機械系の人間で化学のことが良くわからないので質問させていただきます。
尿酸は加熱したり加水分解することによってアンモニアになるのでしょうか?
尿素は加熱したり加水分解することによりアンモニアに分解されるようなのですが・・・
尿酸の分解について記載がある文献を教えていただけると助かります。皆様のご教示をお待ちしております。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

尿酸と尿素はともに人の尿に含まれているそうですが、構造は全く違うようです。

共立出版の化学大辞典によると、尿酸は400℃以上に加熱すると分解してシアン化水素を発生するそうです。参考文献は知りませんが、別名「トリケトプリン」で検索されて見てはいかがでしょうか?
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q水の熱分解温度が分からなくて困ってます

仕事でどうしても必要になりましたのですいませんが、教えてください。

水を熱分解すると酸素分子と水素分子になると思いますが、触媒無しで熱分解する温度は何度くらいが本当なんでしょうか。
ネットで検索しても、1600℃とか2000℃とか、3500℃以上ないといけないとか、2500℃~4000℃の間であるとか色々あるのです。
もしかしたら、色々な条件下で変わるのかもしれないとは思うのですが。
できれば出典も含めてお願い致します。

Aベストアンサー

水の生成エネルギーと解離エネルギー、OHラジカル等の熱分解生成ふ゛つの生成エネルギーは化学便覧などに載っていますから、探してください。

運動力学の式から、圧力*容積が、エネルギーの次元になります(たしかなったはず、記憶が曖昧)ので
PV=nRTより、PVの単位でエネルギーが示される様に単位を換算して、Eと表記すると
T = E/(n*R)
で温度が求められます。

30-40年やっていないので、間違っている可能性があります。

Q10%のアンモニア水200gに25%のアンモニア水を加えて15%のアンモニア水を作った。このとき加え

10%のアンモニア水200gに25%のアンモニア水を加えて15%のアンモニア水を作った。このとき加えた25%のアンモニア水の量を求めよ。

答え:100g

教えてくださいー><

Aベストアンサー

あのね、同じような質問をいっぱいしているけど、もらった回答を使ってどうして「学習」しないのですか?

%もmolも、濃度の考え方は同じです。

下記で基本的な考え方を説明しているので、個別の問題ではなく、まずは「基本的な考え方」をきちんと理解してください。そうしないと、いつまでたっても解けないままですよ。
https://oshiete.goo.ne.jp/qa/9387442.html

あなたの過去の質問
https://oshiete.goo.ne.jp/qa/9391487.html
https://oshiete.goo.ne.jp/qa/9388721.html
https://oshiete.goo.ne.jp/qa/9387412.html

Q水が熱分解する温度って…

水(純水)は何度で熱分解するのか、どなたか知っている方がいたら
ぜひ教えてください。できれば求め方が分かるといいのですが
、値だけでもかまいません。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

たしか1000どとか2000度程度。
求め方は.OHの解離エネルギーを化学便覧あたりから見つけて
そのエネルギーを状態方程式(PV=mRT)に代入してTを求める。(PV全体としてエネルギーの次元を持ちます。Rは定数.mは条件から1モル)

Qステロイドは加熱分解する?

ステロイドは加熱分解する?

ペプタイドなどと違いステロイドは安定度が高そうですが、
加熱分解(あるいは失活)はありえるのでしょうか?
失活する場合、どの程度の温度でしょう。

Aベストアンサー

確かにポリペプチドと違い、ステロイドには高次構造は無いので容易には分解しないでしょう。
但し、有機化合物は一部の芳香族化合物を除くと150℃以上の熱には耐えられませんので、100℃以上で徐々に分解すると考えて構いません。
但し、ステロイドと言っても幅は広いので、100℃以下でも分解しはじめる物もあります。
この辺は全て個別の性質です。

Q水素の熱分解する温度を教えてください!

理科年表を見たのですが、見つけられませんでした・・・

お願いします!

