60になる親父が病院で肝硬変って言われました!
自分で調べる限り かなりやばい病気みたいで
絶対直らない病気とか死ぬ可能性が有るとか
実際に肝硬変になって直ぐに死ぬですか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

●(メルクマニュアルより)"肝硬変"の項→

http://mmh.banyu.co.jp/mmhe2j/sec10/ch136/ch136c …
●(第1回)"末期の肝硬変を克服"→http://www2.odn.ne.jp/~aai95980/shokunai/html/he …
又[教えて!goo](orOKWave)パートナーサイト内の質問では
病気のカテで
●"肝硬変の行く末・・どの位生きられるのでしょうか?"→http://questionbox.jp.msn.com/qa2859680.html
等のURLが見付りました。

一般的には肝硬変でもアルコール性の場合は肝臓がんに進展し兼ねないとは言われますが、この点ばかりは"質問者さんのお父様の肝臓のみぞ知る”と言う事でしょうね。
    • good
    • 0

今 どの程度悪いのかどうか判りませんので何ともいえません。



私の家族の場合は「重労働(農作業とか)を毎日するのでなければ
食事に気をつけて悪化しないようにして どうにか普通に生活はできる」
そうですよ?

肝臓がどの程度機能しているのかで 全然ちがうと思いますよ
(まぁ 完治はしないらしいですが)
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q肝硬変の治療について

知人がB型肝炎ウィルスが原因で、肝炎から肝硬変に移行してしまいまいた。
強力ミノファーゲンをうち続けていますが、良くなりません。
何か良い治療法、良い病院、良い薬を紹介していただけないでしょうか。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

Kuro2000です。ご質問にお答え致します。
一般名 ラミブジン
商品名 ゼフィックス
外資系の製薬会社が販売しているようです。
ただし、肝硬変の適応は無いようですが、肝硬変への投与のスタディは始まっているみたいです。

Q人間が死ぬ時についてです

肺癌性髄膜炎(小脳も転移)で亡くなった母の事ですが、緩和治療病院でドルミカムとモルヒネを使っていました。私は亡くなるまでの1週間病院に泊まっていました。母は12年も癌と戦ってきて、肺癌も取ったのに心臓がアスリート並みに強かったみたいで、入院してから徐々に薬の投与の流す量を増やしていきました。先生は病人なのにこんな事めったにない、ここ何年もこのような心臓の強い人はみたことないって言っていました。入院してから1週間後に亡くなったのですが、もの凄く苦しそうで辛そうでした。最初の数日は意識はあったと思います。最初の痰吸引の時はもの凄く暴れました。その後4日目以降は目の反応もなく看護師は意識はないと言っていました。薬を流す量が増えた時から心拍140で低血圧だった母が血圧170から210までになってしまいました。同時に高熱が続きました。何故か左目だけ開いたままでした。先生は珍しいと言っていました。だいぶ心臓が弱ってきたので、先生が薬の流す量を初日の量と同じに変更しました。そして夕方に亡くなりました。血圧が200以上になってしまったら、くも膜下出血や脳こそくを起こしますか?意識がないと言われていましたが、高熱と高血圧、心拍も140で毎日唸っていた母を見ていて自分も首が絞められる思いでした。もう直ぐ1年ですが毎日病院で唸っている母の顔を思い出します。夢にも出て来ます。苦しんで亡くなったとは思いたくありませんが、苦しんだと思いますか?4日目ぐらいに一回だけ眉間にしわを出していたので、そのときは可哀想ですが意識があったと思います。亡くなる瞬間は両目が開いてチアノーゼとリベドが一瞬ですが全身に出て消えました。以前にも何回か人間が息を引き取る瞬間を見ましたが、母の症状は他の人とは全く違いました。毎日考えていますが、脳梗塞や、くも膜下出血で最後は亡くなったのでは?と思っています。皆さんどう思いますか?

