人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

ニトロぺン舌下錠の投与方法をおしえてください。一般的には頓服と思いますが30日分投与の時も頓服でしょうか。内服と考えますが。頓服投与と内服投与のちがいも教えて下さい

A 回答 (3件)

 panpankumaさん こんばんは


 
 薬局を経営している薬剤師です。

 頓服投与とは、「症状のある時だけ使う使い方」の事を言います。したがって10回分の頓服投与と言っても症状が起こらなければ一回も使わない事だってあり得ます。医師の指示としては「○○回分」と言う指示がほとんどです。
 内服投与とは、「医師の指示通り必ず服用する薬」の事です。ですから通常は「○○日分」と言う指示で記載します。

 ニトロペン舌下錠については、狭心症の発作時に使う頓服用のお薬ですから、おおむね「頓服投与」です。ところでニトロペン舌下錠の指示に「30日分」と言う記載が有った場合、「30回分」の記載ミスなのか医師の独特な使い方での内服投与なのか不明なので、この場合は疑義照会対象内容です。多くの場合頓服投与での「30回分」の記載ミスだと想像しますけど、これは想像で有って100%そうですとは言い切れません。ですから勝手な解釈で「内服投与」と決めつけ無い方がいいでしょう。

 以上何かの参考になれば幸いです。
    • good
    • 0

ニトロペンは舌下に置いて使う薬で、使用後2~3分で効果を実感できると思います。

その効果は4~5分後に最大になり30分後には急速に体内から消失していると思います。したがって胸痛などの症状が出たとき頓服で使う薬です。この薬と別に、似たような成分でもっと持続性がある薬を処方されていませんか?最近はテープ状の貼り薬もよく使われています。
この病気は、症状が出たときだけ使う頓服(ニトロペン)と一日で時間を決めて使う内服薬(テープ状の外用薬の場合もあります)の両方で治療するのが一般的です。
ところで、このニトロペン錠は上手に使えば心臓の発作をコントロールできる優れた薬です。処方時には主治医と薬剤師から使用上の注意点が説明されるはずです。もしあなたが使用していて、十分な説明をまだしてもらっていないのでしたら、すぐに電話でもいいから追加の説明を受けるとよいでしょう。主治医に電話すると診察扱いにされて次回の診察料金に追加されるかもしれないのでしたら、薬局に連絡してはどうですか?
    • good
    • 1

頓服で30日分投与ということはないと思います。


狭心症発作のときのみ舌下するわけですから、あらかじめ30日の間に
何回狭心症発作が出るか予想できない以上、矛盾した言い回しです。

頓服で30回分というなら、なんら問題ないと思いますが。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q内服薬と外用薬のちがいは?

内服薬の定義をおしえてください。
内服薬とは消化管で吸収された栄養物を肝臓へ運ぶ門脈という血管を通過する場合をいう。外用薬はそれ以外。と聞きました。ニトログリセリン舌下錠、トローチ、坐薬などは内服薬に該当するのでしょうか?かなり専門的なことですがよろしくお願いします。

Aベストアンサー

失礼しました。「トローチは内服薬」って書いてましたね。
miisimaさんのご指摘の通り「外用」です。ごめんなさい。
ニトロペンは確かにmiisimaさんのおっしゃる通り「頓服(とんぷく)」かも知れませんが、「内服扱い」です。
「頓服」というのは投与経路からの分類ではなく、いつ飲むかの分類になります。発作が起きたときや、症状が著しくその改善の為に定期的に飲む処方薬とは別に処方されるものです。
ちなみにこの頓服。「内服薬」の場合は「頓服」、「外用薬」の場合はしいて言えば「用時使用」。「注射薬」の場合もしいて言えば「ワンショット」とでも言うのでしょか…。
分類は本当にいろいろあって、糖尿病薬とか抗狭心症薬とかその疾患によって使い分ける分け方などがあります。
一般向けにも「おくすり110番」などの簡単な説明を載せたサイトもありますので、お暇な時にでも見てみてね。

