今だけ人気マンガ100円レンタル特集♪

決算が続々と発表されていますね。

で、「決算短信」をみて思ったのですが、企業は利益を出せば内部留保金が増えて
純(総)資産が増えると思っていたのですが、当期は黒字で利益が出ているにも係わらず、
資産が前期に比して減少しているものが多数あります。
当期純利益から配当金を出さないといけない??のは分かるのですが、
その配当金で減少した分の資産以上に、資産が減少しているのはどういうことなのでしょうか?

前期純資産 500億円
当期利益  100億円
当期配当金  50億円
当期純資産=550億円

となると考えていたのですが、決算短信を見る限りどうもこうなって
いないようですが、実際はどうなのでしょうか?

よろしくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

残念ながらNO.1さんのは答えになっていません。



資産=負債+資本というのは昔の表記であり
現在は、資産=負債+純資産という表記に変わっています。

つまり昔の「資本」と呼んでいたのが「純資産」であり
例では1000万円が1500万円に増加しています。

質問者さんは資産の増でなく純資産の増についてです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

いまは「資本」とは言わないのですね。
昔、簿記を勉強したときは「資本」で習ったような記憶がおぼろげながらあります。

質問後、いろいろ考えたのですが、黒字なのに資産が減少した(PBRが悪化した)のは、
株価の下落などで、自己株式や連結子会社の株式の評価損などがあるからでは?と考えましたが、この考えはあっているのでしょうか?

ありがとうございました。

お礼日時:2009/05/08 22:57

今では「資本」という言い方はしないのですね。


時代に取り残されないにしないといけませんね。

PBRは、株価が一株あたりの純資産の何倍かということを表します。
当期が黒字、赤字は関係なく、「株価」と「一株当たり純資産」だけで
計算されます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

完全に時代に取り残されていました(^^;

ご指摘のとおり、PBRは純資産の何倍かというのは理解していたつもりなのですが、
持ち株下落などで、損失が出ていればその分当期の黒字が減少しているわけで
一応黒字が出ていれば、その分が純資産に繰り入れられるのでは?と考えていました。

配当と税金以外に、純利益を減少させる要因ってあるのでしょうか?

ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2009/05/10 09:07

NO.2です。



>>株価の下落などで、自己株式や連結子会社の株式の評価損などがあるからでは?と考えましたが、この考えはあっているのでしょうか?
惜しい!
有価証券の評価損は合っていますが、子会社および関連会社の株式は、取得価額で貸借対照表に計上され通常は時価評価しません。

また売買目的有価証券は、時価評価をし評価差額は当期の損益に計上されます。

残る「その他有価証券」というものが期末に時価評価をするが期間損益には反映させずに純資産の変化という形でとらえます。
この「その他有価証券」ですが、売買目的のためのものでなく、企業間の持ち合い株式等がこれに当たります。

なお「資本」が「純資産」と呼び方が変わったのは2005年からです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

再度のご回答ありがとうございます。

子会社は取得価額なのですか、なるほど~。

またまた色々考えていたのですが、
No2のほうで、評価損があるから黒字でも純資産が減少したのでは、と書いて納得していましたが、
それならその評価損は損失計上するわけで、その分黒字が減っているはず・・・
それでもやはり赤字ではなく、黒字で当期利益が上がっているにも係わらず
純資産が減少しているのは何なんだろうと疑問です。(^^;
ちゃんと勉強してみたいと思います。

ありがとうございました。

お礼日時:2009/05/09 17:50

>企業は利益を出せば内部留保金が増えて


>純(総)資産が増えると思っていたのです

まず、総資産と純資産は違います。純資産は「資本」と呼ばれます。
貸借対照表を見てもらうと分かると思いますが
資産=負債+資本となっていると思います。

ものすごい大雑把な話で言うと
例えば、3000万円の住宅を借入が2000万円、
自己資金(資本)が1000万円で建てた住宅販売会社が
あったとしましょう。
  
資産  住宅 3000万円   負債 借入金 2000万円
                資本     1000万円
 
住宅が3500万円で売れて、借入金を全額返済したとすると
      
資産  現金1500万円    負債    0円
                資本1500万円
となり、「儲けは出たが、資産は減りましたね。」

という訳で、利益が出ているのに資産が減少しているというのは
「売上金を負債(借入金など)の返済をしたから」と言えるでしょう。

>当期純利益から配当金を出さないといけない   

 当期が赤字でも配当を出すことは可能です。
 但し、利益剰余金がないとダメですが…
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速の分かりやすいご回答ありがとうございます。

色々と決算短信を見ているのですが、
黒字決算にもかかわらず、PBR(純資産倍率)が
悪化しているものを散見したため、疑問に思っていました。
              (0.9倍→1.0倍など)

逆に赤字決算でもPBRが好転することもあるのでしょうか?
              (1.0倍→0.9倍など)

ありがとうございました。

お礼日時:2009/05/08 20:55

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q加重平均と平均の違い

加重平均と平均の違いってなんですか?
値が同じになることが多いような気がするんですけど・・・
わかりやす~い例で教えてください。

Aベストアンサー

例えば,テストをやって,A組の平均点80点,B組70点,C組60点だったとします.
全体の平均は70点!・・・これが単純な平均ですね.
クラスごとの人数が全く同じなら問題ないし,
わずかに違う程度なら誤差も少ないです.

