私は過去に評論家の記事を信じて三極管のプッシュプルアンプと大型スピーカーシステムを購入し、歪の多さに驚き後悔し評論家の言う事は二度と信じないと心に決めておりました。また最近販売されている真空管アンプの殆どがシングル出力管を採用し歪の多い回路構成なので誇大広告なのではないかと心を痛めておりました。
しかし最近シングル出力を推奨するホームページがある事を知り、評論家にも独自の理論があり、信念に基づいて評論しているのかとやや見直しました。その理論が正しいかどうかはここではとりあげない事にします。なぜならオーディオは本人が楽しめるか否かが重要であり、理論を否定したところで個人攻撃にしかならないからです。
そこで皆さんは私と同様に歪の少ない澄んだ音が好きで歪の多い音を聞くと疲れて頭が痛くなる方ですか?それとも私の知っている評論家のように歪が非常に多くても自然さ、定位の良さに価値を感じる方ですか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

聴感上の歪でしたら、当たり前ですが、歪の少ない澄んだ音のほうが好きですし、まともな音だと思います。

本来なら歪が無いのに越した事は無いのですが、結果的に歪が出てしまっている場合は、販売する側としてはなんとしても正当化しなければならないので、他の表現を使わざるを得ないのだと思います。誰だって歪んだ音を買わされるのはやですよね。ただこの歪がどう聞こえるのかがわからない人もいますので、厄介です。歪はデータとしては現れにくいのも賛否が分かれる原因だと思います。わかってる人が聞けば何の苦もなく判定できるのですが。
という事で「歪の少ない澄んだ音が好きで歪の多い音を聞くと疲れて頭が痛くなる方」です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご意見有り難うございます。オーディオアンプの価値観として私のような考えが主流なのか特殊なのかを再確認したくて質問しました。これから真空管アンプを購入しようとしている方に、このような価値観の人もいるのだという事を知ってもらえると嬉しいです。そういう意味で心強い意見を頂きました。

お礼日時:2009/05/11 23:21

>全高調波歪率10%


使用する出力では ここまで数値が上がることはありませんが、主旨は良く分かります。

で、結果、私の場合は両方使ってます。 ソースで使い分けてます。

それより、ジャンルが違うのであまり購入することもありませんが、最近のCDの コンプレッションの掛け方はひどい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご意見有り難うございます。全高調波歪率10%は高過ぎますか。シングル出力管のアンプはNFBをかけないで使用するのが通であると聞いたので高く見積もりました。真空管のシングルアンプ愛好者といえども当然歪率を下げる努力をしますから仮定が良くなかったようです。ソースによって使い分けという事は一長一短で引き分けという感じに解釈しました。最近のCDについては購入していないのでコメントは控えます。

お礼日時:2009/05/12 18:42

趣味の世界ですから、議論する気持ちは有りませんので、宜しくお願いします。


私は、MISATO4311様と正反対で、半導体アンプより真空管アンプに変更し大変満足しています。(音と言うより、音色と表現しています)
まずは、歪の問題ですが能力一杯の出力を出せば、歪が感じられるとは感じますが、普通の使用の場合は、0.1数%程度です。 人は、1~2%位の歪は感じられません。 
この歪が、心余地良い音(音色)として感じられるのです。
ここが、電圧制御と電流制御の違いで、トランスを使用のため音色の違いです。
私は、この音色を求めて出力トランス他ドライブトランス、入力トランスを積極的に使用しています。 また、重要な事はスピーカーです高効率のスピーカーを使用しアンプの出力を上げず使用しています。
また、ボリウムの良質なものを(定インピーダンス型が理想)を使用すると良いでしょう。
ちなみに私はの現在の装置は、845シングル(トランスドライブ、入力トランス月)、プリアンプはライントランス付き(真空管)を使用大変満足しています。
ただ、一点不満な点は、真空管特有のノイズが高効率スピーカーのため少々感じられる事です。 このノイズを下げる事に頭をしぼっています。
< 評論家の言う事は二度と信じないと心に決めておりました>この件は同感です。仕事でありますから、スポンサーのこともありますので、考慮して判断しています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご意見有り難うございます。シングル出力の真空管アンプで楽しまれていられるようですね。入力トランスはプッシュプル出力でも使わなくなったように記憶しておりますがシングルで入力トランスを使用されるのは珍しいですね。NFBがかけにくくないですか?何か好みの音を追求する姿勢の徹底ぶりが感じられますね。
実は昔私も自作派でステレオがまだあまりポピュラーでなかった頃真空管のアンプを製作していた時代がありました。真空管回路には交流分が多いのでノイズの消去には苦労しますね。アースのひきまわしを工夫したり静電シールドや磁気遮蔽をした記憶があります。また真空管アンプを自作してみたい気持ちもありますが、今の私の気持からするとSEPPにしたいですね。私の好みの音色を強いて言えばオーケストラのいろいろな楽器の音色が渾然とハーモニーとなって聞こえる時が至福の時ですね。混変調歪が多いと駄目です。特にバイオリンが快く響きません。このあたりに好みが分かれる要因があるのかも知れません。

