ついに夏本番!さぁ、家族でキャンプに行くぞ! >>

大変お恥ずかしい話ですが、今、債務整理をしなければならない状況になっています。

保険の外交員をしているのですが、収入が毎月不安定なこともあり、経費や生活費のために
借り入れをして生活費にあてていたのですが、利息がふくらんでしまって
借りては返すの繰り返しで270万くらいになってしまいました。
母と子供2人の母子家庭なのですが、先日、弁護士の先生に相談に伺ったところ
収入が少額すぎて個人再生はできないから自己破産をするように勧められました。
申し立てをする段階で仕事を辞めなくてはならず悩んでいます。

年収は250万、母子手当てが年間45万くらい、アルバイトが月3万くらいです。
ただ、経費計上している分を差し引くと、所得は120万くらいです。

仕事とアルバイトでの月収は15万くらいですが、ボーナスなどは含めてもらえないようで・・・
自己破産しか方法はないのでしょうか。

申し訳ありませんが、アドバイスいただける方がいらっしゃったらよろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

私、おだてに弱いので再度書き込みさせていただきます。



子どもの事情を優先されたとのこと、良い選択だったと思います。
二人とも、とてもよい子に育っていますね。
ありがとうございます、日本国民としてお礼を言います。

負債額270万円ですか。
『借りては返すの繰り返し』とのことですから、
借入先は消費者金融、銀行などでしょうか。

お子様のご協力を得られるのなら、債務整理せず、
切り抜けられる可能性が有るかも知れません。

上のお子様が現在高校生か大学生、
下のお子様が来年度から高校生か大学生になる、ということですよね。

高校生以上のお子様の奨学金貸付制度をご利用されたらいかがですか?。
これは月々の借用で、卒業後から返済義務が生じますが、
大学に進学する場合など、まっとうな理由が有れば猶予して貰えるはず。
何よりも返済期間が長く、無利子なのが良いですね。

現在は地方自治体に移管されているのでお住まいの自治体の制度を調べてみて下さい。
多分、明日学校に申し出れば、ぎりぎり間に合う筈!。

http://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/career/05010 …

http://www.shigaku-tokyo.or.jp/pa_a03.html#002

自治体によっては、入学時の支度金、修学旅行の費用なども
貸付している場合が有りますので調べてみて下さい。

この借金はご質問者様を連帯保証人とし、お子様に対して貸付を行うものです。
返済義務は、法律的にはお子様に生じますが、家庭での話し合いで決めれば良いです。

既にご存知かと思いますが、念のため就学奨励事業も紹介しておきます。
国からと、自治体からと、両方適用されるようです。

http://www.kyoiku.metro.tokyo.jp/pickup/p_gakko/ …

東京都教育委員会の
『都立高等学校及び中等教育学校(後期課程)の授業料・入学料について』
も貼っておきます。入学金、授業料の減免制度について、書かれています。

http://www.kyoiku.metro.tokyo.jp/pickup/p_gakko/ …

自治体ごとの貸付制度はお調べになりましたか?。

http://www-bm.mhlw.go.jp/seisaku/28.html

このうち、修学に関する費用は無利子なのが魅力です。

http://www-bm.mhlw.go.jp/seisaku/28a.html

上記は厚生労働省のサイトなので最低基準と考えていただき、
お住まいの自治体で調べていただいた方が良いです。
例えば東京都ですと下記ですが、返済期間が長く設定されており、若干内容が良いです。

http://www.shouhiseikatu.metro.tokyo.jp/mokuteki …

お仕事柄、ご自身やお子様に生命保険を掛けていたりしませんか?。
貯蓄性の高い商品なら、これを担保に借入すれば低金利ですし、
お仕事先での借入は無理ですか?。

既に上記全て手を打たれた後だとしたら、下記裁判所のサイトをご参照下さい。

http://www.courts.go.jp/sendai/saiban/tetuzuki/k …

個人再生を選択された方のブログです。

http://okane.pura-vida.name/01/archives/date/200 …

既にご存知でしょうが、個人再生手続きに関してもお金が必要なようです。
弁護士相談は受けたようですが、
弁護士さんにも得意不得意分野が有るようですし、
ご質問者様との相性も有りますので、
合わないと思ったら数名の弁護士さんと会った方が良いです。

