前回投稿した質問に関連して、再び皆様にアドバイス頂戴できればと存じます。
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa4945868.html

麻の襦袢を購入しようと思ってますが、ネットで検索したところ
あまり数が出てきませんでした。
また、麻の長襦袢には衣紋抜きがついてないものがほとんどでした。
これも透けを考慮してわざとつけてないのでしょうか?
購入したあと自分で縫い付ければいい、と思っていたので気になっています。

「透け」ということで考えると、着物から透けて見えたときに、
長襦袢が短すぎるのも恰好悪いものだと聞きました。
どのくらいなら許容範囲なのかがよく分からず困っています。
今はうそつき襦袢を着用しており、着丈は124センチなのですが、
検索した麻の長襦袢類を見るとMサイズで丈が130、Lだと136が通常のようです。
当方身長が165があり、Mですと短いのですが、Lにしてしまうと身幅が大きく困っています。
こういう場合には、二部式の襦袢のほうが融通が利くかなとも思うのですが、
二部式は透ける着物のときには適さないでしょうか?
普段着物ばかりで、お太鼓よりも半幅帯で着用するほうが多いと思うので透けが気がかりです。

夏の着物をまだ着たことがないので、いろいろとお聞かせ願えれば幸いです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

どうも、前回も回答させて頂きました者です。


私は二部式の襦袢を使用しないので他の方の回答を待っていましたが、わかる範囲でお答えしたいと思います。

透けのことを気にされてますが、そうですね、透けない単衣ならまだしも盛夏の透けるきものですと、衣紋抜きも見えてしまいますし、二部式の場合もそれとわかってしまうでしょう。
ただ、着物の透け具合も様々ですのでさほど透けの強くないものでしたら気にせずお召になる方もいらっしゃいます。
紗などの本当に透けるものですと、やはり一枚仕立ての長襦袢が適しています。
私などは透けることを計算して柄物の長襦袢の上に無地調の紗の着物を着て紗あわせのような効果を狙うこともあります。
また、夏は少しでも布の重なりを減らして涼しく着たほうが良いという意味で、衣紋抜きや二部式が敬遠されるというのもあると思います。
長襦袢の丈についても同じことで、透ける着物の場合は確かに裾から足が透けて見えるのは格好よくないですね。

細身で高身長という洋服では羨ましいスタイルですが着物ではちょっと悩みの多い体型のようですので、やはり既製品をそのまま使うのではなく、身幅をなおすとか、ご自分のサイズで最初から作ってもらったほうが着心地は断然よいと思います。

私も初心者の頃には衣紋抜きや二部式襦袢を試しましたが、結局は自分の体にあった一枚仕立ての襦袢ほど着心地もよく見た目も良いものはありません。
衣紋抜きは衿だけが引っ張られる感じがどうも嫌いなんです。
重たいちりめんなどの正装の着物の場合は便利かも知れませんが、普段着の場合はシンプルに着たいと思っています。
まあそのあたりは人それぞれですので、ご自分の好きにして良いのですが、ご質問の解決策としては、やはりきちんと自分サイズに仕立てた長襦袢を着るか、既製品に手を加えるしかないかな、と思います。
また着物と長襦袢の寸法が合ってないとふりがはみ出したりという問題も起こります。

もし針を持つことが苦でない方なら、和裁の本を参考に普段着用の襦袢のなおしくらいはできるかも知れませんが、身幅のなおしは結構大がかりな作業で、それでしたら最初から縫い上げたほうが良いかも?という気はします。
ちなみに私も少々和裁をやってまして、浴衣や長襦袢は良い練習教材ですので何枚か自分で仕立てました。
すぐ着たいならとりあえずは呉服店で一枚仕立ててもらってはどうでしょうか。

この回答への補足

ひとまず既製の麻長襦袢を購入し、手を入れて着ることにしました。
裄の部分と裾の部分の直しだけで済みそうなので、なんとか出来そうです。

今年一年この襦袢で過ごしてみて、徐々にステップアップできれば……
そしてやがては誂えてられたら、と思います。
ありがとうございました。

補足日時:2009/05/22 00:40
    • good
    • 0
この回答へのお礼

asebi-0806さま、前回に引き続きご回答ありがとうございます!