お礼日時:2009/05/12 14:11

私も歪の多いのは駄目ですね。

まずは音がきれいに聞こえてから音楽です。歪の多い音楽は騒音と同じに感じます。
私は真空管やトランジスタのアンプを数多く製作してきましたがシングル出力のアンプでは満足できなかったですね。唯一結果が良かったのは五極管のプッシュプルアンプでNFBを十分にかけて歪を小さくしたものですね。NFBは位相さえ安定していれば悪影響は感じませんね。私の耳には五極管のNFBでも良好に聞こえる訳ですからトランジスタアンプのように位相変化の小さなものはもっと良好に聞こえるという訳です。
高歪率の真空管アンプも低歪率のトランジスタアンプも電流歪は大差ないともいわれますが電流歪はスピーカーシステムの問題であり、アンプの守備範囲は電圧歪までではないでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答有り難うございます。真空管アンプのNFBはSEPPを別にすれば出力トランスを使用しているので位相が遅れ勝ちです。その点トランジスタアンプのNFBは位相変化が少なくて安定しています。真空管回路のカソード抵抗の電流帰還も位相変化がないから安定したNFBになっているのでしょうね。
電流歪率は測定した事がないのではっきりした事は言えませんが、スピーカーの入力インピーダンスが純抵抗に近づくと電圧歪率に近くなるという事です。スピーカーの特性が良い場合にはアンプの歪率の影響が大きくなる訳ですね。
私と同様な聴覚の人がここにもいらしたようで安心しました。

お礼日時:2009/05/11 23:48

仰る歪ですが



その定義と、確認の方法を 補足願えませんでしょうか

正弦波を入力して測定した結果の事を言われてる?

この回答への補足

迅速なご意見有り難うございます。歪は概念的というか定性的な事を指しております。もし定量的に判断したいという事であれば、代表例として真空管アンプシングル出力の全高調波歪率10%とトランジスタアンプの全高調波歪率0.003%で構いません。適当にそちらで条件を設定して頂いてもよろしいですし、条件によって結論がかわるので一義的には決められないという事でも結構です。

補足日時:2009/05/11 22:57
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q部屋の大きさに比して大きいエアコンの方が室外機の音は静かになりますか?

実際の畳数に比べて少し余裕のある畳設定のエアコンを使用した方が室外機の音は静かになりますか、それとも変わらないでしょうか。9畳の部屋なんですが11畳くらいの畳設定のエアコンを買った方がいいか迷ってます。

Aベストアンサー

室外機の音は変わらないと思います。ただ、最近の室外機は物凄く静かになりましたよ。

Q自然音を録る為の収音マイク

野外で効果音を録るためのマイクを探しています。

録りたい音は鳥の声、川の音など自然音がメインです。
お店に出向いたりネットで調べたりしたのですが、ビデオやウォークマンに補強的に付けて使うようなものや、衣類に装着出来るような小型の収音マイクは見かけましたが、実際どういったものを使えば、質の良いクリアで美しい音が録れるでしょうか。
効果音のCDなどありますが、プロの方はどういった機材を使っているのか参考までに知りたいです。
またどういったお店に行けば種類があるのか、マイク以外に音を録る際に必要な機器などありましたらそちらの方も是非教えて頂きたいです。

宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

>まで録るという経験はなく録音機器・マイクなど何も持っていません。
>マイク以外に音を録る際に必要な機器などありましたら
>録りたい音は鳥の声、川の音など自然音がメインです。

録音機のほうは、持ち運び考えてマイク付の「フィールドレコーダー」がいいのではないでしょうか?

予算が?なので、あれなのですが、野外録音趣味の分野からいうと(私は野鳥観察趣味)まあ定評あるのは
http://kakaku.com/itemlist/I2077207712N101/
http://kakaku.com/itemlist/I2077207770N101/
予算が潤沢ならば
http://kakaku.com/item/20778510109/
あたりでしょうか。
プロの人もけっこう使ってます。
マイク内蔵なので、川の音等身近な自然音はたいていOKです。
また、今度発売予定の↓も話題になってます。
http://blog.so-net.ne.jp/musiclife/2007-08-17

慣れてくると、セッテイング等(広大なステレオ感出したい、とか)で外付けマイクやマイクミキサー等必要性が分ってくると思います。
まあマイクはなるべく高いものがいいのですが…
オーディオ屋より楽器屋のほうが種類は選べると思います。
参考例
http://www.soundhouse.co.jp/shop/LargeCategoryList.asp?LargeCategoryCd=1

身近な音以外、たとえば鳥の声は結構大変です。
カラスやハトなど至近で録れる場合はいいですが、たいてい回りの雑音に埋もれてしまいます。
そこでガンマイクや集音器等必要になってきます。この辺はいろいろテクニックが必要なので、Web検索や参考WEBで調べてみてください。

http://birdcafe.net/syrinx-index.htm
http://www.din.or.jp/~fpc/Ls/indexLs.htm
http://www.soundhouse.co.jp/shop/ProductDetail.asp?item=628^NTG2

>まで録るという経験はなく録音機器・マイクなど何も持っていません。
>マイク以外に音を録る際に必要な機器などありましたら
>録りたい音は鳥の声、川の音など自然音がメインです。

録音機のほうは、持ち運び考えてマイク付の「フィールドレコーダー」がいいのではないでしょうか?

