モーツァルトの曲で、短調で、おすすめのものがあったら教えていただきたいです。
できれば、オーケストラのような大規模な演奏形態の曲がいいです(交響曲第40番みたいな)。
ちなみに、ピアノ、ピアノ協奏曲以外でお願いします。
よろしくお願いいたします!!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

出尽した感がありますが、もう少し。




・フリーメーソンの葬送音楽 ハ短調K.477
オーケストラ曲です。途中コラール(合唱)が入るのと入らないのがあるようです。
こちらは入る分です↓試聴、一番上です。
http://www.amazon.com/Mozart-Messe-en-ut-mineur/ …


・グラスハーモニカ、フルート、オーボエ、ヴィオラ、チェロのためのアダージョとロンド ハ短調K.617
円錐形状に重ねたガラスの束を横倒しにして軸回転させ、その表面をぬれた指でこすって音を出す特殊楽器グラスハーモニカのための曲です。その透きとおった音色とあいまって、モーツァルト最晩年期の心境を髣髴とさせるかもしれません。(好きな曲の一つなんです♪)
http://ja.wikipedia.org/wiki/アルモニカ
30秒ほど試聴できます。4トラック目↓
http://www.amazon.co.jp/モーツァルト-オーボエ四重奏曲-ホリガー-ハインツ/dp/B000091L32


・自動オルガンのための幻想曲 へ短調K.608
機械仕掛けの自動オルガンのために書かれたやっつけ仕事の一つですが、ついつい興が乗ったと見えて傑作になったらしいです。今では人間のオルガニスト様たちが心をこめて弾いてらっしゃいます。
試聴、5番目です↓
http://www.tsutaya.co.jp/item/music/view_m_20046 …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

グラスハーモニカ、惹かれますね、是非聴いてみたいです。
回答ありがとうございました!!

お礼日時:2009/05/19 21:16

超代表選手は既返答にて、後を追うのは聊か辛いですが、私の解る範囲で短調のお勧めを少しだけ載せてみます。


●ピアノ協奏曲 第20番 ニ短調 K.466 ●ピアノ協奏曲 第24番 ハ短調
を外すとなると、もうなりふり構わず知っている短調の曲を搾り出すしかないと言う思いです。ご希望の曲想とは違うと思いますが徒労と感じつつ紹介して見ます。
 まあ、ひょっとしたら「オヤ!こんなところに聴き覚えのあるフレーズが有った!」なんて発見も有るかも知れませんし・・・・・

●セレナード第12番 ハ短調 KV388(384a)「ナハトムジーク」(試聴)http://www.7andy.jp/cd/detail/-/accd/C0182128
●ピアノ四重奏曲 第1番 ト短調 K.478(試聴)http://www.amazon.co.jp/%E3%83%A2%E3%83%BC%E3%83 …
●弦楽五重奏曲第2番ハ短調 K.406(516b)/●弦楽五重奏曲第4番ト短調 K.516
(試聴)http://www.amazon.co.jp/%E3%83%A2%E3%83%BC%E3%83 …
●弦楽四重奏曲 第13番 ニ短調 K.173(試聴)http://www.amazon.co.jp/%E3%83%A2%E3%83%BC%E3%83 …
●弦楽四重奏曲 第15番 ニ短調 K.421(試聴)http://www.7andy.jp/cd/detail/-/accd/C1031301
●ピアノ・ソナタ 第8番 イ短調 K.310
(試聴)http://www.piano.or.jp/enc/dictionary/composer/m …
●ピアノ・ソナタ 第14番 ハ短調 K.457
(試聴)http://www.piano.or.jp/enc/dictionary/composer/m …
●幻想曲 ハ短調(未完)K.396(試聴)http://www.piano.or.jp/enc/dictionary/composer/m …
●幻想曲 ニ短調(未完)K.397(試聴)http://www.piano.or.jp/enc/dictionary/composer/m …
●幻想曲 ハ短調 K.475(試聴) http://www.piano.or.jp/enc/dictionary/composer/m …
●ロンド イ短調 K.511 (試聴)http://www.piano.or.jp/enc/dictionary/composer/m …
●アダージョ ロ短調 K.540
(試聴)
http://www.piano.or.jp/enc/dictionary/composer/m …
http://www.voiceblog.jp/andotowa/819205.html
●2台のピアノのためのフーガ ハ短調 K.426 (試聴・動画)http://www.piano.or.jp/enc/dictionary/composer/m …
●ピアノとヴァイオリンのためのソナタ 第28番 ホ短調 K.304 (300c)
(試聴)http://www.amazon.co.jp/%E3%83%A2%E3%83%BC%E3%83 …

