現在31歳のフリーターです。
18の時に統合失調症(以前は精神分裂病といわれていた病気です)にかかり大学卒業後一回も定職に付くことが出来ず病気と闘ってきました。
今現在は落ち着いてきたため大学時代からの夢であった不動産鑑定士になりたいがために専門学校(TACを考えてます)に通う資金を稼ぐべくアルバイト(レジ)をしています。長らく病気を患っていたためリハビリを兼ねて簡単なアルバイトです。
ちなみに学歴は県立船橋(全日制)→法政(経営)なのであまり頭が良いというわけではありません。また宅建は大学一年の時に取りました。
そこで質問です。今から鑑定士の勉強をはじめ35歳位に合格したとして職歴なしのどこの馬の骨とも分からない人間を雇ってくれる事務所はあるでしょうか?
アドバイスお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

現役です。


不動産鑑定士の最終学歴は不動産鑑定士。
他の鑑定士がどこの大学を出たか、どこで働いていたかなんて殆ど知りません。(飲んだ時に話題になる程度)

大手事務所は年齢から無理かも知れませんが、普通の事務所だと職歴なしでも大丈夫だと思いますよ。
当社では学歴、職歴はみません。本人の性格をみます。

鑑定士は仕事の受付、打ち合わせ、評価の説明、今後のアドバイスが必要になりますので、まじめで責任感の強そうな人を選びます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
勇気が出ました。
とにかく今は試験に受かるべく一生懸命に勉強し、自分の内面も磨いていく時期ですね。

お礼日時:2009/05/12 21:36

そうですね。

宅建の資格があると、試験勉強もかぶる部分があると思います。(少し合格されてから離れているので大変だとはおもいますが・・)
 ただ実際に合格した際に、過去の職歴・・というよりは人間性が重視されるようです。(LECで不動産鑑定士を教えている講師の方が言っていました)
 TACをお考え、ということですので、『資格無料相談会』などもやっていますので、一度足を運んでみたらいかがでしょうか?実際に講師の方が来て、勉強のやり方や実務についての内容が聞けたりします。
 簡単な資格試験ではないと思いますが、頑張ってください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
職歴よりも人間性ですと、勉強もさることながら己を磨いていかなければいけませんね。がんばってみます。
『資格無料相談会』は是非行こうと思います。実際の話を聞いて動こうと思います。
ありがとうございました。

お礼日時:2009/05/13 04:35

こんな質問に誰が回答できるのでしょう?


雇ってくれる事務所は雇ってくれるし
雇ってくれない事務所は雇ってくれない
ただそれだけでしょう?
ここを見ている人が
雇ってくれる事務所と雇ってくれない事務所を
どう判断できると言うのでしょうか?
少なくとも鑑定士の試験をこれから挑戦しようかと言う人でしょ?
この質問ではちょっと先が思いやられますね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
確かにそうですよね。雇ってくれるとこは雇ってくれるし、雇ってくれないとこは雇ってくれない。
変な質問をして申し訳ありません。
今はひたすら合格目指して勉強するのみですよね。
がんばります。

お礼日時:2009/05/12 04:11

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q二級建築士と不動産鑑定士

不動産鑑定士は土地はもちろん、建築の知識が必要と聞いています。
しかし、現実には建物の鑑定が苦手な不動産鑑定士が多いみたいです。

そこで質問ですが、二級建築士が不動産鑑定士の資格を持てば建物の評価(住宅などの建築物)をする場合、十分に対応出来ると言えますか?

Aベストアンサー

 kanseiと申します。不動産鑑定士です。
 ご記述の通り、不動産鑑定士には建物の知識が必要です。ですので、二級建築士の資格をお取りになられることは、非常に有意義なことであると考えます。しかし、不動産鑑定士に求められる建物の知識の範囲と二級建築士に求められる建物の知識の範囲は異なりますので、「十分対応できる」とは言えません。なぜなら、不動産鑑定士が「評価」のための知識を必要としているのに対して、二級建築士は「建築」のための知識を必要とするものであるからです。「評価」のための知識とは、再調達のコストの把握、減価部分の把握、改修費の把握、取壊費用の把握及びこれらを必要とする背景の把握のために必要な知識であり、「建築」のためのそれとは異なるのです。