予算が?なので、あれなのですが、野外録音趣味の分野からいうと(私は野鳥観察趣味)まあ定評あるのは
http://kakaku.com/itemlist/I2077207712N101/
http://kakaku.com/itemlist/I2077207770N101/
予算が潤沢ならば
...続きを読む

QドラムをCDのようないい音で録音するには?

CDの音やライブハウスでスピーカーから出てくるドラムの音って、硬くてズシンとくるいい音ですが、ああいう音は何かエフェクターを通しているのですか?それともいいマイクで取れば自然とあんな音になるのですか?

Aベストアンサー

PA屋です。
以下は、あなたの感じている「堅くてズシン」と言う表現からの想像です。
まず、基本的にはドラムそのものがメンテナンスされ、もともと良い音でなっているのでしょう。失礼ながらアマチュアバンドレベルで使用しているキックやハット、シンバルの音と、スタジオできちんと調整された楽器の音を聞き比べると、「雲が晴れた」ような音の差に気づくでしょう。その美しい音を、的確な技能で演奏し、さらに、的確なマイクアレンジで拾ったのですから、完成度は高いのでしょう。
また、一般的にドラムセットは、個々の「タイコ」にマイクを一つずつ設置する「マルチ」で録りますので、音の分離が非常によいです。これもラジカセなどで録る音とは根本的に違ってきます。
また、音の大きいキックドラムなどはほとんどの場合「コンプレッサ」というエフェクタで音圧感をあげます。これにより最終的なリスナーの聞くスピーカーからは「ペタ!」という感じの音になり、歪まずにリズムの骨格を支えるような構成になり、楽曲全体が引きしまりますね。
他にもマイクの選び方、配置、プリアンプやミキシングのテクニックなどの要素があり、総合的に感動を与える音楽ができるのでしょう。私も日々勉強中です。

PA屋です。
以下は、あなたの感じている「堅くてズシン」と言う表現からの想像です。
まず、基本的にはドラムそのものがメンテナンスされ、もともと良い音でなっているのでしょう。失礼ながらアマチュアバンドレベルで使用しているキックやハット、シンバルの音と、スタジオできちんと調整された楽器の音を聞き比べると、「雲が晴れた」ような音の差に気づくでしょう。その美しい音を、的確な技能で演奏し、さらに、的確なマイクアレンジで拾ったのですから、完成度は高いのでしょう。
また、一般的にドラム...続きを読む

QUR22のヘッドホンの音が歪む

今年の二月にスタインバーグのオーディオインターフェイスUR22を購入したのですが、ヘッドホンのボリュームを時計でいう3時より回すと出てくる音が全体的に歪んで来て非常に困っています。

例えばitunesの音楽など、パソコンの端子からヘッドホン繋いでも歪みませんが、インターフェイスを通すと歪みます。itunesのイコライザーは切ってます



使用環境はMacBook Proでosはosx10.6.8です。無線LANを切っても症状は変わりませんでした。UR22は直接パソコンのUSB端子に接続しています。

モニターヘッドホンはakgのk271mk2を使っています。他の使用環境では歪んだりはしないのでヘッドホンが問題とは考えにくいです。

ヘッドホンの感度が低く、かなり大きめまでur22側でボリュームを上げないと大きな音が出ず、非常に困っています。

これは元々MAXまでボリュームを上げることが想定されていないから歪んでしまうのでしょうか、それとも機械もしくは使用環境の不具合でしょうか??



スタインバーグのサポートも全く繋がらず、全く原因が分からずに困っています。

どなたかご教授して頂けたらと思います。

このままではモニタリング出来ません…

今年の二月にスタインバーグのオーディオインターフェイスUR22を購入したのですが、ヘッドホンのボリュームを時計でいう3時より回すと出てくる音が全体的に歪んで来て非常に困っています。

例えばitunesの音楽など、パソコンの端子からヘッドホン繋いでも歪みませんが、インターフェイスを通すと歪みます。itunesのイコライザーは切ってます



使用環境はMacBook Proでosはosx10.6.8です。無線LANを切っても症状は変わりませんでした。UR22は直接パソコンのUSB端子に接続しています。