肺癌性髄膜炎(小脳も転移)で亡くなった母の事ですが、緩和治療病院でドルミカムとモルヒネを使っていました。私は亡くなるまでの1週間病院に泊まっていました。母は12年も癌と戦ってきて、肺癌も取ったのに心臓がアスリート並みに強かったみたいで、入院してから徐々に薬の投与の流す量を増やしていきました。先生は病人なのにこんな事めったにない、ここ何年もこのような心臓の強い人はみたことないって言っていました。入院してから1週間後に亡くなったのですが、もの凄く苦しそうで辛そうでした。最初の...続きを読む

Aベストアンサー

血圧が200超えたらすぐに脳出血するわけではないです。
可能性が高くなるだけです。
脳梗塞は別の原因なのであまり関係ないとおもいます。

脳転移、髄膜炎になっているので頭痛はあったと思います。
肺がんなので呼吸も苦しかったと思います。
薬によって意識はあったりなかったりの繰り返しだったのでしょう。

他の方とは病状が違いますので亡くなるときの様子も違います。
別に脳梗塞やくも膜下出血で、というわけではなく、
肺がん、髄膜炎、転移性脳腫瘍によるものではないかと思います。
苦しかったのは苦しかったでしょうが、もう1年近く前に苦しさから開放されています。
思い出したら仏壇や墓前の前で手を合わせてあげればいいと思いますよ。

Q肝硬変?ぎみ?って治るものですか?

前にもこちらで、父の肝臓について質問させていただいた者です。

先々月のことですが、うちの父が全身にじんましんがでて、内科へ行き、血液検査をしたところ、GOTやGPTの値が異常に高く、肝臓に注射器のようなものをさして、細胞をとる、組織検査や、MRIなど、いろんな検査をしてきて約2ヶ月。先日、ようやく結果がでたのですが(といっても、はっきり何が原因かわからなかったようですが)肝臓が荒れてて、肝硬変ぎみだといわれたそうです。
父は、62歳。お酒はまったく飲みませんが、たばこは結構吸っていました。(じんましんがでてからはやめています)
何が原因で肝臓に異変がおきたのかわかりません。


毎年、健康診断をしていますが、今まで、一度も何もひっかかったことがありません。
肥満でもないですし、血圧も標準です。

これから、毎日の薬と週3回の注射で治していくみたいですが、入院はしません。
これって、通常の肝臓に治るものでしょうか?

肝硬変になると、治らないと聞いたことがあります。(勉強不足なので、もし治った方がいらしたらすみません)
ただ、『肝硬変』といわれたわけじゃなく、『ぎみ』と言われたことにひっかかります。

同じく、薬と注射で治った方、いらっしゃるでしょうか?

もしかして、先が短いのかなぁとか、すごく心配になってしまいました。

どなたかアドバイスよろしくお願いいたします。

前にもこちらで、父の肝臓について質問させていただいた者です。

先々月のことですが、うちの父が全身にじんましんがでて、内科へ行き、血液検査をしたところ、GOTやGPTの値が異常に高く、肝臓に注射器のようなものをさして、細胞をとる、組織検査や、MRIなど、いろんな検査をしてきて約2ヶ月。先日、ようやく結果がでたのですが(といっても、はっきり何が原因かわからなかったようですが)肝臓が荒れてて、肝硬変ぎみだといわれたそうです。
父は、62歳。お酒はまったく飲みませんが、たばこは結構吸って...続きを読む

Aベストアンサー

肝硬変とは、肝臓の細胞が「スカスカ」になってしまう病気です。
肝臓全体が「スカスカ」になってしまうと肝硬変ということで、肝臓が機能しなくなり肝不全⇒死亡となります。
肝硬変「気味」ということは、一部の細胞が「スカスカ」になってしまっているが、ある程度は元気な細胞も残っている状態だと思います。
一度「スカスカ」になった細胞は二度と元には戻りませんが(肝移植でもしない限り)、残った細胞を大事にすれば生命維持に問題はないはずです。
肝臓はもともと能力に相当余裕があるので、全体の1/4が機能していれば生命維持に問題はないといわれています。

治療というのは、「スカスカ」になった細胞を元に戻すというわけではなく、残っている元気な細胞をこれ以上「スカスカ」にしてしまわないためのもの、と理解すればいいと思います。

Qいぼ痔の血栓で死ぬんですか?

いぼ痔に薬を塗っていますが直りません。血栓が流れて命に関わるのか心配です。手術の方法.縫ったりするんですよね?いとはどれくらいでとれるのですか?
教えてください。

Aベストアンサー

そちらは専門ではないが、血栓自体より感染症の方が怖いのではないかな・・・・・。

Q肝硬変を伴わない肝臓癌だったのになぜ???