紗あわせ、素敵ですね。透けを生かしたお洒落なのですね。
そんな風に素敵には着こなせないですが、せめて余計なものが透けないような着方をしたいと思います。^^:
特に裾ですね。少し手を入れるか、誂えることも考えてみたいと思います。
着物自体は骨董市などで購入する安いものなのですが、襦袢は体に近いところに着るものですし
自分の体に合ったものがあったほうが安心ですね。

確かにちりめんを着るときに衣紋抜き付きの長襦袢を着てます。
初心者なのでちりめんの着物は着付けがまだ難しく…。
普段着物の時は、衣紋抜きのないものも利用しています。
徐々に慣れていければと思うのですが…・・。

お裁縫は好きなほうですし、母も同居してますのでこれを機会に本格的に和裁を勉強しようかとも思っています。
本格的な夏はもう少し先なので、どうすればよいか、お財布の中身と相談しながら(悲しいことですが)、今一度考えたいと思います。

またこちらで色々質問してしまうかもしれませんが、機会がありましたら
また宜しくお願いいたします。アドバイス、誠にありがとうございました。

お礼日時:2009/05/13 22:17

私自身が暑いときは、どうしてもも浴衣参加以外は


着物はおやすみするので
何がしかを申し上げるのをご遠慮していましたが、
いささか見方を変えたほうがいいかなと、タダの
アドバイスです。

夏の着物自体が、今は「上級者」です。
コレには二つ意味がある。

いわゆる、すけるような(絹物)を着ると言う、「社会的ランク」の人々の着付けと言うのは、汗をかくようなことは原則、絶対にしないと言うところから始まっているから、元々がセレブなんです。
タダの一般庶民がこういう衣類は着ない。

もう一つは、麻は昔も庶民(着物は綿より、麻が一般的なのです、発生的にはですが。)が着用しますが、暑いときに着用するのは、
「かたびら」として着用するので、今で言うなら
旅館の風呂上りのような浴衣のように昔の日本人は
着物生活をしたときに【実用的】に着るものなのです。

今は、「しゃれ」として、セレブを気取って、一般人が【着物】として
着るから無理がある。
暑いときに、暑くないことを気取るなら、暑くないように着るべきで
暑いことはしない。

衣文抜きはついてないのがデフォルトです。
あるのが常識と言うのが「きつけ」として便利と言うのが
本当は間違い。
着慣れてない人があると便利と、「洗脳」されて、つけるという
「着付けの先生」の一言?で始まった。
便利商品の流れでしょうね。

ソレと、二部式にされるなら、本来、衣文抜きはいらない。
ココはなせかはお考えください。
麻の長じゅばんはなぜ既製品がないかは、「夏の着物は上級者」と言うことを考えるなら、自明です。
既製品を買うような上級者は居ないからです。
そして、上級者は衣文抜きを必要とはしないし、
すけるような絹物を着る「上級者」はきちんとすけを演出して
自分に合わせて、丈を作ります。
くるぶし丈でやや短めで、ほんの少しの生足を透けさせることで
セクシーを演出する。
ほとんど立って歩くことを必要としない「階層の人」が
頭を下げている人々の前を歩くときに、透けて見える足が唯一これ。

そういう具合に小袖としてすける着物と、下着としての帷子として
麻の長じゅばんとしてつくる。

庶民は、この「麻のかたびら=今で言う麻の長じゅばん」一枚
+汗取り(肌襦袢・下帯or腰巻)で生活する。

どこにも、タオル補正の2-3枚は入りません。
コレは夏だけでなく、冬もです。
教えるに、決まったように見えて、
たやすいから、「補正」を入れるのですが、
「自分の着付け」で味を出し、できるのが着物の本来です。

コレを「全員がこけし」状態で着るにいつまでも
辞典を見ながら、文字を書くに等しいものがある。

>夏の着物をまだ着たことがないので、いろいろとお聞かせ願えれば幸いです。

・・・と言うわけで、セレブを気取るなら、麻の長じゅばん(かたびら)をしたてて、衣文抜きで、タオル補正ナシで着る。
そうでなければ、旅館の浴衣のように、庶民としてもちろんタオル補正なしで着る。

コレが本来の日本の着物のありかたです。

我慢して、着るのは変でしょう?
暑いときは暑いなりに、衣料は実用品です。

締めるとことは、ぐっっと、腰紐一本。
帯はゆるゆるが本来の着付け(夏・冬)です。
それで、襟も緩まず、と言うのがなじんだ着付け。
浮世絵を見てください。

コレを教えるのが難しいから、簡単に、「こけし」を作って
こうしなさいとする。

↑ココに、疑問を持ってください。
塗り絵の着付け?

ちなみにですが、我が家の娘(24)は水泳の選手でしたので
肩幅が半端じゃないです。
そして、ウエストの絞りがこれまた細い。
それでも、着物は、浴衣は、補正一切なしに着せます。
自分では着られませんが(笑)

お好きなら、なれることです。
そして、自分にあった長じゅばんだと、着付けに無理がないから、
イロイロと、必要とされる便利グッズがいらないのがホント。

この回答への補足

あれからほぼ毎日着付けの練習をし、だいぶ慣れてまいりました。
補正ナシで着物を着ている方の着付けを拝見してコツを教えて頂き、
タオル補正なしで涼しく着られるようになってきました。
涼しさが随分違い、驚いています。紐も2本になったので快適です。
盛夏になる前にもっと練習して、備えたいと思います。
ありがとうございました。

補足日時:2009/05/22 00:45
    • good
    • 0
この回答へのお礼

確かに夏に着物を楽しみたいなら、浴衣という(初心者でも)馴染みのある便利なものがありますね!
浴衣自体をもう20年近く着ていなかったので、今年は着てみたいと思います。