 何時の日にか思い出し、気が向いたら聴いて上げて下さい。
 最後に再び蛇足ですが、●交響曲 第25番 ト短調 K.183 は、映画「アマデウス」に挿入曲として使われた事から知られる様になったと感じています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます!!ただ、私、質問欄にも書いてあるように、ピアノ曲って聴かないんですよ、小さい頃からずっとピアノやってて、自分も弾くんで、CDとかで人の演奏を2回以上聴くと、なんか頭に残っちゃって、影響されるというかで!!
弦楽四,五重奏、聴いてみたいですね!!
回答ありがとうございました!!

お礼日時:2009/05/15 11:59

交響曲第40番みたいな、ということでしたら、超有名曲ですが、


なんといっても
●交響曲 第25番 ト短調 K.183
でしょう。
40番と同じ調性で、緊迫感のある冒頭は、映画「アマデウス」で印象的に使われ、
一気に知名度が上がりました。

それから、合唱が入ってもよければ、
●大ミサ曲ハ短調 K.427
●レクイエム ニ短調 K.626
をお奨めします。
前者は1曲目の合唱が入るまでの前奏部分が印象的で、
映画「抵抗」のオープニングでも流れていました。
後者は言わずと知れたモーツァルトの白鳥の歌で、
未完成に終わりましたが、「入祭唱とキリエ」「怒りの日」「涙の日」など、
いずれも短調ですが、美しかったり激しかったり、さまざまです。

知られた曲ばかりなので、既にお聴きでしたらすみません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます!!
レクイエムは死ぬほど好きですね~
他のミサ曲系は、確かに短調あるんですけども、でもやっぱり合唱がないほうがいいんですよね・・
初期?の交響曲ってほとんど聴いたこと無いんですよね、交響曲第25番、早速聴いてみます!!

お礼日時:2009/05/11 20:22

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q長調と短調の見分け方

長調と短調の見分け方を詳しく教えてください。


曲を聞いた感じ…以外でお願いします。

Aベストアンサー

音楽理論を文字で説明すると非常に長くなるのでこんなところで「詳しく」説明しきれるほど簡単な話じゃないってことはまず理解してますか?してないなら何を教えても意味がないんですが。

たとえば、VがシャープしてV#になりVImをImとしたときにV7の和音が存在するかどうかとか、メロディやコード進行の終止がマイナーであるかとか、そういった条件で短調と判断します。
極端に言えば「曲を聞いた感じ」です。冗談抜きで。

まあ、きちんと知りたいならこんなところで人に聞くより自分で調べたほうが確実ですよ。
それか、本当に知りたいのはどんなことなのかもっと具体的に言ってくれば回答するほうも方針が立てやすいんですけどね。

Qピアノを使う交響曲(ピアノ協奏曲は除く)と言えば、何でしょう?

ピアノを使う交響曲(ピアノ協奏曲は除く)と言えば、何でしょう?

(たとえば、レスピーギ作曲「ローマの松」では、ピアノソロの部分と、ピアノが伴奏になっている部分の両方があるのが印象的です。)

曲名と作曲者名をお願いします。

Aベストアンサー

 「交響曲」といいながら、ほとんどピアノ協奏曲であるという、

ヴァンサン・ダンディ作曲「フランスの山人の歌による交響曲」

というのがありますね。

↓参考まで:
http://www.hmv.co.jp/product/detail/3536374

 ピアノがソロとして華々しく出てくる交響曲、というのはあまり思い浮かびませんが、ピアノが打楽器的に、ちょろっと、しかし印象的に出て来るものとして、次のものがあります。

・ショスタコーヴィチ/交響曲第1番:第2楽章で主題提示的に出てきます。

・ショスタコーヴィチ/交響曲第5番:第1楽章の展開部で、ホルンの低音主題を導き出す部分で、低音弦楽器のピチカートとユニゾンで出てきます。


 交響曲ではありませんが、管弦楽曲ではストラヴィンスキーの「ペトルーシュカ」などが、ピアノが印象的ですね。(このジャンルだと、もっといろいろありそうですね)

Q長調と短調の見分け方ってなに?

楽典の勉強をしているのですが、問題に「この曲は何調ですか?」という問題があるのですが、楽譜を見ても長調なのか短調なのかわかりません…。
一体、どこを見て見分けているんでしょうか?

教えてください!!!