法テラスを利用すれば費用の立て替えを受けられるでしょうし、
日弁連でもクレサラ相談は初回無料のようですし、
債務整理に強い弁護士と会えるのでは無いでしょうか。

http://www.nichibenren.or.jp/ja/legal_aid/consul …

あと、ほんの参考程度で読み流していただければと思いますが、
私の当時の生活の一部をご紹介させていただきます。

支出の削減として
・ 職場まで15kmの自転車通勤
  (毎日やると通勤費の不法所得になりますので月10日までに抑える)
・ 職場で取るお弁当をお昼はおかずだけ食べ、ご飯をラップに包んで夕食にした。
・ 石けん・歯ブラシはホテルの消耗品を使用。
・ シャンプー・化粧品はサンプルを使用。
  (街に行く用事の有る時に集めたりして・・・あはははは)
・ ティッシュは月々の借金返済時に頂戴したものを利用。

収入増についてはご想像にお任せします。
家でできること、外でやること、かなりのことをやりました。

疲れている時にはスーパーやコンビニのお総菜も利用しましたよ。
節約時でも、掛ける費用以上に効果が有る場合は利用した方が良いです。

例えば2人分のお弁当を作るのに材料費、光熱代が500円掛かるとしますね。
コンビニ弁当だと400円×2=800円。その差額は300円。
30分早起きしなければならないとしたら、
30分間を夜の副業に回せて400円以上を稼げるならコンビニ弁当を選択します。

TVの1万円生活は短期集中型だから頑張れるけど、
3年間の長期スパンだと体力温存を選択した方が良い場合も有ります。

ご質問者様は、かなり頑張りやさんのように見えますが、
精神面も含め、病気にならない程度で頑張ってくださいね。
    • good
    • 0

No.1様の回答に補足説明させていただきます。



個人再生法の場合、矛盾した話ではありますが、
経費や生活費のための借金は理由として通りにくい実情もあるようです。

ご質問者様の慎ましやかな生活を現状の生活のままでは
維持できないことが明白なのですから「再生できない」と判断されるのです。

ましてや債務整理すると、保険の外交の仕事はできなくなりますよね?。
今後の生活基盤はいかがされるご計画ですか?。
アルバイトでは、定期的な収入は見込めませんよね?。

逆に、自己破産で免責を受けるためには非常に通りやすい状況のため、
いっそ自己破産して免責を受けることを弁護士は推奨しているんですね。

ご質問者様、母子家庭ですよね。
万が一ですよ、ご質問者様が健康を害したらどうなります?。
それ以前に、アルバイトしなくても良くなればお子様と一緒の時間が増えますよね?。

自己破産ではいけない理由は何ですか?。

自分の健康と、お子様の成長を第一優先にお考えになれば良いように思いますけど。

申し遅れましたが私、42歳×1中1に子1です。
10年くらい前にトラブルに巻き込まれて800万円の負債を抱え、
2年間で完済した経験が有ります。
そりゃしんどかったですよ。2年間、子供の寝顔しか見たことありませんもん。

頑張ってくださいね。
少しでも早く穏やかに過ごせる日が訪れるようにお祈りしております。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アドバイスありがとうございました。

凄いですね、2年間で800万円を完済されたなんて!!
何だかとても自分が情けなくなりました。
子供が少し精神的に不安定になってしまって、仕事をもっと増やしたかったのですが
子供の状況が落ち着くまでは夜は仕事をしないでいました。
おかげさまでこのところ安定してきたのですが、その分負債が増えてしまったのが現状です。
でもshu-hikaruさんに比べたら甘えていたのかなと反省しました。

弁護士から債務整理をすると支払いは4万円くらいになるだろうけどと言われましたが
支払えそうで支払えないギリギリの金額で躊躇してしまっていました。

shu-hikaruさんは、どのようなお仕事をされているのでしょう?
昼も夜も無く、一生懸命頑張っておられたんですね。頭が下がります。
自己破産でいけない理由・・・仕事というよりも、やはり少しでもちゃんと返済したい気持ちです。
私はまだ努力が足りないなと感じました。せめて引き直して4万円くらいになるのなら
頑張ってみたいと思うようになりました。

子供にも苦労をかけると思いますが、自己破産は最後の手段として必死で働いてみたいと思います。

ご相談させていただいた内容と結論が逆になってしまったでしょうし、
shu-hikaruさんとは比べられないくらい生活能力もない状況だとは思いますが
3年間必死で子供たちと頑張りたいと思います。

ちなみに、子供は来年から就職の子とバイトができるようになる子です。
頼りない母で子供には申し訳ないですが、子供たちとも協力して私がもっと働くように頑張りたいと思います。

大変勇気をいただいてありがとうございました。
また、お心遣いいただいた言葉もありがとうございました。

shu-hikaruさんもお体を大切になさってくださいね。

お礼日時:2009/05/11 23:25

自己破産以外の債務整理の場合(任意整理、特定調停、民事再生:個人民事再生含む)


元本、減額になった元本を、一定期間(3年、~5年)の間に返済する必要があります
その場合、毎月生活に必要な金額+返済に充てられる金額が安定的に入ってくる状態にないと(毎月安定した収入がないと)返済が出来ない事になりますから、有る程度の収入が確保されていないと、上記の債務整理は出来ない事になります
>弁護士の先生に相談に伺ったところ
 収入が少額すぎて個人再生はできないから自己破産をするように勧められました
 ・現在の毎月の収入から、返済をして生活していけますか、無理でしょう
 ・それなら、いっそのこと自己破産して、債務を0にした方が良いですよ
 の意味のなります
>個人再生法ができるのは月収いくらくらい必要でしょうか?
 ・県にもよりますが、月の収入が15万~20万が生活に必要な金額になっていますから、その金額+αが必要になります
    • good
    • 0
この回答へのお礼

とても詳しいアドバイスをありがとうございました。

弁護士から任意整理か自己破産と言われたのですが、そのときに債務整理をしたら
多分4万円は支払うことになると言われました。
その時はその4万円がとても不安な金額に感じていまして、自己破産して債務を無くすことしか
私には方法がないかなと思っていました。
アルバイトをもう一つすることができれば、ギリギリですが返済することができるかもしれません。

自己破産をして楽になりたい気持ちはとてもありますが、一方で少しでも返済したい気持ちもあります。

個人再生は、私には難しいことはよく理解できました。詳しく教えていただいてありがとうございました。

子供が来年から2人とも何かしらで収入を得ることができる歳になるので
就職する子が、少しは力になれると思うから頑張ってみたら?と言ってくれて
アルバイトを早急に探すことをして、引き直しでもやっていけるかどうか
弁護士に再度相談してみようと思うようになりました。
とはいっても、自己破産しかできないという弁護士の見解になってしまうかもしれませんが
自分のしたことに少しでも責任を果たせるように努力できる方向で弁護士と相談してみます。
それでも難しいようなら、自分の裁量なのだと諦めて自己破産を選択しようと思います。

coco1701さんの詳しいアドバイス、大変勉強になりました。
本当にありがとうございました。

お礼日時:2009/05/11 23:55

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q弁護士の受任通知

妻と別居している者で妻側の弁護士より受任通知を受け取ったのですが
(内容は http://oshiete1.goo.ne.jp/qa5768210.html )この場合、私名義の携帯を妻と長女は持っていますが離婚問題以外の問題(例えば妻が代表者の自営なのですが商売上の問題等)でも直接メール等で連絡する事はいけないのでしょうか?
又、弁護士の受任通知を無視した場合は法律的に問題となるのでしょうか?

