社会福祉法人会計の質問です。
収支決算書の差引増減額の計算式は、
「本年度予算額-本年度決算額」でしょうか?
それとも「本年度決算額-本年度予算額」でしょうか?
基礎的なことでおはずかしいのですがよろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

迷われるときは、他の社会福祉法人の収支計算書を参照なさってはいかがでしょうか。

今回については、「本年度決算額-本年度予算額」があるべき計算となります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2009/05/18 13:39

(1)期首の収入予算額は10,000,000円でした。


期末の収入実績額(決算額)は、12,000,000円でした。
差引達成額(増減額)は、(+)2,000,000円でした。

この場合は、
実績額12,000,000-予算額10,000,000=達成額(+)2,000,000

(2)期首の収入予算額は10,000,000円でした。
期末の収入実績額(決算額)は、9,000,000円でした。
差引達成額(増減額)は、(-)1,000,000円でした。

この場合も、
実績額9,000,000-予算額10,000,000=達成額(-)1,000,000

ですから、正解は「本年度決算額-本年度予算額」ですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2009/05/18 13:39

予算全額を使わず余ったお金が負数、予算を超過した分が正数でしょう。


つまり、

>それとも「本年度決算額-本年度予算額」…

です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2009/05/18 13:38

予算額は支出の限度額であり、決算額はその範囲でなければなりません。



つまり100の予算で、90の支出であったため、予算残額は10であるという表記になります。

ということで「本年度予算額-本年度決算額=予算残額」
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2009/05/18 13:37

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q進捗が先んじているときの言葉はなにが最適?

進捗が遅れているときは
「進捗遅れ」
といいます。
では、進捗が先んじているときはなんといえばよいのでしょうか?

Aベストアンサー

進捗とは「進みはかどること」なので、「進捗遅れ」という表現自体に難があります。
ですから、「計画遅延」、「計画達成」、「計画超達」などと言い換えたが良いと思います。
遅延、達成、超達の実体は、あくまでも計画です。
進捗は進行状況を表しているので、遅延、達成、超達の主体となることが出来ません。
ですから、「進捗遅れ」の対語が存在しないのだと思います。
まあ、「進捗リード」とカタカナを使えば意は通じます。

Q収支決算書の各科目の比較増減はどう計算するのが正しいのか

町内の会計を担当することになりました。財務会計のことはほとんど知りません。決算書を作成するときに、各科目の増減額を計算しますが、計算式はどうなるのでしょうか。

①収入、支出とも「実績金額」-「計画金額」
②収入は「実績金額」-「計画金額」、支出は「計画金額」-「実績金額」

 今までの会計担当者の作成資料は①です。町民の財務業務経験者の方には②と言われる方もいます。他の町内のを参考に見せてもらいましたが②です。
 もしかしたらどちらでもいいのでしょうか。この件に関しての正しい財務書類作成方式のURLなどありましたらよろしくお願いします。

Aベストアンサー

>もしかしたらどちらでもいいのでしょう…

町内会の会計に簿記を持ち込むまでのことはないです。
毎年同じ方法でやっていればそれで良いんです。
むつかしいことを考え出すと、次年から会計係の引き受け手がいなくなりますよ。

>今までの会計担当者の作成資料は①です…

それで良いんじゃないですか。

予算よりたくさん使った (支出)、予算より多く儲かった (収入) ときはプラス。
予算ほど使わなかった (支出)、予算ほと儲からなかった (収入) ときはマイナス。

が一番わかりやすいと思いますよ。

>町民の財務業務経験者の方には②と言われる…

町民の財務業務って、町役場に勤めている人という意味ですか。
それはお金が残る残らないという観点からの話です。
簿記を言い出すと確かにそうなりますが、予算どおり施行されたのかどうかという面では、素人にはやはり分かりづらいでしょう。

>この件に関しての正しい財務書類作成方式のURLなどありましたら…

総務省が出している、町内会等の規約類の指針です。
http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/kenkyu/community_governance/27329_3.html
これの「8.決算報告書の読み方」では ○2 が例となっていますが、あくまでも「・・・の場合」としていますから、 ○2 を強制するものではありません。