Aベストアンサー

まずは調号の数を数えます。
例えば♭が一つなら、ヘ長調か二短調ということがわかります。

そして次は、その曲の最後が何の音で終わっているかを考えます。
ファで終わっていればヘ長調、レで終わっていれば二短調でほぼ確定です。
違った場合、ファとレのどちらが多いかをだいたいでいいので数えましょう。
ファが多ければヘ長調、レが多ければ二短調でほぼ間違いないでしょう。

…平たく考えれば多分これでいいと思います。

Qモーツァルト 交響曲大29番 ト短調 k.183

交響曲大29番が聴きたくて「コープマン指揮 アムステルダム・バロック管弦楽団」のものを買ったのですが、なんかモノ足りません。
http://www.amazon.co.jp/%E3%83%A2%E3%83%BC%E3%83%84%E3%82%A1%E3%83%AB%E3%83%88-%E4%BA%A4%E9%9F%BF%E6%9B%B2%E7%AC%AC25%E7%95%AA%E3%80%81%E7%AC%AC29%E7%95%AA-%E7%AC%AC33%E7%95%AA-%E3%82%A2%E3%83%A0%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%AB%E3%83%80%E3%83%A0%E3%83%BB%E3%83%90%E3%83%AD%E3%83%83%E3%82%AF%E7%AE%A1%E5%BC%A6%E6%A5%BD%E5%9B%A3/dp/B00005HICW/ref=sr_1_9?ie=UTF8&s=music&qid=1241576097&sr=1-9

帯に「オリジナルの楽器による演奏」とあるのですが、モーツァルトが生きてた当時の編成ということなのでしょうか?

またもっと仰々しい盤があったら教えてください。 
お願いします。

交響曲大29番が聴きたくて「コープマン指揮 アムステルダム・バロック管弦楽団」のものを買ったのですが、なんかモノ足りません。
http://www.amazon.co.jp/%E3%83%A2%E3%83%BC%E3%83%84%E3%82%A1%E3%83%AB%E3%83%88-%E4%BA%A4%E9%9F%BF%E6%9B%B2%E7%AC%AC25%E7%95%AA%E3%80%81%E7%AC%AC29%E7%95%AA-%E7%AC%AC33%E7%95%AA-%E3%82%A2%E3%83%A0%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%AB%E3%83%80%E3%83%A0%E3%83%BB%E3%83%90%E3%83%AD%E3%83%83%E3%82%AF%E7%AE%A1%E5%BC%A6%E6%A5%BD%E5%9B%A3/dp/B00005HICW/ref=sr_1_9?ie=UTF...続きを読む

Aベストアンサー

モダンオーケストラの音に慣れている方なら、オリジナル楽器のオケの演奏は初めは物足りなく感じるんじゃないでしょうか。オリジナル楽器はモダン楽器よりも音量が小さいですし、調律さえ現在と異なっています。演奏方法もモダンオケとは違います(つまり楽譜の読み方が違います)。しかし、オリジナル楽器の演奏が耳に馴染んでくると、断然オリジナル楽器の演奏の方が好きになってくるのではないでしょうか。

イメージを例えるなら、モダン楽器はワープロ打ちの文章、オリジナル楽器は手書きの文章という感じでしょうか。

オリジナル楽器ですが、よく似た言葉に古楽器というのもあります。
古楽器というのは、昔(ルネッサンスやバロックの時代)に使用されていた楽器で、「ルネッサンスリュート」「バロックヴァイオリン」のように「バロック~」という名(時代名をつけて)で呼ばれることが多いです。また、チェンバロやリュートのように、モダンオケでは用いられていない楽器もあります。

一方オリジナル楽器は、その曲が作曲された当時に使われていた楽器です。モーツアルトの時代だと、「バロック~」とモダン楽器の中間のような楽器、あるいはその中間の楽器と「バロック~」が混在したような形態だったと推測されます。金管楽器にはピストンがなく、弦楽器では、すべてガット弦を使用しますので、音の感じはモダンオケとはずいぶん違います。

モダンオーケストラの音に慣れている方なら、オリジナル楽器のオケの演奏は初めは物足りなく感じるんじゃないでしょうか。オリジナル楽器はモダン楽器よりも音量が小さいですし、調律さえ現在と異なっています。演奏方法もモダンオケとは違います(つまり楽譜の読み方が違います)。しかし、オリジナル楽器の演奏が耳に馴染んでくると、断然オリジナル楽器の演奏の方が好きになってくるのではないでしょうか。

