父が戦争に行っており(S46死亡)、生前軍人恩給の申請をした際は、期間(12年)に1年4か月不足しているので、支給されないとのことを言われ、そのままにしていたのですが、加算期間というのがあって、それを入れると12年の期間はクリアしているのですが、今から母が、配偶者として、父の軍人恩給を申請することは、可能でしょうか?
普通扶助とかの対象になるのでしょうか?
また支給されるのなら、過去にさかのぼって、支給されるのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

 こんにちは。


 先ず、ここの利用が初めてのようですから一言。回答に対して応答(または礼)をしないと、回答者には問題がどの程度解決したのかも判りません。場合によってはそれを受けて回答を続けることもあります。何も受け答えしないと、回答者には状況が判らないのですから、回答したことさえ無駄だったと感じさせられることにもなります。これでは結局双方が損をすることにもなるので、この点はご注意ください。

 この質問に答えられるのは、受給資格のある人で或る程度制度に関する知識のある人か、そのような人が身近にいる者以外にはなさそうに感じます。もちろん恩給担当の専門部局の者は当然ですが。私は昨年父の死去に伴い、母の遺族年金への切り替えを申請しました。この時に多少調べています。
 派兵先や兵役の内容による日数の加算は相当以前から実施されていたはずです。ですからきちんと恩給担当の係に相談した上で「期間が足りない」という答が出たのなら、おそらく本当に不可なのでしょう。
 調べてみると「加算年」が実施されたのは昭和48年の恩給法改正以後だとあります。
http://www.mhlw.go.jp/bunya/engo/seido04/index.h …
軍人恩給はそれ以前に実施されていたわけですから、やはり足りないために認められなかった、ように思います。もちろん疑問点を厚生労働省の担当部局に問い合わせれば、きちんと調べて答えてもらえると思います。現在ではデータの照合は早く済むでしょう。申請する側もきちんと従軍の記録を揃えていれば、その場で完了するとは言いませんが、短時日で回答があるのではないでしょうか。
 加算が、
・既に恩給を受給しいてる者だけを対象にしている。それとも
・これまでは資格が無かったが、改正により欠格者もこれにより対象者に格上げされて、昭和48年以降は受給されるようになった。
いずれの考え方をしているのか私には判りません。
 ただ近所の或る人(私の親類だったかもしれません)は、日数が足りないために一時金だけしかもらえないで終わった、という話も聞いています。今回の場合はこれに相当するような気がします。
 いずれにしても私には正確なところは判りません。ですので書類をととのえて、改めて担当部署に相談してみる方が良いでしょう。

 認められた場合も、支給されるのは法律に基づいて最長で5年間遡った時点からになるかもしれません。それと本人死亡後の遺族年金の場合金額は半分です。
 数日前にあったこの質問も参考になるかもしれません。
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa4941940.html
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q軍人恩給の支給ついて。

私の父親は64歳で19年前に他界しました。
現在母親(つまり妻)は67歳で健在です。
父は18・9歳ぐらいから、1年か2年ほど、奄美大島に
出兵していたと話していました。

で、教えていただきたいことは、
父親は軍人恩給は手続きしておらず、一度ももらったことは
ありません。(1,2年の出兵ではもらえなかったと聞いたので)
戦争の激戦地は1年が3年分の計算になると、先日聞いたので、
もしかしたら、母親は父の軍人恩給を支給できるのではないのかと
相談しました。
母に聞いたら、父が戦争から帰ってから15年経って
結婚したそうです。
それに、戦争手帳?なども無くしています。

母も歳を取り、国民年金だけでは心細いので、少しでも
支給できれば助かると思います。
すみませんが、どなたか詳しい方教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

私の祖父は引き上げの時に迫害を恐れて軍隊手帳を隠したのか捨てたのかしてなくしてしまったそうで、恩給を貰うのが大変だったと聞いたことがあります。敗戦当時は今では考えられないような状況だったようです。

普通恩給には、在職年が一定の年数以上に達していることが必要です。それを最短恩給年限と呼んでいて、旧軍人(兵、下士官)12年、(准士官以上)13年 です。

激戦地では1年が3年になるのではなく、加算制度により3年が加算されますので、例えば太平洋戦争中の南方地域(戦地)で兵として3年戦務に従事した場合には、最短恩給年限の12年に達する場合があります。

