gooポイントが当たる質問投稿キャンペーン>>

今年の医療費が10万円を越えそうで、医療費控除の申請を予定しています。

「歯磨き粉」は対象になりますか?


現在、主人が歯肉炎で歯医者に通院中です。

歯肉炎用のちょっと高価な歯磨き粉を買いました。
ドラッグストアで1400円。「医薬部外品」という表示があります。
http://denthealth.lion.co.jp/product/sp.htm

さらに、直接歯茎に塗るタイプのこちらの商品も買いました。
http://denthealth.lion.co.jp/product/dent.htm
これは「医薬品」と表示があります。

これらは医療費控除の対象ですか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

治療又は療養に必要な「医薬品」の購入が医療費控除の対象になります。

「医薬部外品」はもとから治療を予定した物ではないので医療費控除の対象にならないです。もしどうしても歯磨き粉で医療費控除の適用を受けたいのなら、歯医者の先生に相談して処方箋を書いてもらって、その処方箋に従った(つまり歯医者が歯肉炎治療に有効と認めた)歯磨き粉を買えばいいのです。もっとも歯科医の処方箋でそのような歯磨き粉が出るかどうかは疑問ですけど(笑)

新デントヘルスの方は医療費控除の対象になるようです。「患部」に直接塗ってください、と説明書きがありますよね。「患部」ってことは治療を予定してるわけですから医療費控除の対象になるわけです。それに「医薬品」ですから治療に使うことが明らかですので、このことからも
医療費控除の対象になると言えます。

医療費控除の「医薬品」とは薬事法第2条第1項に規定する医薬品を言います(所得税法基本通達73-5)。薬事法第2条第1項で「医薬品」とは治療又は予防に使用することが目的とされている物だと言っています。「医薬品」新デントヘルスは「患部」に塗れば高い効果があるというのですから、「医薬品」新デントヘルスは予防目的ではなく、主に治療目的の「医薬品」だということになります。ですから、新デントヘルスは治療に必要な医薬品ということになり、その購入代金は医療費控除の対象になるわけです。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

詳しい説明、ありがとうございます!!

「予防」ではなく「治療」ですね?!
今まで、医療費控除の対象なのか?否か?という判断が曖昧でしたがなんとなく分かりました!ありがとうございました。

お礼日時:2009/05/11 01:55

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q歯科の商品は医療費控除になるのか

いつもお世話になっております。
医療費控除についてお伺いします。


以前歯科でインプラントをし、半年に一度ケンシンを受けています。
その際、歯科で購入した歯ブラシ、歯磨き粉、うがい薬は
医療費控除の対象になるのでしょうか。

歯周病予防の為なら、医療費控除の対象外だと思っていたのですが
対象になるという噂を聞きました。(かも?という程度ですが・・・)

素人で申し訳ないのですが、
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

なります。
領収書、レシートがあればよろしい。
薬屋さんの医薬品も可。風邪薬、目薬、マスク、うがい薬等など。

Q確定申告でうがい薬・冷えピタって戻ってきますか?

薬は市販に買って物でも戻ってくると聞いたんですが、うがい薬・冷えピタって薬?ではない気がしたのでどうなんだろうと思い質問させてください。

Aベストアンサー

>うがい薬・冷えピタって薬?
医療費控除の対象となる市販薬などについては、直接治療に当てられるものであれば対象となり、そうではないものは対象となりません。
うがい薬は通常は健康増進、予防に用いられるものですから対象とはなりません。ただし治療目的であるということが明確に示せるのであれば、対象となる可能性はあります。
冷えピタについては、高熱が出たために使用するものであれば対象となりえます。

なお、医療費控除とは、医療費として支出した分だけ所得から差し引くことが出来る、つまりその分税金が安くなるというだけですから、支出したもの全額が戻るわけではありません。

Q市販薬の医療費控除について

お世話になります。

市販薬も医療費控除の対象になるというのを知ったのですが・・・
どのくらいの範囲まで控除対象にしてもらえるのでしょうか?