おくすり110番は
http://www.okusuri110.com/

薬品検索は
http://www.jah.ne.jp/~kako/frame_dwm_search.html

薬価を知りたい時には
http://www.mediclick.co.jp/drugprice/search.jsp

などなど。いっぱいありまする。

失礼しました。「トローチは内服薬」って書いてましたね。
miisimaさんのご指摘の通り「外用」です。ごめんなさい。
ニトロペンは確かにmiisimaさんのおっしゃる通り「頓服(とんぷく)」かも知れませんが、「内服扱い」です。
「頓服」というのは投与経路からの分類ではなく、いつ飲むかの分類になります。発作が起きたときや、症状が著しくその改善の為に定期的に飲む処方薬とは別に処方されるものです。
ちなみにこの頓服。「内服薬」の場合は「頓服」、「外用薬」の場合はしいて言えば「用時使用」。「注...続きを読む

Q頓服の定義を教えてください

症状が出た時にのむもの?と言う程度しか分かりません。
じゃ、症状が出続けて30日間頓服・・・なんて事ありませんよね^^
詳しく、そして簡単に教えていただける方。。。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 「頓服」の薬というのは、何らかの症状が出た折りに臨時で服用する薬の総称です。
 実際には「頓用」といった形で処方されます。

 解熱剤だけに限る話ではなく、「痛いとき」「発熱時」「喘息発作時」「不安時」「便秘時」「下痢の時」「腹痛時」「酔い止め」など、それぞれの症状に応じて、臨時の薬が出されます。

 例えば、頓用:発熱時ロキソニン1回1錠(1日2回まで)10回分といった感じの処方になります。
 頓服の処方上限回数は確か15回分だったと思いますので、30回分の頓用処方ということはあり得ないと思います。

 「痛いとき」「発熱時」「喘息発作時」「不安時」「便秘時」「下痢の時」「腹痛時」「酔い止め」などで、使用頻度の高い薬は常備薬として家庭に備えておくと便利ですよ。

Q病院の紹介状は有料?

病院で、他の病院への紹介状を書いてもらうと
診察代の他に料金がかかるのでしょうか?
かかるとしたらいくらくらいなのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

誤解されている方が多いようなので、もう一度書きますが、紹介状(診療情報提供書)は保険診療の対象なので、患者さんの負担は保険の負担割合分だけです。従って、3割負担の方なら、診療所から診療所への紹介の場合で660円、診療所から病院への紹介の場合で870円です。最大でも病院から診療所へ紹介した場合などの1560円です。

Q医療機関での保険の確認・月の途中で保険に変更のあった患者の場合

月の途中で保険に変更のあった患者が同月2度目の来院時(保険が変わった後の来院)に保険が変わったことを伝えなければ、医事担当者は前回来院時の保険でレセコンに入力してしまうと思います。
このままレセプトを作成した場合、審査機関・保険者は2度目の診療分の不正をどのようにして察知するのでしょうか?
レセプトには来院日までは記載されていないようなので2度目の来院日に先の保険が有効だったか知る術がないような気がするのですが、どのような仕組みになっているのでしょうか?
また、不正が発覚した場合の2度目の診療の保険給付分は後の保険者に請求するのでしょうか?それとも患者に請求するのでしょうか?

例を挙げます。
2月1日 来院。社保の保険証を提示し診療を受ける。
2月15日 会社を退職し保険が国保になる。
2月28日 再来院。診察券のみ提示して診療を受ける。
3月1日 患者の2回分の診療を社保のレセプトに記載し支払い基金に提出。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

元医療事務経験者です。

医療機関は、毎月保険証提示を求めます。これは誤請求を防ぐためです。
短期間に保険証が変更になった場合、患者さんからの申し出しか確認の
方法はありません。このケースでは実日数2日で社保として請求となります。
支払基金では内容の審査だけなので、そのまま通過して保険者(保険組合等)
へ行きます。ここで資格審査を厳密に行うはずです。レセプトには診察日の記載が
ありませんので、月の途中で資格が喪失した場合は調整として医療機関に返さ
れるのが一般的な方法と思われます。
(電話などの問い合わせはなかったですね)

○保険者からレセプトが返されることを調整といいます。
(請求してから4~5ヶ月先orそれ以上)
レセプトに資格喪失日を記載した付箋をつけてきます。
そして診察受診日を記載しなさいと。

その後の処理として、患者さんに連絡を取り新しい保険証と領収書をもってきてもらい
正しい領収書と差し替え、自己負担に差額が生じれば精算します。
患者と連絡が取れなければ、会社に連絡して資格有効期限を確認することもあります。
電話でも割と調べてもらえたように記憶しています。
今は個人情報保護法の影響で、文書での照会でしょうか。
確認できれば、実日数1日で保険者ごとにレセプトを作成して再請求です。
例えば、資格喪失後すぐに保険に加入しないケースもよくあります。
当然自費での請求をしますが。
レセプトを請求して1ヶ月くらいで保険の資格喪失等が判明すれば
支払基金にレセプトの返戻を求めることができます。(後処理が楽)


私事ですが、医事課にいた時は資格喪失による調整が毎月山のようにありました。
会社を辞めても保険証を返さない、会社も厳しく返却を求めない
このような風潮が大きな原因と思われます。
追跡もうまくいかなかった事のほうが多かったですね。
へたすれば何百万丸損ということも。(1人で)
(世の中不況になると、医療機関も不況になる)
国保の場合、一応有効期限がありますし、移転による保険者変更は情報を知らせて
くれますのでその点はよかったです。
社会保険も暫定的な有効期限を設けるなり、更新制度がほしいですね。
(今は何か新しいチェック方法ができたのでしょうか?)

回答になったでしょうか。

元医療事務経験者です。

医療機関は、毎月保険証提示を求めます。これは誤請求を防ぐためです。
短期間に保険証が変更になった場合、患者さんからの申し出しか確認の
方法はありません。このケースでは実日数2日で社保として請求となります。
支払基金では内容の審査だけなので、そのまま通過して保険者(保険組合等)
へ行きます。ここで資格審査を厳密に行うはずです。レセプトには診察日の記載が
ありませんので、月の途中で資格が喪失した場合は調整として医療機関に返さ
れるのが一般的な方法と思...続きを読む

Q公費負担番号について

公費負担番号(43なら母子家庭)など載っているサイトをご存じないでしょうか?

74はなんでしょうか?
お願いします。

Aベストアンサー

No2ですが、地方公費について面白いものを見つけましたので
紹介しておきます。
http://www.orca.med.or.jp/receipt/tec/chihoukouhi/kk.rhtml
ORCAの都道府県公費対応資料として出ていますので、ほぼ正確だと
思います。

Q調剤薬局のレセプトについて教えてください(どういった部分に気をつけてチェックしているのか)

今日から調剤薬局で働き出した者です。
今まではずっと病院で働いていたので医科しか経験がありません。
今はちょうどレセプト中。
私は調剤が全く初めてなのでちらっと目にするレセプトを見て、
どういった部分に気をつけてチェックしてるのかなと気になりました。
医科では保険証の記号番号や、薬や検査などに対する病名があるかなどを重点的にチェックしてきました。
でないと返戻の大部分が病名漏れや適応外などだったからです。
調剤ではどういったことに気をつけてチェックしているのですか?
また返戻はどういったものが多いのでしょうか?
調剤の現場で働いている方のご意見をお願いします。

Aベストアンサー

こんばんわ
元 審査支払機関で働いていました。

何点か注意点を!
(レセ基本)
1.保険医氏名記載漏れ
2.1500点以上なのに写しが添付されていない。
3.実日数と処方回数の不一致 等
4.旧総合病院等の処方箋で複数診療科の調剤で
 三枚の処方箋のうち一枚分の保険医氏名の入力を
 漏らしている 等
5.生保等の公費分 受給者番号記載漏れ 等

(高額レセ等)
1.1500点以上の処方箋写しを添付するレセは
 処方回数などが写しの処方箋と一致しているかどうか?
2.マル長などの特記事項記載漏れ

(総括)
1.高額レセ(写し)の記載枚数と現物のレセプト枚数の確認

などでしょうか?

Q内服薬と頓服薬の違いを教えてください。

内服薬と頓服薬の違いを教えてください。

医者から頓服薬を出しておきますね。と言われて、頓服薬ってなんだろう?飲み薬かな?粉の粉末なのかな?と思って出てきたのが錠剤でした。内服薬も錠剤で頓服薬と内服薬の違いが分かっていません。頓服薬ってなんですか?

