ラティスの購入を検討しています。色々と種類があるようなのですが、予算の都合で材質は『木』になりそうです。そこで質問なのですが、ACQ注入品と焼き杉では、どちらが耐久性が高いのでしょうか?

A 回答 (1件)

断言しませんが、ACQ注入材の方をお勧めします。

きちんと作れば焼杉も耐久性が上がるのですが市販に出回っているのは意匠ありきで単に炙って擦っただけの廉価品が多いようです。

もう一点はメンテナンスの容易さです。ラティスを炙り直すのは大変ですがAQC注入材なら一般の木製屋外塗料で上塗りできます。どんな加工であれ木材の耐久性はメンテナンスの有無に大きく左右されますのでやっぱり簡単なメンテができる材をお勧めします。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qラティスフェンスを白壁にする方法教えて下さい!

現在、うちの周りにはラティスフェンスがありますが、青い光る石をところどころ埋め込んだ白い壁に変えたいと思っています。最近よく見かける、上が不規則な曲線になっている塀にしたくて、ラティスフェンスの両面にベニヤをはって形を決め、その上から白いセメントで塗っていく方法を考えていますが、それでラティスが腐ってダメになったりする心配はないでしょうか。。。現在、ブロック2つ積んである上にラティスフェンスは設置されています。もっと良い方法があるよ!という方も、是非教えて下さいませ。宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

こんにちは。

白塗りの塀は見た目も清潔感があって憧れを持つ方も多いですね。

ご質問のラティスが腐るかという部分については年数を経れば当然腐ると思います。雨が入り込まなくても結露などにより腐敗は必然でしょう。

ベニヤに塗り壁は室内などのディスプレイでは頻繁に使われる方法ですが、屋外では
1.雨が入り込まないように処置をする必要がある。天端を曲線にしたいとなれば尚更難しいと思います。
2.ベニヤ自体も水を吸うと脆くなる。膨張収縮を繰り返します。壁材にも良い影響はありません。
3.風圧をどのように考えるか。ラティスよりも大きな力がかかることは必然です。柱やブロックが耐えられるでしょうか。

上記を是非検討してみてください。
私個人はブロック積で下地を作ることをおすすめします。(大変ですけど・・・。)
また外構の白い壁は、建物の壁と違って雨が上から直接降り注ぐ為、雨ダレの汚れが付きやすいことも心にとどめておいて欲しいところです。

ちょっと厳しくなりましたが理想の住宅を目指して頑張ってください。

Qラティスの耐久性

色の変色したラティスをよく見かけますが耐久性は何年くらいでしょうか?色のはげは1年くらいでだめになってしまうのでしょうか?
また木材も2,3年で弱って割れてしまうのでしょうか?

Aベストアンサー

ウエスタンレッドシダーで作られているのなら10年ぐらいは木の性能は大丈夫ではないでしょうか!ノーメンテナンスで変色はしますが・・・
デッキ用の塗料を併用して耐久性UPでしょう。

Qラティスフェンスをたてたいのですが、

日曜大工初心者です。
幅が90センチ、高さが120センチのラティスフェンスを、
L字型に五枚立てたいのですが、
L字というより110度くらいなので、
そういった場合どうすればよいのでしょうか??
ラティスポストとフェンスの間に木材を挟んで調節すればよいのでしょうか??

40センチほどほって、ブロックを埋めてたてるつもりですが
普通のスコップでほっても大丈夫ですか??
やはり複式ショベルなど使ったほうがいいのでしょうか??

Aベストアンサー

>ラティスポストとフェンスの間に木材を挟んで調節すればよいのでしょうか??
20度の違いなので普通は削って110度面を作ります。

>40センチほどほって、ブロックを埋めてたてるつもりですが
モルタルでの固定を忘れないで下さい。あと、モルタル部分は地面から少し出すようにしてください。水切りすることで根元での腐食を防止します。

>普通のスコップでほっても大丈夫ですか??
5枚程度なら普通のスコップでも出来ます。

Qラティスの耐久

色あせ防止および耐久性をのばすにはどのような塗料を塗ればいいでしょうか?

Aベストアンサー

「教えてgoo!」のほかのページですが、ご参考までに。
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=53023

Qラティスフェンスに花を絡ませたい

お世話になります。
ラティスでフェンスを南西側に作りました。このフェンスに
何か花を絡ませたいと考えています。ネットで調べると
クレマチスやツルバラがあり、ぜひ植えて見たいと思いました。

フェンス下にプランターを置き(プランターを置くのは地面に
砕石が敷いているため)種を植えてニョキニョキと成長
し、ラティスに絡まると単純に考えています。(アサガオの発想)

この様な単純発想で良いのでしょうか?正式な植え方があれば
教えていただければ幸いです。


クレマチスやツルバラを絡ませたいと考えています。
フェンス下にプランターを置いてそこから

Aベストアンサー

プランタでは水の管理が大変ですよ

出来れば地植えにしましょう

プランタの大きさだけ掘ってプランタを埋めても構いません、水管理・温度管理が楽になります

伸びてきたら誘引して下さい

http://www.exteriorworld.jp/g_work/17/17g02.html

http://www.diy-town.co.jp/garden/tool_yuuin.html

100円屋のビニタイで構いません

ラティスに軽く留めましょう

季節毎にしっかり管理してください

http://www.keihan-engei.com/know/know03.html

QACQ材の塗料について

犬を庭で飼うために、ACQ材で柵を作りました。
長持ちさせるために塗装したいのですが、オススメの塗料を教えてください。
ブラウン系か無色のものを探しています。

Aベストアンサー

No1です。追加のご質問についてですが、表面から3mm程度しか入っていないのであれば、塗装よりはましですが、加圧注入とは言い難い状況です。当然JASにも通りません。木材の心材部分や、木材でもSPF材や米栂材は薬液が浸透しませんので、表面にインサイジングという無数の傷をつけて薬剤が中に浸透するようにしています。購入された材料が何であるのか分かりませんが、そのような処理はされていないようですから耐久性はあまり期待できません。塗装で耐久性を1年~2年延ばすことは可能ですが、いくら塗装しても耐久性を数年延ばすと言うことは不可能です。
屋外用木材保護塗料は基本的に木材に浸透するタイプですので、それを塗装したからと言ってひび割れを防ぐ効果はありません(これに対して家具に使うような塗膜性の塗料(ニス等)はひび割れは防ぎますが、屋外に設置すると紫外線で塗料がすぐにボロボロになってしまうので使えません。つまり塗装してもひび割れは防ぎようがありません。しかしひび割れの中に水が入ってそこから腐ります。と言うことで、木材の耐久性はもともと腐りにくい材料であるかどうかということと、加圧注入で表面より10mm以上薬液が浸透しているかが重要になります。。
ホームセンターで販売されている加圧注入処理木材の場合、加圧注入処理はしていても、実質したことにならない木材も販売されているので要注意のところはあります。しかし価格的に安いので、それを分かってお使いになるのであれば問題はないと言うところです。

No1です。追加のご質問についてですが、表面から3mm程度しか入っていないのであれば、塗装よりはましですが、加圧注入とは言い難い状況です。当然JASにも通りません。木材の心材部分や、木材でもSPF材や米栂材は薬液が浸透しませんので、表面にインサイジングという無数の傷をつけて薬剤が中に浸透するようにしています。購入された材料が何であるのか分かりませんが、そのような処理はされていないようですから耐久性はあまり期待できません。塗装で耐久性を1年~2年延ばすことは可能ですが、いくら塗装しても...続きを読む

Qラティス を フェンス に つけたい。

http://www.next-ex.jp/SHOP/026.html

上記↑が、我が家の外構フェンスです。

まるみえになっているフェンス一部に、目隠しラティスを
つけようと思います。

針金で止めればいいだろうと主人が言いますが、針金では
なんだか・・・。

なにかよい金具、方法をご存じではありませんか?

全部ではなく、一部なので困っております。

アドバイス宜しくお願い申し上げます。

Aベストアンサー

 結束バンドでとめればよろしいです。
ホームセンターの家電コーナーに行けばありますよ。
 百円ショップにもありますが耐久性がまったく違いますから
安物買いの・・・にならないようにしてください。
 電気工事専門用なら最高なんですがちょっと割高になります。


http://eeg.panduit.co.jp/products/cabletie/index.html

Q木と木を釘やネジで固定するときに木が裂けてしまう

日曜大工を年に数回やるのですが、木と木をネジや釘を打つとたまにその部分から裂けてしまいます。

これを避けるにはどうすればいいのでしょうか?
もしかしたら、木に予め穴を開けておけばそれだけ裂けにくくなるのでは?でも穴を開けるときに同様にチカラがかかれば同じく裂ける?
とも思っているのですが、実際どうなのでしょうか?

もし事前に穴を空けるのが正しいとした場合、どのくらいの穴をあければいいのでしょうか?またその穴はネジ(釘)の長さを5cmと仮定した場合、何cmくらい空けるのが正しいのでしょうか?

また、木と木を重ねて穴を空けるときは、皆さんどのように固定して空けてますか?

Aベストアンサー

 ネジの直径の2/3程度の下穴をあけるべきです。
 ドリル等で穴を開ければ、木が裂けることはありません。穴の深さはネジの長さの8割程度でよいと思います。

Qラティスフェンスの基礎のやり方

ラティスフェンスを庭に設置予定です。2x6防腐材をラティスの支柱にする予定ですが,その基礎で悩んでいます。
1)長さ400mm x φ200mm程度の塩ビ管を地中に埋め,その中に支柱の木材を入れて,消石灰と砂を混ぜたものを詰めて水で固めるとよいと聞きました。その消石灰と砂の混ぜる割合はどの程度が良いのでしょうか。
2)また,解体するのも簡単だと聞きました。水で固まってしまった石灰を解体するときは,どのような方法で行うのでしょうか。
3)また,近くのバラなどの植物に消石灰が影響を及ぼすことはないのでしょうか。
質問が多くて申し訳ないですが,教えていただけるとありがたいです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>消石灰と砂を混ぜたものを詰めて水で固めるとよいと聞きました・・
  情報源、犯人はわたしです。 どのようなフェンスの場合でも高さとその利用目的により基礎工事のやり方は様々です。

1):このやり方でH1800でL字型に6m程度施工済みです。
 基礎も塩ビ管を400mm切断したのを埋設して回りも石灰処理そして柱の中詰めも砂(といっても山砂です。川砂は適しません。お近くで庭土として真砂土といわれる場合もありますね。)で突き固めた上に給水して自然凝固に任せます。  配合は容積比で4:1程度です。(消石灰は25%)

2)固まるといってもモルタルよりは強度はありません。 スコップでも壊れます。 

3)6月頃にバラ園の近くの仕切り柵として2x4を柱として1x4を横桟にしてただ穴を掘って組み立て済みの上記柵を設置して消石灰との混合土として埋め戻しました。 特にバラには影響はありません。 
 単なる格好だけの柵としての利用なので強度は度外視ですがこの前の台風でもビクともしませんでしたね。 1)のラティスフェンスも同様です。 柳に風折れ無しということかなあ。 

  わたしがこのような簡易施工をする理由はあくまでも将来の解体処分を楽にするためです。 木ですからいずれは腐ります。 
 そのときの解体費用を安くするためと廃棄処分材を軽減するのが目的です。 (ただし道路とか人通りの多いところではもっと強度優先で施工するのは当然ですので注意してくださいね。)

 参考として地面がある程度の強度をもっているなら掘り崩さないで土中埋め込み用の鋼管杭(ラティスフェンス用があります。)を打ち込んで柱を□60にするのも方法です。

>消石灰と砂を混ぜたものを詰めて水で固めるとよいと聞きました・・
  情報源、犯人はわたしです。 どのようなフェンスの場合でも高さとその利用目的により基礎工事のやり方は様々です。

1):このやり方でH1800でL字型に6m程度施工済みです。
 基礎も塩ビ管を400mm切断したのを埋設して回りも石灰処理そして柱の中詰めも砂(といっても山砂です。川砂は適しません。お近くで庭土として真砂土といわれる場合もありますね。)で突き固めた上に給水して自然凝固に任せます。  配合は容積...続きを読む

Q土中のラティス用の杭などのシロアリ被害について

ホームセンターに販売されているラティス用の茶色の杭を現在、土中に埋めてあります(コンクリートで一部を固めて固定してはありますが、土とこの杭は接しています)。

この杭はコンクリートの家の基礎から一番近いものは、接しています(外壁にひっつけて立てている杭が一本あるのです)。

あと、生垣の切り株も一個、基礎から50センチ程度の距離に放置されています。

よく、敷地内の土中杭や放置して切り株から、シロアリが家屋の床下に侵入すると聞いたことがありますので心配しています。

家屋は3年前にシロアリ消毒をしてあります(五年間の保障あるので、昨年、一度、確認をしてもらいましたら、玄関に一箇所、シロアリがいたらしいのですが、消毒をしてもらいました。

で、半年前に、文中の杭を打ちました、このとき、気を切って、切り株を作ってしまいました。

この状態で、家屋のシロアリ被害は大丈夫でしょうか?

Aベストアンサー

シロアリの生態

先ず土に接して居ない限り その木材の被害は有りません

昔の田舎の家・あるいは神社などでも見られますが
置き石の上にただ漠然と並べられた石
その上にどっかりのっかかった太い柱

これらは土から離れた場所に立っているからシロアリから防げたものです

反対に土の中に打ち込んだ杭などは
よほどの防虫加工をしていない限り
シロアリの餌食になります。

公園などで桜などの木の根元に
倒木防止のために添え木がなされていることを見かけると思います。
桜の幹の太さが何倍にも成長して居るのにもかかわらず、その添え木は残ったままで
まれに成長した木に食い込んでいたりします。

この添え木に関しては、よほどの防虫剤が染み込ませてあるとしか言いようがありません
今は そのような有毒性物質は使えませんから 直にシロアリの餌食になってしまうのです。

木は土に埋めると被害にあいますが
それを伝って家屋の柱などに来ない限り シロアリの被害は無いと確信できます。

反対に考えれば
これらの不要になった公園の添え木の杭を拝借して
再利用すれば ほとんど彼らからの被害は防げるということになります。

シロアリの生態

先ず土に接して居ない限り その木材の被害は有りません

昔の田舎の家・あるいは神社などでも見られますが
置き石の上にただ漠然と並べられた石
その上にどっかりのっかかった太い柱

これらは土から離れた場所に立っているからシロアリから防げたものです

反対に土の中に打ち込んだ杭などは
よほどの防虫加工をしていない限り
シロアリの餌食になります。

公園などで桜などの木の根元に
倒木防止のために添え木がなされていることを見かけると思います。
桜の幹の太さが何倍にも成長して居る...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報