また、傷病恩給というものがあり、公務のためにけがをし又は病気にかかり、一定の障害の状態となって退職したとき、又は退職後一定の障害の状態となったときに支給されます。

支給の申請には軍隊手帳があるとよいのですが、戦争中・戦後の混乱でなくしてしまったり、GHQなどの懲罰を恐れて捨ててしまった場合もあるため、戦友などの証言、当時の記録を引き継いで保管している機関に保存されている経歴記録、復員局の記録などと照合し支給審査が行われるようです。

なお、恩給は本人と遺族へ支給されますが、ご本人が軍人恩給を受給されていなかったとのことですので、これから遺族が恩給を受給することはできないのではないかと考えられます。お父上の当時の職務状況を調べた上で支給対象かどうか恩給局に相談されてはいかがでしょうか?

そのほか、独立行政法人 平和祈念事業特別基金より引揚者や恩給欠格者とその遺族に対する内閣総理大臣名の書状、銀杯等の贈呈が行われています。

参考URL:http://www.soumu.go.jp/jinji/jinji_f.htm,http://www.heiwa.go.jp/

私の祖父は引き上げの時に迫害を恐れて軍隊手帳を隠したのか捨てたのかしてなくしてしまったそうで、恩給を貰うのが大変だったと聞いたことがあります。敗戦当時は今では考えられないような状況だったようです。

普通恩給には、在職年が一定の年数以上に達していることが必要です。それを最短恩給年限と呼んでいて、旧軍人(兵、下士官)12年、(准士官以上)13年 です。

激戦地では1年が3年になるのではなく、加算制度により3年が加算されますので、例えば太平洋戦争中の南方地域(戦地)で兵として3年戦務...続きを読む

Q軍人恩給について

わが国の軍人恩給について具体的なことが全くわかりません
どのような法のもと、どのような方々に、どれくらいの額が与えられているのでしょうか?
また、これに対し、どのような意見が言われてるのでしょうか?

Aベストアンサー

他の方も書いておられますが、軍人恩給は「恩給法」で定められているものです。

恩給制度は、国家補償の性格を有するものであり、現在の年金制度とは性格を異にしています。

軍人恩給を受給する要件に、何時どこへ出兵したかは関係ありません。
軍人であった期間が相当年数(下士官以下の兵であれば在職年数が12年)あること、又は公務により受傷罹病し一定以上の障害を持っていることなどが要件となります。

なので、上記の要件を満たしており、生きてさえいれば、日清戦争や日露戦争に出兵した方や、実際に戦地へ行っていなくても長い年月を勤務すれば受給することはできると思われます。

ちなみに、在職年とは実際に勤務した年数のほか、激戦地で勤務したり特殊な勤務に服したときには、加算年といわれる仮想の在職年を含んだ年数のことをいいます。加算年は1月につき最高3月つきます。
例えば、終戦間際の激戦地である南方諸島で3年間勤務すれば恩給を受給することができます。

この年金たる恩給のほかに、一回限りで支給される一時恩給や一時金というものもあります。
一時恩給は、引き続く実在職年が3年以上あることが要件となっています。引き続いていなくても実在職年が3年以上あれば一時金を受給することができます。

また、本人が死亡した場合には、その遺族にも支給されます。

遺族とは、(1)妻、(2)子、(3)父母、(4)成年の子(ただし重度障害を持っており生活資料を得る途が無いとき。)、(5)祖父母となります。

なので現在、軍人恩給を受給しておられるのは、旧軍人本人やその妻がほとんどであると思われます。

金額については、在職年数や軍人であったときの階級、公務傷病で受給しているのであれば、障害の程度などで決まるので、一概には言えません。

ただ、最低保障制度というものがあり、「絶対にこれだけはもらえるぞ」という金額の最低ラインがあります。この最低補償額は、ここ数年は変わっていないようです。

詳しいことは、総務省人事・恩給局のHPを参考にしてください。

他の方も書いておられますが、軍人恩給は「恩給法」で定められているものです。

恩給制度は、国家補償の性格を有するものであり、現在の年金制度とは性格を異にしています。

軍人恩給を受給する要件に、何時どこへ出兵したかは関係ありません。
軍人であった期間が相当年数(下士官以下の兵であれば在職年数が12年)あること、又は公務により受傷罹病し一定以上の障害を持っていることなどが要件となります。

なので、上記の要件を満たしており、生きてさえいれば、日清戦争や日露戦争に出兵した方や、...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報