モニターヘッドホンはakg...続きを読む

Aベストアンサー

IFのライン出力はTRSのバランス出力ですので、正式な接続としては、おっしゃるように業務用機器と言う範囲のアンプ等と言うのがベターでは有ります。
しかし、ヘッドホンを利用する為だけにオーディオミキサーとか、ヘッドホン端子付のモニターアンプなどを準備するかどうかは、その人それぞれの判断と成るでしょう。

ヤッツケですが、TRSのTをプラスに、Sをマイナスに配線し、民生機器のアンバランスに接続と言う方法も有ります。

RとSも一緒にマイナスに配線と言うケースもあるのですが、私はここは繋がないでおくのが良いのでは無いか?って考えていて、実際にそのようなケーブルを1ペア造って利用しています。

Rのコールド側を未配線とする事で、問題が出たら対処しようと考えていますが、私の環境ではまだ弊害は無いので、良いのでは無いかなぁ(^o^汗

オーディオインターフェースもオーディオミキサーもそれぞれ複数所有していて、しかも民生機器仕様の製品と業務用機器の製品をたまにですが組み合わせて利用したりしています。

業務用の接続環境というミキサーに、普通のプリメインアンプを繋いで、ステージモニター(返し)に運用したり。。。。。

あ、そうだった、私のオーディオインターフェースでは、基本バランス出力だけどTSのアンバランス接続も可能って言うのが在って、こっちは気にせずTSフォンを突っ込んでいますよ。
(この場合は内部でRとSが一緒に接続されているはずですね。)

そうそう、AKG K271 MK2 の仕様を眺めていて、『感度:91dB/mW』ってどのくらいだっけ?
と思って、私が今使っているMDR-CD900STの仕様を視たら、こっちは『感度:106dB』
かなり違うもんだなぁ、、、

15dBの差って細かい計算は苦手なので、どんぶり勘定で(笑)
10dBで約10倍、3dBで2倍なので、13dB差なら同じパワーで20倍の音量が私のヘッドホンで生えられる、更に+3dBの16dB差なら更に2倍の40倍の音量が得られる計算。

逆に考えると、AKG K271 MK2は私の環境に対して、10倍から20倍ものパワー余裕度が在るヘッドホン駆動回路が好ましい、とすら言えそうですねぇ。

私のMacBook ProでiTunes等の再生時に直接挿していた場合は、右上のスピーカーレベルは確かにずっと低くして、およそ下から1/4程度で普通の音量だった気がします。
(実は、このイヤホン端子、常用していたんですが購入から1年経たずに壊しちゃったんですよぉ、涙)

先に上げましたオーディオテクニカのヘッドホンアンプ、その程度でもIFのヘッドホン出力よりはパワーが有りますので、実用上では良いのかもしれません。
接続状況として、ラインアウトからのバランス/アンバランスの変換ケーブルを造って行なう方法と、IFのヘッドホン端子からヘッドホンアンプのライン入力へ接続と言う変換ケーブル利用の方法も有ります。

高度なオーディオ感覚では、ボリュームを2重に通るのは好まない、と言う場合はライン出力から、気にしなければヘッドホン出力からと言う接続でも良いでしょう。

とにかく、ヘッドホン駆動するパワーアップが必用と思いますので、いろいろな方法が有る中から、ご自身で納得出来る方法を考えてみて下さい。

IFのライン出力はTRSのバランス出力ですので、正式な接続としては、おっしゃるように業務用機器と言う範囲のアンプ等と言うのがベターでは有ります。
しかし、ヘッドホンを利用する為だけにオーディオミキサーとか、ヘッドホン端子付のモニターアンプなどを準備するかどうかは、その人それぞれの判断と成るでしょう。

ヤッツケですが、TRSのTをプラスに、Sをマイナスに配線し、民生機器のアンバランスに接続と言う方法も有ります。

RとSも一緒にマイナスに配線と言うケースもあるのですが、私はここは繋がないで...続きを読む

Q彼氏が怪しいセミナーに。特殊な音でマインドコントロールされたのでしょうか?

 どのカテかわからないのですが、とりあえず、ここにしてみました。

 実は先日彼氏が、ヘミシンクのセミナーに行って来て、すっかり影響を受けたらしく、「幽体離脱を体験した」というのです。
 ヘミシンクというのは、特殊な音を聞くことで、意識が肉体を離れて自由に行動できる、いわば幽体離脱のような技術のことだそうです。
 よくテレビでも、「ジョー・マクモニーグル」という元FBI捜査官が、幽体離脱や透視をして、難事件を解決する、といった番組がやっているので、知っている方も多いかと思います。
 セミナーは一回3万円で募集定員は10名ということでしたので、主催者側の収益は一回30万円ということで、金儲けのための怪しいセミナーとは違って、まじめなセミナーなのかな、とも思いました。しかし、幽体離脱などはあまりにも非科学的で、悪い言い方をすれば、オカルトっぽく、なんだか心配です。
 セミナーは一回8時間だそうで、その間、特殊な音とやらを聞いているので、サブミナル効果(?)で、マインドコントロールされるだけの十分な時間はあるかと思うのです。

