私はコンプレックスの塊です。
本当にたくさんのコンプレックスがあります。
 
顔は団子鼻で顎が少ししゃくれている。目は一重か二重か微妙な感じ。 
身体は腕が異様に細長く手首も細い。手がデカくて女にしては指が長い(指の長さ中指8.5cm)手首の細さとと手の大きさが不釣り合い。
足も25cmと大きく靴選びが大変。
 
何回か宇宙人呼ばわりされたり手を見ては男呼ばわりされたり。握力が31だと言ったら「それで?!」と驚かれたり。
 
こんなコンプレックスの塊の私に何か一言くれませんか?
どんな言葉でも良いです。アドバイスなどもくれると嬉しいです。 
 
いただいた言葉をバネに社会人になるに向けて少しでも綺麗になれるように頑張りたいんです。(もちろん就職に向けての活動も。)
 
お願いします。
 
因みに高3♀身長は162cmで、体重は普通だと思います。

※添付画像が削除されました。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

私もコンプレックスは、たくさんありますよ。


歯が汚い、男の割りに色白、背が低い、オタクっぽいとかの外見上だけにとどまらず、精神的にもそれこそ上げたらキリがないくらいです。しかも、私の周りにはそれをズバズバとはっきり言う人が多いので大変ストレスが溜まります。(笑)

なので、私は当然自分のイメージを改善すべく努力しました。その結果今は自分にある程度ですが満足できるようになりました。

以下に私が実践している簡単な解決方法を紹介します。

1.周りの人と話して、仲良くなる。
全く関係なさそうですが、他人と話すことで自分の内面を大きく成長させることが出来ます。また、明るく接することで周りの人の印象も大きく変わります。

2.他人の目に付きやすい、簡単なことから改善する。
髪形を変えるとか、メガネをコンタクトにしてみるとか、他人の目に付きやすい所を変えると、それを他人から言ってもらえるので、自分は変わったと思い込むことが出来き、コンプレックスを意識しづらくなります。

3.人間観察をする。
周りの人を良く観察すると、一見完璧に見えて、実は自分より劣っている所、また自分より優れている所があるということがわかると思います。自分の悪い部分ばかりを見るのではなく、良い部分を分析するためにも、人間観察は有効ですよ。

「自分の良い部分は、おにぎりの梅干見たいなもの」と言う言葉を聞いたことがあります。これは自分の良い所は、おにぎりの梅干みたいに、背中にくっついているので、他人には見えるが、自分ではなかなか見えないということを表した言葉みたいです。

この言葉の通り、コンプレックスを探すのではなく、自分の良いところをもっと探してみてはどうでしょうか。

と偉そうなことを言いましたが余り重く考えず、これが何かの励になってくれればと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アドバイスありがとうございます。
 
これを参考に内面的にも外面的にも自分に自信を持てるよう努力していきたいです。
 
本当にありがとうございます。

お礼日時:2009/05/11 19:16

あなたの問題は容姿より、見た目・外見でしか自分の価値を判断でき


ない智慧の浅さにあります。

外面を化粧で磨くより、まだ若いのだから内面から磨きをかけましょう。
図書館いって本を読んでみてください。人間のすばらしさや可能性を
もう少し勉強した方がいいですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アドバイスありがとうございます。
 
本はよく読みます。
自分の価値を外見だけで判断してるつもりはありませんが…少し自分自身に偏見を持ち過ぎていたかもしれません。 
 
本当にありがとうございます。

お礼日時:2009/05/11 17:50

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング