初めて質問をします。 75歳の父親の事です。10年以上前に脳梗塞を起こし、自宅療養していましたが、次第に介護度が上がり、自宅介護が困難になったため、3年ほど前から特養老人ホームに入所していました。入所時の必要書類として、延命治療を受け入れるか受け入れないかという意思表示を家族がする書類があり、受け入れないという意思表示をしていました。ホームでは自分で全く歩く必要がなくなったせいか、足が急激に弱り完全に車椅子となり、また脳梗塞の症状も進んだのだと思いますが、軽い痴呆を伴う様になり、食事・排泄の介助が必要でしたが、ホームのスタッフにはよく面倒をみて頂いており、家族も安心しておりました。 そんな中 脳出血を起こし救急病院に搬送され、手術を受ける事態が発生しました。手術は成功し 現在リハビリ病院で回復に努めていますが、経過は思った様には進捗していません。 斯様な状況下、家族の一人が手術は延命行為であり、あのまま手術を受けない選択肢もあったのではないか と言い出しました。 普通に考えれば、あの状態で脳出血を止める手術を受けないなどとはとても考えられない一方で、その家族は、巷で言われている延命治療を勘違いして、延命治療を拒否すると言ってあるのに何故 病院は手術をしたのだろう あのまま逝かせてあげた方が本人も幸せだったかもしれない と勝手に自分の頭の中で考えを膨らませて、かつそういう風に考えてしまう自分に対して思い悩んでいる様なのです。 周囲の人間にしてみれば、老人ホームで介護を受けながらの生活とはいえ 弱々しいながらも十分意識もあり、家族の訪問や食事もささやかな楽しみにしていた人間に対して、その様な考え方をするだけでなく それを他の家族に打ち明けて憚らない神経が理解できず、また我慢ならず、恥ずかしい話ですがよく喧嘩になります。 通常の治療を延命治療との線引きが難しいという話はよく聞きますし、理解もできますが 今回のケースは線引きが難しいという段階より、遥か手前の段階の話であって これ以上、そのポイントで悩んだり言い争ったりすることは、本人にとっても周囲の家族にとっても、無意味であるどころか家族関係を壊してしまうことになると思い、何とか心から理解をさせたいと思っています。 ただ、30-40年前の医療制度であれば、そういう選択も必ずしも全く考えられないものではなかった という意見を最近耳にしたこともあり、本人はますます混乱し家族関係をますます悪化させるという悪循環に陥ってしまっています。本人は決して父親の死期を早めたい意図で言っているわけではないのですが、言葉の流れから周囲にそう思われてしまっており大変なストレスになっている様です。延命治療の生半可な知識が、こういう勘違いから不幸を引き起こしているのだと思いますが、どなたか この様な人間を心から納得させられる様なアドバイスをいただけないでしょうか? 

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

たしかに治療と延命治療の線引きは難しい問題ですが


さすがに脳出血の手術はないでしょう。

延命処置は対症療法です。
命にかかわる脳血腫を取り除くという「根本治療」は、延命処置ではありえません。
簡単なことです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。その家族以外はおっしゃる様な普通の理解をしてそう説明しているのですが、いくら言っても腑に落ちない様子で 必ず喧嘩になってしまいます。 お恥ずかしい限りです。。 

