長野県松本市で交通事故専門で保険会社の顧問弁護士をしてない人で被害者の立場になって民事訴訟してくれる意欲ある弁護士を知ってる人いたら教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

>被害者の立場になって民事訴訟してくれる意欲ある弁護士を知ってる人いたら教えてください。


これ弁護士費用を安くしてくれる人を指してませんか?
民事なので 探せばいると思いますが 報酬かなり高価になると思いますがね。
幾らの請求の民事かは知りませんが・・・・
    • good
    • 0

保険会社側ではなく交通事故専門では食べていけないので、そういう弁護士はいないでしょう。

    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qおすすめの保険会社を教えてください。

経営者が新築の賃貸住宅を建築した場合に掛ける、

「火災保険、地震保険、家賃保険等」の

おすすめの保険会社を教えてください。

希望は、様々な特約、オプションを付けられたり、
財務状態が安定しているような定番の会社が良いと思っております。

Aベストアンサー

どこの保険会社でも心配無用です。

もともとその種の損害保険は掛け捨て型が中心であり
あまり保険会社の財務状態なんか考える必要はありません。

万がいつの場合でも保険保護機構が機能します。
それよりも、経験豊かなプロ代理店でよく説明を聞いて
加入すべきです。

保険会社より代理店の選択の方がはるかに重要ですよ。

Q刑事訴訟、民事訴訟の弁護士について

少し抽象的な話になってしまうのですが、
同じ事件での刑事訴訟と民事訴訟の両方を
同じ弁護士が受け持つってことは往々にしてあるものなのでしょうか?
例えば、その訴訟が同時並行で進んでいく事とかもありますか?

法律に関して良く知らない者ですが、ご親切な方、ご回答宜しくお願いします。

Aベストアンサー

どちらも「あり」です。

Qおすすめの保険会社!!

初めて車を購入しました。あと少しで納車になります。そこで質問なんですが、任意保険に入るのにおすすめの保険会社を教えていただきたいのです。
いろいろネットで検索したんですが、初めてのことなのでなにをどれくらい付けた方がいいのかすらわかりません。なので保険会社を決めて、それからその保険会社の人にいろいろ話を聞きたいと思っています。
値段はあまり差がないのはわかっているので、私が一番に求める事は事故があったときに、きちんと対応していただけるところです。私の親が入っているところは、何かあったとき書類を書いたりしてくれず、大変手間がかかったといっていました。なので、サービス面でよいところ、また出来れば値段も安いところがいいです。わからないことだらけなので、教えていただきたいです。お願いします。

Aベストアンサー

何処の保険に入っても大差はないと思います。

事故した時は損保会社の担当者が付くのですが、これはこちらでは選ぶことが出来ません。(変更は可能)
とは申しましても、代理店とは面識があっても損保会社の社員とは面識がないでしょうからその担当者の人間性までは分からないでしょうね。
要するに担当者次第ではないかと思います。

そこでお勧めなのが、その車の購入先で自動車保険に加入されてはどうでしょうか。

事故の報告も修理受付も一度に済ませることが出来ますし、自車の修理の経過や示談交渉の進行具合なんかも一度に確認が出来ます。

もし購入店が新車ディーラーなら尚更の事です。
保険会社も新車ディーラーには弱いところがあるので、
ディーラーの営業マンとの絆があれば、必ず良くしてくれると思います。

Q民事訴訟(損害賠償請求訴訟等)の被告の弁護士費用

民事訴訟(損害賠償請求訴訟等の金銭に関係する)の被告となった場合の弁護士費用は原告と同じと考えて良いのでしょうか?
(確か、訴訟額の何割かだったと思います。)

Aベストアンサー

弁護士報酬計算

http://www.asahi-net.or.jp/~zi3h-kwrz/law2feecalj.html
http://www.shinginza.com/fee.htm

時間制と、報酬制があります。

殆どが報酬制で行うようで、かつては各弁護士会が定めた報酬規定に従っていたようですが、2004年4月1日からは、各法律事務所単位で規定を定めるよう変更になっています。とはいえ、殆どが旧弁護士報酬規定を踏襲しているようです。

http://www.falawfirm.com/qa/hiyouqa.html
(ここに詳細に記述されています。)

報酬規定によると、一定の割合はあります。金額によって割合は変更されます。

>依頼を拒否されることもあるのでしょうか?

