あるソフトを用いて指定行数に分割した15のcsvファイルをそれぞれシート別にしてエクセルファイルに取り込みたいと考えています。

マクロを用いてこのような作業を行いたいのですが何方かご教授いただけませんでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

素人がの私が自分のスキルupのために考えて作って


みたものですので完璧では無いかもしれませんが記載致します。
===動作例====================================================
「ファイルを開く」ダイアログが開いて、任意のcsvファイルを
マウス等で複数選択し、「開く」ボタンを押します。ダイアログ
上のファイル(下記のは例としてのファイル名です)の並びが
No01.csv
No02.csv
No03.csv
No04.csv
と表示されているファイル名を上からマウスで選択を行った場合、
完成される合成csvファイルのシートの並びは
No01 No02 No03 No04
となり、下からマウスで複数選択した場合は完成される合成csv
ファイルのシートの並びは
No04 No03 No02 No01
となります。いずれも最後に残るファイルのファイル名は最初に
マウスで選択したものです。以上です。
============================================================
Sub Macro1()

'---ファイル名を取得するためのメソッド---------------------
F_name = Application.GetOpenFilename _
(Filefilter:="csvファイル(*.csv), *.csv", MultiSelect:=True)
'-------------------------------------------------------
F_no = UBound(F_name) '配列の要素数の確認
Workbooks.Open Filename:=F_name(1) '1つめ開く
Std_F = ActiveWorkbook.Name '基準を最初に開いたファイルに

For i = 2 To F_no '2つめから配列の要素数分まわす
Workbooks.Open Filename:=F_name(i) 'ファイル開く
Move_F = ActiveSheet.Name '開いたファイルのシート名記録
'↓基準ファイルに後から開いたファイルを移動↓
Sheets(Move_F).Move After:=Workbooks(Std_F).Sheets(i - 1)
Next i

End Sub
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
シート順は逆になりましたが、ひとつに統合することができました。

お礼日時:2009/06/08 10:29

規約違反の丸投げコード作成依頼型質問なのでコードは書かない


(1)目的のCSVファイルの捕らえ方。質問にどういう状況k書いてない。最悪ファイル名をシートにでも列挙入力。
あるフォルダのファイル全部とかあるフォルダのCSVファイル全てなど
が多いかとは思うが。それならVBSriptやDir関数をGoogoleで照会のこと。
(2)CSVファイルの読みこみ方
  Open、レコードの最後を捉える方法、読んだ変数に入れる
  そのEOFになるまで繰り返し。
(3)Split関数でカンマを区切りとして、項目データを配列に入れる。
(4)シートのk行の各列にSplit配列から順次データを代入
  列を対象とした繰り返し。For j=1 to ○・・Next j
  k=K+1 次は下の行に書き込む
(5)終わればCSVファイルをクローズ
(6)次のファイルに対し、(1)-(5)を繰り返し。
類似コードはwebなどに沢山ある。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2009/06/09 10:15

一例です。


その15件のCSVファイルが入っているフォルダーに以下のマクロを書いたエクセルBOOKを保存してください。(パス取得のため必ず「保存」してください。)
フォルダー内の全てのCSVファイルからデータをエクセルに1ファイルを1シートにして転記していきます。

Sub test01()
Dim MyFile As String, MyPath As String '変数宣言
Dim i As Long
Dim wb As Workbook
MyPath = ThisWorkbook.Path & "\" '自分のパスを取得
MyFile = Dir(MyPath & "*.csv", vbNormal) 'パス内のcsvファイル
Application.ScreenUpdating = False '画面更新停止
Application.Calculation = xlCalculationManual '自動計算停止
Do Until MyFile = "" '対象ファイルがなくなるまで
Set wb = Workbooks.Open(MyPath & "\" & MyFile) '選択したファイルを開く
Set ns = ThisWorkbook.Sheets.Add 'このBOOKにシートを追加
wb.Sheets(1).Cells.Copy ns.Cells(1, 1) '新規シートにコピペ
i = i + 1 'カウント
wb.Close (False) '選択したファイルを閉じる
MyFile = Dir '次のファイルを検索
Loop '繰り返し
Application.Calculation = xlCalculationAutomatic '自動計算停止解除
Application.ScreenUpdating = True '画面更新停止解除
Set wb = Nothing
Set ns = Nothing
MsgBox i & "件のCSVファイルから転記しました。", vbInformation, " " & Environ("UserName") & "さん (o^-')v "
End Sub
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q復元ポイントの作成とイメージファイル等のバックアップとの違いについて

今晩は、宜しくお願いします。

復元ポイントの作成とイメージファイル等のバックアップとの違いについて教えて下さい。

Windowsで復元ポイントからシステムを復元させる方法があり、
また、イメージファイル等にバックアップをとり、復元させる方法もありますが
この両者はどのように違うのでしょうか。

復元ポイントの作成とは、その時点のシステムの設定等だけを保存しているという
ことでしょうか。

また、イメージファイル等のバックアップを作成するということは
システム設定と作成したファイル等もイメージファイルとして一括してバックアップ
されるのでしょうか。

イメージファイルの復元時に、作成したファイル等もイメージファイルから
復元されるのなら、同じ名前のファイルがあった場合には、
イメージファイル作成時の古い情報のファイルになってしまうのでしょうか。

以上、宜しくお願いします。

Aベストアンサー

【システムの復元】
Windowsが使用するシステムファイルのバックアップと復元。
ユーザーファイルには影響しない。
HDDの中に作成されるので、Windowsが起動しない環境では使用出来ない。

【システム修復ディスクの作成】
Windowsの起動時にF8を押下して起動するセーフモードから「コンピューターの修復」「システム回復オプション」を、外部記憶装置(CD、USBメモリなど)から起動出来るようにする。
Windows自体が起動しなくなった場合に、外部記憶装置から「システム回復オプション」が起動出来るようになる。修復されるのは、選択した項目により異なる。
WindowsREを利用。
https://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/hh825173.aspx

【バックアップと復元】
システムのバックアップを作成し、ハードディスクなどが壊れた場合に備えパソコン内部のデータを全てバックアップ・復元出来る。
Windowsのインストールディスクや、システム修復ディスクから復元が可能。
システムもユーザーデータもバックアップを取った時点の状態に戻る。

【システムの復元】
Windowsが使用するシステムファイルのバックアップと復元。
ユーザーファイルには影響しない。
HDDの中に作成されるので、Windowsが起動しない環境では使用出来ない。

【システム修復ディスクの作成】
Windowsの起動時にF8を押下して起動するセーフモードから「コンピューターの修復」「システム回復オプション」を、外部記憶装置(CD、USBメモリなど)から起動出来るようにする。
Windows自体が起動しなくなった場合に、外部記憶装置から「システム回復オプション」が起動出来るようになる。...続きを読む

QEXCELのマクロをバッチファイルから起動させ、あるフォルダ内のCSVファイルをTXTファイルに変換。

あるフォルダにdata.csvというファイルがあります。

一つ目の質問は、EXCELのマクロで「あるフォルダ内にある***.csvを開く」という動作はどのように記述されますか?

2つ目の質問はバッチファイルあるいはスクリプトファイルでEXCELのこのマクロを実行させることは可能ですか。どのように記述したらよいのでしょうか。

3つ目はセルA1~A10の値をx B1~B10の値をyとしてグラフを描かせるコマンドはありますか。

Aベストアンサー

3つ目は、#1にご回答にあるようにマクロの記録を取れば良い。骨子は
Sub Macro1()
Charts.Add
ActiveChart.ChartType = xlXYScatter
ActiveChart.SetSourceData Source:=Sheets("Sheet3").Range("A1:B10"), PlotBy:= _
xlColumns
End Sub
でChartType = xlXYScatterと
PlotBy:=xlColumnsがキーです。

Q救出ファイル復元 2の機能について

「救出ファイル復元 2」で画像ファイルJPEGの他にRAWファイル、拡張子(CR2)を復元出来るでしょうか。

キャノンの一眼デジカメを使っているのですが、他の復元ソフトでは、復元出来ませんでした。

Aベストアンサー

Vectorあたりで『ディスク・ファイル復旧』の項目で探せばみつかりそうですが。
要は,"復元ソフトで復元できるファイルがソフトに登録されている拡張子だけしかできない"ことですので,拡張子を選択できる復元ソフトを捜せばいいと思われます。

参考URL:http://www.vector.co.jp/vpack/filearea/win/util/disk/care/

Qエクセルマクロ、複数のCSVファイルを読み込んで一つのファイルに繋げる方法

別質問で教えて貰った方法(下記URLの#2)で、複数のCSVファイルを
読み込むマクロはわかったのですが、それらのファイルを一つに
まとめる方法がよくわかりません。

新しいシート(or結果保存用のブック)を用意して、ここに順に繋げて
いきたいのですが、どうしたら良いのでしょうか。

ちなみに、入力されるCSVファイルのデータの入っている列数は固定
なのですが、行数はファイル毎に異なります。

<大元の質問>
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=359726

Aベストアンサー

こんにちは。

#2さんの回答で解決かもしれませんが、元の質問からの流れで、、、

単純な、開く、コピー、貼付け、閉じるの繰り返し処理です。

Sub Test()
Dim Files, FilesCnt As Integer, i As Integer
Dim cBook As Workbook, pBook As Workbook
 
 Files = Application.GetOpenFilename _
    (FileFilter:="CsVFile(*.csv), *.csv", MultiSelect:=True)
 If IsArray(Files) Then
   Set pBook = Workbooks.Add(xlWBATWorksheet)
   FilesCnt = UBound(Files)
   For i = 1 To FilesCnt
     Workbooks.Open Files(i)
     Set cBook = ActiveWorkbook
     cBook.ActiveSheet.UsedRange.Copy
     With pBook.ActiveSheet
      .Cells(.Range("A65536").End(xlUp).Row, 1). _
      PasteSpecial (xlPasteAll)
     End With
     Application.CutCopyMode = False
     cBook.Close
   Next i
 End If
Set cBook = Nothing: Set pBook = Nothing
End Sub

こんにちは。

#2さんの回答で解決かもしれませんが、元の質問からの流れで、、、

単純な、開く、コピー、貼付け、閉じるの繰り返し処理です。

Sub Test()
Dim Files, FilesCnt As Integer, i As Integer
Dim cBook As Workbook, pBook As Workbook
 
 Files = Application.GetOpenFilename _
    (FileFilter:="CsVFile(*.csv), *.csv", MultiSelect:=True)
 If IsArray(Files) Then
   Set pBook = Workbooks.Add(xlWBATWorksheet)
   FilesCnt = UBound(Files)
   For i = 1 To ...続きを読む

Q削除した画像ファイルの取り出しまたは復元方法

ごみ箱に入れてから削除したファイルの復元方法を教えてください。

以前にも同様の質問をしたのですが、その際に教えていただいた方法で確かにいくつかのファイルは復元することができました。

しかし、一番復元したい画像ファイル(jpeg形式)が復元できません、同時期に同じく削除したファイルは無事に取り出せたのですが肝心のファイルは取り出せません。指定するファイル名、フォルダ名などの間違いはないのですが何が原因で復元できないのか理解できません。

良きアドバイスをいただければ助かります。
宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

こういったファイル復元ソフトを利用してファイルを復活させます。

●FileRecovery(フリーウェア)

消去・欠損したファイルを復元するソフト。
http://www.pcinspector.de/download.htm

●復元(フリーウェア)
http://www.vector.co.jp/soft/win95/util/se192983.html

■FINALDATA(ファイナルデータ)フォトリカバリー3.0(有料)
http://www.finaldata.ne.jp/f_8_3.html

当然ながら復元できる確立は有料ソフトのほうが高いです。

これらを使っても復元できない場合はファイルが上書きされて完全に消えている可能性が高いです。

QExcel VBA フォルダ内に複数のcsvがあり、それぞれの3行目以降を一つのExcelに集約でき

Excel VBA
フォルダ内に複数のcsvがあり、それぞれの3行目以降を一つのExcelに集約できるツールが欲しいです。

よろしくお願いします。マクロ初心者です。

①複数のcsvがフォルダ内にあり。
②ExcelのA列に、取り込むcsvのファイル名をコピー。
③csvの3行目以降を全部、D列以降にコピー(最大50列)
※csvに7行目まで、データがある場合、A1〜5セルまでは同じファイル名が表示されます。


④ ③をファイル数分、繰り返す。
⑤Excelにコピーが終わった後、D列に、あいうえお、または、かきくけこ、という文字が入っていた場合は、行ごとの削除を行う。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんばんは!

取り込むデータはcsvファイルのSheet1(シート見出しの一番左側)シートにあり、
表示するのはコード記載ブックの「Sheet1」とします。

標準モジュールです。

Sub Sample1()
Dim i As Long, cnt As Long, lastRow As Long, lastCol As Long
Dim myPath As String, fN As String, myRng As Range
Dim wB As Workbook, ws1 As Worksheet, wS2 As Worksheet
Application.ScreenUpdating = False
Set ws1 = ThisWorkbook.Worksheets("Sheet1")
ws1.Cells.Clear
myPath = "保存場所のパス" & "/\"
fN = Dir(myPath & "*.csv")
Do Until fN = ""
Workbooks.Open myPath & fN
Set wB = ActiveWorkbook
Set wS2 = wB.Worksheets(1)
lastRow = wS2.Cells(Rows.Count, "A").End(xlUp).Row
If lastRow > 2 Then
For i = 3 To lastRow
lastCol = wS2.Cells(i, Columns.Count).End(xlToLeft).Column
cnt = cnt + 1
ws1.Cells(cnt, "A") = Left(fN, InStr(fN, ".") - 1)
ws1.Cells(cnt, "D").Resize(, lastCol).Value = wS2.Cells(i, "A").Resize(, lastCol).Value
Next i
End If
fN = Dir()
wB.Close savechanges:=False
Loop
'▼行削除処理
For i = 1 To ws1.Cells(Rows.Count, "A").End(xlUp).Row
If InStr(ws1.Cells(i, "D"), "あいうえお") > 0 Or InStr(ws1.Cells(i, "D"), "かきくけこ") > 0 Then
If myRng Is Nothing Then
Set myRng = ws1.Cells(i, "D")
Else
Set myRng = Union(myRng, ws1.Cells(i, "D"))
End If
End If
Next i
If Not myRng Is Nothing Then
myRng.EntireRow.Delete
End If
Application.ScreenUpdating = True
MsgBox "完了"
End Sub

※ コード内の「保存場所のパス」の部分は
実際のパスに書き換えてください。m(_ _)m

こんばんは!

取り込むデータはcsvファイルのSheet1(シート見出しの一番左側)シートにあり、
表示するのはコード記載ブックの「Sheet1」とします。

標準モジュールです。

Sub Sample1()
Dim i As Long, cnt As Long, lastRow As Long, lastCol As Long
Dim myPath As String, fN As String, myRng As Range
Dim wB As Workbook, ws1 As Worksheet, wS2 As Worksheet
Application.ScreenUpdating = False
Set ws1 = ThisWorkbook.Worksheets("Sheet1")
ws1.Cells.Cle...続きを読む

Q「ウイルス感染ファイル」削除後のシステム復元でどうなる?

ウイルスバスターで幾つかのウイルス感染ファイル発見し全て削除しましたが、感染したファイルはシステムファイルでしたので少し心配でしたが削除しました。
そこで教えて頂きたいのですが、感染した日付以前でシステムの復元をする事によって削除されたシステムファイルは復元できるのでしょうか?一度削除されたシステムファイルはシステムの復元をしても二度と復元しないのでしょうか?

Aベストアンサー

以下WindowsXPという前提で・・・

>システムファイルでしたので少し心配でしたが削除しました。
通常、このままではシステムエラーが発生します。
しかし、Windowsには自動復旧機能があり、削除されたファイルをハードディスク上にあるCabファイルから呼び出して復旧させるようになっています。
従って、殆どの場合、削除されたシステムファイルを手動でインストールする必要はありません。

☆SFCの実行
もしシステムエラーが出る場合SFC(System File Checker)の実行をお勧めします。

1.CDドライブにOSのインストールディスクを入れておく。
2.「スタート」「コマンドプロンプト」または「ファイル名を指定して実行」で
「sfc /scannow」と入力して「OK」

「Windows XP professional のディスクを入れてください」という表示が出ることがありますがHome Editionであれば「無視」を選んでスキップしてください

>感染した日付以前でシステムの復元をする事によって削除されたシステムファイルは復元できるのでしょうか?
出来ないことはないでしょうが、あまりお勧めできません。
現在の状態が正常でない。
過去の状態の方が快適に操作できる。
という場合、それがいいかもしれません。
しかし、Windowsの設定というのは非常に広範囲にわたっており、現在と過去を比較して、どちらが適正かを判断するのは容易ではありません。
また、過去の復元ポイントの中には不正な設定が含まれている場合があり、間違って、そのポイントを選択することもあります。
ウィルス対策ソフトのサイトでは一旦復元設定を無効にして、過去の復元ポイントを全て消去することを推奨しています。

>一度削除されたシステムファイルはシステムの復元をしても二度と復元しないのでしょうか?
間違った操作をすると汚染されたファイルが復元されてしまいます。
一旦復元設定を無効にして、過去の復元ポイントを全て消去することで汚染されたファイルは二度と復元しません。

以下WindowsXPという前提で・・・

>システムファイルでしたので少し心配でしたが削除しました。
通常、このままではシステムエラーが発生します。
しかし、Windowsには自動復旧機能があり、削除されたファイルをハードディスク上にあるCabファイルから呼び出して復旧させるようになっています。
従って、殆どの場合、削除されたシステムファイルを手動でインストールする必要はありません。

☆SFCの実行
もしシステムエラーが出る場合SFC(System File Checker)の実行をお勧めします。

1.CDドライ...続きを読む

QEXCELにcsv形式の外部データを取り込む際にカンマ区切りで取り込も

EXCELにcsv形式の外部データを取り込む際にカンマ区切りで取り込もうとした場合、csvデータの同一セル内に改行データがあると、ずれて表示されてしまいます。
改行を取り除くのはclean関数があることは知っていますが、マクロを利用して、EXCELのデータ→外部データの取り込みの選択だけで取り込む方法はないでしょうか?ご教示ください。

Aベストアンサー

Sub try()
  Dim WRK As String '一時作業ファイル名。削除するので既存ファイル名と重複させないように。
  Dim buf As String
  Dim tmp As String
  Dim n  As Long
  Dim f

  '読込みファイルを選択
  f = Application.GetOpenFilename("csv,*.csv")
  If VarType(f) = vbBoolean Then Exit Sub
  '作業ファイル名設定
  WRK = Application.DefaultFilePath & "\temporary.csv"
  '読込みファイルOpen
  n = FreeFile
  Open f For Input As #n
  buf = StrConv(InputB(LOF(n), #n), vbUnicode)
  Close #n
  '置換(セル内改行を半角スペースに)
  With CreateObject("VBScript.RegExp")
    .Global = True
    .Pattern = "([^\r])(\n+)"
    buf = .Replace(buf, "$1 ")
  End With
  '作業ファイルOpen
  n = FreeFile
  Open WRK For Output As #n
  Print #n, buf
  Close #n
  '[外部データの取り込み]
  With Sheets.Add
    With .QueryTables.Add(Connection:="TEXT;" & WRK, _
               Destination:=.Range("A1"))
      .AdjustColumnWidth = False
      .TextFileParseType = xlDelimited
      .TextFileTextQualifier = xlTextQualifierDoubleQuote
      .TextFileCommaDelimiter = True
      .Refresh BackgroundQuery:=False
      .Delete
    End With
  End With
  '作業ファイル削除
  Kill WRK
End Sub

Excelで作成したcsvファイルで、セル内改行が含まれている場合は上記で読み込めるはずです。
そのcsvファイルをテキストエディタで編集してしまった場合は、うまくいかなくなるかもしれません。

'[外部データの取り込み]...以降、 Kill WRK までのコードは、無くても構いません。
取り込み前にセル内改行を置換してしまえば、
あとは手作業ででも[外部データの取り込み]ができます。

Sub try()
  Dim WRK As String '一時作業ファイル名。削除するので既存ファイル名と重複させないように。
  Dim buf As String
  Dim tmp As String
  Dim n  As Long
  Dim f

  '読込みファイルを選択
  f = Application.GetOpenFilename("csv,*.csv")
  If VarType(f) = vbBoolean Then Exit Sub
  '作業ファイル名設定
  WRK = Application.DefaultFilePath & "\temporary.csv"
  '読込みファイルOpen
  n = FreeFile
  Open f For Input As #n
  buf = StrConv(InputB(LOF(n),...続きを読む

Q復元ソフトのふと感じた疑問 -ファイル名を削除したい-

先日、復元ソフトを使用していたときに感じたことなのですが
(使用ソフトは「復元」です。)
ファイルを復元する際の手順で削除したファイルが検索できますよね。
このファイル検索の時に、HITしないようにファイル名を完全に削除したい場合はどのようにすればいいのでしょうか??

