水耕栽培でのはなしです。水耕液のpHとECを調節するためにはどうしたらいいんですか?自分で計算できるのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

まだ、見てるかな・・?



沈殿を起こしやすい物質の代表はカルシウムです。カルシウムと硫酸基またはリン酸基とを含む物質を混合すると、硫酸カルシウム(これって石こうのこと)、リン酸カルシウムという難溶性の物質ができてしまいます。
カルシウムもリン酸も植物にとっては重要です。またマグネッシウムを供給するために硫酸マグネッシウムを添加するなど、硫酸基を有するものの添加も避けて通れないのです。

成書についてですが、私が持っているのは値段が高く、いろんな分野について網羅的に書かれているのでそれほどお奨めでもないのですが、
「四訂 施設園芸ハンドブック」園芸情報センター発行というのがあります。 
    • good
    • 0

「EC肥料管理機」で肥料タンクが2つに分けられていることの理由ですが、これは肥料原液の成分が反応して沈殿が生ずるのを防止するためです。


 肥料タンクには非常に濃度の高い原液が入っており、これを数百~数千倍に希釈して培養液とするのですが、希釈してしまえば沈殿がおきないものでも、高濃度で一緒に混ぜると沈殿を起こす組み合せがあります。そこで、各種の肥料成分を沈殿を起こしにくいもの同士の2つのグループに分け、それぞれ別のタンクに入れておきます。

 水耕といっても規模・方式ともに様々です。どの程度の規模を考えておられるかによって、調製方法は異なると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
なるほどと思いました。
これからそういう化学的な面で勉強していきたいと思います。
あと、沈殿の起こしやすい肥料とか、物質について書いてある書物があれば教えてください。学んでみたいと思います。
ほんとにありがとうございます。

お礼日時:2001/03/19 06:44

タンクについては参考URLをご覧下さい。

恐らく、肥料の各成分が植物に吸収され易いか、され難いかが関わっているのだと思います。

本格的に養液栽培のことをお知りになりたいのでしたら、本を読んでみてはいかがでしょうか。
「田舎の本屋さん」という農学書専門サイト(URL=http://www.ruralnet.or.jp/shop/index.html)で「養液栽培」で検索したら、10件ヒットしました。
それとこのサイトを運営している農文協のサイト(URL=http://www.ruralnet.or.jp/index.html)に会員登録すれば、
オンラインで「農業技術大系」が利用できると思います。
「農業技術大系」で養液栽培に触れているのは、本では野菜編12巻と花卉編2巻でした。他にもあるかもしれません。

参考URL:http://www.affrc.go.jp/seika/data_nivot/h10/nivo …
    • good
    • 0

植物によって濃度・成分を変えることがありますが、


園試標準処方は以下のようになります。

第1例(培養液1000リットル分)
硫酸マグネシウム:500g
硝酸石灰:950g
硝酸カリ:810g
第一リン酸アンモン:155g

第2例(培養液1000リットル分)
硫酸マグネシウム:500g
硝酸アンモン:320g
硝酸カリ:810g
過リン酸石灰:580g

ところで、市販品ではいけませんか?
http://www.tok.otsukac.co.jp/otsukac/agro/catalo …

ついでに、技術相談して下さるサイトを紹介しておきます。

参考URL:http://ss.nivot.affrc.go.jp/anou/kiren/johokan/i …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

二度の投稿ありがとうございました。
この質問に目を向けてもらって本当に感謝しています。
また、技術相談のサイトを紹介してくれてありがとうございました。
装置についてですがなぜ二つのタンクに分けてあったりするんでしょうか?
お礼ついでに補足してしまいましたが、もし知っていればで結構です。
ほんとうにたびたびすみません。

お礼日時:2001/03/10 02:36

「農業技術大系」という本に書いてありましたが、


現在、日本では、培養液管理には自動装置を取り付けて装置化する方向にあるそうです。

自動EC制御装置は、培養液濃度をECセンサーで感知し、培養液濃度以下でポンプが作動し、濃厚肥料を培養液に添加します。

自動pH制御装置は、培養液pHをセンサーで感知して、設定pH以下ではアルカリ液、設定以上では酸液を培養液に添加します。

参考URLはメーカーのページです。

参考URL:http://www.agri.kawamoto-bussan.co.jp/f-seihinan …

この回答への補足

濃厚肥料はどういった基準で作ればいいのでしょうか?
すみませんがおしえてください。

補足日時:2001/03/09 20:29
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q水耕栽培しているタイムの植え替えについて。

 4月中頃に100均で種を購入し、ハーブの水耕栽培にチャレンジしています。

 何種類か育てている中で、タイムがずいぶん伸びて来たので、もう少し大きい入れ物に植え替えようと思うのですが、その際、1本ずつ、離して植え替えるべきでしょうか?それとも、2~3本束ねて植えても大丈夫でしょうか?

 今は1本ずつ真っ直ぐ伸びて行ってる感じですが、将来的に茂るといった記述も見たので、今は頼りなくても、一本ずつ離しておいた方がいいのかな、と個人的には思っています。

 いけるところまで水耕栽培でいくつもりなので、植え替える容器はタッパー2.4Lで、ゼオライト、木炭、ハイドロボールの混合に植える予定です。(肥料はやってます。)

 現状は画像のように、種を蒔いた時の容器(プラスチックカップ)に生えている状態です。

Aベストアンサー

少し日光不足のようにも思えます。(ひょろひょろしてますね)

私は地植えでタイムを育てています。
かなり茂るので剪定した小枝を無造作に水に入れていますが、ほとんど根を出します。(肥料も無くただの水)
この画を見ますと半分から切って大丈夫だと思いますので試しては如何ですか?
切ったところから枝も出て茂ってくるはずですよ。

Q水耕栽培「pHアップ剤に適当なものは?また、ECについて」

水耕栽培「pHアップ剤に適当なものは?また、ECについて」
自作の水槽とブクブクで簡単な水耕装置を作っています。
pHが4くらいになると、6まで上げているのですが、pHアップ剤として適当なモノは何がありますか?
現在は5%の炭酸水素Na(重曹)溶液を使っていますがいかがでしょうかね?
また、重曹溶液を使いますと、EC2.75がEC2.95へと上昇します。これでは、何度かpH調整をしているうちに、肥料濃度の目安であるECが役に立たなくなるのでは?と心配しておりますがいかがでしょうかね?
なお、作付け作物はネギで行っております。ネットの情報と高校化学の知識しか持っておりません。
少しでも参考になるお話が頂ければ幸いです。
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

補足を拝見しての追加です。

大塚液肥を使っているのでしたら、アンモニア態窒素を硝酸態窒素に一部入れ替える方法は難しいですね。

「アンモニア水」はアルカリ性なので、pHをあげる効果がありますが、窒素肥料として植物がすぐにアンモニアを吸収してしまいますので、水耕液のpHもすぐに元に戻ってしまい、pHアップ効果が持続しません。

むしろ「硝酸カルシウム」を試してみてはいかがでしょうか。
水耕用に売られていると思いますし、薬局でも買えるでしょう。
「硝酸カルシウム」は中性なので、pHは直接には変化しませんが、植物がまず硝酸態窒素を吸収しますので、後に残るカルシウムの影響で水耕液のpHが上がります。
カルシウムは植物にとって必要な養分ですから、特に害にはなりませんし、少しずつ吸収されるので、養分バランスを崩す心配も比較的小さいです。

Q水耕栽培と土耕栽培

水耕栽培と土耕栽培のメリット・デメリットを教えて下さい。
水耕栽培といちごなどに使われる高設栽培は一緒ですか?

Aベストアンサー

水耕栽培のメリットは連作障害が発生しない。管理が楽である。自動制御が可能で管理に手間がかからない。などがあります。欠点は設備費が非常にかかる300坪で1000万円くらいかかります。培養液の調合に相当な化学てきな知識が必要である。良質な水が大量に必要である。電気料等のランニングコストがかかる。果菜類などは食味が落ちる。等があります。ハウスを造り水耕設備を入れると300坪で最低でも2000万円かかります。経営的に成り立つ面積で900坪建てると約6000万円かかりますから最低でも3000万円程度の自己資金が必要です。全額借入金では到底経営としては成り立ちません。通年栽培ですから暖房や夏期の溶液の冷却にも相当な経費が必要です。実行するためには相当綿密な経営計画と資金見積もりを立てなければ危険過ぎます。
土耕の場合は設備費が抑えられる。水耕に比べて生産物のあじが良い
等がありますが管理が大変。病害が発生しやすい。連作障害が出やすい。土作りが大変。樹勢の調整が難しいなどがありますよいものを作るには相当の経験が必要です。
イチゴの高設栽培には水耕と養液栽培があります。養液栽培はロックウールや椰子ガラやピートモスなどを高設ベンチに入れて細いチューブで水分や肥料分を施しながら栽培する方法です。設備費も水耕ほどかからず連作障害も少ない事から最近はこの方法が普及してきています。この方法から入るのが賢明でしょう。しかし養液管理には細心の注意が必要です水耕と同じく根に障害を起こす病害が発生すると全滅します。
余談ですが今施設園芸は重油を初めとする資材の高騰や人件費の値上がりやハウスの建築コストが上昇し減価償却費の増加等により厳しい経営状況が続いていますこれから参入するためには相当な覚悟と農業技術が必要です。1回の失敗が命取りになってしまいます焦らずしっかりとした知識を学習してください。

水耕栽培のメリットは連作障害が発生しない。管理が楽である。自動制御が可能で管理に手間がかからない。などがあります。欠点は設備費が非常にかかる300坪で1000万円くらいかかります。培養液の調合に相当な化学てきな知識が必要である。良質な水が大量に必要である。電気料等のランニングコストがかかる。果菜類などは食味が落ちる。等があります。ハウスを造り水耕設備を入れると300坪で最低でも2000万円かかります。経営的に成り立つ面積で900坪建てると約6000万円かかりますから最低で...続きを読む

Q水耕栽培の為のEC(伝導率計)メーターの入手について

水耕栽培の為のEC(伝導率計)メーターの入手について
水耕栽培の小さなセットを廃材利用で作っています。目的は、とりあえず、植物が液肥と金魚のブクブクのみで本当に育つか確かめたく思っています。今2ヶ月位立ちますが、すくすく成長しています。ただ、水分の吸収と蒸発によって、肥料濃度がずれてきて葉の色が心なしか薄くなっています。
ECメーターを自作しようと、電気テスターで計りましたが、電圧が高すぎて清浄な値を示さず、自作は断念しました。
そのため、簡易で良いのですが、格安でECとpH測定器を探しています。
とりあえず、pHメーターについては、万能試験紙をオークションで格安(200円)で手に入れましたので何とかなりました。
残るは、ECメーターなのですが、アマゾンを見ますと、
http://www.amazon.co.jp/gp/search?index=kitchen&keywords=B002NNJJH2&__mk_ja_JP=%83J%83%5E%83J%83i&go=Search&tag=377-5375781-22&linkCode=qs
という物が安くて良さそうなのですが、評価を見ますと悪く不安です。
当方もこの評価者と同じ、大塚(アミノ)ハウスを使っております。
ただ、この測定器では、EC:2.6の標準液測定は可能に思いますが、レビューでは出来ないとあります。
本当に測定できないのでしょうか?
個人的には、標準液ではなく、その濃縮液で計ったため、測定できなかったと勘違いしていると思うのですが、いかがでしょうか?
また、アマゾン以外国内のサイトであればどこでも良いのですが、お勧めな測定器がありましたら是非教えて下さい。
一番好ましいのは、万能試験紙の様に、使い捨てでも良いので300円以内で出来る方法です。
宜しくお願い致します。

水耕栽培の為のEC(伝導率計)メーターの入手について
水耕栽培の小さなセットを廃材利用で作っています。目的は、とりあえず、植物が液肥と金魚のブクブクのみで本当に育つか確かめたく思っています。今2ヶ月位立ちますが、すくすく成長しています。ただ、水分の吸収と蒸発によって、肥料濃度がずれてきて葉の色が心なしか薄くなっています。
ECメーターを自作しようと、電気テスターで計りましたが、電圧が高すぎて清浄な値を示さず、自作は断念しました。
そのため、簡易で良いのですが、格安でECとpH測定器を...続きを読む

Aベストアンサー

> 評価を見ますと悪く不安です。
> 本当に測定できないのでしょうか?
該当機種を使ったことはありませんが、濃度が測定範囲を超えているという話であれば、希釈して測定すれば実用上問題ありません。測定できないということは考え難いです。

> 万能試験紙の様に、使い捨てでも良いので300円以内で出来る方法
EC測定できる試験紙のようなものは存在しないと思います。

Q水耕栽培のヒアシンスや水仙は来年は使えない?

部屋の中での鑑賞をしたいので、今年は水耕栽培でヒアシンスと芳香性の水仙を育ててみようかなと思っています。しかし、疑問がわいてきました。鉢植えならば花が終わったら、そのまま外へだして球根の肥培ができますが、水耕栽培の場合は花が終わってから鉢植えなどにしても来年使える球根に育つのでしょうか?花数が多少減ってもしょうがないとは思っているのですが・・・・、水耕栽培では無理でしょうか?
ベランダはもうジャングル状態で鉢植えの置き場が現在はないので水耕栽培にしようかと思ったのですが・・・・。

Aベストアンサー

水栽培では通常は球根は使い捨てにすることが多いですよね。
それでもまた来年育てたい場合、花後すぐに土に植えかえして肥料と葉(光合成)から球根に栄養を蓄える事も出来ます。
ただ、翌年に花が咲くかどうかは保障できません。
土に植えかえるにしても、鉢植えではかなり余裕を持って間隔をあけないと
球根を太らせるのは難しいと思います。

でも水栽培も楽しいもの。
ダメモトで、植替えしてみるのもいいかもしれませんよ。

Q水耕栽培のpH調整する薬について

水耕栽培のpHを調整する薬はたとえば入れすぎると植物にどんな影響がでるのですか?そしてその野菜を人間が食べても大丈夫ですか?教えてください、宜しくお願いします。

Aベストアンサー

入れ過ぎたら水を足して調整すれば良いです。

影響は目に見えて出ませんがpHが低すぎると成長し難くなりますが
ピシウム菌などの細菌の繁殖が弱まります。
高い場合も成長し難いです。細菌の繁殖が強まります。

ダウン剤、アップ剤共に入れ過ぎは注意した方がよいです。
軟弱野菜でしたらpH6前後で調整します。

人体に影響はありません。

Qミニトマト水耕栽培、生育環境について

ミニトマトの水耕栽培について教えてください。
トマトの葉は水に濡らすとよくないと聞きました。
ベランダで水耕栽培をしてるのですが、どうしても雨にあたってしまいます。雨にあたってもちゃんと育つんでしょうか?雨よけなど作ったり雨があたらないように工夫した方が良いのでしょうか?
例えば、ベランダよりも、雨のあたらない室内の窓際などで水耕栽培した方が病気にかかりにくいとか、ミニトマトの環境的には良いのでしょうか?

Aベストアンサー

皆さんご指摘のように葉に水がかかること自体は問題ありません。
それよりも水耕栽培の方が気になります。
私は地植えで2株育てています。今最盛期で1日にざるいっぱい採れたこともあります。
気を付けていることは他の野菜と違って水を与えないことです。トマトは水を与えない方が美味しくなります。また、完熟になる直前に雨に遭うと裂果します。
ですから水耕栽培で美味しいミニトマトが出来るとは思えないのですが...

Q水耕栽培用パネルの消毒液は?

タイトルの通りなのですが今現在ケミクロンGという薬を使用しています。
500Lの桶に水を溜めてそれに溶かして使っています。
この他に、パネル消毒に適している薬を探しています。
なにか良いものをご存知の方、また使用している方がいらっしゃいましたらお教えください。

Aベストアンサー

大塚製薬系の大塚化学に「イチバン」があります。
同じような用途で併記されていることもありますので、確認してみて下さい。

主成分は全く違います。

Q土壌栽培と水耕栽培に差 成長の良い方法に変えるか?