ところが,A組100人,B組50人,C組10人だったら?
これで「平均70点」と言われたら,A組の生徒は文句を言いますよね.
そこで,クラスごとに重みをつけ,
(80×100+70×50+60×10)÷(100+50+10)=75.6
とやって求めるのが「加重平均」です.

Q拘らず・関わらず??

すみません。以前から気になっていたので正しい答えを教えていただけないでしょうか。

「かかわらず」という言葉の漢字変換なのですが,
例えば

 雨が降ったにも「かかわらず」,彼は傘を差さずにやってきた。

というような文の場合,正しいのは「関わらず」「拘らず」どちらでしょうか。

国語辞典で調べてみたのですが,よく分からなくて(+_+)
すみませんがよろしくお願いします。

Aベストアンサー

「物書き」のひとりです。

まず、重要なことですが、「関・係・拘」のすべてが常用漢字ではありますが、その音訓表に「かか(わる)」がないことです。常用漢字は、「こうしなくてはいけない」といった性格のもではありませんが、一応、すべての文章を書き表す場合の指針ではあります。音訓表に無いものの代表的なもの(よく使われるもの)として「全(すべ)て」「画(えが)く」「〇〇に依(よ)れば/拠(よ)れば」などが思いつきます。

本件の「関・係・拘」に関して言えば、「係」に「かか」の読みが認められているのみです。それも「かかわる」でなく「かかる」です。「人命に係(かか)る問題」「係(かか)り結び」など。前者は、「人命にかかわる問題」のように表記されることもありますが、この場合(常用漢字の基準では)「係わる」でなく「かかわる」です。

結論としては、「それにもかかわらず」などにおける「かかわらず」は仮名書きが無難でしょう。漢字の場合は「拘わらず」が正しいといえます。ただし、パソコンでは「関わらず」と変換されることが多いようですネ。

漢字の場合、「関係」という言葉があるように、「関わる」と「係わる」の用法はほとんど区別がつきません。一般的に言えることは、「関わる」「係わる」は肯定的にも否定的(「関わらない」「係わらない」)にも使いますが、「拘わらず」は、肯定的に用いられる例が少ない、ということです。

ただし、肯定的な「拘わる」が誤りだと言っているのではありません。念のため。

「物書き」のひとりです。

まず、重要なことですが、「関・係・拘」のすべてが常用漢字ではありますが、その音訓表に「かか(わる)」がないことです。常用漢字は、「こうしなくてはいけない」といった性格のもではありませんが、一応、すべての文章を書き表す場合の指針ではあります。音訓表に無いものの代表的なもの(よく使われるもの)として「全(すべ)て」「画(えが)く」「〇〇に依(よ)れば/拠(よ)れば」などが思いつきます。

本件の「関・係・拘」に関して言えば、「係」に「かか」の読みが認められてい...続きを読む

Q特定子会社

特定子会社というのは単なる子会社と違うのでしょうか?
よく企業のプレスリリースで特定子会社の異動というのが
ありますが、これは具体的にはどのような意味なのでしょう?

Aベストアンサー

「特定子会社の異動」と言うときの「特定子会社」は証券取引法上の概念で,「企業内容等の開示に関する内閣府令」に定義があります。

1.親会社に対する売上げあるいは仕入れが,親会社の仕入れあるいは売上げの10%以上ある子会社。
2.純資産の額が親会社の純資産の30%以上に相当する子会社。
3.資本金の額が親会社の資本金の額の10%以上ある子会社。
のいずれかに該当する子会社のことです。
普通の子会社よりも親会社への影響が大きい子会社と言うことになります。

なお,税法上の定義でも「資産譲渡益課税の特例」の場合と「外形標準課税」の場合で異なる定義をします。
法律上の定義は一つとは限りませんから適切な定義を用いることが必要です。

Q信用売りをすると、配当金を支払わなければならないのか。

1) 信用売りをしたまま、配当権利最終日を持ち越したら、配当金を支払わなければならないのでしょうか。

2)それって、何気なく信用売りをして、何ヶ月も持っていて、配当権利最終日を持ち越したら、大損するっていうことなのですか。

3)であれば、現物を持っていて、空売りでヘッジしたくても、配当金はあきらめないといけないということなのですか。

4)配当金をあきらめずにヘッジする方法はないのでしょうか。

5)これは、制度信用売りの場合のみなのですか。証券会社が各自やっている一般信用で、無期限空売りをした場合でも、やはり、配当金支払いの義務は生じるのでしょうか。

Aベストアンサー

1) 信用売りをしたまま、配当権利最終日を持ち越したら、配当金を支払わなければならないのでしょうか。

  配当金相当額を払います

2)それって、何気なく信用売りをして、何ヶ月も持っていて、配当権利最終日を持ち越したら、大損するっていうことなのですか。


 理論的には損は無いです

 理論株価は
 配当落ち日には配当分だけ株価の値段が下がります


 したがって
 
 
 株価=前日の株価ー配当分
 に成りますので配当金相当額を払っても損しません
 理論的には・・ですけどね
 
 3)であれば、現物を持っていて、空売りでヘッジしたくても、配当金はあきらめないといけないということなのですか。

 空売りでヘッジすると・プラスマイナス0になります

4)配当金をあきらめずにヘッジする方法はないのでしょうか。

 あります

 他の方法でヘッジする

 例をだすと
 日経平均先物の売りでヘッジする

5)これは、制度信用売りの場合のみなのですか。証券会社が各自やっている一般信用で、無期限空売りをした場合でも、やはり、配当金支払いの義務は生じるのでしょうか。

 同じです
 




 
 

 

1) 信用売りをしたまま、配当権利最終日を持ち越したら、配当金を支払わなければならないのでしょうか。

  配当金相当額を払います

2)それって、何気なく信用売りをして、何ヶ月も持っていて、配当権利最終日を持ち越したら、大損するっていうことなのですか。


 理論的には損は無いです

 理論株価は
 配当落ち日には配当分だけ株価の値段が下がります


 したがって
 
 
 株価=前日の株価ー配当分
 に成りますので配当金相当額を払っても損しません
 理論的には・・です...続きを読む

Q「及び/又は」は「及び」のみで表すことができる?

契約書上には「AとBの両方」又は「AかBのどちらか一方」のどちらでも良い場合を表す必要があるときがあります。つまり以下のa)~c)のいずれでも良いわけです。
a)AとB
b)Aのみ
c)Bのみ

このような場合、「及び/又は」(例:A及び/又はB)は「及び」(例:A及びB)のみで表す(「及び/又は」=「及び」?)ことができるのでしょうか(「及び」のみで表すのが一般的ですか?)?

具体的には以下のような場合です:
例1:「権利及び/又は義務を第三者に譲渡することはできない。」は、「権利及び義務を第三者に譲渡することはできない。」で表すことができますか?

例2:「税務及び/又は会計業務を委嘱する者へ」は、「税務及び会計業務を委嘱する者へ」で表すことができますか?

JIS Z 8301「規格票の様式」
​http://sist-jst.jp/handbook/sist08/sist08_s.htm​
などでは、
a)A法及びB法
b)A法
c)B法
のように箇条書きにすることを勧めていますが、契約書上ではこのような箇条書きがいつも適当という場合ばかりではありません。

「なぜそうなのか」等の解説も教えていただければ、幸いです。
他の方法などあれば、そちらもお教えください。

参考サイト等あれば、URLもお教えください。

よろしくお願いします。

契約書上には「AとBの両方」又は「AかBのどちらか一方」のどちらでも良い場合を表す必要があるときがあります。つまり以下のa)~c)のいずれでも良いわけです。
a)AとB
b)Aのみ
c)Bのみ

このような場合、「及び/又は」(例:A及び/又はB)は「及び」(例:A及びB)のみで表す(「及び/又は」=「及び」?)ことができるのでしょうか(「及び」のみで表すのが一般的ですか?)?

具体的には以下のような場合です:
例1:「権利及び/又は義務を第三者に譲渡することはできない。」は、「権利及...続きを読む

Aベストアンサー

「又は」「若しくは」を「または系」、「及び」「並びに」を「及び系」と言うことにすると、
and/orは「または系」で表現するのが一般的です。
例1:「権利又は義務を第三者に譲渡することはできない。」
例2:「税務又は会計業務を委嘱する者へ」
もちろん、紛れのない言い方をする方が良いことは言うまでもありませんから、たとえ文章が長くなったとしても表現を変えてそれ以外の解釈が成り立たないようにするべきでしょう。

解説は以下をどうぞ。
http://www.aoni.waseda.jp/khonda/paper/NLP-2003.pdf
これも
http://soudan1.biglobe.ne.jp/qa394516.html


人気Q&Aランキング