イメージを例えるなら、モダン楽器はワープロ打ちの文章、オリジナル楽器は手書きの文章という感じ...続きを読む

Q長調、短調、その他の調子の見分け方。

一般の音楽理論に関する質問です。投稿カテゴリーが分からないので、ここに送ります。別にクラシックとは限りません。、

質問を簡単に記述するため、五線紙に書かれた楽譜を考えます。調号(シャープ♯やフラット♭)は付いていないとします。
普通はハ長調あるいはイ短調と考えるでしょう。そして曲の終わりの音がハ/Cであればハ長調、イ/Aであればイ短調と判断します。
しかし、いわゆる調子/音階/旋法は他にも沢山あります。日本音楽の陽音階、陰音階など、あるいは西洋の教会旋法(多種ありますね。)など当てはまりそうな調子/音階/旋法は数えきれません。移調をして、高さを調整すれば、調号の付いていない楽譜に書くことが出来ます。
この曲が、ハ長調だ、陽音階だ、いや教会旋法の第三(ヒポリディア旋法)だとどうすれば分かるのでしょう。最後の音だけで決めるというのはいかにも、幼稚ですね。多分音楽を聴いたときの感じが大切なのだとは思いますが。

Aベストアンサー

長・短音階に耳が慣れている私が教会旋法を判定するときは、流れを耳で追いながら
「長・短音階では調号がつくはずのない部分についている臨時記号」「臨時記号がつくはずなのについていないところ」を抜きだします。
その上で長・短音階と比べながら、どれにあてはまるのかさがして見つけています。

> どれが主音かをどのようにして特定するのでしょう

○ クラシック音楽の主音
西洋音楽は和声進行を伴うことを前提に作られているので、旋律の動きだけではわからない場合は
そこに和声の進行をあてはめることでどれが主和音かがわかります。そこから主音を導きだします。これには和声の知識がいりますが・・・

○ 教会旋法の主音(終止音、finalis とも呼びます)

多くのばあい教会旋法の旋律は主音から始まり、主音で集結します。例外もありますがこれも一応の目安にはなりそうです。
そうでないときや正確に判定するためには、旋律の動きのなかで各音が果たしている機能、出てくる頻度など分析した上で判断することになります。

○民族音楽の音階(主音という概念がない場合もある)
インドや中国のように理論にもとづいた音楽ならば、曲の中での音の用法から音階の始まりの音を決めます。
また、世界中の民族の音階はすでに整理されているので、それらと比較することでどの音階にあてはまるかが特定できることと思います。
民族音楽を採譜して研究する民族音楽学や比較音楽学の分野には、何か音階を抽出する方法論がある筈だと思うのですが、
ちょっとそこまではわからないです・・。


> 音進行上のルールとは

西洋音楽の旋律の中でどのように音を動かすかは、作曲理論の中の旋律作法や、和声学の中での音の動かし方のきまりがあって、
基本的には作曲家はそれに沿って曲をつくっているわけなんですね。ですので、その使われたきまりから逆に調をたどっていく、ということです。


>ルールが解説されている本をご存じですか。

楽典の中には「調判定」という項目があります。(受験のときこういうのをさんざんやったものです)
作曲家が書いた詳しい楽典の教科書や問題集には、メロディーの音を分析して調を見分けるための簡単なやりかたが
譜面を例に挙げながら解説されていると思います。
調判定の説明を文章だけで書くとわかりにくくなってしまうので、図書館や音楽書のコーナーで実際にご覧になってみてください。

余談ですが、音楽知覚認知学の視点から調判定について扱った論文もあるみたいです。

http://www.sug.i.ryukoku.ac.jp/miura/pdf_dom/DOM2004-05-JSMPCs-Key.pdf

長・短音階に耳が慣れている私が教会旋法を判定するときは、流れを耳で追いながら
「長・短音階では調号がつくはずのない部分についている臨時記号」「臨時記号がつくはずなのについていないところ」を抜きだします。
その上で長・短音階と比べながら、どれにあてはまるのかさがして見つけています。

> どれが主音かをどのようにして特定するのでしょう

○ クラシック音楽の主音
西洋音楽は和声進行を伴うことを前提に作られているので、旋律の動きだけではわからない場合は
そこに和声の進行をあてはめ...続きを読む

Qピアノ協奏曲第1番ホ短調作品11より第1楽章

ショパンの「ピアノ協奏曲第1番ホ短調作品11より第1楽章」のMIDIを探しています。

サイトをご存知の方いませんか?
お願いします。

Aベストアンサー

完成度などはどうかわかりませんが、
Chopin MIDI
http://www5b.biglobe.ne.jp/~hasekou/midi.htm
ここにありました。ご参考にしてください。

Q楽器の素材(木材)の見分け方を教えて下さい。

楽器の素材(木材)の見分け方を教えて下さい。

ハワイアンコアとマホガニーの見分け方を教えて下さい。
模様を覚えてみて見分けようと考えましたが。
かなり際どいラインで見分けがつかなかったりするんです。

何か決定的な見分け方はありませんか?
教えて下さい。

Aベストアンサー

 いわれて見ると確かに似てますね、コアとマホは。

>何か決定的な見分け方はありませんか?