Q日商簿記の勉強 TACか大原かで迷っています

 7年程前に、日商簿記2級をとりました。いろいろ機会があって、もう一度勉強しなおして、1級を目指そうとおもっています。
 そこで、TACのビデオ講座か、大原に通うか、独学で勉強するか迷っています。また、1級を勉強する前に、2級までの復習をしようとおもっています。
 お勧めの、テキストあるいは、勉強法を是非アドバイスしてください。

Aベストアンサー

その大原で講師をしております(商業簿記、会計学のみ)。

 大原でもTACでも、ビデオよりは通学のほうが、質問がすぐにできるのでいいと思います。独学は厳しいと思います。

 おそらく来年四月以降の受験になると思いますが、いくつか変わったものや、新しく入ってきたものがあります(例えば「有価証券評価益」なんてものがでてくるようになってしまいました)。ですからむしろ、復習はしなくて良いと思います。ただでさえ2級の範囲ではあるけれども、1級では範囲にならないものがありますし。

 ちなみに1級では総合的な問題が必ず出題される傾向にあります。ですのでもし復習されるのであれば、損益計算書や貸借対照表を中心にすべきでしょう。がんばってください。

Q不動産鑑定士と建築士

不動産鑑定士が建築士を必要とするのは何故でしょうか?
インターネットで不動産鑑定士についての情報について調べていたところ、不動産鑑定士には建築士の知識が必要云々…書かれていたので気になりました。


…教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

kanseiと申します。不動産鑑定士、マンション管理士、宅建主任者、管理業務主任者の資格者です。
 「不動産鑑定士が建築士を必要とする」という表現は正確には間違っています。「鑑定評価をする上で、建築士の知識が有用である」ということです。ご存知の通り、不動産鑑定士は土地だけではなく、建物の評価も行います。この場合、建物に関する知識は極めて有用なものとなります。(具体例をあげると、再調達原価の把握、改装費・修繕費の算出、土地残余法適用時の建物の想定、経済的残存耐用年数の把握等の様々なところで有用です)
 もちろん、建築士の資格を有しているような優秀な方々が鑑定業界に来られた場合、歓迎されることは間違いありませんが・・・。

Q不動産鑑定士と司法書士

働きながら、しかも予備校ではなく通信講座で勉強する場合、「不動産鑑定士」と「司法書士」ではどちらが難易度が高いですか?(ちなみに国家二種・宅建・簿記3級取得済)

Aベストアンサー

当然鑑定士では?鑑定士が税理士より下のランクに来るとは
到底考えにくいかと・・・・
掲示板に話題にされるような、何か変なハロワ求人を見たためではないかと・・・
まあ今後旧司法試験受験生多数が司法書士試験に流れ込んだら
書士試験に受かりにくくなるという事態が、起こりうる可能性は
ありますが。

Q不動産鑑定士に興味があるのですが・・・

不動産鑑定士に興味がある高校生です。

私は将来、資格を取って独立開業する仕事を考えており、不動産鑑定士が一つの候補となっています。

しかしながら、私の両親はそんな仕事はつまらないからやめておけと言います。

私は、仕事におもしろさを求めてるわけではないので、あまり気にしてはいないのですが、自分にその仕事が向いているのか疑問に思っています。

不動産鑑定士に関する本はいくつか読んだことはありますが、どれも高校生が理解できるものではないので、あまりよく分かりませんでした。

不動産鑑定士はどのような方に適正があるのでしょうか?

不動産鑑定士の方、あるいは経験者の方に教えていただきたいです。

Aベストアンサー

不動産鑑定士です

適正というと、不動産は鑑定評価書を書く事務系の部分と、実際に不動産を見に行く肉体労働系の部分を持っております。
仕事の手順に沿って説明しますと
(1)現地調査:所有者と一緒に不動産を確認したり、場合によっては金融機関からの依頼で所有者に内緒で不動産を確認しなければなりません。雨の日も猛暑の日もです。
ただ漫然と見るのではなく、問題点がないか注視することが必要ですので、大変神経を使います。
不動産も街中のビルだけではありません。広大な工場であったり、山林であったり、場合によっては海岸線であったりします。想像してみてください、台風の時や真夏のクソ暑い日に海岸線であったり、雪が降り始めた山林だったりと、体力が必要な場合もあります