単純に他の事件対応や別業務で多忙だということや、体調不良や、その他の個人的事情によっても依頼をお断りすることはあるでしょう。得意分野も違うでしょうし。。
私の経験では勝てる見込みがないけれども、報酬を得られるということで、受ける弁護士さんもいらっしゃいます。結果(判決)がきちんと出るまで、納得できないという依頼者もいらっしゃるでしょうし。

弁護士報酬計算

http://www.asahi-net.or.jp/~zi3h-kwrz/law2feecalj.html
http://www.shinginza.com/fee.htm

時間制と、報酬制があります。

殆どが報酬制で行うようで、かつては各弁護士会が定めた報酬規定に従っていたようですが、2004年4月1日からは、各法律事務所単位で規定を定めるよう変更になっています。とはいえ、殆どが旧弁護士報酬規定を踏襲しているようです。

http://www.falawfirm.com/qa/hiyouqa.html
(ここに詳細に記述されています。)

報酬規定によると、一定の割合はありま...続きを読む

Qおすすめのペット保険会社は?

ペット保険のことについてお尋ねします。
私は犬を二匹飼っていて、今現在何も保険に入れていないのですが、
これからもし万が一、病気などした時のことを考えて、
ペット保険に入れたいと思うのですが、
保険会社も色々あって、どこが一番いいのか迷ってしまいます。
だいたい今、大手の2社で迷っているのですが、
どなたかペット保険に加入済みの方、おすすめの保険会社など
ありましたら教えて下さい。
アドバイスよろしくお願いします。

Aベストアンサー

迷っている大手の2社はどこのことですか?
犬と猫では金額も違うので、参考にならないかもしれませんが・・・(^^;

うちには猫が4匹いるのですが、初めに行った動物病院に「アニコム」の案内状があったので、
特に迷わず「アニコム」に入りました。月々の掛け金は、4匹の合計で3千円程度です。
「アニコム」の保険を使うと、治療費は5割負担、つまり半額になります。

4匹の中に、アレルギー体質でとても病弱なコがいて、2週間に1回の病院通いでしたので、
保険がきいてとても助かりました。そのコは残念ながら去年亡くなってしまいましたが、
保険料の返金と、初七日にはお花が届きました。

迷っている2社のうち1社が「アニコム」だと思いますが、私は「アニコム」をお勧めします。

参考URL:http://www.ani-com.com/

Q民事訴訟法は民事訴訟に使われるのに何故「公法」なの

民事訴訟は私人と私人の争いなのに、民事訴訟法は私法にならないのでしょうか?

Aベストアンサー

私人間の争いに対するきていではありますが、その目的は、裁判所や裁判官と当事者を拘束する規定なので、『公法』となります。

関係者の『行為・「手続き規範」』となるからです。

Q死亡保障のみの10年定期保険 おすすめの生命保険会社は?

死亡保障のみの10年定期保険に入りたいと思っています。
保証金額は1500万円程度ですが、掛け金・信頼性など総合的に考えておすすめの保険会社がありましたら教えてください!

Aベストアンサー

1500万円ならオリックスのファインセーブ(http://www.iryo-hoken.com/finesave/index.html)がよいでしょう。解約返戻金が無い代わりに保険料が割安です。
2000万円以上なら、アリコのスーパー割引定期保険(http://www.alicojapan.com/products/super-wari/hoshou.html)をおすすめします。喫煙の有無や、血圧、体型により保険料が割引になります。 
各HPから簡単に保険料が調べられます。ご自身で調べてみてください。
 最近健康診断や人間ドックを受けていますか?健康診断等の結果が良ければ簡単に加入できます。

Q民事訴訟の弁護士委任状の署名捺印

記名捺印でも良いかも知れません。

名前と印だけでも、裁判記録としてあるいは、代理権限証書として、法的に有効な証書でしょうか。

(住所居所の記載は、要件ではないのでしょうか?)

Aベストアンサー

民訴規則上は、「書面で」としか決まりがなく、住所が必要とされるような規定はないので、有効でしょう。

直接関係ありませんが、民訴法228条4項には、「私文書は、本人又はその代理人の署名又は押印があるときは、真正に成立したものと推定する。」とあります。住所は要件ではありません。

弁護人に対する委任状について、一般的な書証と異なる基準を採用する必要は無いと思います。

Q海外 障害保険 おすすめの保険会社を教えてください

今年の11月に7日間の日程でハワイに行きます。

海外で何かあった時の保障として、日本で海外保険を掛けてから出発しようと思っています。
そこで、海外保険でおすすめの「保険会社」を教えて下さい。

保険の内容としては海外での病気や怪我の治療・諸経費、その他滞在中のトラブルについて最低限度の保障がつき、尚且つ保険料も高額で無いものを希望致します。

代理店を通して申し込むより、インターネットからの申込だと金額が安い等もありましたら教えて下さい。

皆様のご協力、宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

No.2さんのご回答に続けます。
・・・なところもありますが、一部のJCBカードなど、持っているだけで自動的に保障されるカードもあります。
まずは、お手持ちのクレジットカードに海外旅行保険がついていないかどうか、ついているならどういう補償内容の保険なのか、確認するのが先だと思います。
ハワイで特に変わったことをするのでなければ、たいていはカード付帯保険で最低限(病気や怪我の治療保障200万円程度)はカバーされていることも多いです。
これで十分だとご自身で思われるなら、保険料は一切かからないで済むことになります。

