3/2に退職届を出しました。受理され、後日保険証を郵送し、
退職に関する書類が送られてくるのを待っている状態です。

3/26から次の会社に勤め出す予定です。

こういった場合、前の仕事と次の仕事との間が24日間しかないんですが
その間に失業手続きをし、尚かつ再就職手当をもらうと言ったことは不可能?

もちろん失業保険を貰える条件である、
 ・1年以上勤務の6ヶ月・・・等の条件はクリアーしています。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

前の方も言ってらっしゃるように、再就職手当をもらう条件というのがいくつかあって、その第一に失業保険の受給資格の手続きを完了していることです。



手続きに最低でも2週間程かかりますから、ギリギリか恐らく間に合わないかもしれません。

それとその他の条件の中に、ある一定の期間は職安を通した会社でないと受給資格がないはずですので、あなたのようにもう既に決めていたらまず無理でしょう。

いずれにしても手続きをする際には次の職が決まっているとは言わない方が賢明です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうもありがとうございました。
私もなんだか間に合わないような気がします。
でも、一応やるだけやってみて無理で当たり前ぐらいの気持ちで。。。

お礼日時:2001/03/09 15:45

以下の条件が必要です。


1 就職日の前日まで失業の認定を受けていること。
2 雇用期間が1年を超えること。
3 雇用保険適用事業所に、雇用されたものであること。
4 離職前の事業主等への再就職でないこと。
5 就職日前3年以内に再就職手当及び常用就職支度金の受給がないこと。

離職理由が自己都合であっても支給は可能です。

参考URL:http://www.syokuanbu.shizuokarodokyoku.go.jp/hok …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうもご親切にURLまで記入していただきありがとうございます。

お礼日時:2001/03/09 15:46

正式な失業手当の手続きは、職安に退職書類を持参し、


説明を受けてからでないと始まりません。

一番大切なのは、以前の勤務先を辞めた理由です。
もしそれが自己理由ならば、受給はむずかしいと思います。
詳細は参考URLをご覧下さい。
また、新しい勤務先で雇用保険があるかも関係します。
事前にまず地元の職安に相談されることをお勧めします。

参考URL:http://www.win.or.jp/~tick/syoku/syoku_2.html#2-2
    • good
    • 0
この回答へのお礼

とにかく手続きの出来る状態(離職票などを受け取って)
になってから一度職安に問い合わせてみます。

問い合わせれば済むことでしょうが、ご親切にありがとうございます。

お礼日時:2001/03/09 15:48

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q定年退職後再雇用を受けた者が退職した時の失業保険

こんばんは
定年退職を迎え、そのまま再雇用にて同社に働き続けた者が、退職します。
再雇用後の給与・勤務時間などの契約形態は定年前と変わりはなく、期間の定めもありません。
定年は60歳の設定で、その者の年齢も60歳です。
定年から、半年以上はたっています。

その者がハローワークで失業保険をもらう際の離職票の退職理由は定年退職とできるのでしょうか?

どうぞご回答お願いします。

Aベストアンサー

再雇用後も雇用保険に加入しておられるのでしたら、やはり、実際の退職日までの、賃金台帳が必要になると思います。自己都合退職だと、3ヶ月の制限期間があるので、退職理由を「事業主からの進めによる退職」にすれば、制限期間は無かったと思います。
しかし、専門家としてのアドバイスは、法律通り、事実を書くほうがよいでしょう・・。

Q退職後、失業保険をもらいながら同じ会社で週20時間以下のバイト

少し難解ですが、回答よろしくお願いいたします。

昨日、上司に来月いっぱいで退職すると告げたのですが
現在の会社の部署は慢性的な人手不足で、もう1人定年で退職するかもしれない人間がいます。
そこで会社側から、このままでは24時間営業ができない、もう少し待ってほしいとの事でした、それは受けれないと回答したところ、なんらかの形で留まってほしいとの事でした。
現在は話し合いはまだないのですが、この様子ですと、自分がバイトをする形はどうだろうかと考えております。(これはあくまで自分としても助かります)

そこで質問なのですが、失業保険をもらいながら、同じ会社でバイトとして採用はできるのでしょうか?
それとも週20時間以下でのバイトでも失業保険を貰いながら、転職活動は法律上ダメなのでしょうか?

また、現在個人都合での退職の形ですが、いろいろと特定受給資格になる可能性があるため、会社側には会社都合でお願いはしてみるつもりですが、会社都合、自己都合ともに、週20時間以下のバイトは失業保険給付に引っかかったりするのでしょうか?