仕事上の細かい問題を弁護士を通じて伝える事は不可能なので困っています。

又、夫婦間の問題以外ならば長女の携帯に連絡は良いのでしょうか?
(受任通知には長女に連絡する事については一切書かれていません)

Aベストアンサー

弁護士に依頼した側ですが、紛争問題外のことで相手側と連絡を取ったり、面会したことがあります。

仕事上のことなどでしょうがなかったからですね。

奥様から返事がくるかどうかはわかりませんが、ご長女様の携帯に連絡をしてもいいと思いますよ。

法律的に問題となる場合は、たとえば、調停調書、裁判所の和解調書、判決に書かれていたことを破ったときに、訴えられる可能性がありますが、これらにしても抜け道があったりしますので。

Q債務整理 個人再生 車ローン 残債有り?

只今、個人再生に関して調べています。

マイホームを残して、個人再生しようかと思っています。
自営業を営んでいるので営業車(軽商用車)を所有していますが、
ローンが残っています。そこで質問なんですが、

半年ほど前に、50万円を36回払いでローンを組みました。

中古車の為、車検書の使用者も所有者も自分名義です。

この場合、査定額が20万円以下でもローン会社に引き上げられてしまうのでしょうか?

スズキ エブリイ ジョインターボ MT5  
平成21年式 走行距離108000km 外観多数の傷有りの車ですので
査定評価額は20万円前後と微妙な金額だと思います。

もし今の時点で、他人の名義にすれば引き上げられずに済むでしょうか?

債務整理の中にこのローンを除外することはできますか?

その他にも、車を手放さずに済む方法があれば教えてください。

車が無くなると仕事が出来なくなるので困っています、宜しくお願いします。

Aベストアンサー

>査定額が20万円以下でもローン会社に引き上げられてしまうのでしょうか?

個人再生といっても、借金をゼロにする制度ではありません。
債権者と相談して、借金を「返済可能な額まで減額」する事です。
全ての債権者の同意が、必要ですがね。
ですから、商売上必要な物は没収はしません。
没収すれば、債務者の収入の糧を失いますよね。収入が無くなれば、返済を受ける事が出来なくなります。

>もし今の時点で、他人の名義にすれば引き上げられずに済むでしょうか?

しない方が、無難ですね。
意図的な悪質な「財産隠し」となります。
債権者の心象を、悪くします。
債権者側も、質問者さまを破産訴訟を裁判所に起こす事も出来るのです。
債権を減額するよりも、質問者さま名義の財産(住宅・預貯金など)を処分した方が回収額が多いのですからね。

>債務整理の中にこのローンを除外することはできますか?

債務を別ける事は、出来ません。

>車を手放さずに済む方法があれば教えてください。

先に書いた通り、車が無いと収入の糧が無くなる事実を債権者に伝えて下さい。
そうすれば、手放す必要は無くなります。

>査定額が20万円以下でもローン会社に引き上げられてしまうのでしょうか?

個人再生といっても、借金をゼロにする制度ではありません。
債権者と相談して、借金を「返済可能な額まで減額」する事です。
全ての債権者の同意が、必要ですがね。
ですから、商売上必要な物は没収はしません。
没収すれば、債務者の収入の糧を失いますよね。収入が無くなれば、返済を受ける事が出来なくなります。

>もし今の時点で、他人の名義にすれば引き上げられずに済むでしょうか?

しない方が、無難ですね。
意図的な悪質...続きを読む

Q個人再生が終わったのですが、債務放棄をしたはずの親戚は後から借金の返済は求められますか

個人再生の申し立てが認められ、返済も終わったところで本人が急逝しました。
書類を整理したところ、債務放棄をしてもらったはずの親戚の(そうしてもらわないと債務が大きすぎて個人再生ができませんでした。お願いして了承してもらったと聞いていたのですが・・)放棄をするという書類はありませんでした。
借用書はきちんとしたものが残っていました。
この場合、親戚は借金の返済を遺族に求めることはできますか。
また、遺族は返済義務はありますか。
個人再生は終わっているのですが、
親戚が債務を放棄していないということがあると、白紙に戻って遺族に元の返済額ですべての返済が求められるということはありますか。

どうかお教え下さい。
よろしくお願い申し上げます。

Aベストアンサー

今から親戚に確認しても揉め事になりそうですから
相続財産がないのでしたら相続放棄しておけば良いと考えます
多少なりともあるのでしたら限定承認という手もあります
相続放棄は家庭裁判所で相続発生から3月以内に申請することが原則です

Q5年くらい前、債務整理(任意整理)して今は支払いも終わりましたました。

5年くらい前、債務整理(任意整理)して今は支払いも終わりましたました。が、会社の福利厚生費の貸付はブラックな私でも出来るのでしょうか?