たとえば・・・

バファリンやセデスなどの頭痛薬、風邪薬全般、太田胃酸やキャベジンなどの胃腸薬、正露丸やストッパなどの下痢止め、目薬、アリナミンなどの栄養剤、湿布薬、マキロンなどの外傷薬、ナイシトールやコッコアポのような脂肪に効果のある薬・・・

同じ胃腸薬でもAはOK、BはNGなどあるのでしょうか?

結構、病院に行かず、市販薬でどうにかしてしまうことが多く、バカにならないので・・・できれば医療費控除で申告したいといつも思うんです・・・。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

2 治療又は療養に必要な医薬品の購入の対価(風邪をひいた場合の風邪薬などの購入代金は医療費となりますが、ビタミン剤などの病気の予防や健康増進のために用いられる医薬品の購入代金は医療費となりません。)
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1122.htm

つまり、

>アリナミンなどの栄養剤…
>ナイシトールやコッコアポのような脂肪に効果のある薬…

これらはだめ。

>バファリンやセデスなどの頭痛薬、風邪薬全般、正露丸やストッパなどの下痢止め、目薬、…
>湿布薬、マキロンなどの外傷薬…

これらは本当にそのとき病気になっていて買いに行ったのならセーフ。
買い置きならアウト。

>太田胃酸やキャベジンなどの胃腸薬…

病気治療のためと胸張って言えるならセーフ。
何となくお腹に良さそうだからと呑んでいるだけならアウト。

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm

Q医療費控除 対象になりますか?

細かいところがよくわかりません。わかるモノだけでも結構ですので、回答よろしくお願いいたします。
1.熱さましの冷却シート
2.オブラート
3.のど飴
4.子供のフッ素(歯科)
6.コンタクトレンズを作る際の眼科受診
7.ハイチオールC(効能;しみ・そばかす・日やけなどの色素沈着症・全身倦怠・二日酔・にきび、湿疹、じんましん、かぶれ、くすりまけ)

Aベストアンサー

順番に答えていきますね

1.熱さましの冷却シート 
なりません 

2.オブラート
なりません

3.のど飴
これが微妙なんですが 医師の診断書?など一筆書いてもらわないとならないでしょう

のど飴を舐めていないと日常に支障をきたすなど

4.子供のフッ素(歯科)
これも微妙ですが おそらくなりません
栄養剤とおなじく予防するものとみなれる可能性があるからです

歯医者で支給されたものはなります

6.コンタクトレンズを作る際の眼科受診
これはなります 診療ですから
健康保険が使えなかったらなりません

7.ハイチオールC
治療目的での購入ならなります
予防ならダメです

もしいわれたら治療のためっといってください


余談ですが
カゼ薬・目薬・ガーゼなどの治療のための薬も医療費控除の対象になります


逆に治療のためでもサロンパス・栄養剤などはなりません
 

Qパジャマのレンタル代は医療費控除の対象

タイトルのままなのですが、
入院時にレンタルしたパジャマの代金は
医療費控除の対象に含まれますか?
領収書はあります。

Aベストアンサー

http://www.mykomon.jp/kakutei_iryohi/NORE-5764CZ.htm
なお、病院側の指示によるものであっても、入院に際して持参する
次のような物品については、医療費控除の対象とはなりません。
(1)洗面具
(2)パジャマなどの寝具
(3)病院内での服
(4)新品の下着
(5)箸やマグカップ
(6)その他身の回り品

Q消費税・法人税の中間申告の納付時の仕訳のやり方について

いつもお世話になっております。
消費税と法人税(法人税・県民税・事業税・町民税)の中間申告納付時
の仕訳についてお聞きしたいのですが、ある会社では上記は全て、「仮払金」であげて、期末に処理しております。(実際の処理は税理士さんにお願いしております)
また、違う会社では、消費税については「仮払金」(資産)であげているのは同じなのですが、法人税については中間納付の時点で「法人税および住民税等」(費用)という科目で処理しており、同じく期末で税理士さんにお願いして最終処理しているようです。
仕訳の方法については特に指摘もないことから、この2社どちらのやり方でもかまわないの(間違いではない)だろうとは思うのですが、上記2社のやり方では法人税の期末の仕訳はそれぞれどのようになる(違いがある)のでしょうか?
実際の部分は税理士さんにお願いしていることから、期末の仕訳がどうなるのか、いまいちわかりません。
すいませんが、大まかでかまいませんので、期末の仕訳がどうなっていくのか教えていただけませんでしょうか?
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

・仮払金の場合
期末決算時
[法人税等]*****/[仮払金]*****
           /[未払法人税等]*****

・法人税等の場合
期末決算時
[法人税等]*****/[未払法人税等]*****

Q医療費控除の対象となるもの

医療費控除の対象となるもの

本年、入院し医療費控除を申請しようと思っています。そこで下記のものについて、医療費控除の対象となるかどうかご教授ください。

・ドラッグストアで購入した風邪薬、のどスプレー
 ドラッグストアで購入した薬も対象にできると聞いたのですが、どのようなものが控除対象に
 できて、どのようなものが控除対象にできないのか基準があれば、ご教授ください

・インフルエンザの予防接種の費用

・急病で救急車で病院に運ばれた際の帰りのタクシー代金
 お産の時などの交通費が控除対象になると聞いたことがありますが、上記の場合はどうでしょうか。

Aベストアンサー

医療費控除の対象は治療や診療のための費用です。風邪をひいた際に治療のために購入した医薬品である風邪薬なら控除対象になりますが、置き薬として購入したものや予防のためのものは対象外です。うがい薬は予防用であって対象外なので、のどスプレーも治療との因果関係が不明瞭で対象外でしょう。

インフルエンザの予防接種は治療ではないので対象外です。

タクシー代については、自分や家族が運転できない、公共交通機関が使えないなどの必要性があり、かつ領収書があるのであれば認められるでしょう。

下記のサイトにケース別に詳しく掲載されていますので参考に。
http://www.iryouhikoujyo.net/

参考URL:http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1122.htm

Q第三類医薬品は医療費控除になりますか?

確定申告の医療費控除対象について質問です。

VICKS(のど飴)や、栄養ドリンクについては、ビミョウなところと思いますが、第三類医薬品になっていればOKと考えて良いでしょうか。判断基準を教えて下さい。それとも判断はあいまいで、風邪薬と一緒に買ったものはOKで、頻繁に飲む栄養ドリンクは第三類医薬品でもNGとかなんでしょうか?

また判断基準について、税務署に確認すればよいでしょうか。

Aベストアンサー

市販薬については分類には関係なく、病気の治療目的なのか、それ以外の目的(予防、栄養補給等)なのかというのが判断基準です。

No.1122 医療費控除の対象となる医療費|所得税|国税庁
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1122.htm

基本的に栄養ドリンク類はたとえ第二類医薬品として販売されている物であっても、単なる栄養補給や疲労回復、健康増進を目的とするもので治療目的とはみなされないため医療費控除の対象とはなりません。
栄養ドリンクであっても医療行為の一環として医師から処方されたものであれば対象ですが、市販薬ではまず対象外と考えていいでしょう。

のど飴も同じような位置づけになり、基本的には治療目的とは見なされず対象外ですが、医者からの指示で購入、服用するなら対象とされます。
ただし、こちらも医者として本当に治療に必要なら市販ののど飴ではなくトローチ剤等を処方すると思われますから、医者の指示で市販ののど飴を購入というケースがあるのかどうかは不明です。