Aベストアンサー

失業保険をもらっているのであれば、例え内職や数千円の日払いバイトでも報告の義務があります。
書類に書く欄があるはずです。
不確かですが、収入を得た分は引かれると思います。
ハローワークに尋ねたらいかがですか?

Q退職届け受理後の覚書

ある会社で営業部長(役員でも執行役員でもありません)をしています。8月8日に退職届けを提出し、経営層との面談後、8月末での退職を受理されました。ところが、今日になって本社から、覚書に署名するようにとの指示がきたようです(実際には僕はまだ見てないのですが、(1)個人情報をもらさない・・・とかの記載だそうですが、(3)当社の顧客に対してのアプローチや仕事を持って行かない・・・(4)当社に損害を与えるような行為をしない・・・。のような内容らしいです。当社の就業規則には、退職時に同業他社への就職を禁じる文言も無ければ、退職時に覚書に署名させる旨の文言もありません。同業他社に転職する予定ですので、顧客から依頼があれば(3)(4)に該当しないとは、言い切れません。今回、会社側が急遽覚書を作成したようですが、署名は拒否できるでしょうか?また、拒否することによって、退職出来ない、或いは退職金を出さない等の不利益を受ける可能性はあるのでしょうか? 困っております。法律に強くないので、教えてください。お願い致します。

Aベストアンサー

問 署名は拒否できるでしょうか?また、拒否することによって、退職出来ない、或いは退職金を出さない等の不利益を受ける可能性はあるのでしょうか?

答 署名を拒否することにより,退職できないなどということはありえません。退職届けを出せば,就業規則等で定められている期間経過後に退職はできるでしょう。なぜなら,国民は,職業選択の自由があり(憲法22条1項),それを「退職させない」という形で制限するような労働契約は,公序良俗に違反して無効(民法90条)と考えられるからです。

 そして,退職金についても,貴社の退職金規程の要件を満たすことにより規定の額が支払われるのであり,本件署名拒否を理由とする不払いや減額は許されないでしょう。
 一般に退職金は,賃金の後払いと功労報償の性格を有するといわれており,そのような退職金の性格を考えると,職務上の犯罪を犯した場合等ならともかく,署名拒否を理由として支払拒否することは,やはり公序良俗に違反する処分といえましょう。

 本件覚書の主な目的と効果は,質問者様に対して,退社後に会社に不利益な行為をとらないよう心理的な圧力を加えることであるといえるでしょう。

 ただし,法的に意味がない文書ということではありません。
 というのは,転職にあたり会社の顧客やノウハウを奪うことは,目的・内容・程度によっては,会社に対する不法行為(民法709条)となりうるからです。
 質問者様のような雇用関係にある方ではなく,取締役の事例ですが,在職中に会社の取引先の商権の奪取を企て,退職後に競業会社を設立して,もと在籍していた会社の取引先を競業会社の取引先としたことが,会社に対する不法行為となるとした判例もあります(大阪地裁平成14年1月31日判決)。

 そして,本件文書は,退職者の行為により損害を被ったと主張する会社が裁判で損害賠償請求をする場合に,退職者の行為に故意・過失があり,また悪質であることを証明する証拠となると考えられます。
 裁判で,「被告の元部長は,このように覚書に署名し,弊社に損害を与えることを十分に認識していたにもかかわらず,故意に顧客とノウハウを奪い,個人情報を流用した」等主張するのです。

 覚書に署名していなくとも,会社に損害を与えることを認識しながら,あえて多くの顧客を転職先に紹介したり,ノウハウを流用すれば,それは,会社に対する不法行為(709条)となるでしょう。
 逆に覚書に署名していたとしても,顧客のほうから転職者を慕って転職先の顧客となった場合などは,不法行為の要件である行為者の故意・過失が認められず,不法行為とはならないでしょう。


【日本国憲法】
 第22条 何人も、公共の福祉に反しない限り、居住、移転及び職業選択の自由を有する。

【民法】
(公序良俗)
第90条 公の秩序又は善良の風俗に反する事項を目的とする法律行為は、無効とする。

(不法行為による損害賠償)
第709条 故意又は過失によって他人の権利又は法律上保護される利益を侵害した者は、これによって生じた損害を賠償する責任を負う。

問 署名は拒否できるでしょうか?また、拒否することによって、退職出来ない、或いは退職金を出さない等の不利益を受ける可能性はあるのでしょうか?