身内が肝細胞癌になりました。
B型肝炎を背景とする肝硬変を伴わない肝細胞癌と診断され、癌以外の肝機能は良好という
ことでしたのでTAE治療を2度受けましたが、1ヵ月後のCTで肝内転移、肺転移を指摘された上、
この時肝硬変も発症していることを初めて聞かされました。このような状態ではもう治療法もない
ということです。通常、肝炎→肝硬変→肝細胞癌という経過を辿るものと認識していましたが、
肝細胞癌になってから肝硬変になることなどありえるのでしょうか?
癌が発覚した時には本人も家族もかなりショックを受けましたが、肝硬変を通り越しているケース
で癌以外の部分の肝機能は良い状態という言葉にすっかり安心し、癌の進行さえ食い止められ
れば何とかなると思っていたのでまさか癌を患ってから肝硬変になるなど予想もしていませんでした。
肝硬変がわかってからはみるみる全身状態が悪化して肝不全との診断も下され余命いくばくもないと…
この経過は肝臓癌の病態として自然なものですか?
そして、肝硬変はほんの数ヶ月で発症するものなのでしょうか???まったく理解が出来ません。

身内が肝細胞癌になりました。
B型肝炎を背景とする肝硬変を伴わない肝細胞癌と診断され、癌以外の肝機能は良好という
ことでしたのでTAE治療を2度受けましたが、1ヵ月後のCTで肝内転移、肺転移を指摘された上、
この時肝硬変も発症していることを初めて聞かされました。このような状態ではもう治療法もない
ということです。通常、肝炎→肝硬変→肝細胞癌という経過を辿るものと認識していましたが、
肝細胞癌になってから肝硬変になることなどありえるのでしょうか?
癌が発覚した時には本人も家族...続きを読む

Aベストアンサー

CTでの形態異常は肝硬変がある程度進行しないとはっきりしません。しかもウイルス性や自己免疫性、アルコール性などでは、形態が微妙に異なってきます。CTでの形態が正常でも、肝硬変というのはありえます。後出しじゃんけんになりますが、ここで形態正常範囲内=肝硬変なしと直結させたのは適切でなかったのでしょう。

>肝硬変ではGOT>GPTというのが一般的だと思っていたのですが…。
それを金科玉条のごとく、絶対視することはまずないと思いますよ。
肝機能の評価は、カルテに記載があったかもしれませんが、Child-Pugh分類であったり、Liver damage分類であったりを利用することが多いです。これは血液検査ではGOT、GPTはまったくあてにせず、ビリルビンやアルブミン、ICG試験などから判断されます。このほかに、肝性脳症であったり、腹水などの所見で肝機能、肝予備能を評価します。
これらがよかったのであれば、正常な肝臓の形態と併せて、肝硬変なし、肝細胞がんのみ、GOTやGPTの上昇は肝細胞がんによる幹細胞の障害と評価してしまったのかもしれませんね。こういう解釈も可能ですから。

>肝硬変と診断されたのはTAE治療後のCT検査によって明らかに
なったものです。
TAE時に撮影されるCTすなわち、CTAPやCT(H)Aでは、血管系の詳細な評価が出来ます。肝硬変では、形態以上に血管系の異常がでることもあり、これらの情報を付加して肝硬変と診断に至ったのかもしれません。

CTでの形態異常は肝硬変がある程度進行しないとはっきりしません。しかもウイルス性や自己免疫性、アルコール性などでは、形態が微妙に異なってきます。CTでの形態が正常でも、肝硬変というのはありえます。後出しじゃんけんになりますが、ここで形態正常範囲内=肝硬変なしと直結させたのは適切でなかったのでしょう。

>肝硬変ではGOT>GPTというのが一般的だと思っていたのですが…。
それを金科玉条のごとく、絶対視することはまずないと思いますよ。
肝機能の評価は、カルテに記載があったかもしれ...続きを読む

Q生き物がガンにかかると死ぬ理由

ものすごい基本的なことをお尋ねして恐縮です。
人は(人に限りませんけど)ガンにかかって治癒できないと、なぜ死ぬのでしょうか。
「出血多量」「窒息死」などですと、素人でもわかる死因ですが、ガンにかかると死にいたる理由(経緯)を教えてください。

Aベストアンサー

既に回答があるとおりですが、ガン細胞はテロメアと呼ばれる分裂の回数を決める(制限する)因子が欠如しています。また、遺伝情報に不整合があり本来なら細胞それぞれにあるはずの役割の情報が壊れ消え暴走してしまっているのです。