Aベストアンサー

会社の貸付金制度は、金融機関とは一切関係が無いので、
貸付金制度の要件を満たしていれば借りることが出来ます。

Q個人再生で行き詰まっています。どなたか助けて下さい。

「住宅ローン特則付小規模個人再生」を前提に複数の弁護士・司法書士に相談し、申立を行えば何とかなりそうと思った矢先(まだ委任手続は行っていません)、5年程前に身内の事業資金の保証人になっていたことに気付きました。保証人になっている額を除けば、借入総額800万×20%=160万となり、なんとか払っていける計画になるハズが・・。保証人の分まで自分の債務に入るなんて。保証している額は約3000万あり、計3800万×10%=380万では返済計画がかなり厳しくなると同時に、身内には内密に行えると考えていた中で、当該保証債務が再生計画に入ることで、主債務者である身内の知るところとなり、しかも保証人たる私が個人再生となれば、3000万の債権者からは保証人追加・変更等を要求され、身内中で新たな保証人探しに奔走し。。今後、身内に顔を合わせることができません。色々考えて頭がパンクしそうです。金融機関と交渉し事前に保証人から外してもらう、他の金融機関に借り替えてもらう等も実現性が無く。やはり、合法的に3000万の保証債務抜きで個人再生を実施することは不可能なのでしょうか?万一、保証債務3000万を申告せずに手続きを進めた場合でも、受任通知に伴う信用情報または、個人再生開始公告以降の官報信用情報により、3000万債権者が保証人たる私の名前を発見し、主債務者たる身内、私、または管轄裁判所に対し通知を行う事で、申立内容への追加債務が発覚、不認可となり個人再生の道が閉ざされ破産。。という道を進むのでしょうか?勝手なお願いで恐縮ですが、どなたかアドバイス下さい。よろしくお願いします。ちなみに3000万の事業資金は国民金融公庫からの借入です。

「住宅ローン特則付小規模個人再生」を前提に複数の弁護士・司法書士に相談し、申立を行えば何とかなりそうと思った矢先(まだ委任手続は行っていません)、5年程前に身内の事業資金の保証人になっていたことに気付きました。保証人になっている額を除けば、借入総額800万×20%=160万となり、なんとか払っていける計画になるハズが・・。保証人の分まで自分の債務に入るなんて。保証している額は約3000万あり、計3800万×10%=380万では返済計画がかなり厳しくなると同時に、身内には内密に行えると考えていた中...続きを読む

Aベストアンサー

 合法的に保証債務の3000万円を申告しないで,個人再生手続きをできる方法はありません。
 もし,やってしまったら,再生計画不認可,認可後なら,再生計画取り消しになる可能性が非常に高いです。というか,開始決定さえも出ないかもしれません。
 しかも,その後破産になったとしても,免責不許可の可能性まで出てきます。
 「正常債権なら話は別」と,回答している方もいるようですが,連帯保証債務については,主債務者がいくら払っていようが,債権者は全額について再生手続きに参加できます。
 つまり,この債権者を再生手続きに参加させないような(たとえ債権者にとって有利だとしても)工作は,民事再生法のあらゆる場面で禁止されています(開始時,決議時,認可時,認可後)。弁護士に聞いてください。

Q個人で債務整理

主人名義の借金が増えてきて、毎月の返済額も増えてきてしまったので、利息制限法に基づく金利に引き下げてもらおうと思っているのですが、弁護士に頼まずに自分でできると聞きました。詳しい手順などを教えてもらえませんか?

まずは、取引履歴の開示請求をするということを調べて分かったのですが、その後裁判所に出向いたり、そのために何か費用が必要だったりするのでしょうか?

弁護士に無料相談ができる場合、こういうことも教えてもらえるのでしょうか?

Aベストアンサー

>まずは、取引履歴の開示請求をするということを調べて分かったのですが、その後裁判所に出向いたり、そのために何か費用が必要だったりするのでしょうか?

任意整理の場合、費用は…郵便代、FAXと過払い金が発生した場合の裁判費用くらいです。

まずは任意整理の流れですが…
(1)取引履歴を開示
(2)取引履歴が来たら、利息制限法に基づく引きなおし計算をします。ventorなどフリーで落っこちています。
(3)減額した残高、過払い金が算出できたら、FAXや電話なので和解の提案をします。
(4)合意でいたら債務弁済契約を作成

ざっとした流れは以上です。
ただ、上はすんなり行った場合で、実際は取引履歴をなかなか出してこない業者や、途中開示の業者もたくさんおります。破棄しちゃったとか。その場合は通帳の後や振り込み票など証拠を集めて、推定で計算します。利息の計算も簡単なものなら打ち込んでいくだけですが、いっぱい取引・完済暦があるとちょっと違うやり方があります。
また、過払いが発生しても元金までは訴訟外で応じてくれる業者は多いですが、過払い金の利息5%まで要求すると裁判をしないとまず払わないという事もあります。

また、特定調停という手続きもあります。こちらは取引履歴の開示請求をせずとも裁判所に申し立て費用(債権者の数によって違いますが、1万円もあれば大体大丈夫です)を納めて提起して、調停委員が取引履歴を開示し、利息制限法により計算をして調停をしてくれるものです。

>弁護士に無料相談ができる場合、こういうことも教えてもらえるのでしょうか?

「自分で任意整理(過払い請求)するのをサポートします」とHPにうたっていなければ、ほぼ教えてくれないです。弁護士としては自分に依頼してくれる相談者を優先したいので、「やり方だけ教えて」はちょっと無理かと思います。

「自分で 過払い」「自分で 任意整理」と検索すればネット上でも情報は拾えると思いますし、そんな本がいっぱい出ててますから読んでみましょう。

>まずは、取引履歴の開示請求をするということを調べて分かったのですが、その後裁判所に出向いたり、そのために何か費用が必要だったりするのでしょうか?

任意整理の場合、費用は…郵便代、FAXと過払い金が発生した場合の裁判費用くらいです。

まずは任意整理の流れですが…
(1)取引履歴を開示
(2)取引履歴が来たら、利息制限法に基づく引きなおし計算をします。ventorなどフリーで落っこちています。
(3)減額した残高、過払い金が算出できたら、FAXや電話なので和解の提案をします。
(4)合意でいたら...続きを読む

QHSBC香港の口座開設は・・・

HSBC香港の銀行口座開設は日本でも手軽にできるのでしょうか?

よく、現地に行かないと口座開設はできないとか

口座開設に費用がかかるとか

いろんな情報が飛び交ってよく分からないのが現状です。

実際のところどうなのでしょうか?

日本でHSBCの口座開設を完了された方いらっしゃるのでしょうか?

教えていただけますでしょうか?

Aベストアンサー

日本にいながら口座開設できます。開設費用もかかりません。

HSBCのWEBにアクセスして口座開設フォームをe-mailしてもらってください。
記入して必要な書類を郵送すればHSBC香港から確認の電話がかかってきますので職業などを話してください。もちろん英語で質問されコミュニケーションが取れないと口座開設は拒否されますが、質問は簡単な英語だし海外投資をしようとしている人なのですから問題はないと思います。

advanceの口座ですと最低口座残高は200万円くらいです。下回ると月に1200円ほど取られます。

Q債務整理後の個人情報照会先

夫が結婚前に債務整理をして、今年でやっと丸5年が経ちました。
残金は、結婚してすぐ完済しており、完済証明も確認済みです。

今後、家を建てたいという希望があるため、一つの区切りと聞いていた5年目の今月に、カード審査を通してみました。
オリコなので、ものすごく審査が厳しいわけではないと思いますが、カードが発行されました。

現在は5年前とは違い、仕事も生活も安定し、夫自身がお金に対して危機感をしっかり持つようになったので、今後の住宅購入も考えています。

オリコの審査での照会先は、CCBとCICでした。
全銀連に事故情報が登録される事故は起こしていないそうです。
これで、審査が通ったという事は、CCB/CICは綺麗になっていると見ていいのでしょうか?