(2)役所調査:役所、法務局、場合によっては県庁などにも赴いて法的規制について調査します。役所によってはダメ担当者だったりして上手く資料が貰えない時もあります。特に最近は個人情報保護法を盾にとって、かなり強行に情報を開示してくれないダメ担当者もいますの、ここは人間力が試されます。

(3)評価書作成:集めた情報をもって作成します。ここで評価書を上手に書けるかが、力量を問われます。依頼者は一般の方なども多いため、難しい専門用語ならべても分りませんんので、簡潔でいて論理的でなければ、不動産鑑定をする意味がありません。中には不動産鑑定士の判子(お墨付き)さえあればいいと言う方も少なくありませんが、それでは評価書を書く意味がありませんよね。

とまあこんな感じです。
適正としては

・不動産からみなので、色々な法律を覚えなければなりませんし、専門職なので同じ仕事の連続です。粘り強く飽きっぽくない人に向いてるかもしれません。この辺がお父さんが面白くない仕事って言ってるのかもしれませんね。
・業界自体がやや古い体質で、個人営業のおじいちゃんが多いので、その辺に耐えられる人

ってこんな感じですかね?会社も個人から大手まで沢山あるので、適正はやり始めてみないとなんとも分りかねますが・・・・・
それより業界内では仕事が減ってどこも厳しいみたいです

不動産鑑定士です

適正というと、不動産は鑑定評価書を書く事務系の部分と、実際に不動産を見に行く肉体労働系の部分を持っております。
仕事の手順に沿って説明しますと
(1)現地調査:所有者と一緒に不動産を確認したり、場合によっては金融機関からの依頼で所有者に内緒で不動産を確認しなければなりません。雨の日も猛暑の日もです。
ただ漫然と見るのではなく、問題点がないか注視することが必要ですので、大変神経を使います。
不動産も街中のビルだけではありません。広大な工場であったり、山林であったり...続きを読む

Q不動産鑑定士の予備校選びで迷っています

不動産鑑定士の予備校選びで、TACとWセミナーで迷っています。
どちらが良いのでしょうか…?
TACがいいと聞きますが、Wセミナーにしようかと考えています。
通学で勤めながらの予定なのですが…
 
ご意見をお待ちしております。

Aベストアンサー

NO2です。
合格者と話をする機会があったので、参考までに・・・。

基本はTACで受けた方がいい。
(母集団が圧倒的に多い)
ただし、合格者はたいてい、Wセミナーの模試も手に入れている。
TAC&Wの模試で出された論点は 合格する受験生のほとんどが知っていると思っていい。
=試験に出たときに、それができないとマイナス。
LECは受けている人数が少ないので、無視してよい。

だそうです。
他に質問があれば、可能な限り、お伝えしますので、どうぞ。。。

Q不動産鑑定士のほうが司法書士より合格難易度が高いと言う意見を聞くのですが・・・?

不動産鑑定士のほうが司法書士より合格難易度が高いという意見を聞いた事があるのですが、実際はどうなのでしょうか?

予備校のサイトを見ますと、確かに司法試験、公認会計士、司法書士、不動産鑑定士、税理士等は難易度が高い試験だと紹介されていますが、
不動産鑑定士と司法書士ではどちらが難易度が高いのでしょうか?

Aベストアンサー

資格試験の神様とかいう少し前の本でも
文科系3大難関資格と言えば、旧司法試験、公認会計士試験、
そして不動産鑑定士試験ですから・・・
鑑定士は3次とかまであったのでは?
今年の司法書士試験1次午前部択一の問題も、少しばかり
易しかった模様ですよ。
鑑定士は信託銀行の精鋭部隊とか、専門の人が受ける(受けさされる)
ようですよ。