例えば、臓器に発生する癌は、その臓器としての役割を十分に果たせないか、失ったもので、ただエネルギーを消費し、分裂するだけの機能しかない穀潰しになります。しかも、分裂の速度が他の細胞に比べると速く分裂寿命(回数)がとにかく長いため、早期に自己免疫機能(後述)による除去や医療行為による治療によって処理しなければ、一定以上にガン細胞が増殖すると他の細胞を押しのけて短期間で広がる傾向があります。

もし、これが広がるとその臓器の能力は失われます。
また、癌が血液、リンパなどに転移し体内循環経路に載ってしまうと他の臓器や体細胞に転移するのです。最終的な死因は癌の転移による多臓器不全や免疫療法(ガン細胞を壊すということは正常な免疫や細胞もそれ相応に破壊します)などによる衰弱死、または免疫不全による感染症や各種間接疾患などとなります。特に、免疫療法中は感染症に極めて弱い傾向がありますから、普通の人であれば大したことないような風邪であっても、死に至る場合があります。

ちなみに、健康な人でもガン細胞は一日に数千個単位で生まれていますが、NK(Natural Killer)細胞と呼ばれる特殊な免疫細胞が中心となってその不具合のある細胞を見分け破砕しています。このバランスが崩れると癌は急速に体をむしばむようになります。年齢を重ねると癌になりやすいのは、細胞の老化や疲労によってコピーの失敗が発生しやすくなることと、この免疫細胞の数などが減少するためです。

既に回答があるとおりですが、ガン細胞はテロメアと呼ばれる分裂の回数を決める(制限する)因子が欠如しています。また、遺伝情報に不整合があり本来なら細胞それぞれにあるはずの役割の情報が壊れ消え暴走してしまっているのです。

例えば、臓器に発生する癌は、その臓器としての役割を十分に果たせないか、失ったもので、ただエネルギーを消費し、分裂するだけの機能しかない穀潰しになります。しかも、分裂の速度が他の細胞に比べると速く分裂寿命(回数)がとにかく長いため、早期に自己免疫機能(後述)...続きを読む

Q名古屋、愛知県で肝硬変の名医を教えてください。

母がC型肝炎から肝硬変になってしまいました。

今現在は愛知医科大学に通っています。

正直本当に治らない事は分かっていますが、どうにか進行を止めて肝臓ガンになるのだけは防ぎたいです。

このまま、愛知医科大学に通ったほうがよいでしょうか?

それか、名古屋などで肝硬変の名医や肝硬変で有名な病院などありましたら教えてください。

よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

肝硬変の3大死亡原因は肝臓がん、肝不全、食道静脈瘤の破裂です。

肝臓がん患者の8割は肝硬変の合併症

で5年後の生存率は50%、10年後の生存率10%未満

急性腹膜炎を引き起こした時の5年後生存率35%

アルコール絶ちしなければ20%です

生きた臓器の死滅したものを蘇生する方法など存在しません

唯一の治療方法は肝移植のみです

肝硬変始まったら、もう病気の進行を少しでもい遅らせるしか方法ありません

腹水や、黄疸、胆汁酸の匂い等出てくると殆ど末期です

Q末期癌~死ぬまでの状況を教えてください。 

末期癌~死ぬまでの状況を教えてください。 
末期癌の母は現在ホスピスケアを受けています。
これから母の面倒を見るのは私の役目なのでこれからどうなるのか不安です。

母がすいぞう癌だと宣告されたのはおよそ1年前です。
肝臓にも転移しており既に手遅れでした。
今年の3月頃までは癌だと思えないほど元気な母でしたが
4月頃から急に階段を転げ落ちる様に容態が悪くなってしまいました。
あらゆる箇所の骨に転移し、強い痛みも出てきました。
肺へも転移し、咳がひどいです。
今ではほんの少し動いただけでも息切れがひどく、時々咳き込んで嘔吐してしまいます。
急に食欲もなくなりました。
一日、一日ごとにどんどん体力がなくなり弱くなっていきます。
母はこれからどうなっていくのでしょうか。
苦しみが増しますか? 
意識は最後まであるものですか?
自分でトイレにも行けなくなったらどうすればいいのですか?
この状態で、あとどのくらいと考えていればいいでしょうか。。。

文章がうまくまとまっていなくてすみません。
少しでも心の準備ができればと思います。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

「人はがんでは死なない」という言葉があります。
がんが特別な毒素を出すわけではありません。
では、なぜ、人はがんで死ぬのか?
それは、がんが増殖することで、臓器に様々な障害が起き、
その障害が引き起こす様々な症状によって、死にいたるのです。