そのほかに、照会して確認したいのですがどこの機関に照会すればよいのでしょうか?
念のため、CCBとCICもやってみるつもりです。

Aベストアンサー

サラ金のデータは「テラネット」です。浜松町にあります。完済してから5年経過していれば間違いなくデータは消えてます。

クレジットで1件整理してればCICかCCBにデータが残ります。消えていれば住宅ローンは大丈夫でしょう。

銀行で融資を受ける場合、全国銀行協会とCICもしくはCCBで審査をします。(全銀協とCICで審査する銀行が大多数です。ですので、「テラネット」のデータを見ない銀行がほとんどです。

ただし、テラネットのデータを審査で使う銀行もあります。地銀が多いです。(スルガ銀行・東京スター銀行など)

テラネットのデータも郵送で取れます。参考URLをご覧下さい。
そこにも事故暦が載ってなければ、どこの銀行でもローン通りますよ。

Q個人再生のデメリット

先日、従兄弟が住宅ローンの他、750万を銀行や消費者金融から借りていることを知らされました。本人は個人再生するかどうか迷っています。
そこで、個人再生した場合どんなデメリットがあるか教えていただきたいのですが・・・
個人再生した場合、750万の借金が150万になるということでしたが、貸し手側は元金分も返済してもらえないことになり、いやがらせのようなことはしてこないのでしょうか?
給与振込先の銀行からも借り入れてるのですが、その銀行を通じて勤務先にばれることはありませんか?
個人再生を頼んでから決定するまでの間、利息は増えつづけるのですか?
官報に載ることによって勤務先に知られたり、サラ金からDMがたくさん届いたりすることはありますか?
個人再生が認められなかったら、破産になってしまうんですか?

750万の借金が150万に減るなんてむしが良すぎて、なんだか恐いような気がします。なので、個人再生してなにかまずいことが起きないのか、教えてください。

Aベストアンサー

こんばんは。
個人再生の場合のデメリットは。
1・手続き期間が長い。弁護士に依頼して申し立てをして半年近くの手続き期間を要し、その後に原則3年間の返済期間に入ります。
2・原則3年間払い続ける。民事再生では手続きによって債務は減額はされますが、最低100万円を再生計画を基本として返済し続けなければならない。再生計画中にリストラや病気等で収入が減っても決められた計画通りに返済しなければなりません。万が一に計画中に「やむえない事情」による場合は「2年」の延長も認められる場合があります。


個人再生のメリット
住宅ローン以外の債務を手続きによって減額するので無事に返済計画をしていければ住宅を手放すことなく再建できます。ただし、信用情報機関には事故情報(俗に言うブラックリスト)にのります。


・可処分所得とは?
年収から所得税、住民税、会社保険料等の法的控除を差し引いたものから、さらに最低生活費(生活保護基準を参考にして、政令によって定められている金額)を引いた額です。
この可処分所得の2年分が基準金額になります。


・最低弁済基準とは?
住宅ローンを除いた債務が750万円との事でしたので債務額の20%が最低弁済額になります。よって150万と言った金額になったのでしょう。

>給与振込先の銀行からも借り入れてるのですが、その銀行を通じて勤務先にばれることはありませんか?

給与振込先の銀行から借入れがある場合は念のため他の銀行に給与振り込みを変えた方が良いと思います。(口座凍結されるかも)
また基本的には銀行から会社へ給与の差し押さえ等がなければ会社に知られることはないと思います。

>個人再生を頼んでから決定するまでの間、利息は増えつづけるのですか?

個人再生を弁護士に依頼した時点で弁護士が受任通知を各債権者に送りますので利息や督促はストップします。

>官報に載ることによって勤務先に知られたり、サラ金からDMがたくさん届いたりすることはありますか?

官報に載った場合は闇金業者からDMは送られて来ます。が別に無視すれば良いだけの事です。ちなみに私は自己破産で官報に載りましたがDMは数通きただけです。また官報に載っても勤務先が官報を閲覧するような会社でない限り知られることはないでしょう。また勤務先は個人民事再生をしたことを理由に解雇することは禁じられています。

>個人再生が認められなかったら、破産になってしまうんですか?

不認可になった場合は破産手続きになります。そうならない為にも専門家へは実直に相談する事が大切です。

>750万の借金が150万に減るなんてむしが良すぎて、なんだか恐いような気がします。なので、個人再生してなにかまずいことが起きないのか、教えてください。

まず、今現在が「まずいこと」なのではないでしょうか(^_^;)

頑張ってください。m(__)m

こんばんは。
個人再生の場合のデメリットは。
1・手続き期間が長い。弁護士に依頼して申し立てをして半年近くの手続き期間を要し、その後に原則3年間の返済期間に入ります。
2・原則3年間払い続ける。民事再生では手続きによって債務は減額はされますが、最低100万円を再生計画を基本として返済し続けなければならない。再生計画中にリストラや病気等で収入が減っても決められた計画通りに返済しなければなりません。万が一に計画中に「やむえない事情」による場合は「2年」の延長も認められる場合があ...続きを読む

Q個人再生・任意債務整理と生命保険

 http://oshiete1.goo.ne.jp/qa3875943.html
で質問した者です。あの後も一つ質問し、後はもうお聞きする事はないと思ったのですがまた質問したい事が出来ましたのでどうか教えてください。
 まだ弁護士はお願いしていませんが数日後には決まる段階まで来ています。ここで質問しお答えしていただいた方々に色々な方法として自己破産のほかに個人再生法と任意債務整理を教えていただいたわけですが、この二つはカードがブラックになるだけで自己破産よりは減免されるなどのメリットがあるとのことですよね?
 ただ、生命保険に関しては自己破産でなくても個人再生法だろうが任意債務整理だろうが積み立て型は解約させられ支払いに使われ、事が全部終ってさあまた保険に入ろうと思ってもその事実は保険会社の知るところとなり、保険に加入ができなくなる(または出来にくくなるか入れても年齢の事があるから高くなってしまう)事を知人から聞きました。 ただその知人も詳しくは知らないみたいなのですが、この知人の言う事は本当なのでしょうか?ネットで調べてもカードがブラックになるだけで良いような事しか書かれていなかったのでご存知の方がいたら教えてください。どうかよろしくお願いします。

 http://oshiete1.goo.ne.jp/qa3875943.html
で質問した者です。あの後も一つ質問し、後はもうお聞きする事はないと思ったのですがまた質問したい事が出来ましたのでどうか教えてください。
 まだ弁護士はお願いしていませんが数日後には決まる段階まで来ています。ここで質問しお答えしていただいた方々に色々な方法として自己破産のほかに個人再生法と任意債務整理を教えていただいたわけですが、この二つはカードがブラックになるだけで自己破産よりは減免されるなどのメリットがあるとのことですよね?
...続きを読む

Aベストアンサー

>この二つはカードがブラックになるだけで自己破産よりは減免されるなどのメリットがあるとのことですよね?

まさにそうです。

>ただ、生命保険に関しては自己破産でなくても個人再生法だろうが任意債務整理だろうが積み立て型は解約させられ支払いに使われ、事が全部終ってさあまた保険に入ろうと思ってもその事実は保険会社の知るところとなり、保険に加入ができなくなる(または出来にくくなるか入れても年齢の事があるから高くなってしまう)事を知人から聞きました。 ただその知人も詳しくは知らないみたいなのですが、この知人の言う事は本当なのでしょうか?

保険契約は、保険料を支払わないと、保険の適用を停止するだけなので、その人の信用は関係無いです。ただ、質問者さんのおっしゃるとおり、何年も何年も保険を続けていて、解約し、再度入る時には、年齢の事や病気の事等で、審査があり場合によっては加入できなかったり、保険料が高くなったりする可能性はあるとも思います。


人気Q&Aランキング