>もしかしたらどちらでもいいのでしょう…

町内会の会計に簿記を持ち込むまでのことはないです。
毎年同じ方法でやっていればそれで良いんです。
むつかしいことを考え出すと、次年から会計係の引き受け手がいなくなりますよ。

>今までの会計担当者の作成資料は①です…

それで良いんじゃないですか。

予算よりたくさん使った (支出)、予算より多く儲かった (収入) ときはプラス。
予算ほど使わなかった (支出)、予算ほと儲からなかった (収入) ときはマイナス。

が一番わかりやすいと思いますよ。

>町民の...続きを読む

QExcelで進捗管理

Excelで進捗管理を作ろうしています。
内容は

進捗率を%で表示し、その進捗率にあわせ
グラフを表示させようと思っているのですがうまくできません。
例;進捗率50%  |||||

上記のように縦線を進捗にあわせて表示させたいのです。
どなたかご教授ください。

Aベストアンサー

A1に50%と入力されていて、B1にグラフを出す場合

=REPT("|",B1*100) などでどうでしょう

""の中には別の記号 * など何でも良いですし、*100も適当に調節します。

Q公益法人会計 決算 収支計算書に対する注記 次期繰越収支差額について

収支計算書に対する注記で、次期繰越収支差額に含まれる資産及び負債の内訳を記載しますが、収支計算書の次期繰越収支差額と一致しません。原因は、決算仕訳において、固定資産の「備品」と貸借科目の「減価償却費」で仕訳をしているからです。不一致額は「減価償却費」ですが、このような場合、注記にどのように記載すればよいのでしょうか。

Aベストアンサー

公益法人会計ならば次の決算書が作成されていると思いますがどうでしょうか。
1.収支計算書
2.正味財産増減計算書
3.貸借対照表

減価償却費は次のような仕訳となります。
備品減価償却額(正味)/備品(貸借)
したがって、収支計算書には、関係しません。
つまり、収支計算書に記載したことが誤りなのでその部分を削除してください。そうして、正味財産増減計算書に記載してください。

公益法人関係はこちらのサイトをご覧ください。
http://www.kohokyo.or.jp/

Q株式の進捗率とは?

閲覧ありがとうございます。

進捗率とはどのような影響を与えるものなのでしょうか?

過去に出した決算予想に対しての進捗状況を表すものという解釈なのですが
(間違っていたらご指摘お願い致します)
その進捗率を発表するタイミングは決算なのでしょうか?

また、いつからいつまでの目標に対しての進捗率なのでしょうか?



初歩的な質問で恐縮ですがご回答頂ければ幸いです。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

「株式の進捗率」という言葉は聞いたことがありません。

あなたの言うような意味合いであれば、「どこまで到達してるか示す割合」でしょう。

たとえば、今期100億円の利益を目標にした会社があるとして、
いま、期中の途中ラップでの利益が30億円と。
だとすれば、進捗率30%です。

ただ、これにも考え方があって、経過した時間も考慮した進捗率の考え方もあります。
たとえば、上記の会社が、上半期が終わった。そこで30億円だったと。
上半期が終わったということは、期の半分が終わった。
1年の半分なので、年間目標100億円の半分まで行っていれば妥当だと考え、50億円。
この50億円に対する進捗でいえば、60%ですね。
この50億円のことを標準進捗と言ったりもします。

>いつからいつまでの目標に対しての進捗率なのでしょうか?
一般的には期初から期末でしょうね。3月決算の会社なら、4月~3月が期ですから、その間でしょう。
ただ、たとえば、3年間の中期経営計画等における進捗の話をしているのならば、その期間かもしれません。