 わたしはヘミシンクにもオカルトにもマインドコントロールにも詳しくありませんので、どなたか、知っていることがありましたら、なんでもけっこうですので、情報をいただけませんでしょうか?
 とくに、音を使ったマインドコントロールについての情報をお願いします。よろしくおねがいします。

 どのカテかわからないのですが、とりあえず、ここにしてみました。

 実は先日彼氏が、ヘミシンクのセミナーに行って来て、すっかり影響を受けたらしく、「幽体離脱を体験した」というのです。
 ヘミシンクというのは、特殊な音を聞くことで、意識が肉体を離れて自由に行動できる、いわば幽体離脱のような技術のことだそうです。
 よくテレビでも、「ジョー・マクモニーグル」という元FBI捜査官が、幽体離脱や透視をして、難事件を解決する、といった番組がやっているので、知っている方も多いかと思...続きを読む

Aベストアンサー

 こんにちは。 
 テレビを見るのに、テレヴィジョンの原理を知っておく必要はないように、オカルトの知識が無くとも、幽体離脱が本当に可能なら、体験できると思います。科学らしく「振舞った」、幽体離脱の原理の説明に悩む必要はないと思います。
 それに、一般的な考え方を習慣とする方に、どれほど科学的思考ができるのかも私には疑問ですから、科学的に見て幽体離脱は、、と論じるところには、正しさを感じません。そして、たとえ科学者が、幽体離脱とやらについて論じたとしても、「科学的に見た正しさ」の前提で、その対象を論じているに過ぎないので、それもどうかと思います。
 そのセミナーが、オカルトを利用した悪徳ではないか?という疑問点については、悪徳の金儲けなど、オカルトでなくても幾らでもあるので、セミナーのオカルト性に、その悪徳さが潜んでいるとも思えません。
 ご質問者が気にされているのは、彼にオカルトの習慣が付くことで、彼が悪い方に行ってしまいやしないかということだと、私は受け取りました。そういうことで話を続けさせていただくと、私の意見は次のようになります。
 
 科学に偏るのも、オカルトに偏るのも、常識に翻弄されるのも、好ましいとは思えません。
 身を滅ぼすほどにその方面に散財し、さらに散財しただけの結果を得ることができないなら、馬鹿を見たことになってしまいます。
 8時間で3万円。原価がどれ程なのか知りませんが、それに見合っただけのものなら、彼の趣味(嗜好)と言うことで、様子を見られても良いと思います。
 オカルトと言うことで、ご自分で試されるには不安があると思いますし、ご自身が不安を感じるものだからこそ、それに彼氏が浸かっている事が、危機的に感じられる事でしょう。常識、風潮によって彼の傾向を否定せず、科学やオカルトを信じ込んでしまうことなく、あなたの善良な判断によって、今後を決められてください。科学にしても、オカルトにしても、偏ったものは、「麻薬性を帯びた情報」であると思います。健全な態度でもって、情報への依存に注意してください。
(テレビで見られたと言うような超人は、世界のどこかには居るかもしれませんが、おおっぴらにしてしまうことなく、隠れたままの神秘で居てほしいと、私は思います。万一、遭遇した時の驚きが、楽しみだから(^^))
 
 以下、私事になりますが。 
 私は、彼女が、彼女の財に比べ、安くない金額で、ダイエットサプリメントを買った時に、自分勝手かもしれませんが、かわいそうだと思いましたし、何とかしてやりたいと思いました。(太っているわけでもないのに。若い間につく適度の脂肪は、年をとった時に、身体の衰えるのを防ぐだろうと、私は思います。)
 高価なものに頼らずとも、美しく、健康的に生きていけます。
 よく利用されているコンビニは、もっと良くなるべきだと思いますし、世の風潮こそ、もっと良くなるべきだと思います。人のいるところは、よくなるべきです。労働環境も、教育現場も、家庭内も、世界も、。
 結局そのサプリは、一年近く経った今も、あまり使われること無く、中途半端に残っています。彼女を信じていますので、彼女が助けを求めない限りは、お互い過干渉しないようにしています。いつも、互いに心を配るのは当然ですが、手出し口出しをする時は、それなりに不安の根拠を示し、このようだから、こうではないかと不安だよ、と、明確に伝えることも適切な方法であると思います。それから、こうした方が良い、ああしたほうが良い、と、話を進めてみてはどうでしょう。

 こんにちは。 
 テレビを見るのに、テレヴィジョンの原理を知っておく必要はないように、オカルトの知識が無くとも、幽体離脱が本当に可能なら、体験できると思います。科学らしく「振舞った」、幽体離脱の原理の説明に悩む必要はないと思います。
 それに、一般的な考え方を習慣とする方に、どれほど科学的思考ができるのかも私には疑問ですから、科学的に見て幽体離脱は、、と論じるところには、正しさを感じません。そして、たとえ科学者が、幽体離脱とやらについて論じたとしても、「科学的に見た正し...続きを読む

Q自然音を聴くために

夜にベッドで眠るときに、「究極の眠れるCD」というのをヘッドホンで聴きたいと思っているのですが、どのようなものが適していますでしょうか?
このCDは主に波の音を中心に作られているので、自然音を聴くのに適したものが良いと思っているのですが、どのようなもの良いのか分かりません。密閉型が良いのか解放型が向いているのか、モニター系と言われるものが適しているのか、そうじゃない方が良いのか。
まるで自然音を聴くために生まれてきたようなヘッドホンはありませんでしょうか?
予算は一万円前後で考えています。15000円ぐらいまでならなんとか出せるかもしれません。
どうか知恵をお貸しください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

いっそ下記のような製品はどうでしょうか?

枕カバーの中や枕の下に敷けるタイプのスピーカー ステレオピローインサート
http://www.plusvoice.jp/store/products/detail.php?product_id=1063&sid=38232e27c2312c820c5dadbbc0917100
Amazonや楽天で購入可能です。

スピーカー内蔵低反発枕 サウンドピロー
http://item.rakuten.co.jp/kirei/sound-pillow2/
これも楽天やAmazonで購入可能です。

スピーカー内蔵抱き枕 ハグエバービーズ
http://www.rakuten.co.jp/hugever/

以上、ご参考まで。

QPCで様々なデシベルの音はどんな感じか聞きたいのですがなんとかなりますか?

PCで、いろいろなデシベルの音を出して聞きたいです。
デシベルの数値ごとに、どんな感じの音か知りたいです。

Aベストアンサー

dB(デシベル)については、ここの
http://www.onosokki.co.jp/HP-WK/c_support/newreport/noise/souon_index.htm
このページに詳しいです。
http://www.onosokki.co.jp/HP-WK/c_support/newreport/noise/souon_2.htm

PCでいろいろなdBの音を出して聞きたかったら、このソフト
「多機能 高精度 テスト信号発生ソフト WaveGene」
http://www.ne.jp/asahi/fa/efu/soft/wg/wg.html
をダウンロードして、実行すればOKです。
ただし、何dBかは騒音計を用意して耳の位置で何dBになっているのか測定しないとわかりません。
「WaveGene」で設定できる値は相対値で、絶対値は測定が必要です。

Q自然音を録音したいのですが、

録音経験はかなり無い素人の者です。
10年以上前にありもののマイクやミニディスク等で録音し、
「ブー」や「サー」というノイズが酷かった記憶があります。

最近は何やら安くても良い録音ができる商品が有ると聞き、
http://www.amazon.co.jp/gp/product/B003XSYC50?ie=UTF8&tag=kizai058-22&linkCode=as2&camp=247&creative=1211&creativeASIN=B003XSYC50
とりあえずこの様な安価な商品から
入門し色々学んで行こうと思っています。



そこで本題なのですが、
 「川のチョロチョロと流れる音」「川のサーーっと流れる音」
 「滝の音」「スズムシの音」「セミの音」
 「ヤマバトやカッコウ等鳥の鳴き声」「金属の軋む音」
など色々な素材的な録音をしたいのですが、

質問1
 人間の耳に聞こえる音はあらかた録音できるのでしょうか?
質問2
 「サー」というノイズは何か工夫で減らせるのでしょうか?

この他にも、録音経験のほぼない素人が起こしそうなミス、
知っておくべき録音の知識、ノウハウなどが有れば
調べるべきワードなどヒント程度でも構いませんので
色々書き出して頂けますと幸いです。
(最終的にデジタルコンテンツの効果音に使う予定です。)

よろしくお願い致します。

録音経験はかなり無い素人の者です。
10年以上前にありもののマイクやミニディスク等で録音し、
「ブー」や「サー」というノイズが酷かった記憶があります。

最近は何やら安くても良い録音ができる商品が有ると聞き、
http://www.amazon.co.jp/gp/product/B003XSYC50?ie=UTF8&tag=kizai058-22&linkCode=as2&camp=247&creative=1211&creativeASIN=B003XSYC50
とりあえずこの様な安価な商品から
入門し色々学んで行こうと思っています。



そこで本題なのですが、
 「川のチョロチョロと流れる音」「川のサーーっ...続きを読む

Aベストアンサー

自然音の録音に関しては素人なので、ご参考までに。

質問1について。

「人間の耳に聞こえる音」の意味によります。人間の聴覚は、最も良い人でおおむね20Hz~20kHzの音を認識できるとされています。また、ダイナミックレンジは120dB程度(人間が耐えられる最大の音圧を基準として120dB小さな音まで認識できる、ということ)といわれています。音楽用の高音質なレコーダーであればもちろん、会議用のいわゆるICレコーダーであっても、この範囲はおおむねカバーしているといえます。

