ここから質問投稿すると、最大4000ポイント当たる!!!! >>

 カテゴリーは歴史がいいか、天文学がいいか、ライフがいいか迷いましたが、こちらで質問させていただきます。

 昨日、NHK出版の生活人新書「旧暦はくらしの羅針盤」(小林弦彦・著)を読みました。現在使用されている太陽暦と古典などに出てくる太陰太陽暦との違いが分かりやすく書いてあり、知識として暗記していた「七夕」「天の川」が俳句で秋の季語になることなどが納得できました。

 しかし、どうしても閏月配置の仕方が分かりません。19年に7回閏月が来ることや19世紀以降に閏月が夏に多く現れるなどは詳しく記述されています。でも、その閏月を何月に配置するのかが全く書いてありません。21世紀すべての年の閏月が何月に配置されるかの表は収録されていますが、何故その月に配置されたかの理由が書いてないのです…。「19世紀以降夏に閏月が多く現れる」というのが妙に引っかかります。夏に現れるようにした主体は誰かと。陰暦と太陽公転のずれを夏に配当する人がいるのでしょうか? 天文現象を計算するとこうなるのでしょうか?

 ちなみにインターネットで「置閏法」や「平気法」を検索しましたが、やはり納得できる法則や考え方が載っていませんでした。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

天保暦より前の暦法は1の通りですが、旧暦は天保暦が変更されないままに廃止された形になっていますのでややこしくなります。

天保暦の問題点は太陽の動きを平均太陽日ではなく実際の動きに合わせたものです。このため、季節により、中気が2つ含まれるなどの弊害があり、計算としては修正したものが使われています(結論としては#1と同じ)。

参考URL:http://www.nnh.to/yomikata/qreki.html
    • good
    • 1

大の月(30日)と小の月(29日)を決定していたのかという疑問も生まれました。


江戸時代及びそれより前から、天文方など専門職の観測により、一月(ひとつき・新月から新月まで)は約29.53日という事はわかっていました。新月の時刻が属する日を朔(月立ち・ついたち)とし、朔の前の日(月ごもり・つごもり・つもごり)は計算上求められます。時折、観測に失敗して予測が外れることもありました。
 当然、毎年、大の月と小の月が違いますので、一般家庭では略暦(時代劇によく登場する)をはったり、商店では今月が大か小かを店頭で掲示していました。江戸時代、西向くさむらい(ニ四六九士)が小の月だったのは2回ありました。その時、この言葉が大の月と小の月を覚えるために作られました。

参考URL:http://koyomi.vis.ne.jp/mainindex.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 早速のご回答ありがとうございます。そうすると、朔の時刻は一定でないし(早朝の場合も深夜の場合もあるだろうから)、朔望1ヶ月が約29.53日のために30日の大の月、29日の小の月が出来てくるのですね。

 また、現在のカレンダーで小の月を覚えるための「西向くサムライ」は元々旧暦時代に不規則な並びの大の月と小の月を覚えるための語呂合わせのほんの1つが生き残ったということですね。なるほど、なるほど。

 shoyosiさんのご説明や旧暦関連のHPを読んでいくうちに、暦っていうのは人類の知恵が結晶されたものってすごく感じるようになりました。地球の自転と公転で生み出される1ヶ月と1年とを数字に表す技や工夫に驚きました。大昔は天子や皇帝の名の下にカレンダーが国民に伝えられたっていうのも納得です。

お礼日時:2003/03/12 00:19

 補足します。


結論としては#1と同じ>
 実際は#1とほとんど代わらないという意味でありますが、「春分を含む月…2月 秋分を含む月…8月 夏至…5月 冬至…11月」と決まっているだけで#1より窮屈ではありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 HAL007さん、shoyosiさん、ご回答ありがとうございます。

 「閏月」とは、陰暦12ヶ月と1年のずれが生じたときに、恣意的に暦屋や当時の天文台(?)が「今回は1月の後に入れよう、次回は2月の後に入れよう」というものではなく、あくまでも「中気」の現れない月が出た場合にそれを「閏月」と定義したのですね。