 ワタシの場合、ですが通常下記3点で見分けています。

1.色
 コア材は明るい色だと褐色になりますが(これがいわゆる『コア・カラー』)、マホガニは明るいと赤が強い茶色になります。
 また、コア材の芯材だと暗褐色になり、あまり明るくない色のマホガニと一瞬見分けが付かなくなりますが、フツー楽器には芯材の部分を使わないので、区別出来なくて困った事はありません。

2.木目など
 マホガニは明確な木目を持ちませんが、コア材はかなりハッキリした木目を持ち、年輪もよく見えます。
 殆どの場合、この木目を見てコア材かどうかの判断をしています。

3.重さ
 マホガニが楽器クオリティのモノだとすると、コア材の方が20~30%程度マホガニより重くなります。
 比較できるマホガニの板があるなら、重量を比べると結構カンタンに判るかもしれませんし、そもそも重量と板材の体積が判れば比重が算出出来るので、軽いマホガニと混同する事は無いでしょう。(楽器の使用に耐えるクオリティのマホガニの比重は0.53~0.6、対するコア材は0.8~0.83ほど。)

 いわれて見ると確かに似てますね、コアとマホは。

>何か決定的な見分け方はありませんか?

 ワタシの場合、ですが通常下記3点で見分けています。

1.色
 コア材は明るい色だと褐色になりますが(これがいわゆる『コア・カラー』)、マホガニは明るいと赤が強い茶色になります。
 また、コア材の芯材だと暗褐色になり、あまり明るくない色のマホガニと一瞬見分けが付かなくなりますが、フツー楽器には芯材の部分を使わないので、区別出来なくて困った事はありません。

2.木目など
 マホガニは明確な...続きを読む

Qモーツァルト:ピアノ協奏曲第27番変ロ長調 K.595

CD版を購入予定です。
お薦め版がおありでしたら ご紹介を!

Aベストアンサー

古いところでは、
グルダ(P)アバド/ウイーン G[S]UCCG3329
ハスキル(P)フィリッチャイ/バイエルンG[M]UCCG3428
私の好みは音源が新しい
ブレンデル(P)マッケラス/スコットランド
Ph[D]UCCP1034(2000)

Q酸 塩基の見分け方を教えてください

酸 塩基の見分け方がよくわかりません
見分け方を教えてください<(_ _)>

Aベストアンサー

ご質問の「見分け方」というのが、どのようなものか具体的にわかりませんが、想定して書きます。


まず、薬品で酸か塩基か分類する方法
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%85%B8%E3%81%A8%E5%A1%A9%E5%9F%BA
上のリンクの最初の方に、「酸塩基反応の際に授受できる水素イオンの数をその酸・塩基の価数と呼ぶ。酸・塩基の強さを測る指標としては、規定度・水素イオン指数(pH) ・酸解離定数 (pKa) ・酸度関数 (H0) などが使用される。」とあります。
ここにある水素イオン指数は、次のリンクです。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B0%B4%E7%B4%A0%E3%82%A4%E3%82%AA%E3%83%B3%E6%8C%87%E6%95%B0
いわゆるPHを測ればいいのです。リトマス紙が簡単だと思います。


「○○」という物質が酸か塩基か見分ける方法
ひたすら、それぞれに該当する物質名を暗記するしかありません。
ただ、暗記のときに法則をつかめば、暗記しやすくなります。
最初に貼っているリンクの下の方に次の記述があります。
「代表的な酸・塩基
   酸 強酸 - 塩酸・硝酸・過塩素酸・硫酸
     弱酸 - 酢酸・ギ酸・炭酸・(リン酸)