Q医療費控除について

昨年までの医療費が10万円を突破しました。
確定申告する予定です。
医療費控除の対象には市販薬も含まれるようですが、判創膏とかはどうでしょうか?
「医療用具」と記載されているものはOKかな?と思っているのですが・・・・

Aベストアンサー

私は、市販の薬は全部計算に入れています。
もちろん、絆創膏も。
子供がよく怪我をするので、消毒薬とかガーゼとか包帯とか・・・とにかくぜ~んぶです。便秘薬も入れました。
でも、一度も注意は受けたことありませんし、実際に治療に使ったのですから間違っていないと思いますよ。

私の場合は、レシートの該当品目に○をつけて、その横に消費税を足した金額を書き込んでおきます。

Q医療費控除のことで御質問です。

私の現状は子供のいない夫婦生活をしてます。

2006年の11月に妻(私)が子宮筋腫の手術(保険の利かない自己負担100%の手術)をしました。そのかかった医療費を確定申告で医療費控除として申請を出す予定なのですが、ここで質問です。

・女性の生理用品(ナプキン代など)は控除の対象となるのでしょうか?通常ですと控除の対象外なのですが子宮の病気で大量出血を誘発してしまい結構な額になってしまいました・・・。病気のために生理用品を大量に使用することになってしまったという理由はダメですよね・・・。

・手術費用や入院費用を、全額ではないですが一部父が負担してくれました(といっても現金を「これを使いなさい」といって私に渡した・・というこだけなのですが)。裏技のページを見ると一緒に住んでいない親族が医療費を出してくれた場合、その親族の分の医療費も控除の対象になる(?)と書かれているのですが可能なのでしょうか?私の場合、父に当たりますが・・・。
(http://allabout.co.jp/finance/kakei/closeup/CU20060131A/index.htmの「生活を一にする人」全員をチェック! という項目に書かれています。)

・交通費ですが電車の場合、実際にかかった交通費を計上していいのでしょうか?ヤフーなどの電車の経路検索や駅スパートなどで検索すると一つの目的地へいくのに何通りもでてきますよね?
1.時間はかかるけど一番安いルート、と2.時間は早いけど安いルートよりも100円~200円くらい高いルート(新幹線とかは使用しない)、があったとして、実際には2.のルートで電車を使ったのでその金額を計上してよいものなのでしょうか・・・。

もしご存知でいらっしゃる方がおられましたら宜しくお願い致します。

私の現状は子供のいない夫婦生活をしてます。

2006年の11月に妻(私)が子宮筋腫の手術(保険の利かない自己負担100%の手術)をしました。そのかかった医療費を確定申告で医療費控除として申請を出す予定なのですが、ここで質問です。

・女性の生理用品(ナプキン代など)は控除の対象となるのでしょうか?通常ですと控除の対象外なのですが子宮の病気で大量出血を誘発してしまい結構な額になってしまいました・・・。病気のために生理用品を大量に使用することになってしまったという理由はダメですよね・...続きを読む

Aベストアンサー

>・女性の生理用品(ナプキン代など)は控除の対象となるのでしょうか?
OKの可能性はあります。ただ医者に医療上必要だったという証明を書いてもらえといわれる可能性はあります。
税務署に問い合わせてください。

>・手術費用や入院費用を、全額ではないですが一部父が負担してくれました
厳密にいうと、その父負担分は父が医療費控除を受けられます。

ただ生計が一つの場合には誰が何に幾ら負担したのかという区別が果たしてつくのか?という話がありますよね。
お金には名前が書かれていませんのでねぇ。
つまり、医療費がかかっただろうから、その分生活費が苦しくなるだろうから、生活費の足しにしてくれと渡された場合と何が違うのか?という話です。税務署といえどもこの違いを見分けることなど出来ません。
言っている意味はお分かりと思います。

>・交通費ですが電車の場合、実際にかかった交通費を計上していいのでしょうか?
それでかまいません。


人気Q&Aランキング