未登記物件の売買について教えてください。

(1)未登記の建物の売買について法律上問題は無いのでしょうか?

(2)未登記の建物は一般市場に流通しているのですか?

(3)もう取り壊すようなボロボロの建物について未登記の場合(表示の登記もなされていない)、登記をしないといけないのでしょうか?

以上の点に関して教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

中古物件の敷地の中の一部の建物が未登記の場合は考えられますが、売買の目的全てが未登記不動産というのは、大手不動産会社では、扱っていないと思います。

罰則が過料というのに注意してください。過料は刑罰ではなく、秩序罰といって強制するために課せられるものであり。違反しても、逮捕されたり、前科になることはありません。いってみれば、来週引越しするが、今の場所は住民登録していないが、届けるべきでしょうかという類です。登記について、個人の自由というのは、権利に関する、保存、移転といった登記(乙区)のことで表示に関する登記(甲区)については当てはまりません。本人の意思に反して登記されることもあります(職権登記)。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速の回答、本当にありがとうございました。
勉強になりました。

お礼日時:2001/03/11 23:23

 1.未登記建物とは、建物の保存登記のされていない建物で、建築中で登記の対象となり得ない(未完成建築物)ために登記が存在しない場合と、建築は完成していますが所有者が保存登記を怠っている場合とがあります。

前者の場合には、土地の一部に過ぎないので、建物として独立して売買の対象とはなり得ません。後者の場合には、登記がなくても土地とは独立した不動産として取り扱われるので売買の対象となり得ます。しかし、この建築が無届であれば、取り壊されることがあります。また、代金と引き換えに登記してもらわないと、二重売買され、他人が登記してしまいますと所有権を主張できません。
2.建売などで売主に税金がかかるのを恐れて、登記しない場合がままありますが、登記をする間に売主が倒産しますと、債権者に差し押さえられる恐れがあります。あなたが、権利証とか領収証を見せても駄目です。一般には、危なくて流通には適しません。
3.表示登記は申請義務(不登法93条1項)があり、違反には過料(10万円以下)の制裁があります。

参考URL:http://www.sakitama.or.jp/chosashi/qa/a60.htm

この回答への補足

ありがとうございました。
助かります。
もう一つ教えてください。

(2)について、大手の不動産屋においてもこのような売却は行っていないのでしょうか?

(3)について、表示の登記をしていない物件で、すぐに取り壊すことがわかっていても(登録免許税の節約の意味で)、違法な行為にあたってしまうのでしょうか?

登記は保護要件ですから、それを行うかどうかは、個人の自由というわけにはいかないのでしょうか?
よろしくお願いします。

補足日時:2001/03/09 21:50
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q医療機器の耐用年数表の入手方法?

百種類以上の医療機器の耐用年数が掲載されている「医療機器の耐用年数表」はどうすれば入手できるでしょうか?どこにあるのでしょうか?
お分かりの方、いらっしゃいましたらお教え下さい。急ぎです!

Aベストアンサー

詳しくは分かりませんが、(社)日本医療法人協会のHPに「医療用機器の耐用年数表を作成、国税庁の確認をとる。」と載っていたことから、そちらにに問い合わせてみてはいかがですか。↓↓
http://www.ajhc.or.jp/profile/history.html

また、百種類も載ってませんが、こちらに一覧がございます。↓↓
http://www.otasuke.ne.jp/jp/download/file/tainen.pdf

Q建物表示登記・建物所有権保存登記と抵当権設定登記

自己所有地に建築資金を銀行から借りて建物を新築することになりました。
土地については地積測量図があり,隣地の地番等も明確です。
建物についても建築会社が作成した平面図等があり,求積もできそうです。
建物表示登記・保存登記の申請書の書式もHPで捜しあてました。
これなら自分で登記ができそうなのですが,抵当権設定登記との関係で現実には難しいのでしょうか。
所有権保存登記と抵当権設定登記との間に他の登記入ることを銀行が気になるのであれば,抵当権設定登記の申請と,表示・保存登記の申請の代行だけを司法書士に以来することはできないものでしょうか。

Aベストアンサー

まず表示登記は自由にしてかまいません。

保存登記と抵当権設定が問題となります。
基本的に抵当権設定がなされることが確実でなければ銀行は融資しません。
だからもし建築業者が、抵当権設定後の支払い(つまり当然引き渡し後)でもよいと言えば、保存登記も銀行指定ではなく独自に行えます。