Q前年度比(または前年度比増減率)について

 皆様こんにちは。数学(数字や計算)には全く弱い、Tosshie-Toshikoと申します。
 只今、職場で、さる業界各社の収支報告書から、営業利益・営業費用・営業利益・経常利益・当期利益を取りまとめ、それぞれの前年度比を出して表にまとめる──という作業をしております(外部に発表する為です)。
 この内、営業利益・経常利益・当期利益の前年度比について、調べる内に混乱してしまったので、お伺いしたいのです。

☆☆☆☆


【質問その1】
  一体、前年度比というものは、

    【計算式 1】 今年度利益/前年度利益×100

  で出すのが正しいのでしょうか、

    【計算式 2】 (今年度利益-前年度利益)/|前年度利益|×100

  で出すのが正しいのでしょうか。


【質問その2】
  前年度(或いは今年度)利益の一方が赤字だった場合、また、前年度今年度共に赤字だった場合、前年度比(或いは前年度比増減率)の計算は出来るのでしょうか。


☆☆☆☆

 混乱に到った経緯を縷々述べていたらあっさり2,000字を越えてしまったので(苦笑)、質問のみに致しました。
 もう少し時間があれば自分で徹底的に調べたかったのですが、残念ながら対外的に期限のある仕事なので、修正時間も考えると、その余裕がございません。
 こういったことにお詳しい方、どうかお教えいただけないでしょうか。
 宜しくお願い申し上げます。
 補足要求があれば、随時、混乱過程(笑)を追加致します。

 皆様こんにちは。数学(数字や計算)には全く弱い、Tosshie-Toshikoと申します。
 只今、職場で、さる業界各社の収支報告書から、営業利益・営業費用・営業利益・経常利益・当期利益を取りまとめ、それぞれの前年度比を出して表にまとめる──という作業をしております(外部に発表する為です)。
 この内、営業利益・経常利益・当期利益の前年度比について、調べる内に混乱してしまったので、お伺いしたいのです。

☆☆☆☆


【質問その1】
  一体、前年度比というものは、

    【計算式 1】...続きを読む

Aベストアンサー

その1について 回答 1
 通分すると1と2の違いは100%ずれているだけ即ち、前年と同じ場合を100%か0%かということですね。
 これは、前年度比100%=0ポイントの増 と呼びます。

その2について 回答 一応可能
 前年度が+100万で今年が-50万であった場合、前年度比-50%ということになります。 その逆も理論上同じですが黒赤が違うと比較してもあまり意味がない数字になるので、他の言い回しを使うことも多いようです。

Q原価計算の期首仕掛品の進捗度は何を基準としている?

原価計算について学習中ですが『進捗度』について混乱しています・・・。

原価計算の学習の初期の頃、進捗度とは『完成品に対する加工の進み具合』だと教えられ、その後、材料進捗度の話が出てきた段階で、進捗度とは『完成品に対する原価の投入割合』だと教えられました。

両者の定義の違いになんとなく違和感を覚えながらも、後者は前者をより厳密に定義したものだと納得していましたが、実際に期首仕掛品がある場合の原価配分計算を考えたときに、この期首仕掛品の進捗度がどういうものなのかよく分からなくなってきました。


問題文中などに提示される期首仕掛品の進捗度は、『当期完成品の原価に対する割合』ということでいいんでしょうか?


当期に投入した完成品換算量を求める際には、期首仕掛品の進捗度を完成品量に換算したものを使って貸借差額にて算出するわけですから、問題として提示されている期首仕掛品の進捗度は当期完成品の原価に対するものでなければならないと思っています。

でも、もしそうだとすると、前期の期末仕掛品の進捗度(前期完成品原価に対する割合を示したもの)を、わざわざ当期の完成品原価に対する進捗度に変換して期首仕掛品の進捗度として示してくれているということでしょうか?