他方で、人間の耳とマイクとでは構造が異なるため、マイクを通して録音された音は、その場で人間が聞いている音とは異なります。特殊な方法(たとえばバイノーラル録音)を使えばある程度類似させることは可能ですが、この意味での「人間に聞こえる音」を完全に再現することは困難です。

質問2について。

そのノイズの原因が分からないので、現状では何ともいえません。もっとも、音楽用の高音質・高性能なレコーダーであれば、レコーダー自体に起因するノイズはかなり低く抑えられています。ただ、録音対象が非常に小さな音である場合には、レコーダー(やマイク)のノイズが問題になることがあり得ます。超低ノイズのマイク、レコーダーは、かなり高価です。

その他の質問について。

(1) これは音楽録音のノウハウですが、デジタル録音の場合、一瞬たりともフルビットを超えないように録音音量を調整する必要があります。たとえばCDは16bitなので、音量が大きすぎて17bit目に突入すると「ザリッ」とか「ブチッ」というノイズになります。

16bitをダイナミックレンジに換算すると「2の16乗」で96dBですが、96.1dBでもアウトなので、ふつうは12dBの余裕を持たせます。音楽の場合、演奏のたびに最大音量が10dBくらい上下する可能性があるからです。つまり、16bitで録音した場合、実効的なダイナミックレンジは70dB少々です。

これが24bit録音であれば、理論上のダイナミックレンジは144dBなので、12dBのマージンをとっても136dBであり、人間の聴覚をすべてカバーできます。野外で録音する場合、環境ノイズが比較的大きいでしょうから、必ずしも24bitを活かしきれる訳ではありませんが、あとあとの編集作業を考えると24bitで録音しておいた方が有利です。

従って、レコーダーは24bit録音ができるものを選ぶのがお勧めです。

(2) 次に、デジタル録音では、サンプリング周波数の半分の周波数を超える音は歪み(エイリアス歪み)になります。たとえばCDは44.1kHzなので、22.05kHzを超える音はノイズになります。これを防ぐために、フィルタを通して高音域をカットしますが、急峻にカットするほど位相歪みが増えます。

つまり、人間の聴覚に合わせて20kHzまで録音したいが、欲張ると(エイリアス歪みにせよ位相歪みにせよ)ノイズの原因になる、ということです。そこで、サンプリング周波数を上げてたとえば96kHzにすれば、20kHz~48kHzにかけて緩やかにカットすれば良いので、ノイズを抑えつつ高音も欲張れることになります。

従って、できればサンプリング周波数96kHz以上に対応したレコーダーが良いでしょう。もっとも、音楽にせよ、映像にせよ、スタジオレベルでは48kHz辺りが一般的だと聞くので、絶対的に重視しなくても構わないでしょう。

(3) 最近の音楽用レコーダーは、内蔵マイクでもそこそこ高音質ですが、やはり外付けの本格的なマイクには勝てません。業務用のマイクは、ファントム電源(ファンタム電源)という仕組みで動作し、端子もXLR型を使うのが一般的です。

従って、将来良いマイクが欲しくなったときのことも考えて、業務用マイクを使えるレコーダーを買っておくと拡張性が良くなります。

以上(1)~(3)を満たすものとして、たとえば以下のような製品があります。

TASCAM DR-40
http://tascam.jp/product/dr-40/

TASCAM DR-100MkII
http://tascam.jp/product/dr-100mkii/

ZOOM H4n
http://www.zoom.co.jp/products/h4n/?lang=jp

自然音の録音に関しては素人なので、ご参考までに。

質問1について。

「人間の耳に聞こえる音」の意味によります。人間の聴覚は、最も良い人でおおむね20Hz~20kHzの音を認識できるとされています。また、ダイナミックレンジは120dB程度(人間が耐えられる最大の音圧を基準として120dB小さな音まで認識できる、ということ)といわれています。音楽用の高音質なレコーダーであればもちろん、会議用のいわゆるICレコーダーであっても、この範囲はおおむねカバーしているといえます。

他方で、人間の耳とマイクと...続きを読む

Q音を解析???

専門学校生です。
PICNICを使った課題が出されました。
PICNICを使ったものなら何でもよく、音声処理に興味があるので、音関連のものを作りたいと思っています。
そこで次のようなものを考えたのですが、作れるものなのかどうかを教えていただきたいです。(一番プログラムが不安です)

マイクに人の声でドレミと入力したら、スピーカーから楽器の音でドレミと出てくるもの作りたいと思います。
詳しく説明しますと、ドレミという音の高さの声をマイクに入力。その音をPCで解析し、スピーカーから楽器の音でドレミと出てくるようにしたいです。
PICNICも使わなければならない課題なので、どこかで使わないといけません。(マイクもしくはスピーカーと、PCの間にでも使おうかと)

音を解析するにはプログラムを使って、入力音声を、ある周波数ごとに区切りそれを出力しようと思います。
C言語で簡単なソート、リストのプログラムくらいは作れます。C言語を習って来たのですが、別の言語のほうが作りやすそうならそちらの言語を学ぼうかと思います。
四人一班で、製作時間は長くて30時間~40時間くらいの予定です。

そこで質問です。
(1)このようなものは自分たちに作れそうですか?
 無理そうなら他のものを作ろうかと思います。
(2)プログラミング言語としてはどのような言語がいいでしょうか?
 プログラムもどこから手をつけていいかまったくわかないので、手のつけ方を教えていただきたいです。
(3)作成にあたってアドバイスなどお願いします。
 参考になりそうなサイト、書籍等があれば教えていただきたいです。

専門学校生です。
PICNICを使った課題が出されました。
PICNICを使ったものなら何でもよく、音声処理に興味があるので、音関連のものを作りたいと思っています。
そこで次のようなものを考えたのですが、作れるものなのかどうかを教えていただきたいです。(一番プログラムが不安です)

マイクに人の声でドレミと入力したら、スピーカーから楽器の音でドレミと出てくるもの作りたいと思います。
詳しく説明しますと、ドレミという音の高さの声をマイクに入力。その音をPCで解析し、スピーカーから楽器の音で...続きを読む

Aベストアンサー

ちょっと大変かもしれないが、出来なくは無いと思う。

言語はC言語でいいと思う。
PICNICとは下記URLで出てくるものかな?

 http://ysserve.int-univ.com/sugsi/Lecture/picnic/links.html#Microchip

概要は以下の感じで。

 ・音源&テスト担当者を1人決めて、その人にドレミファソラシドまでの8音を単音で発声して貰い、サンプリングデータを取りFFT(高速フーリエ変換)でその単音の周波数解析をする
 ・8音分の周波数解析が出来たら、どの様な周波数傾向の違いが有るかチェックし、入力された音が8音のどれに該当するか切り分けるロジックを考える
 ・PICNICは使うとしたら、スピーカーのコントロールで
 ・処理のシーケンスは、
   音の入力→FFTで周波数解析→8音のどれに該当するか判定→該当する音程をスピーカーから鳴らす
  という感じかな

C言語から、FFTのサンプルプログラムも探せば見つかるのではないかなと。

 【参考:FFT】
  http://www.gem.hi-ho.ne.jp/katsu-san/audio/fft.html

ちょっと大変かもしれないが、出来なくは無いと思う。

言語はC言語でいいと思う。
PICNICとは下記URLで出てくるものかな?

 http://ysserve.int-univ.com/sugsi/Lecture/picnic/links.html#Microchip

概要は以下の感じで。

 ・音源&テスト担当者を1人決めて、その人にドレミファソラシドまでの8音を単音で発声して貰い、サンプリングデータを取りFFT(高速フーリエ変換)でその単音の周波数解析をする
 ・8音分の周波数解析が出来たら、どの様な周波数傾向の違いが有るかチェックし、入力された音...続きを読む

Qアンプからの音がL側のみ急に音が小さくなった、バランスをL側最大にすると濁った音が出てきます。

アンプからの音がL側のみ急に音が小さくなった、バランスをL側最大にすると濁った音が出てきます。

素人でも調整出来るでしょうか?ヘッドホンを使う前までは、スピーカーから左右異常なく音が出ていました。

ヘッドホンで聴くと異常なくバランス良く聴こえます。ヘッドホンで今後聴く分には多分問題は無いと

思っていますが?矢張りスピーカからの音で楽しみたいですね。

何しろ古い機種で交換部品が存在してるのやら?機種は、sansui au-999です。

あまりお金を掛けずに解決できる方法が在ればご教示お願いします。

以前秋葉原から部品を取り寄せテープデッキを修理した経験ははあります。

ま〜ド素人に近い方です、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

スピーカープロテクションリレーの接点汚損が原因でしょう。
リレーのカバーを外して接点を洗浄するか
リレーそのものを交換する方法があります。
今後の憂いを払しょくするためにも交換してしまった方が良いでしょう。
リレーそのものは汎用電気部品なので安価で入手可能のはずですが
いかんせんAU-999は1970年発売なので
同型リレーが現在も市場流通しているのか不明です。

この型の汎用リレーはカバーが簡単に外れる物がほとんどですので
接点を磨くこと自体は難しくないです。
とはいっても他の部品で込み合っていてカバーを外せても
綿棒すら入り込めない場合もあります。
その場合は基板からリレーを外すして個別に接点洗浄しかありません。
カバーに穴をあけて接点復活洗浄剤を吹き付ける等の荒業を推奨する方もいるようですが
その後の問題を増加させるだけなのでこの方法は絶対に止めてください。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報