様々な症状の一つには、疼痛もあります。
これは、モルヒネなどによりかなりコントロールできるようになってきました。

気管支のがん細胞が増殖して気管支を塞げば、窒息の危険があります。
肝臓のがんが増殖して、肝臓の機能が低下すれば、体内の様々な化学作用
が止ることになり、肝性昏睡などの様々な症状を起こします。
大きな血管にがんができて、血管が破れるということも起きます。
腎臓の機能が低下すれば……
脳の機能が低下すれば……

つまり、がんがどこにあり、その臓器は、どんな仕事をしているのか、
ということです。
何が起きても不思議ではない、ということです。

「苦しみが増しますか?」
軽くなるということはないでしょう。
出てきた苦しみを押さえるということになります。

「意識は最後まであるものですか?」
わかりません。
先に昏睡状態になる場合もありますし、最後まで、意識がはっきりしている
場合もあります。

「自分でトイレにも行けなくなったらどうすればいいのですか?」
状況によりますが、オムツということも考えてください。
尿はカテーテルを留置することになります。

残酷な言い方ですが、何らかの理由で昏睡状態になった場合、
「それを治療して、昏睡から醒めさせて、延命をする」ということを
しないという選択肢もあります。

末期症状は、医師や看護師がよく知っています。
まずは、医師や看護師と相談してください。

「人はがんでは死なない」という言葉があります。
がんが特別な毒素を出すわけではありません。
では、なぜ、人はがんで死ぬのか?
それは、がんが増殖することで、臓器に様々な障害が起き、
その障害が引き起こす様々な症状によって、死にいたるのです。

様々な症状の一つには、疼痛もあります。
これは、モルヒネなどによりかなりコントロールできるようになってきました。

気管支のがん細胞が増殖して気管支を塞げば、窒息の危険があります。
肝臓のがんが増殖して、肝臓の機能が低下すれば、体内の様々な化...続きを読む

Q肝硬変についてもっと教えてください

食道静脈瑠が破裂して肝硬変と判りました。

お酒が好きだったのでアルコール性肝硬変です。

医師は軽症だからお酒さえ飲まなければ大丈夫だから。

肝臓は柔らかくなるからと言ってくれています。

肝硬変は治らないものと思っていましたが軽症だと治るのでしょうか?

Aベストアンサー

正常な肝臓はかなりの再生能力があります。
アルコール性肝硬変の場合、断酒ができれば治癒とまではいかなくても改善が見込めます。

断酒頑張ってくださいね!


参考になれば幸いです。
http://ketsueki.doremi3.com/2007/11/post_301.html

Q肋骨が自然に潰れ「死ぬ」と言われて。。。

42歳女性です。

5年程前からひどい疲れやすさ、呼吸のしづらさ、筋肉のこわばり、頸から背中のこり、歩行困難
などを抱えて暮らしています。

いわゆる病院の検査は一通りしましたが異常はなし。

先日行った整体院で、「背骨が曲がっている。肋骨が潰れて中にある肺や心臓が押しつぶされて
苦しくなっている。足の筋肉の位置がずれている。このままじゃ死んじゃうよ。」などど言われま
した。
施術後は多少楽になりましたが、「またすぐ戻る。まずは支える為の筋肉もないので、タンンパク質
をたくさん摂るように。プロテインを飲んでみては?」とのアドバイスで帰って来ました。

数日前から呼吸法を頑張り始めましたが、整体院で言われたことが怖過ぎて、精神的に参って
しまいました。

姿勢の悪い生活は送って来てしまいましたが、自然とここまで悪くなり、しかも本当にこのような
理由で死んでしまうことはあるのでしょうか?

どなたかアドバイス頂けると助かります。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

それは別に死の宣告をされたのとは違うでしょう。
姿勢が悪くて骨が曲がってしまっているので、臓器に機能不全が起こりやすくなっている、
結果としてそれは寿命を縮める可能性もあるよ、という話だと思われます。

実際、アドバイス自体はまともですよね。
姿勢を正すこと、それを可能にする筋肉をつけること。

本当に死が間近なのであればそんな悠長なアドバイスはしませんよ(笑)。
呼吸法が大事なことは私も体感としてよく分かっています。
焦らず、でも諦めず、ゆっくり確実に継続していきましょう。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報