   塩基 強塩基 - 水酸化ナトリウム・水酸化カルシウム・水酸化バリウム
     弱塩基 - アンモニア」
酸は「○○酸」と最後に酸がついています。

ご質問の「見分け方」というのが、どのようなものか具体的にわかりませんが、想定して書きます。


まず、薬品で酸か塩基か分類する方法
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%85%B8%E3%81%A8%E5%A1%A9%E5%9F%BA
上のリンクの最初の方に、「酸塩基反応の際に授受できる水素イオンの数をその酸・塩基の価数と呼ぶ。酸・塩基の強さを測る指標としては、規定度・水素イオン指数(pH) ・酸解離定数 (pKa) ・酸度関数 (H0) などが使用される。」とあります。
ここにある水素イオン指数は、次のリンクです。
http://ja.wikip...続きを読む

Qお薦めのモーツァルトのピアノ協奏曲全集のCDを…

教えてください。
HMVで検索すると、ブレンデル、アシュケナージ、バレンボイム…(順不同)他、
沢山の全集が出てきます。

ちなみに、ゲザ・アンダの物は持っているのですが、なんかピンと来ません。
みなさんのお薦めや、聴き分けた比較などを教えてください。
テンポや録音の良さなども教えていただけると助かります。
(個人的な意見・好き嫌いも大歓迎です)

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

中正の美と言う点で、

第一候補>マレイ・ペライア

第二候補>アンドラーシュ・シフ

第三候補>クララ・ハスキル

有機的で、人間的な、優しい演奏

ルドルフ・ゼルキン

無機的だが、不思議と、何度も、聞きたくなる演奏

ロベール・カサドシュ

ペライアさんは、当初、技巧派で、有名だったのですが、
ゼルキンさんと、出会ってから、技巧+有機的な、表現が、
融合して、演奏に、深みが増したと、言われています。
オーケストラの、バランスも、丁度いいです。

シフさんは、なんと言っても、軽やかさでしょう。オーケストラは、
上に、追従します。

クララさんは、オーケストラを、指揮をする、パウル・ザッヒャー
さんの、センスが、抜群です。もちろん、クララさんの、明るくて、
聡明な感じも、伝わって来ます。

ゼルキンさんと、ジョージセルさんの指揮は、水を得た、魚のようで、
セルさんの、淡々とした(冷静で、深みのある)表現が、ゼルキンさん
の、演奏を、一層際立たせています。
(特に、セルさんの、第20番の、指揮は、個人的にベストです。)

カサドシュ>これも、セルさんとの、競演に、なりますが。音の、粒立ち
が良く(音質の、事ではありません)、明るくて、本当に、何度も、
聴きたくなります。

クララ、ゼルキン、カサドシュさんの、全集が、CD化されているか、
分かりませんが、単売の、物を集めなければ、ならないかも、
しれません。

音質は、多分、ペライア、シフさん、以外は、期待、出来ないと思います。
(クララさんは、フィリップスの、デジタル技術で、音質改良版が、
出たはずですが。(なにぶん、古い記憶なので)

内田光子さんは、演奏が、なよなよして、あまり、好きではありません。
(下の、回答者さん、御免なさい)

ブレンデルさんは、ラジオで(それも、かなり古い記憶)一、二回しか、
聞いたことが、ないので、自分に、とって、特に、嫌いな、演奏では
無かったと、思っています。(少々、ドライだった様な?)
(すみません、自身がありません)(太く、スタンダードな、感じ?)
(音質は、期待、出来ないかも)

アシュケナージさんは、ロシア物、専門(個人的な、ベスト)と、
言う事で。

バレンボイムさんは、難しいですね。古典と近代の表現の、両方
身に着けていて、フランス近代物(主に、管弦楽)(個人的に、ベスト)
が、得意で、古典は、オットー、クレンペラー(指揮者)、に、みっちり
仕込まれたので、それが、うまく調和した時には、至福を、感じる
演奏が、期待できるのですが、(全集の中にも、際立った演奏が
在ります)全体として、完成度が、高いかと、問われれば、首を
傾げます(偉そうですね(笑い)尊敬してますから)。

中正の美と言う点で、

第一候補>マレイ・ペライア

第二候補>アンドラーシュ・シフ

第三候補>クララ・ハスキル

有機的で、人間的な、優しい演奏

ルドルフ・ゼルキン

無機的だが、不思議と、何度も、聞きたくなる演奏

ロベール・カサドシュ

ペライアさんは、当初、技巧派で、有名だったのですが、
ゼルキンさんと、出会ってから、技巧+有機的な、表現が、
融合して、演奏に、深みが増したと、言われています。
オーケストラの、バランスも、丁度いいです。

シフさんは、なんと言っても、軽やかさでしょ...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報