クレジットカードもカード付帯保険もない場合は、普通に保険会社で加入することになりますが、何も考えずにセットプランを選ぶなら、旅行代理店の保険もインターネットの保険も、金額も保障内容も、あまり変わらないと思います。
至れり尽くせりのセットプランには、よく考えると不要と思われる保障までついているため、この部分を自分で選んでいく方式の契約(オーダーメイドプラン、などと言います)のほうが保険料は安く済むことが多いです。

No.1さんも書かれている「損保ジャパン」は、このオーダーメイドプランが可能な保険会社のひとつで、私もカード付帯保険の保障では足りないと思う行先や目的のときに、時々利用してます。

No.2さんのご回答に続けます。
・・・なところもありますが、一部のJCBカードなど、持っているだけで自動的に保障されるカードもあります。
まずは、お手持ちのクレジットカードに海外旅行保険がついていないかどうか、ついているならどういう補償内容の保険なのか、確認するのが先だと思います。
ハワイで特に変わったことをするのでなければ、たいていはカード付帯保険で最低限(病気や怪我の治療保障200万円程度)はカバーされていることも多いです。
これで十分だとご自身で思われるなら、保険料は一切かからな...続きを読む

Q民事訴訟中ですが,前任弁護士が協力してくれない。

現在,民事訴訟中です。

実は訴訟の前に弁護士を介して和解交渉をしていました。
その際,相手側(現在の被告)と何度か書面の交換をしたり,また実際相手側との話し合いの機会(相手は遠方に今は住んでいるので,弁護士と当事者がこちらに出向き)も持ちました。
当初は和解で解決出来ると判断されていたようですが,結局,決裂,訴訟でしか問題解決できないはめに。

前任弁護士は二名でした。
そのうちのお一人は最初から「裁判」の選択肢を口にされていたので,当然,和解決裂=裁判か・・・,と覚悟をしていたところ,「裁判を引き受ける気はない」とこの事案から手を引いていかれました。(この間2年です)

それで,現在の弁護士さんにお願いしたのですが,前任弁護士らは全くこれまでの状況,情報提供を拒否されています。
前任弁護士らは,「全て依頼人に話してあるから依頼人の言う事以外に話す事はない」というお考えのようです。
しかし,和解に向けての話し合い中,相手側は自ら自分の非を認めたことなど,(素人考えですが)裁判で重要になるかもしれない情報(当時,弁護士さんのお一人はメモを取っておられた)を持っておられるし,或意味重要な証人でいらっしゃるのにそれを提供してくれません。

これも職業上の守秘義務?
受任関係が無くなったらこんなものなんですか?

今の受任弁護士らも先輩弁護士らの態度と私からの依頼との間で苦慮されているようです。

誰か,教えて下さい。
どうしたらいいの?

(前任弁護士はお二人とも著名な50代後半のやり手弁護士さんらです)

現在,民事訴訟中です。

実は訴訟の前に弁護士を介して和解交渉をしていました。
その際,相手側(現在の被告)と何度か書面の交換をしたり,また実際相手側との話し合いの機会(相手は遠方に今は住んでいるので,弁護士と当事者がこちらに出向き)も持ちました。
当初は和解で解決出来ると判断されていたようですが,結局,決裂,訴訟でしか問題解決できないはめに。

前任弁護士は二名でした。
そのうちのお一人は最初から「裁判」の選択肢を口にされていたので,当然,和解決裂=裁判か・・・,と覚悟...続きを読む

Aベストアンサー

和解は訴訟の途中ですることもありますが、訴訟の前でもします。
いずれも、話し合いですから、本来の言い分を譲歩するものです。
ところが、判決となれば、裁判所が一方的に勝敗を決めますので和解の時の内容は、あまり意味がありません。
和解の途中で認めていたとしても本訴で否認することはよくあることです。
「あの時認めたでしよ」と云っても「それは和解の途中の仮定の話です」と云われます。
そのようにことから従前の弁護士は後任の弁護士に詳細なことは云わないわけです。
決して守秘義務の履行ではなく、伝えても、あまり役にたたないからです。


人気Q&Aランキング