を予約した方がよかったのではないかなどなど、疑問が後を絶ちません。

前売り券を購入してもさらに座席を予約する必要があるのかどうかと、予約したとして手元にある前売り券はどうすればよいのかがわかりません。

どなたか教えていただけると助かります。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

前売り券を買う理由は一般料金で500円ほど安く買えるのと、オマケがついているからということでしょうね。

今の映画館は座席指定がほとんどなので、前売り券を座席指定券に換える必要があります。
劇場によっては数日前から座席指定券に換えることができるところもありますので、可能なら実際に行ってみるか電話などで問い合わせてはどうでしょう。私は観に行きたい日の前日に座席を確保しておいたことがあります。

Q戦国時代に乗っていた馬

戦国時代に武将たちが乗っていた馬はテレビとかでみて知っている 大きなものではなく
ずっと体の小さな馬だったと聞いたことがあるのですが 本当ですか?

だとしたら 迫力なくてしょぼい気がしますが…

Aベストアンサー

毎度どうもね。

諏訪湖の辺りだったかな、場所はちょっとうろ覚えですが、あの武田家の領地から戦国時代の馬の骨が出土したそうです。かなり丁寧に埋葬されていたそうで、馬といえども大切に扱われていたことがうかがえるそうです。
その大きさは、ほぼポニーと同じ。幕末の写真を見ても平均身長150センチの時代にまたがったら足がつきそうなほどだったので本当に小さかったようですね。
また、戦国時代当時は蹄鉄がありませんでした。だから、ワラで作った沓を履かせていたようです。ゆえにあまり無茶はできません。実際問題、当時の宣教師が残したものには「ヨーロッパの騎士は戦闘になると馬に乗るが、日本の武士は戦闘になると馬から降りる」と書かれてあります。馬ってのは基本的にかなり「高級な乗り物」なんです。皮膚が弱いので衛生状態をよくして世話してやらないとすぐ皮膚病になるし、水をちゃんと飲ませてやらないと便秘になってフン詰まりで死んじゃう。はっきりいえば、人間より手間がかかるんです。

さて、その日本の馬のしょぼさが明治近代陸軍の最大の問題になります。馬が小さすぎて物資や大砲を引っ張る駄馬はもちろん、騎兵馬がどうにもならない。しかも日本の馬というのは当時去勢されてなかったそうで、優秀な軍馬を集めようと明治陸軍が馬を一堂に集めたら、牡馬が一斉に盛ってしまって収拾がつかない大混乱になったと記録に残っています。
そのため、日本の内国産馬の育成の奨励のため競馬が行われるようになりました。JRAは元々は優秀な軍馬を育てるために発足したのです。
日露戦争でも、コサック騎兵で有名なロシアの軍馬に比べると日本の馬はかなり見劣りしたそうです。そのせいか日露戦争では騎兵同士の会戦というのはほとんど行われていません。日本軍があえて回避したようです。遡って日清戦争のときは「騎兵がしょぼい」のが悩みだったようです。
なにしろ、幕末の日本馬でもポニークラスなのに、それよりやや時代が古いナポレオンの軍隊の騎兵馬ときたひにゃ体重が800キロくらい(ちなみに今のサラブレッドが500キロくらいです)、こんなに大きな馬は日本ではばんえい競馬くらいです。重さ800キロが時速40キロくらいで突っ込んでくるんですから、ほとんど軽自動車が突っ込んでくるようなもんですわ。それを肉体で受け止めるスコットランド歩兵もどうかと思います。ワーテルローのネイ将軍の突撃は、さぞや迫力があったと思いますよ。

毎度どうもね。

諏訪湖の辺りだったかな、場所はちょっとうろ覚えですが、あの武田家の領地から戦国時代の馬の骨が出土したそうです。かなり丁寧に埋葬されていたそうで、馬といえども大切に扱われていたことがうかがえるそうです。
その大きさは、ほぼポニーと同じ。幕末の写真を見ても平均身長150センチの時代にまたがったら足がつきそうなほどだったので本当に小さかったようですね。
また、戦国時代当時は蹄鉄がありませんでした。だから、ワラで作った沓を履かせていたようです。ゆえにあまり無茶はできませ...続きを読む

Q江戸時代のお伊勢まいりについて

江戸時代の庶民の間にはお伊勢参りがさんだったようです。
これは、お伊勢さんが江戸庶民に人気があったということだと存じます。
質問:
1. 江戸庶民の間にどうしてお伊勢さんの人気があったのでしょうか?
2. ここで江戸庶民というのは、お江戸にいる庶民という意味で、他の地域の庶民は含まれていないのでしょうか。
3. 庶民とは“高禄の武士や豪商を除く”という意味でしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは。

>>1. 江戸庶民の間にどうしてお伊勢さんの人気があったのでしょうか?

伊勢大神宮は日本人の信仰の大元(おおもと)であり、江戸ではどの家庭の神棚にお伊勢さんのお札が祀られていました。

伊勢神宮は20年に一度、社殿が建て替えられ遷宮が行われるので、儀式を見ようととりわけ参詣者が多く集まりました。さらに、60年に一度特別の効果があるといわれたありがたい年で、空から神符(おふだ)が降ってきたと言う噂をきっかけに各地から多くの人がお伊勢さんを目指すようになりました。

江戸に限って言えば、伊勢神宮から毎年年末になると、御師(おし)と呼ばれる下級神職が各地に出向き「伊勢暦」や「一万度の御祓」(おはらい)という神札(神宮大麻=じんぐうたいま・とも呼ばれた)を各家庭に配って回り、お伊勢参りを希望する者へは、御師があらかじめ懇意にしている宿などの宿泊の手配をしてくれました。

と言う訳で、伊勢神宮でも活発な宣伝活動をしていましたので、全国的に「一生に一度はお伊勢参り」と言われるようになりました。江戸でも各町内ごとに「講中」が結成されたりしていました。


>>2. ここで江戸庶民というのは、お江戸にいる庶民という意味で、他の地域の庶民は含まれていないのでしょうか。

また、御師は農村部にも出張しましたので、農村部でも各地に「講中」と言う組織ができ、銭を毎年積み立てて、主に、20年ごとの遷宮や60年ごとの特別な効果があると言われた年にその講中の代表者2~3名が集まった銭で伊勢へ向かいました。そして、帰る時には講中の人々の分だけのお札やお守りを買って帰りました。


>>3. 庶民とは“高禄の武士や豪商を除く”という意味でしょうか?

豪商は別として、基本的には「YES」です。
なぜなら、各大名家でもそうですが、特に江戸に住まいを持つ旗本や御家人などは将軍家の家来で、住んでいる家屋敷は全て幕府からの貸与ですので、いわゆる、官舎住まいですから、いつ戦いが起きても出動できるよう自宅待機が原則で御符内の範囲であってもその外側であっても、一泊またはそれ以上の宿泊にも組頭への届け出が必要でしたし、御符内から外へ出るにも届け出が必要でした。ただ、面白いところでは夜九つ刻(午前1時)までに帰宅していれば良く、それを過ぎてしまうと宿泊扱いになり、届け出をしていない場合には「謹慎」などの処分を受けました。
朱引図と言われ赤い点線が、御符内と御符外との境でした。
ちなみに、黒線(墨線・ぼくせん)の部分は、町方同心の巡回管轄範囲です。

御符内の範囲→http://bungetsu.obunko.com/newpage507.html


(よもやま話)
1.古くから日本では神参りというと、男女の間が乱れても許されると言われ、お伊勢参りでも伊勢の宿場の「古市」には遊女がいて参詣客を男にしてくれました。

2.遷宮の参詣をはるかに上回ったのは、60年に一度の特別な「ご利益」(ごりやく)があるとされた年で、「お陰参」と言って子供や丁稚などが親や雇い主に無断で講中に加わって伊勢へと旅に出ました。これを「抜参」(ぬけまいり)とも言いました。
そして例えば、丁稚などの場合には、帰って来た時に、お札やお守りを持っていれば、主人は叱ってはいけない、という通達さえ出されていました。

3.「お陰参」は強い信心の表れと言われ、「柄杓」(ひしゃく)一本を腰にさして一文もなくても、道々では「お陰参」だと言えば誰かが助けてくれるほどでした。そして、「通行手形」がなくても関所は通過することができました。

4.江戸時代を通じて6回の「お陰参」があり、文政13年(1830)には参詣人が1日で19万人にも達したとの史料もあります。また、4か月間に宮川(三重県)の舟渡し場をわたった者が428万人だったとも言われています。

5.宮川の渡しは、
●小俣の下の渡し(桜の渡し):京・東国から参宮街道を通る者が利用した渡し。
●川端の上の渡し(柳の渡し): 大和・紀州から初瀬街道を通る者が利用した渡し。
●磯の渡し:地元の人が利用した渡し。
の3か所があり、小俣の渡しは「下の渡し」、またはこの付近には桜の木が多かったことから、「桜の渡し」とも呼ばれ、それは、今の宮川橋付近にありました。 渡しは、昼夜の区別なく運行され、無賃であったといいます。 また、宮川を渡ると神域に入るため、勅使参向の時はここでみそぎを行いました。諸国からの参詣人もこれにならって身を清めたという、聖なる川・宮川。 はるか昔から、多くの旅人たちの心を和ませていました。


6.慶応3年(1867)の「ええじゃないか」は、お陰参にかこつけての討幕の陰謀説とも言われています。

こんなサイトを見つけました。
http://www.bunka.pref.mie.lg.jp/haku/osusume/177-okagemairibunseishiniki.htm

こんにちは。

>>1. 江戸庶民の間にどうしてお伊勢さんの人気があったのでしょうか?

伊勢大神宮は日本人の信仰の大元(おおもと)であり、江戸ではどの家庭の神棚にお伊勢さんのお札が祀られていました。

伊勢神宮は20年に一度、社殿が建て替えられ遷宮が行われるので、儀式を見ようととりわけ参詣者が多く集まりました。さらに、60年に一度特別の効果があるといわれたありがたい年で、空から神符(おふだ)が降ってきたと言う噂をきっかけに各地から多くの人がお伊勢さんを目指すようになりました。

江...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報