 そうすると、当時は朔と二十四節気の情報から手計算で暦を作成し、基本的に中気のない月を閏月を決めていたのですね。今なら月の朔望や二十四節気データからプログラムを組んでパソコンなどで算出できるでしょうが、天保暦の頃(いや、それ以前も)は人間が計算していたのですね。

 実は何でこんな質問したかというと、前述の新書に「閏月が夏にあれば、夏が長くなり、猛暑となる。閏月が冬にあると、冬が長くなり、厳冬となる。」「19世以降、夏に閏月が多く現れるようになり、地球温暖化が予言されている。」といった内容があり、え、これって眉唾?! それとも科学的に根拠があるの? NHK出版なのにこんなこと言っていいの? と思ったので閏月を知れば長期的な気象を予測できるのかな(?)と質問させていただきました。

 紹介いただいたHP等を見て、旧暦を作成する手順がおぼろげながら分かってきました。ただ、旧暦時代にどうやって大の月(30日)と小の月(29日)を決定していたのかという疑問も生まれました。

 

お礼日時:2003/03/11 22:08

参照URLに詳しく説明されています。

(中ほどにあります)
取り合えず、何月に入れるかはわかりましたが、1度読んだだけでは
完全に理解出来ませんでした。

参考URL:http://www.ffortune.net/fortune/astro/comp/kiso0 …
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q太陽は満月の明るさの何倍か?

満月の夜って あたりがほんのり薄明るくなりますよね。そして、地球から見ると丁度太陽と同じ大きさになるのは興味深い偶然ですね。しかし、明るさから言えば比べものになりませんが。
そこで質問ですが、あえて満月と太陽の明るさを比較した場合、太陽は満月の何倍の明るさになるんでしょうか? 莫大な数字になると思いますが、あえてその数字を知りたいです。また、少し見方を変えれば、太陽がどの位の距離なら、満月と同じ明るさになるでしょうか?

Aベストアンサー

Wiki の下部に該当する説明がありました。

太陽の角直径は月とほぼ同じである(太陽の実直径は月の約400倍だが、地球からの距離も月より約400倍遠い)。満月の見かけの等級は最も明るい時で-12.7等なので、太陽の見かけの明るさは満月の約43万倍である。これは単位立体角当たりの明るさが同じだと仮定すると角直径が約660倍異なる場合に相当する。よって、単位立体角当たりの明るさが太陽と同じで角直径が約2.7秒角の天体があったとすると、ちょうど満月と同じ明るさに見えることになる。

明るさの尺度は5等級で100倍になります。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A7%92%E7%9B%B4%E5%BE%84

Q日本の陰暦(旧暦)にあった「13月」の和名は

日本の現在の暦では一年は12ヶ月ですが、
過去の陰暦では一年が13ヶ月になることもあったとする説があります。
もしあったとして、その13ヶ月目に和名はあったのでしょうか。

独立した13ヶ月目が12月の後にあったのではなく、
前の月が延長して2ヶ月分になり、名前の前の月のままだった。
そんなふうに私は予想しています。
それでも希な出来事なら、人心としては非公式でも俗称を付けたくなるのでは。
長月が倍に延長したら、伸びた分は長々月とか…。

陰暦時代のイレギュラーな13月を人々がどう呼んでいたか(公式非公式問わずで)
ご存じの方おりましたら教えていただけませんか。

1月:睦月
2月:如月
3月:弥生
4月:卯月
5月:皐月
6月:水無月
7月:文月
8月:葉月
9月:長月
10月:神無月
11月:霜月
12月:師走
13月:!?

よろしくお願いいたします。
それではまた後ほど。

Aベストアンサー

陰暦は月の満ち欠けで、ひと月を決めるので、太陽の
運航と1年で約11日の違いが出ます。
農作に必要な太陽の運行に合わすため、約3年に
一度閏(うるう)月を設け修正しました。
閏年は13ヶ月になります。
閏月は一定でなく、そのたびに変わります。
前の月に閏を付けて呼びます。
5月のあとの閏5月、10月のあとの閏10月とかです。
和名は閏弥生などと呼んだと思います。


人気Q&Aランキング