もしそうならば、それはそれで全く問題ないんですが、でもそこまで親切に作ってくれてるのかなぁ?とか、そもそもある原価が完成品原価の何割であるか分かるならば完成品原価そのものが分かるんじゃ?等と考えてしまい、どうにも納得できません。

そうすると、もしやこの進捗度とは、会計期間によって変動してしまう当期完成品原価の割合ではなく、普遍的な進み具合(全工程100分のうちの何分目か、全工程10設備のうち何設備目か、等)を指しているのでは?などと考えてしまい、ますます泥沼に・・・・。

以上、混乱している状態ですので質問自体がうまく表現できていないかもしれませんが、何卒状況を酌んでいただき、ご助言等いただければと思います。

原価計算について学習中ですが『進捗度』について混乱しています・・・。

原価計算の学習の初期の頃、進捗度とは『完成品に対する加工の進み具合』だと教えられ、その後、材料進捗度の話が出てきた段階で、進捗度とは『完成品に対する原価の投入割合』だと教えられました。

両者の定義の違いになんとなく違和感を覚えながらも、後者は前者をより厳密に定義したものだと納得していましたが、実際に期首仕掛品がある場合の原価配分計算を考えたときに、この期首仕掛品の進捗度がどういうものなのかよく分から...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは
>原価計算の期首仕掛品の進捗度は何を基準としている?

進捗度の求め方を言っているのでしょうか?
そうであるならば、#1さんの言うとおり、合理的な方法をもって
見積もるということになります。 工業簿記を学習する上では、
進捗度の算出の仕方は問題にしていないと思います。
問題に従ってください。

ただ、質問を読んでいると
>この期首仕掛品の進捗度がどういうものなのかよく分からなくなってきました。

もしかして進捗度が原価計算の中でどういう意味をもっているのか、
混乱していますか?
そうであるという前提で以下、説明します。

総合原価計算の中では、進捗度から完成品数量に変換する指標を換算量
と言います。
なぜ、そのようなことをするのかというと、まず、話を簡単にするため
に、月初仕掛品がなかった場合を想定して説明します。

生産データ

当月投入  100個
月末仕掛品  50(?)
完成品     50
※()内は換算量 現時点では不明とします。

当月製造費用
 原料費 1,500,000
 加工費 4,500,000
 ※原料費は工程始点で全て投入される。

上記の生産データにもとづき原価計算表を作成します。

        数量  原料費  数量  加工費    合計 
当月投入   100  1,500,000 100? 4,500,000   6,000,000
月末仕掛品  50   750,000  50?  2,250,000? 3,000,000?
完成品     50   750,000  50   2,250,000? 3,000,000?

原料費は、工程始点ですべて投入していますので、上記のように
完成品50:月末仕掛品50の比率で按分できます。

さて、ここで問題です。
加工費の場合、完成品と仕掛品が同じ50個だからといって、50:50の
比率で按分するのは適切な配分でしょうか?

おかしいですよね。 
一方の完成品は100%投入(加工)されているのに対して、進捗が何%
かわかりませんが、月末仕掛品が同じ配分になるのは費用配分が適切
ではありません。
完成品と仕掛品という異なる加工費の発生割合を一緒にして計算して
いるからですね。

そこで月末仕掛品の原価を求めるために、月末仕掛品の進捗度を
合理的に把握して、それを換算量として月末仕掛品にかけて完成品
数量に変換してしまうのです。

例えば、月末仕掛品の換算量が50%だったとします。 換算量1/2
月末仕掛品に換算量をかけてやり完成品数量に変換することによって、
同じ土俵にあげてやります。

そうすると完成品と月末仕掛品の割合は50:25になり、対等に計算でき
ますので原価計算表は

        数量  原料費  数量  加工費    合計 
当月投入   100  1,500,000 75  4,500,000   6,000,000
月末仕掛品  50   750,000  25   1,500,000  2,250,000 
完成品     50   750,000  50   3,000,000  3,750,000

となり月末仕掛品原価が求まれば完成品製造原価が求められます。

ちなみに「加工費の当月投入量」は、完成品、月末仕掛品から逆算して
求めます。
また、今回は原料費は「工程始点ですべて投入」を前提としていますが、
進捗の度合いによって投入される場合は加工費と同様に換算量を
かけて計算します。

ここでは、話を簡単にするために月初仕掛品を除外していますが、
同様に月初仕掛品にも換算量をかけて原価計算表に入れます。

また、先入先出法、後入先出法、平均法など計算方法がいくつかあり
ますので、このあたりはURLを参考にしてください。

http://www25.tok2.com/home2/masatoru/boki/main75.html
http://www2.econ.osaka-u.ac.jp/~asada/ca/05.html

>そもそもある原価が完成品原価の何割であるか分かるならば完成品原価そのものが分かるんじゃ?

逆です。
結論として換算量は、当月の完成品製造原価を求めるために、計算過程で、
月初仕掛品と月末仕掛品を完成品数量として変換して適切な費用按分を
行うための指標です。

以上、こんなところですが何かあればまた補足してください。
では

こんにちは
>原価計算の期首仕掛品の進捗度は何を基準としている?

進捗度の求め方を言っているのでしょうか?
そうであるならば、#1さんの言うとおり、合理的な方法をもって
見積もるということになります。 工業簿記を学習する上では、
進捗度の算出の仕方は問題にしていないと思います。
問題に従ってください。

ただ、質問を読んでいると
>この期首仕掛品の進捗度がどういうものなのかよく分からなくなってきました。

もしかして進捗度が原価計算の中でどういう意味をもっているのか、
...続きを読む

Q産休中、マイナスの差引支給額の仕訳

どなたか教えてください! 産休に入った社員の給与の仕訳についてなんですが、差引支給額がマイナスになった場合どのような仕訳になるんでしょうか?

Aベストアンサー

マイナス要因は、社会保険料(本人負担分)や住民税などですか?

これらをどうしても区分するのであれば、
立替金(若しくは仮払金など)/法定福利費
立替金(若しくは仮払金など)/預り金(住民税)
のように記帳しておき、後日相殺できる支払額が発生した時に、給与からこれまでの立替相当額を差し引けばいいです。

Q安くて良い進捗管理ソフトはありますか?

MS Projcetのような使い勝手が良い進捗管理ソフトが
欲しいのですが、安くて良いソフトはないでしょうか?
Project Server 2003 だと30万して手が出ません。。

エクセルを使うソフトでも良いですし、
進捗管理だけできるグループウェアなどで、
Webで進捗が見れればなお素晴らしいのですが。

Aベストアンサー

Aipo4
http://www.moongift.jp/2008/03/aipo4/
はどうでしょうか?
進捗管理以外の機能もありますが・・・

ガントチャートだけならば、
GanttProject
http://ganttproject.biz/
がWebDAVでの共有に対応しています。

Q決算期変更(変更した決算期が1ヵ月決算)ってできますか?

私の勤める会社が、買収され上場会社の子会社となりました。
その親会社(上場会社)が3月決算であるため、決算月を合わせるように要請されています。
私の会社は2月決算なのですが、2月中に臨時株主総会を開催して、決算期を3月に変更(定款一部変更)することはできますか?(変更した期は1ヵ月決算となってしまいますが・・・)
そうすると、18年2月期の定時株主総会と18年3月期の定時株主総会がそれぞれ、5月下旬、6月下旬となり、な~んかおかしい感じがするのですが・・・(18年2月期の貸借対照表・損益計算書・利益処分案承認(それと、配当が決まる前・・・)の前に、18年3月期が終わってるみたいな・・・)
商法上は、できるような気がするのですが・・・

Aベストアンサー

M&Aなどにより、1ヶ月程度の変則決算を行うケースはよくあります。

確かに、2月決算&利益処分が確定する前に翌決算期が終了しているというのは変な感じはしますが、
実際に各々の決算が確定するのは、各々の総会承認決議時点です。この総会決議が5月、6月に行われ
ますので、この順で決まる限りにおいては問題は生じないと考えます。

決算期変更自体は登記事項ではありませんので、変更の総会は2月でも良いとは思いますが、定款を変更
する時点は、3月1日以降となりますので、その点ご留意頂いた方がよろしいかと考えます。

税務当局への届出については、3月中に行えばよいと思います。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング