四川の核施設は、IAEAの査察を受けているのですか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

四川にしろ、中国の核施設は軍事用ですから、査察は拒否すると思います。

むしろ、北朝鮮が査察を受けながら、プルトニウムを抽出したということを考えれば、査察制度や運営は100%完璧ではなく、抜け穴はあるということだと思います。

なお、プーチン首相が来日して、日本との原子力の平和利用の協定を締結していきましたが、この協定に基づいて日本製の発電用原子炉がロシア国内に設置される場合、この原子炉については査察を受けることが条件になるはずです。

この回答への補足

回答ありがとうございます。
ロシアの話も興味深いですね。
もう少し調べてみます。

補足日時:2009/05/30 23:48
    • good
    • 0

査察は受けているかもしれませんねー。



中国は一応はまともな国で世界に認められたいというのはありますから。
(ネットではずたぼろですが)

査察を受けているとすれば、地震が兵器でなく四川核爆発が原因とすれば、
その査察団に何か仕掛けられたのかもしれませんね。
    • good
    • 0

 基本的には、受けていないでしょう。

過去の教えてGooの回答を見てください。

IAEAの核査察
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa3149663.html

この回答への補足

ありがとうございます。

その過去の回答は拝見済みです。
他のQ&Aでは、
「国連安全保障理事会常任理事国なら全てIAEA加盟国で、査察は受けている」という回答もありましたので多数決ではなく、どちらが正しいのかを知りたくて質問しました。

補足日時:2009/05/12 18:30
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


このカテゴリの人気Q&Aランキング