建築業者はお金を受け取らなければ保存登記に同意しない、銀行は抵当権が設定できなければ融資しないというジレンマを解決するために銀行指定の司法書士となります。

Q米国税法上の固定資産耐用年数表

米国税法上の固定資産耐用年数表がIRSのホームページに掲載されていると聞き、
探したのですが見つけられません。

書籍なども探しているのですが、やはり見つけられません。

ご存じの方いらっしゃいましたら教えて下さい。
インターネットでも書籍でも結構です。

Aベストアンサー

こんにちは。

ご質問を読み、私も興味を持ったので調べてみました。
ご紹介のIRSのホームページの中で、”Publication 946 (2004), How To Depreciate Property”というのがありました。
その最後の方の”Publication 946 - Additional Material * Appendix B ― Table of Class Lives and Recovery Periods”に耐用年数表らしきものがありましたが、これはいかがでしょうか?
”946”とかでサイト内検索されると出てきます。

英語力が足りず、まさに「自信なし」なのですが・・・。

Q古い未登記建物の登記

亡父の遺産分けによって、私は未登記の建物を現物でもらいました。
これを改めて登記する際、普通に保存登記の手続きでやればよいのか、他の相続人の協力を得て何か特別な書類を作って添付するのか教えて下さい。費用が安上がりで済ませる方法も考慮して下さいませんか。

Aベストアンサー

相続なさった際に相続人同士で遺産分割協議書を作成になり
当該未登記建物を質問者様が取得したことが明確になっていれば
遺産分割協議書を添付し、貴方名義で表示登記や保存登記することが可能です。

その家を建てた当時の年月日がわかる書類(建築確認申請書・請負工事契約書
大工さんの領収書など)がない場合は地域の自治会長さんなどの証明が必要に
なることがあります。
また、建物の構造や面積がわかる図面等の一切が存在しない(紛失など)場合
土地家屋調査士等に依頼なさったほうが早いと思います。

なお遺産分割協議書がない場合であっても
相続人全員の同意のもとで未登記建物を貴方のものにすることがきちんと決まっていれば
最初から貴方が建てた家として登記することも可能かもしれません。
もちろん、新築の時点で相続人の貴方がまだお生まれでなかったり
未成年だった場合は不可能です。

Qネット上に減価償却の耐用年数表はありませんか?

減価償却の耐用年数表を探しています。
タイムリーなデータを掲載している
いいサイトをご存知なら教えて下さい。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

Webで調べるなら
http://www.tabisland.ne.jp/zeidb/taiyou/index.htm
http://ezkeiri.com/oyaku/

また、こんなツールもあります。
http://www.vector.co.jp/soft/win95/business/se159336.html
http://www.zeimu.ne.jp/download/kotei13.html

ご確認下さい。

参考URL:http://www.tabisland.ne.jp/zeidb/taiyou/index.htm

Q未登記の建物の「権利部」の登記について

死んだ父が建てた家屋が未登記でした。固定資産税は払っていて、評価証明をもらえました。遺産分割協議書を作り、母の所有とし、今後も母が住み続けます。土地は登記済です。

しかし今後のことを考えると建物を登記したほうがいいようです。

表題部の登記は相続人が申請人になりできることがわかりました。権利部(甲区)の登記は相続人ではできないのでしょうか?建物にも土地にも抵当はついていません。私は平面図(と床面積の測定)なら書けますが、本格的な測量図は無理です。

費用の節約と勉強のために自分でやれるならやってみたいのです。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>権利部(甲区)の登記は相続人ではできないのでしょうか?

未登記の建物を相続した場合、遺産分割協議等がきちんと整っているのであれば表示登記も所有権保存登記も相続人で出来ますよ。

詳細は管轄の法務局へ直接足を運んで相談しながら進めてください。
難しそうだと思ったら表示は土地家屋調査士、所有権保存は司法書士へご相談ください。

Q金属造の建物

減価償却資産の耐用年数表で、金属造の建物とありますが、いったいどんな建物なのか、まったくイメージがわきません。どんなものなのでしょうか。

Aベストアンサー

鋼構造(一般的には、鉄骨造)のことです。
骨組みの板厚によって、年数が分かれていると思いますが。

Q登記がなされていない建物の競売と落札者の建物の明渡し義務

裁判所の競売物件として土地のない(土地は対象外とする)建物のみの売却公示がありました。この建物は登記がなされていません(裁判所の説明)。しかも、建物が存在する土地はこれまた、過去に競売に付され、当時の落札者に所有権が移転しています。その時点で建物所有者(土地の占有者)に、土地の所有者(落札による)に土地を引き渡すよう裁判所の命令がなされています。そして一年経過、今般建物(表示登記、保存登記がありません)のみが競売に付されることになりました。土地所有者と建物所有者の間には土地の使用貸借その他何らの契約は存在しません。
この建物を裁判所の競売手続きに沿って、入札、落札そして、代金の支払いにより、有効に建物の所有権を取得しようとしています。さて、ここからが質問です。
建物の所有者(落札により所有者となった者)は土地の所有者に対して土地の占有を主張できますか。また、建物の収得によりその土地の地上権も収得することになりますか。