Aベストアンサー

H2→2Hですか?
Hはふるいデータしか手元にないですが、HのΔH°=218 kJ/mol、ΔG=203 kJ/molですから298 Kで1 atmの条件では
lnK=-2*203x10^3/RT=-406x10^3/(8.314*298)=-164
と、この反応のKはとてつもなく小さい値です。これ以上は難しいですが、洒落でK=1になる条件を出してみます。
dlnK/dT=ΔH/RT^2
を積分して
lnK=-ΔH/RT+C=-2*218x10^3/RT+C...(1)
T=298 KでlnK=-164ですから
-164=-436x10^3/(8.314*298)+C
C=12...(2)
これを(1)にいれると
lnK=-52442/T+12...(3)
これでK=1とすれば
T=4370
ですから、大体この温度でK=1となります。しかし、これは相当乱暴な計算です。どの程度参考になるかも自信をもっていえません。

Qアンモニアガスの分解前と後の体積の比較

アンモニアガスの分解前と、分解をして水素と窒素にしてその和との体積はどの様に違いますか。
勿論、温度は常温で同じとします。
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

分解前の体積の倍になります。
2NH3→3H2+N2

Qアンモニア(NH3)の熱分解温度

500℃程度だと思っていたのですが、750℃や900℃などの記述も見かけました

何度でしょうか?

Aベストアンサー

こんなのもあります。↓全文読めますね。
http://www.springerlink.com/content/q1mk9awcrp533y76/

Qプラズマによるアンモニアガスの分解式

ここのところ毎日、
プラズマによるアンモニアガスの分解式を
HPや文献等から調べいます。
NIFSのデータベースでも調べましたが、
ここは化合物のデータベースは載ってないのです。
他を当たっても、私の調べれる範囲では載っていませんでした。そこで、
これを専門としている方、
是非私にこの分解式を教えてください!!!
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

一口にプラズマといっても「広うゴザンス」なので、どの様なプラズマ条件か書いて再質問された方が良いでしょう。
ICP-MSのアルゴンプラズマなんかだと軽い元素は対象外ですし、ヘリウムプラズマですと窒素でも検出できるようですが、かなり深く調べないとその構造までは分からないと思います。
テーブルのような二次文献では無理で一次文献に当たられる方が話が早いかもしれません。
<(_ _)>

Qタンパク質の熱変性と熱分解の違い

熱変性と熱分解の違いについて教えて下さい。
また、熱変性温度=ガラス転移点と考えていいのでしょうか。
よろしくお願いします。

ちなみに、今考えているタンパク質とは
髪の毛や皮膚などの生体高分子です。

Aベストアンサー

こんばんは

熱変成は蛋白質の高次構造が壊れて性質が変わる、酵素ならば機能しなくなるなどの現象のことだと思います。
透明な卵の白身が目玉焼きでは不透明になっていることです。
元には戻りません。不可逆です。

熱分解は1次構造が壊れるもの、たとえば炭化のようにまったく別の物質になっていく現象だと思います。

ガラス転移点は分子の活動状態が変化することだと思いますので、熱変成とは違うと思います。
飴を暖めたら柔らかくなったという状態でしょうか。冷ませば元の飴に戻ります。
可逆的な状態変化です。

Q硝酸をアンモニアする実験(電気分解)について

電気分解で
硝酸をアンモニアにしようとしています。

実験をしてて気づいたのですが、
電気をかけると、
陽極側からは直ぐに酸素が出てきますが、
陰極側は、数分経ってから水素が出てきます。
そしてアルカリ側になると
電極が見えなくなるくらい大量の水素が発生します。

なぜ、このようにガスの発生に時間差が生まれるのですか?
また、アルカリ側で水素が異常なほど大量に出てくるのはどうしてですか?このように水素が大量に発生しているときは、硝酸はアンモニアになってなく、ただの水の電気分解だとは思うのですが。

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

まず,目的の実験は困難だと思います.硝酸イオンの還元はかなり大きな過電圧が必要で,しかも生成物がアンモニアになる割合は低いでしょう.電流のほとんどは水の電気分解に使われるだけです.

電圧がどのくらいかにもよるでしょうが,最初に水素が発生しない最大の理由は溶存酸素の存在でしょう.水素発生より酸素還元の方が容易に起こるので,最初は酸素還元に電流が使われ,水素発生には使われていないのだと思います.数分というのが妥当かどうかは判断できませんが,溶存酸素濃度がある程度低下してきて,そこで水素が発生してくるのでしょう.


人気Q&Aランキング