Aベストアンサー

内服薬・・・飲むタイミングが決められている薬。(例えば、毎食後とか…)

頓服薬・・・とんぷく、特定の症状が現れた時にだけ飲む薬。(例えば、発熱時とか…)

Qアンプルとバイアルの違い

お医者さんの使う薬はアンプルとかバイアルという容器に入っていますが、これらの違いはどこにあるのでしょうか?
容量でしょうか、それとも形が異なるのですか?
それと元々何語由来かも教えていただけたら幸いです。
また他の名称の容器についても教えてください。

Aベストアンサー

注射剤を入れる容器の話と言うことで、これまでの回答と重複する部分もありますが、まとめさせていただきます。
ちなみに注射剤の容器は、医薬品の公定書(日本薬局方やアメリカのUSPなど)では、アンプル、バイアル、その他を問わず、全て密封容器とされています。

アンプルは、薄手のガラス管(ホウ珪酸-硬質ガラス)を成型したもので、薬液を充填した後、末端を熱(通常はガスバーナー)で溶融して閉じてあります。

特徴ですが、硬質ガラスは医薬品成分が吸着したり、逆にガラスの成分が溶出したりすることがほとんど無く(わずかにアルカリ分が溶出しますが)、内容液との反応性がとても低いと言えますし、もちろん酸素などのガス透過性もありません。
また、バイアルに比べると低コストで作れます(バイアルに必須なゴム栓や、これを止めるアルミキャップも不要です。)ので、単価の安い医薬品にも使いやすいと言えます。
欠点としては、薄手のガラスを使っているため比較的壊れやすく、大容量にするには適さない(ふつうは20ml程度まで)点と、以下厳密な話になりますが(実用上はほとんど問題ありませんが)使用時に首の部分を折る時に、微量のガラス片が内容物に混入する可能性がある(加熱して溶閉しますので、内部が陰圧になっており、破片を吸い込んでしまいます。)ことがあげられます。

語源はフランス語で(歴史的に始めに使われたのはフランスです。)、ampouleというのは、ふくらんだといった意味で、ガラス管をふくらませた物(当初は管状ではなく、丸っこいものでした。)に薬液を入れて封入したので、このような名前になったのだろうと思います。

バイアルは、ガラス瓶(最近では、プラスチック製のものもあります。)にゴムでできた栓をするものです。
製法から大別すると2種類あり、一つは管瓶といわれるもので、これは硬質ガラスの管をガスバーナーで成型して作られたもので、アンプルに比べると厚手のガラス管を使うことから、加工温度を高くしなければならず、このためアルカリ溶出が多少多くなる傾向があります。また、この製法ではあまり大容量のものはつくれません。(200ml程度まで。)

もう一つの製法は、溶融したガラスを型に入れ、内部に空気を吹き込んで成型する方法で、大量生産の場合かなり低コストですし、大容量のものも作れますが、こちらは軟質(ソーダライム)ガラスを用いますので、管瓶に比べアルカリ分が多めになり、内部の薬液がアルカリ性の場合、長期間の保存では、ガラス内壁の腐食も配慮する必要があります。それから、管瓶に比べて、どうしてもガラス厚が大きくなりますので、その分重くなります。(たいした問題ではありませんが、流通性では、多少の欠点といえます。)

また、バイアルはゴム栓を用いますので、内容物によってはゴム栓への吸着による力価の低下(代表的なものとして、インシュリンやニトログリセリンなどがあります。)の恐れがあり、このような場合には、表面をテフロンでコートしたゴム栓が用いられたりします。
アンプルが一度開けたらその場で使い切らなければならないのに対し、バイアルは注射器でゴム栓のところから薬液を取れますので(ふたを開けなくてもよい)、残りを保存して繰り返し使用ができます。(ただし、無菌性の面から、一度使ったものはあまり長く保存すべきではありません。)
細かい話になりますが、ゴム栓に繰り返し注射針を刺すと、ゴムの一部が剥離して(コアリングと言います)、薬液に混入する危険性もあります。

なお、凍結乾燥製剤の場合、使用性だけでなく製造工程の面からも、(全てではありませんが)アンプルよりもバイアルが好んで使われる傾向があります。

大容量のバイアルをボトルと呼ぶことがありますが、これは慣用的な呼び名で、厳密にどの大きさからと決まっているわけではありません。
どちらも名前の由来は、多分英語だと思います。

ガラス以外では、プラスチック(ビニール)製の容器もあり、これらのほとんどは、点滴用の輸液などに用いる、大容量の物です。(ポリエチ製の小容量アンプルもありますが。)

こちらは、ポリエチレンなどの比較的硬質な材料でできたボトルと、厚手のビニール袋のようなバッグに大別されます。
これらは、ガラスボトルに比べ軽くて壊れにくい点と、使用後の廃棄が楽な点で優れています(流通や使用時の利点と言えます。)が、材質によっては、内容物の吸着や酸素などのガス透過性を配慮する必要があります。(内容物に合わせて、適した材質が使われますので、実用上は問題ありませんが。)

余談ですが、点滴をしている際、ボトルでは薬液が減った分の空気を入れるために、通気針と呼ばれる注射針を刺しておかなければなりません。(空気が入らないと、内部がだんだん陰圧になって、薬液が出てこなくなります。)
一方、バッグでは薬液が減るとペシャンコにつぶれてきますので、通気針が不要で、その分使いやすいといえます。(外気が内部に入りませんので、無菌性の面でも有利です。)

その他の注射剤容器として、ガラスやプラスチックの注射筒にはじめから医薬品が封入してあり、注射針をつけてそのまま使用できる、プレフィルドシリンジといったものもあります。

注射剤を入れる容器の話と言うことで、これまでの回答と重複する部分もありますが、まとめさせていただきます。
ちなみに注射剤の容器は、医薬品の公定書(日本薬局方やアメリカのUSPなど)では、アンプル、バイアル、その他を問わず、全て密封容器とされています。

アンプルは、薄手のガラス管(ホウ珪酸-硬質ガラス)を成型したもので、薬液を充填した後、末端を熱(通常はガスバーナー)で溶融して閉じてあります。

特徴ですが、硬質ガラスは医薬品成分が吸着したり、逆にガラスの成分が溶出したりす...続きを読む

Q「施工」と「施行」の意味の違いは?

「せこう」と入力し変換すると、「施工」と「施行」が出てきますが
どのように使い分けたらいいのでしょうか?

Aベストアンサー

施工:物を作ること(施行方法、物を作ったりする方法)
施行:法律などを実行すること(施行令などと使われる。)
と思いますが。

Qネブライザーと超音波ネブライザー

医療事務の試験勉強をしています。

問題には、
ネブライザー
ビソルボン吸入液 1ml
ベネトリン吸入液 0.1ml
生食 2ml

とありましたので、ネブライザー12点としました。
が、解答では、超音波ネブライザー24点でした…

診療録に超音波と書いてくれよと思いましたが、何か見分ける術があるのでしょうか?
傷病名は、気管支喘息(初診から3ヵ月後)です。
13番で、薬管テオフィリンを算定しています。

また、ベネトリン吸入液 0.1mlを比例計算したら、1mlで計算するようで、間違いでした。
吸入液は、比例計算できないと理解して大丈夫でしょうか?


試験がもう数日後なので、不安がいっぱいです(汗)

Aベストアンサー

こんにちわ。
その問題は、もしかして入院ではありませんでしたか?
入院の場合は、ネブライザーは算定出来ません。
超音波ネブライザーの場合は入院でも算定出来ます。
もしかしたら、欄外に超音波とあるかも知れませんので確認してみてください。

薬剤の計算については、アンプル入りのものがほとんどですが時には、瓶やバイアル瓶に入ったものがあります。アンプル入りのものは一度開封すると保存できません。
したがって1アンプルで1ミリリットル入りの薬剤を0.1ミリリットル使用しても1アンプルの価格で算定します。
ちなみに瓶やバイアル瓶に入ってる薬剤は、必要な量だけとって残りは一定期間保存しておくことができますから使用した料に応じて算定します。


人気Q&Aランキング