Q不動産鑑定士とマンション管理士の試験範囲

将来的に不動産鑑定士を目指している者です。先にマンション管理士の資格を取っておこうと思い勉強をしていました。しかし最近疑問が… 出題範囲で重なっているところはどれくらいありますか? 当然重なっているところは思いますが、あまり重なってない場合マンション管理士の勉強を止めて不動産鑑定士の勉強に入ろうかと思っています。書店などで調べてもはっきりしたことがなかなか分からないです。どなたか教えて下さい。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 kanseiと申します。不動産鑑定士、宅建主任者、マンション管理士の現役です。
 不動産鑑定士を目指されているとのこと、将来において鑑定業界の発展に寄与下さるものと期待しております。頑張ってください。
 さて、ご質問の件ですが、法令名等までここで書けといわれると私も困るのですが、大まかに申し上げると、不動産鑑定士の受験勉強をきちんとされているのであれば、マンション管理士の受験のために勉強しないといけないのは、マンション標準管理規約、区分所有法、設備、その他マンションに関する各法令程度だったはずです。ですので、不動産鑑定士の勉強をされているのであれば、+αの勉強でマンション管理士の勉強は終了でききます。ただ、これが逆だというのであれば、話は別です。マンション管理士を先に勉強されてステップアップしたいというのであれば、おすすめはできません。マンション管理士の勉強を終えても、不動産鑑定士の勉強の1割も終わったことにはなりません。
 ですので、本気で不動産鑑定士を受験されるのであれば、先に不動産鑑定士の勉強をされることをおすすめします。但し、覚悟はしてください。かなりストイックな勉強を要する世界がまってますから。。。
 何にせよ、ご希望の資格が一日も早く取得できるといいですね。頑張ってください。

 kanseiと申します。不動産鑑定士、宅建主任者、マンション管理士の現役です。
 不動産鑑定士を目指されているとのこと、将来において鑑定業界の発展に寄与下さるものと期待しております。頑張ってください。
 さて、ご質問の件ですが、法令名等までここで書けといわれると私も困るのですが、大まかに申し上げると、不動産鑑定士の受験勉強をきちんとされているのであれば、マンション管理士の受験のために勉強しないといけないのは、マンション標準管理規約、区分所有法、設備、その他マンションに関する各...続きを読む

Q不動産鑑定士になるには…?

 高卒の20歳です。通信の大学に通うつもりでしたが、不動産鑑定士という仕事にに興味を持ちました。自分なりに調べてみて通信の大学に通うよりも不動産鑑定士の専門的な勉強をした方が、よいのではないかと思うようになりました。タイトル通りですが、不動産鑑定士になるにはどのような勉強をすればよいのでしょうか?独学は難しいのでしょうか??

Aベストアンサー

 kanseiと申します。不動産鑑定士です。20歳という若さで不動産鑑定士に興味を持って頂けて嬉しく思います。不動産鑑定士の試験科目は鑑定評価理論、行政法規、民法、会計学、経済学の5科目から構成され、それぞれのレベルは非常に高いものと言われております。よって、基本的には独学では厳しいレベルであり、ほとんどの受験者は専門学校に通っているのが現状です。
 実際、不動産鑑定士の受験資格は特にないため、大学を卒業されていなくとも合格は可能です。しかし、資格を取得された後、就職される企業の採用基準が「大卒以上」という場合が多いため、大学へ進学された方がいいのではないかと思われます。
 参考になればと思い、厳しい意見を書かせて頂きましたが、是非とも不動産鑑定士になられ、不動産鑑定業界の発展にご協力していただければ有難く存じます。

Q不動産鑑定士

不動産鑑定士の資格をとりたいのですが、不動産関連の実務経験が2年か3年必要です。
この実務経験とは、具体的にどういったことでしょうか。例えば不動産会社に勤務してもアパート仲介等の店頭業務でも必要年数やっていれば良いということになるのでしょうか?それとも具体的に鑑定補助等の実績でしょうか?
又、現在建築の設計をしていますが、今の業務を続けながら実務経験を積む方法はないでしょうか?

Aベストアンサー

実務経験は単に不動産関連と言うだけではなくて、鑑定評価の実務を積む必要があります。
現在お勤めの設計会社に鑑定をする部署がもしあるならば、そこで不動産鑑定士補として
勤務した期間は、2次試験の前後を問わず加算できる可能性があります。

参考URL:http://www.tac-school.co.jp/kouza_kantei/f-kant_faq_01.html


人気Q&Aランキング