お礼日時:2009/05/12 12:00

人の生命予後を左右する事なんて家族であれ、病院であれ認められていません。


手術も術リスクの同意を求めるわけで、死と生を選んで貰っている訳じゃ有りません。延命処置の同意だって同じです。
実際手術をしなくても助かる人が居ます。
で、手術をしてなければもっと障害が残ったり様々です。
取り違えておられるのでは?
唯一認められているのは消極的安楽死程度でしょう。
人間死ぬまで生きるために最善を尽くす様に成っています。
精一杯の事をして結果は受け入れてゆくほか有りません。
なるべくしてなった。御家族に生死の選択は元々有りません。
要はそれをどう受け入れてゆくべきか。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BB%B6%E5%91%BD% …
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%93% …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。 おしゃる通り 取り違えているのは間違いなく、問題は 取り違えだ と言っても頭の中にある種の固定観念みたいなものが出来てしまっており、なかなか心から納得させられないというところです。一部の新聞記事や伝聞情報を鵜呑みにして、目の前の現実に無理に当てはめてしまっている様なのです。 インターネット上でも同じ様なケースが他でもあることを知りました。 緊急治療時の気道確保の為の気管切開手術の同意に逡巡する家族に「そんなことを言うなら治療は全て延命措置だ!」とお医者様が怒ったとか。 本人には正しい延命治療の知識を積極的に勉強させる様に努めます。 重ねてありがとうございました。

お礼日時:2009/05/13 11:08

結果が分からないリスクに対して、その時自分が判断する立場であったら、どういう判断をしたか尋ねて見てください。


50対50であったらどうか。で80対20なら。
>>なぜ病院は手術をしたのだろう 
同意があったからです。助けることを前提で病院に運ばれます。
ベストな治療を示し、同意が有れば手術を行います。

また延命治療を行わないとは積極的に生かすだけの治療を行わない、尊厳死の様な消極的安楽死を指すと考えます。元々駄目な事が前提でしょう。で今もご存命であります。と言うことは消極的安楽死に当てはまらないと言う判断が正しい証拠でも有ります。尊厳死や安楽死などお調べになれば全然ラインが違う所に存在している事が分かると思います。この場合急病でありはずれます。不治とは誰にも分かりません。分かって居れば医者もその様に勧めやすいです。っていうか手術をしない方向で勧める方が恐ろしいです。もちろん拒否は可能です。
満足な体ではないから病院の判断が・・・なんて理由も原因も全然検討違いです。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AE%89%E6%A5%BD% …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。 全くおっしゃる通りですね。 質問をお読みになっていて、ご不快になったかと思います。 本当の延命治療について心から悩んでらっしゃる方々にも本当に失礼な話と思っております。 書類で不同意とした延命治療とは何なのかが全く理解できていないのです。延命治療の同意・不同意の書類記入の際に、はっきり こういうケースはあきらかにこの書類で言っている延命治療ではありません という様な定義が示されていると、最初のボタンの掛け違いもなかったのかもしれません。

お礼日時:2009/05/12 12:23

このQ&Aに関連する人気のQ&A

  • 救急手術の適応と予後<お年寄りの病気>の症状や原因・診断と治療方法

     高齢者は、受診をためらって診断が遅れることがあり、そのため病気が重症化して緊急手術が必要になることがあります。また、感染症にかかっているのに、感染の指標である血液中の白血球の増加が認められない場合や、特徴的な腹膜刺激症状がはっきりしない腹膜炎(ふくまくえん)の場合があり、診断の遅れにつながります。低栄養状態で活動性の乏(とぼ)しいお年寄りは抵抗力がないため、感染症が急に進みます。  高齢者の虫垂炎...続きを読む

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q脳出血で意識不明。

80歳の祖母についてです。


先日(4日前)に祖母が
脳出血で倒れました。

・現在ICU
・自発呼吸あり
・手術は出来ない
・意識がない
・呼びかけに全く反応なし
・出血範囲は広い
・現在点滴治療のみ。

ちなみに
・高血圧
・糖尿病
・動脈硬化
・認知症
・心臓病
などの持病があり
もともと要介護4でした。

以前脳梗塞になったことが
あります。
ワーファリンを服用していました。

私がわかっていることは
以上です。


直接医師と話せないため、
どこに出血があったのか、
これからどうなるのか、

何もわかりません。

面会も時間がかなり限られています。


脳出血に関して、
また予後について、
体験談など何でもいいので
教えていただけませんでしょうか?