例えば、「●●との秘密旅行001.jpg」のファイルを削除したとします。
その後、復元ソフトで検索をかけるとファイルを復元しなくてもファイル名を見ただけで怪しいファイルとわかってしまいますよね。
復元ソフトの検索で、表示されなくする方法か、別名に変える方法があるのなら教えてください。

Aベストアンサー

95159さんが求めていらっしゃるのは以下の方法ではないでしょうか。

フリーの復元ソフトに「DataRecovery」というものがあります。このフリーソフトには「削除したファイル」の名前を時間をかけず簡単に消去できる機能が付いています。

『DataRecovery』
http://www.vector.co.jp/soft/win95/util/se382922.html

■使い方
起動させる→該当ドライブをクリック→[スキャン]ボタンをクリック→削除したファイルの表示完了→「目的のファイルが見つかりましたか?」と出てきたら[キャンセル]をクリック→名前を消去したいファイルをクリックするか、名前を消去したい複数ファイルを左クリックしながら選択する→[消去]ボタンをクリック→[OK]をクリック

これで、名前を消せます。しかしながら完璧ではなくて、一部消せないこともあります。
(「DataRecovery」を再起動してもう一度ドライブをスキャンすると消せなかったファイルが表示されます)

参考URL:http://www.vector.co.jp/soft/win95/util/se382922.html

95159さんが求めていらっしゃるのは以下の方法ではないでしょうか。

フリーの復元ソフトに「DataRecovery」というものがあります。このフリーソフトには「削除したファイル」の名前を時間をかけず簡単に消去できる機能が付いています。

『DataRecovery』
http://www.vector.co.jp/soft/win95/util/se382922.html

■使い方
起動させる→該当ドライブをクリック→[スキャン]ボタンをクリック→削除したファイルの表示完了→「目的のファイルが見つかりましたか?」と出てきたら[キャンセル]をクリック→名...続きを読む

QCSVファイルで取り込んだ文字が文字化けする

OFFICE2000のACCSESで EXCEL2000に起動を掛けてEXCEL帳票を作成
していましたが、バージョンをOFFICE PRO にして動かすと、CSVまでは
問題なく取り込んでいますが、EXCEL帳票に表示時に文字化けしてしまい
ます。因みにEXCEL2003で起動する分には問題がありません。
EXCEL2002に特別な問題があるのでしょうか?
どなたか解る方がいらっしゃいましたら教えて下さい。

Aベストアンサー

こんばんは。

ちょっとご質問が分かりにくいところがあります。

>バージョンをOFFICE PRO

というのは、Access 2002 のことではないでしょうか?
Office Professional というのは、どのバージョンにも存在します。ソフトウェアの組み合わせのことです。

>EXCEL2002に特別な問題があるのでしょうか?

Excel側のインポートには問題はないというか、それを変更することは可能ですが、しかし、Access側からの出力を変更したほうが早いです。CSV 自体に、大きく大別すれば、JIS (ANSI)と Unicodeという二種類があります。

私が考えるのは、Access の出力の問題です。Access 側のCSV 側で、Unicode や他のコードになっているのではないでしょうか?

Accessのエキスポートの設定で、書式を確認したほうがよいと思います。出力は、日本語で、コードページの部分は、日本語(シフト JIS)にしてあるか確認してください。

それが出来ていないと、文字化けしてしまいます。

こんばんは。

ちょっとご質問が分かりにくいところがあります。

>バージョンをOFFICE PRO

というのは、Access 2002 のことではないでしょうか?
Office Professional というのは、どのバージョンにも存在します。ソフトウェアの組み合わせのことです。

>EXCEL2002に特別な問題があるのでしょうか?

Excel側のインポートには問題はないというか、それを変更することは可能ですが、しかし、Access側からの出力を変更したほうが早いです。CSV 自体に、大きく大別すれば、JIS (ANSI)と Unicodeとい...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報