バジルの種をいただき、半分をハーブ(バジル)用の肥料等をあらかじめ混入してある専用土で土壌栽培に、半分をペットボトルを切って作った自前の容器で水耕栽培してみました。

どちらも1~2週間に1度の割合で、1つの容器で作った液体肥料を半分ずつあげています。

同じ場所に置いている為、日当たり等は同じで、どちらも害虫等の被害はありません。

現在、水耕栽培のほうが、土壌栽培の倍近く大きく成長しました。

大きく成長させるには、土壌栽培しているバジルを、水耕栽培にしたほうが良いでしょうか?
それとも、このまま育てれば、どこかで成長が追いつくのでしょうか?

バジルの栽培にお詳しい方、ご回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

バジルもそれ以外の植物も同じですが、発芽間近なら話は別として、ある程度まで成長した植物を水耕に移しても、最初から水耕栽培で育てたものに追いつくことはまずありません
それは植物も人間同様成長期みたいなものがあって、グングン大きくなる時期ってのがあるんです
その時期に水耕栽培の植物は土壌のそれよりも効率的に根から養分を吸収するため、一般的に土壌栽培の1.5倍のスピードで成長します

Q水耕栽培の液体肥料(培養液)の与え方について教えてください。

室内水耕栽培をこれから始めようかと思っています。
育てる植物はトマトとかです。

そこで液体肥料濃度について皆さんにお聞きしたいのですが、通常の肥料濃度の調整管理はPH、ECメータで行うと思うのですがこれらの計測機を使わずに液体肥料を与える方法があれば教えて下さい。
単純にプランター内の培養液が減った分だけ同じ濃度の培養液を入れれば良いのかと思っていましたが、
それだと肥料焼けが起こるというのを何処かのサイトで読みました。

今考えているのは
(1)適正濃度(植物の成長過程に合わせて濃度を変えます)の培養液をプランターに入れて、培養液が減った分だけ水道水を与え、10日ぐらいしたらプランター内の培養液と新しい適正濃度の培養液と入れ替える。

ぐらいしか思いつきません。結構高価な液肥料なので
あまり無駄にしたくないのですが他に方法は無いものでしょうか?同じ様に計測機を使わずにプラントを育てている方がいらっしゃいましたらアドバイスをお願いします。

Aベストアンサー

No.1追加です。

>GHフローラを購入しました

について調べたのですが、園芸用肥料ですよね。私は、プロの農家さんが土耕から水耕へ転換するために質問しているのかと思っていました。では、もう一度根本的なところから答えます。

>育てる植物はトマトとかです。

言うまでもなく、トマトは夏の野菜です。今からの栽培では十分な気温や日照が期待できません。ゆえに、夏ほどの栽培は期待できず、温室にヒーターや電照設備が必要になる場合があります。それでもよろしいのですね?

次に、肥料についてですが、私の場合、プロの農家さん用の肥料を使っていますので、GHフローラについてよくわかりません。マグネシウムが不足というのがあれば、なぜそのような肥料が出回るのか疑問です。これについてはお答えしようがありません。

なお、私が回答中に出した大塚1・2号についてアドレスを書いておきます。興味本位でも見てください。なお、栽培には1号と2号を混合して使いますが、各10kg(合計20kg)で合計約6000円です。各地の農協で取り扱っています。

参考URL:http://chemical.otsukac.co.jp/products/agli/hiryo.html

No.1追加です。

>GHフローラを購入しました

について調べたのですが、園芸用肥料ですよね。私は、プロの農家さんが土耕から水耕へ転換するために質問しているのかと思っていました。では、もう一度根本的なところから答えます。

>育てる植物はトマトとかです。

言うまでもなく、トマトは夏の野菜です。今からの栽培では十分な気温や日照が期待できません。ゆえに、夏ほどの栽培は期待できず、温室にヒーターや電照設備が必要になる場合があります。それでもよろしいのですね?

次に、肥料につい...続きを読む


人気Q&Aランキング