Aベストアンサー

私はリハビリ職ですが、わかる範囲でお答えします。

持病から判断すると、かなり厳しい状態と思われます。

糖尿病があるので出血傾向が強いうえにワーファリンを内服していますので、出血はなかなか止まらないのでかなりの時間出血していると思われます。

その間に脳浮腫と言って脳がはれると生命に中枢である脳幹を圧迫します。これを脳ヘルニアと言いますが、これが発生すると状態はさらに悪化するかもしれません。

これは最悪の場合ですが、うまく医師がコントロールしてくださっても、今までどおりに回復することは不可能だと思われます。

出血場所などにもよりますが、良くなってもほぼ寝たきり状態であり、会話も出来ないと思われます。

私が関わって診てきた範囲の返答ですので、絶対ではありませんが多くの人がそうなっています。

期待を持っていただくことを記入するのは、後が大変になると思い率直な意見を言わせていただいています。

容赦ない返答、ご了承ください。

Q脳内出血→意識不明

友人が今年の春に脳内出血で倒れました。
彼は一人で家にいるときに意識を失ってしまい、結局発見されたのは倒れてから二時間も経ってからでした。
今も意識が戻っていません。
現在の病状は情報が入ってきていないので判らないのですが、病院に運び込まれた当初、集中治療室に入れられ、話しかけると涙を流す(反応がある)こともあったそうです。
でも、それは脳に血が回ってしまい出血が再び起こる危険性があるため話しかけることも出来ず、手を握ることしか許されなかったと聞いています。
それ以来、なんの情報もないため、状況は変わっていないのだと思います。

ここで質問なのですが、このように時間が経ってから発見され、今現在意識の戻らない彼ですが、今後意識を取り戻す可能性はあるのでしょうか・・・。
脳内出血は時間との勝負だと聞きますし、やはり可能性としては低いのでしょうか。
本人の問題もあると思いますが、統計的な可能性でも構いません。
どなたか知っている方いらっしゃいましたら、教えて欲しいです!

Aベストアンサー

実際にそのような方を何人も見ていますが、2時間たって意識不明はかなり厳しい状況としかいいようがありません。
もちろん奇跡的に回復する方はいますが、家族や本人の力、努力がハンパでなく必要となります。が、奇跡的な事実も何人か知っています。
どうかあきらめないでください。家族や周りの人があきらめたときが回復が止まるときです。脳はまだ解明されていない部分のほうが多いのです。刺激をすればいままで使われていなかった部分が働き始めるときもあります。
どうかお大事に。

Qどこからが延命治療でしょうか?

躁鬱病の父が自殺未遂をしました。
人工呼吸器をつけ、ICUに入っています。

今の状態としては、
・最初に昇圧剤を使ったことにより、今は昇圧剤を使わなくても血圧は100~60くらいを保てている
・自発呼吸はあるが弱く、人工呼吸器を使わないといけない
・意識は病院に運ばれてからも全くなし。
 脳内に血液が回らなかった時間があり、CTでも脳の色が正常ではないので、意識が戻る確立は低いといわれました。
 脳内に腫瘍当はなし
・糖尿病で太り気味だったが、臓器はほぼ健康(50代)
・植物状態になる可能性が高い


家から遺書のようなものが見つかり、
延命治療はしないでほしいという内容も書かれていました。
日付が書いてありましたが、なぜか1週間ほど先の日付でした。
その日に死ぬつもりだったのが、早まったのでしょうか・・・

医師の方の説明では、
「今後急激に容態が変化する可能性は低いので、
 しばらくこのまま様子を見ましょう。
 口から入れる人工呼吸器は、感染等の要因から長く続けることはできないので、
 落ち着いたら喉を切開して管を通しましょう」
と言われています。

人工呼吸器を使うことは、延命治療にはあたりませんか?
また他のどのような行為が延命治療になるのでしょうか?
父の手紙の意思通りにするかどうかは家族で相談しないとわかりませんが、
今の私たちに選択肢は特にないのでしょうか。
ICUに入っているため、面会も1回10~15分とされていて、
常にそばにいて声を掛けたりすることもできません。

また、植物状態になってしまったら、
その後はどうなるのでしょうか・・・

躁鬱病の父が自殺未遂をしました。
人工呼吸器をつけ、ICUに入っています。

今の状態としては、
・最初に昇圧剤を使ったことにより、今は昇圧剤を使わなくても血圧は100~60くらいを保てている
・自発呼吸はあるが弱く、人工呼吸器を使わないといけない
・意識は病院に運ばれてからも全くなし。
 脳内に血液が回らなかった時間があり、CTでも脳の色が正常ではないので、意識が戻る確立は低いといわれました。
 脳内に腫瘍当はなし
・糖尿病で太り気味だったが、臓器はほぼ健康(50代)
・植物状態に...続きを読む

Aベストアンサー

医療従事者です。
延命治療とは

治療すれば元の(悪くなる前の)お父さん、もしくは元の状態になる可能性が見える状態になるための治療
以外の治療

かと思います。
ちょっとわかりづらいですが。
ただ状態が戻るあても無く人工呼吸器などをつけて生命を先延ばししているだけの状態ならばそれは延命治療です。
今の日本は医療やメディアが発達しすぎて患者本人の意思や家族のその後の介護の問題が置き去りになっています。
私たち医療従事者も患者さんが急変したとき、心臓マッサージをしながら「ホントにこの処置をしてこの人には幸せなんだろうか?」「こんなことをしても死ぬのを先延ばしにしているだけなのにな」
と考えてしまいます。
でも本人以外は幸せかどうかなんて判断できる権利のある人はいません。
ですのでとりあえず延命処置を希望をされない方以外は精いっぱいさせてもらっています。
ある患者さんの家族の方は言いました。
「急に悪くなった時は助かってもらいたい!と思ったけど今がこんなにつらいとは思わなかった。早く楽にしてあげたい。」
その通りだと思います。
今の私たちに選択肢は特にないのでしょうか。とのことですが、はっきり言って「ない」です。本人以外。
一概には言えませんが私個人の意見としましては「本人の希望にそう」というのが意見です。
ただひとつ忘れてはいけないのが人間は無限の可能性を秘めているということです。
可能性がたとえ1%でも元の状態に回復する人もいるのです。極めてまれですが。
他の家族の方と話し合ってみてはいかがでしょうか?

医療従事者です。
延命治療とは

治療すれば元の(悪くなる前の)お父さん、もしくは元の状態になる可能性が見える状態になるための治療
以外の治療

かと思います。
ちょっとわかりづらいですが。
ただ状態が戻るあても無く人工呼吸器などをつけて生命を先延ばししているだけの状態ならばそれは延命治療です。
今の日本は医療やメディアが発達しすぎて患者本人の意思や家族のその後の介護の問題が置き去りになっています。
私たち医療従事者も患者さんが急変したとき、心臓マッサージをしながら「ホン...続きを読む

Q脳梗塞で植物人間になった人の入院先について

私の義父が二度目の脳梗塞で倒れました。今回で脳の3分の2がダメージを受けたことになり、医学的には植物人間との診断です。
現在10日程度過ぎており脳の腫れのリスクはほぼなくなりました。気道確保の処置がなされておりますが、これは一時的なもので、呼吸と痰の除去用に気管切開の上チューブを取り付ける予定です。
基本的には自力呼吸はできるようですが今後食事は流動食を与え、痰を除去するという介護になろうかと思います。
今後の課題は、上記の状態のままでどう介護するかですが、恐らく完全介護の病院に入ると思いますが、現在の病院のICUから一般病棟或いは他の病院に転院するにあたり、不安点が二つあります。アドバイスをいただけると助かります。
(1)費用の問題 66歳の高齢であり、重度の身障者である当人が完全介護の病院に入院するとどの程度の負担があるのか、義母が心配しております。
(2)期間の問題 実際に入院するに当り、どの程度の期間入院できるのか、何かガイドラインはあるのでしょうか。また、上記のような状態で自宅での介護というのは有り得るのでしょうか?
最終的には主治医の説明を聞いて判断するつもりですが、主治医の説明を正しく理解するためにも上記の情報はあらかじめ頭に入れておきたいと考えております。

私の義父が二度目の脳梗塞で倒れました。今回で脳の3分の2がダメージを受けたことになり、医学的には植物人間との診断です。
現在10日程度過ぎており脳の腫れのリスクはほぼなくなりました。気道確保の処置がなされておりますが、これは一時的なもので、呼吸と痰の除去用に気管切開の上チューブを取り付ける予定です。
基本的には自力呼吸はできるようですが今後食事は流動食を与え、痰を除去するという介護になろうかと思います。
今後の課題は、上記の状態のままでどう介護するかですが、恐らく完全介護の病...続きを読む

Aベストアンサー

うちの母も脳出血で3回倒れ、いわゆる植物状態です。
初期の頃は痰が多く、吸引のために気管切開をしていました。
最近は痰の量が減ったため、気管切開用の器具は外してしまい、口鼻から吸引しています。
食事は流動食で、植物状態になってから14年になり、現在67歳。
娘の私一人で養っているため、仕事の都合上、今までずっと病院でお世話になっています。

介護保険が始まるまでは、やはり一般の病院に入院しており、3か月毎に転院しておりました。
「家族の常時つきそい」が条件で、無理な場合は、入院付き添い専用の「家政婦さん」を実費でつけてください、という病院がほとんどでした。
しかし最近では「家族の常時つきそい」「家政婦さん」は禁止になった病院が多いようで、病院側の「完全看護」になり、家族は面会時間のみ面会できるシステムのようです。
※これは私の地方だけのシステムかもしれないので、ご参考までに。

一般の病院は3か月毎に退院・転院を促されるし、気管切開をしていては老人ホーム・特養 は入れてくれません。
介護保険が始まってからは「要介護5」に認定されたため「療養型医療施設」にお世話になっています。
こちらでは3か月毎の転院を促されることはありません。
いわゆる老人病院で、寝たきりや痴呆の老人がほとんどですが、老人ホーム・特養と違って医療行為もしてもらえます。
どちらにしても介護保険をご利用することになると思いますので、まず区役所の介護福祉課で、要介護認定の申請をされることをオススメします。
※ただ、2011年をメドに、国は「療養型医療施設」を無くして行く方向らしいので、基本的に家庭で介護するしかなくなって行くようです。

介護認定のランクによって、かかる費用は変わってきます。
うちの場合は「寝たきりのままずっと安定していて、大きな医療行為はない」状態で、「世帯全体が非課税で年収80万円以下」の本人のみの独居世帯で、介護保険利用料・食費・居住費・その他雑費で、毎月11-13万円かかっています。
「高額介護サービス費」払い戻し制度もありますので、極端に高額になることはありません。

役所に届けている「世帯」に、他に収入のある家族がいると、世帯収入が上がるため、毎月かかる費用もはね上がりますので、ご注意を。

これから色々大変だとお察ししますが、お互いがんばりましょう。

参考URL:http://www.kaigo-nagoya.com/

うちの母も脳出血で3回倒れ、いわゆる植物状態です。
初期の頃は痰が多く、吸引のために気管切開をしていました。
最近は痰の量が減ったため、気管切開用の器具は外してしまい、口鼻から吸引しています。
食事は流動食で、植物状態になってから14年になり、現在67歳。
娘の私一人で養っているため、仕事の都合上、今までずっと病院でお世話になっています。

介護保険が始まるまでは、やはり一般の病院に入院しており、3か月毎に転院しておりました。
「家族の常時つきそい」が条件で、無理な場合は...続きを読む

Q脳内出血で2週間意識不明です

義母が脳内出血でもうすでに2週間意識不明です。
とりあえず今は脳に溜まっている血液を外に出すのと、腎臓の働きを良くする薬、高血圧を抑える薬の治療しかしていません。
今日ようやく検査で脳のどの部分が出血しているのかを調べるそうです。
わたしとしてはもっと早くにそういうことができなかったのかと思うのですが。
先生曰く、義母が重体で検査もできない状態だったと言います。
2週間も意識不明でもまた意識を回復することはあるのでしょうか?

Aベストアンサー

何年間も昏睡状態がつづいていて
意識が回復し、
退院して仕事に戻れた人がいます。

アナタさまの、これからのために
<Be Prepared(Boy Scout's Motto):備えよ常に>という
言葉を捧げます。日々の暮らしの中で、あらゆることに
備えて、トータルでの人間力を上げてください。

お姑さん、早く回復するといいですね。
祈ってます。

Q点滴だけでどれ位生きられるのでしょうか?

86歳の祖母が今月5月の17日から点滴のみで寝たきり状態です。
4月に酸素濃度が低いと言われ入院。
そのままご飯を飲み込むのが難しくなり、鼻から食事を取るようになりました。
5月の15日に胃ろうの手術を行う予定でしたが、体調が悪そうなので断念。
そして17日の朝に危篤と言われ、あと30分しかもたないでしょうと連絡があり、家族で病院に駆けつけました。
病院に着いた時は安定しつつあり、それでも2.3日が山でしょうと言われました。

今10日以上経ちましたが、変わらず点滴のみで酸素を鼻から送っています。
心拍数は70くらいで酸素濃度は時々80代まで下がってしまうようですが基本的に95以上はありますし、おしっこもちゃんと出ているようです。
血圧も標準です。
何を言っているか聞き取れないのですが、1日2.3回は口を動かして言葉を発します。
寝返りもうちます。
時々笑ってくれたりもします。
帰りたいのに帰れない、言葉も伝わらないことで怒って弱々しくですがパンチしたりもしたそうです。

それでも病院側はまた鼻から管を入れて食事するのは難しいでしょうと言います。
このまま点滴だけで...と言う感じです。

重度ではないですがもともとパーキンソン病も持っています。
身長140cmない位で体重は今25kgあるかないか位です。
今は歩くことは不可能です。

身内として見てるのも辛い、可哀想で仕方ありません。
私達の家から祖母のいる病院まで片道3時間程かかるので、次また危篤の連絡が来た時、最後一緒にいてあげられないんじゃないかと母といつもヒステリックになってしまってしまいます。
私も仕事が忙しく、母も父方の祖父祖母の世話をしていてずうっと付きっきりにはなれない状態です。
鼻からの管がこれから先出来ないと断定された時、点滴だけでどれ位生きられるのでしょうか?
昼間はKN3号と言う点滴を入れているようです。

どなたかお返事くだされば嬉しいです(;_;)

86歳の祖母が今月5月の17日から点滴のみで寝たきり状態です。
4月に酸素濃度が低いと言われ入院。
そのままご飯を飲み込むのが難しくなり、鼻から食事を取るようになりました。
5月の15日に胃ろうの手術を行う予定でしたが、体調が悪そうなので断念。
そして17日の朝に危篤と言われ、あと30分しかもたないでしょうと連絡があり、家族で病院に駆けつけました。
病院に着いた時は安定しつつあり、それでも2.3日が山でしょうと言われました。

今10日以上経ちましたが、変わらず点滴のみで酸素を鼻から送っています。...続きを読む

Aベストアンサー

水分と最低限の栄養素だけ点滴で賄えれば、何年も生きる方もいますよ。
自発で呼吸ができず人工呼吸器をつけ、点滴だけで数年生きて、数年ぶりに目覚めたといった話を聞いた事はありませんか?

KN3は維持薬ですね。水分の維持をする為のものです。これだけでも生きられますが、胃ろうができない方に高カロリーの点滴を使う事もありますが、高齢でその状態ではちょっと難しいかも知れませんね。

人間は、食事をせずとも点滴だけで生きていられるんですよ。

ただし高齢で体重も少ないですからどうしても感染症等の危険もあるでしょうし、臓器の状態、おそらく血液検査や胸部、腹部エコー等もされているでしょうが書かれていませんからなんとも。。
前日まで元気そうに見えていても、翌日急変してその数時間後にはという方もいれば、数か月の方もいますしね。

余命は、現場にいても医師でも数時間前~数日前まで判断できないものです。

残された時間を大事にお過ごしください。お大事に。


人気Q&Aランキング