Aベストアンサー

 例えば法定地上権は,建物の存立時期と抵当権等や差押登記の前後によって成立するか否かが決まってくるので質問文だけからは判断できません。
 占有権限がある場合には強い順に(法定)地上権,賃借権,使用借権が考えられますが,これはいわゆる三点セットと呼ばれる執行裁判所に備え置かれているファイルで確認することになります。
 参考URLで概要をつかんでいただければいいのですが,物件明細書の「不動産に係る権利の取得及び仮処分の執行で売却により効力を失わないもの」や「売却により設定されたものとみなされる地上権の概要」欄を見ることになります。
 この他の判断材料は三点セットの評価書となり,存立基盤の権利の評価箇所があります。地上権は強固な権利なので建物価格に高額で上乗せされますし,使用借権は弱い権利なので低額だったり,場合によっては零で評価されたりします。
 また,大前提ですが,売却する本件建物の登記が無いということは考えられません(差押前とか,何かの建物の付属建物であれば別)。
 親切な対応をしてもらえるかは保証の限りではありませんが,担当書記官に登記の件と物件明細書(ブツメイと呼ぶ)の確認をした方がいいでしょう。

参考URL:http://www.t2e.org/spy/asp_service/tisiki/jiten/ti_yomikata.htm

 例えば法定地上権は,建物の存立時期と抵当権等や差押登記の前後によって成立するか否かが決まってくるので質問文だけからは判断できません。
 占有権限がある場合には強い順に(法定)地上権,賃借権,使用借権が考えられますが,これはいわゆる三点セットと呼ばれる執行裁判所に備え置かれているファイルで確認することになります。
 参考URLで概要をつかんでいただければいいのですが,物件明細書の「不動産に係る権利の取得及び仮処分の執行で売却により効力を失わないもの」や「売却により設定され...続きを読む

Q建物の耐用年数 「骨格材の肉厚」?

所得税の確定申告書(不動産所得)を作成しています。
建物(倉庫)の耐用年数についての質問です。
鉄骨の倉庫を賃貸しています。
耐用年数表では、骨格材の肉厚によって年数が異なるっているのですが、
「骨格材」、「肉厚」とはなんのことでしょうか?
ご教示ください。

Aベストアンサー

柱の種類、鉄骨の厚さになります。ミリメートルで表示されています。

http://www.zaimu.com/t_buz_contens/genka/shokyaku01-1.htm

Q建物滅失登記と建物表示変更登記について

主たる建物の取り壊しが完了し、建物滅失登記をすることになりました。しかしそこで問題になったのは、主たる建物の他に附属建物があることです。調べたらその場合は建物表示変更登記をしなければならないようなのですが、自分が調べたいことがいまいちはっきりわからなかったので教えてください。

この場合、まず建物表示変更登記をしてから、建物滅失登記をするということでしょうか?
それとも建物表示変更登記だけでいいのでしょうか?

また、今朝滅失登記の書類をほぼ提出できるまでにそろえて見てもらいに行ったときに窓口の方に教えていただいたのですが、忙しかったのかあまり丁寧に説明してもらえず、こちらにうかがいました。
ただその方がいうには、HPに書いてあるような「建物図面と各階平面図は必ずしも必要ではないので、とりあえず無しで出してみて、連絡が来て提出するようにと言われたら作って出せばいいですよ」とのことでした。それから「CADは扱える?」と聞かれたのですが、その図面はCADでひかなければならないものなのでしょうか?
どうしても必要ということでしたら、3年前に表示登記した時の図面をそのまま使えないかと思っているのですが・・・。(ずっと登記されておらず、3年前に登記したばかりで、以来変更はありません)

よろしくお願いします。

主たる建物の取り壊しが完了し、建物滅失登記をすることになりました。しかしそこで問題になったのは、主たる建物の他に附属建物があることです。調べたらその場合は建物表示変更登記をしなければならないようなのですが、自分が調べたいことがいまいちはっきりわからなかったので教えてください。

この場合、まず建物表示変更登記をしてから、建物滅失登記をするということでしょうか?
それとも建物表示変更登記だけでいいのでしょうか?

また、今朝滅失登記の書類をほぼ提出できるまでにそろえて見ても...続きを読む

Aベストアンサー

附属建物についても登記されている状態にあるということでよろしいでしょうか。そして主たる建物のみを取壊して附属建物は残すということでよろしいでしょうか。

その場合には建物表示変更登記を行います。附属建物も含めて一体として登記されているわけですから、全て取り壊すのでなければ滅失登記ではなくて表示変更になります。そして附属建物が主たる建物になります。

図面については主たる建物がなくなるので残った建物について作りなおす話かと思いますが、あなたの書かれている法務局の見解を見ますとどこまで求められるか何とも言えませんので、とりあえず言われた通りに無しで出してみたらいかがでしょうか。ちなみにCADでないと駄目ということはありません。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報