答 署名を拒否することにより,退職できないなどということはありえません。退職届けを出せば,就業規則等で定められている期間経過後に退職はできるでしょう。なぜなら,国民は,職業選択の自由があり(憲法22条1項),それを「退職させない」という形で制限するような労働契約は,公序良俗に違反して無効(民法90条)と考えられるからです。

 そして,退...続きを読む

Q退職届けの受理を忘れられていた

今月の4月に会社を辞めたのですが、4月末になっても離職票が届かなかったので、会社に問い合わせしたら、
「退職届けの受理がされてません。」と、総務で言われ、慌てて元上司に確認したら「俺は受け取った退職届け、ハンコついて出したから、他の人じゃないかな・・・?」と・・・・・。
なかなか大きな企業なので、退職届けのサインに色んな方の印鑑がいるそうで、たらい回しにされた挙句、離職票がいつ届くかも、分からないまま、今にいたります。3月初めに提出した退職届けが、4月の末で、いまだに受理されていない事で失業保険をもらえる月も1ヶ月遅れ、しかも国保にも離職票がないと入れずじまい。この責任追及と賠償についてを相談したいのですが、何処に行けば良いのかわかりません。何かご存知の方教えて下さい。

Aベストアンサー

> この責任追及と賠償についてを相談したいのですが、何処に行けば良いのかわかりません。

まずはその会社へ謝罪や賠償を請求。

適切な対応がされない場合は裁判所へ訴えですが、謝罪については相手に強要することは出来ないので、対応が誠意が無い事により精神的苦痛を被ったなどとして、慰謝料の上積みなどを請求するのが妥当です。
手続きなどについて不明瞭な点があるのなら、電話帳で県の弁護士会を調べ、適任な弁護士を紹介してもらい、相談する事をお勧めします。


> いまだに受理されていない事で失業保険をもらえる月も1ヶ月遅れ、しかも国保にも離職票がないと入れずじまい。この責任追及と賠償

これに関しては、退職後速やかに離職票の請求などを行わなかったとかいう事があったのなら、質問者さんにも責任はあります。
また、速やかに再就職すれば本来は失業給付を受ける必要はありませんし、損害が確定していない状態では賠償請求の根拠も不明瞭です。
裁判しても、かなり厳しい状況になると思います。

Q退職願いを出しているのに受理してくれない

会社の業績が悪化しており、このままでは先行きが非常に不安で、退職を考えております。
そこで、転職を考え、退職願を出しましたが、一応預かっておくとだけ言って、1ヶ月以上経過していますが、会社側がなかなか受理してくれません。
失業給付の為の離職票等もいまだ出してもらえず困っております。
ご質問ですが、こういったケースの場合、労働法等の法律で、離職できる方法があるのでしょうか?
退職願を会社側に提出して一ヶ月か経てば、退職したものとみなし、会社側に離職票等の請求が出来るという事も人づてに聞いていますが、確証はありません。
会社側としては、退職金(引当は計上していないようです)の支払の問題もあるものと思われますが、なにか良い手立てがございましたら、アドバイスをお願い致します。
尚、今のところ会社には継続して勤務しております。

Aベストアンサー

貴殿の提出した「退職願い」では貴殿の希望通りに物事は動きません。「願い」ということで会社に伺いを立てるという書面になってしまうので会社としては「願い」を受け入れられなければ破棄してしまうでしょう。野球の監督とかが「進退伺い」をオーナー宛に出す時があります。これも「自分では決めかねれないのでオーナー(又は会社)の判断を仰ぐ」ということになります。
ところが「退職届」となると違います。雇用される側が雇用相手に雇用契約の破棄通知書になる訳です。文面も一筆「一身上の都合により○月○日をもって退社致します」だけでOKです。退社日は会社によって異なっていますが労働基準法上では最低2週間前に提出とあります。退職する理由も寿退社とか色々あると思いますので会社が任意に決めた期間をもって契約終了となります。
会社としても「退職届」を提出した人間に対しての拘束力は無くなりますが、後は人間同士なので円満に退職出来るように業務の引継ぎ等を行なえば良い訳です。
手順をおって退職までの手続きをとったにも関わらず会社が離職証明書や健康保険の任意継続などの手続きをとってくれない場合は労働基準法違反として訴えることが出来ますが「退職願い」だと労働基準法外の扱いになるので訴えたとしても私と同じ話をされるだけだと思います。
雇用問題ですから頑張って下さいネ!

貴殿の提出した「退職願い」では貴殿の希望通りに物事は動きません。「願い」ということで会社に伺いを立てるという書面になってしまうので会社としては「願い」を受け入れられなければ破棄してしまうでしょう。野球の監督とかが「進退伺い」をオーナー宛に出す時があります。これも「自分では決めかねれないのでオーナー(又は会社)の判断を仰ぐ」ということになります。
ところが「退職届」となると違います。雇用される側が雇用相手に雇用契約の破棄通知書になる訳です。文面も一筆「一身上の都合により○月○...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報