>社会的ランク
洋服でも同じですよね。以前に奮発してヒールの高い靴を買ったのですが
「これはリムジンで移動するような人の靴だ」と痛感しました。
柔らかなカーペットの上ならまだしも、私のような庶民が駅まで10分歩き、
そこから一時間かけて立ちっぱなしで電車に乗って出かける時に履くような靴ではありませんでした。

絽の訪問着(友人の結婚式のため)を探していた時に、「夏の着物は上級者向け」ということを知り、
自分には薄物は無理かなと思っていたのですが、母がリサイクルで買ってきたものが透ける着物だったので、
なんとかして着てみようと思ってしまいました。

やはり麻や海島綿の襦袢を誂えて夏着物をお召しになるような方は相当な経験者、上級者なのですね。
そのリサイクルの着物はかなり古いもので、正絹とはいえ外出着には難しそうなので
買ってきた母に感謝の意を込めて、着ているところを見せられればいいかなと思います。
普段着にして、ラクに着てみようかなと思います。
そうやって補正なし、衣紋抜きに頼らず着ているうちに、上達すれば一石二鳥かなとも思いました(笑)。
bekky1さまのお嬢様と同じように、友人が肩幅に悩んで着物を敬遠してるので、
彼女にも「肩幅広くても大丈夫!」と言ってあげたいと思います。

もし今後も夏着物に挑戦したいという気持ちがあれば、長襦袢を誂えることも考えてみようと思います。
異なった見方を教えていただきありがとうございました。

お礼日時:2009/05/13 22:39

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q振袖での裾除け 長襦袢 肌襦袢 ワンピース肌着 の違いを教えてください!

自分で用意するものの中で裾除け 長襦袢 肌襦袢があったのですがこれってそれぞれどんなものなんですか?
あとワンピース肌着っていうのはこれを一つにまとめたようなものなのですか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんばんは

ワンピース肌着は使ったことがないのですが
裾除けと肌襦袢が合わさったもののようです

そのほかに長襦袢が必要になります

ワンピース肌着
http://item.rakuten.co.jp/haimuraya/10000540/

肌襦袢、裾よけ
http://www.kimono-hagoromo.com/under.html

長襦袢
http://www.kimono-hagoromo.com/juban.html

ご参考までに

Q二部式長襦袢と肌襦袢と裾よけの組み合わせ

二部式長襦袢を購入しました。
肌襦袢と裾よけをつけてから更に二部式長襦袢でいいのですか?裾よけがダブってしまいますよね!?
おさまりが悪いような・・・
教えてください!

Aベストアンサー

こんにちは。
二部式の長襦袢は、上は、綿の白い身ごろにポリエステルの袖がついていて、下は、ポリエステルの裾よけか、スカート状のものですよね?

この場合は、普通、肌襦袢や裾よけはつけません。
1枚節約してすっきり着られます。

Q紬の着物に着る長襦袢

紬の着物を戴きました。
私が持っている長襦袢は訪問着に着る正絹の長襦袢だけです。
紬にはどんな素材の長襦袢がいいのでしょうか?
呉服屋さんで作ってもらうといくらぐらいでしょうか?
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。
紬ですよね。
今、持っている正絹の長襦袢でもサイズが合えば、かまわないですよ。
ただ、1枚持っている襦袢というのは、一般的にピンク、白が多いので、袖からこぼれる色で、おしゃれしたいなら、色のあう襦袢があってもいいと思います。

素材は、紬も絹なので、襦袢も絹でOKです。
そのほか、ポリエステル、モス(ウール)でも別にいいですよ。

基本的に、つむぎは、おしゃれ着なので、襦袢も人それぞれなんでもいいと思います。
襦袢は、結構汗を吸うので、私は、ポリエステルのいい反物(「東レのシルック」「ラミエール」などポリでも絹っぽいのがあります)で自分サイズに仕立てています。
反物で18000円、ミシン仕立て、16000円合計34000円です。これなら、洗濯機でネットに入れて洗えます。
呉服店で自分サイズに作れば、だいたい、正絹でも、最低これくらいの値段からだと思います。
正絹のほうが、着心地はいいです。
けれど、着物をよく着ると、襦袢の洗濯代(6800円)も気になるし、清潔にしたい、でも、それなりにいいものを着たいで、新素材の高級ポリが私のお気に入りです。

予算が足りなければ、既製品、二部式など5000円くらいからあります。このときは、裄丈に気をつけてください。
長いと、袖からでるし、短ければ、着物の袖が汚れがちになります。
着丈などの、ごまかし方が必要でしたら、また質問ください。

こんにちは。
紬ですよね。
今、持っている正絹の長襦袢でもサイズが合えば、かまわないですよ。
ただ、1枚持っている襦袢というのは、一般的にピンク、白が多いので、袖からこぼれる色で、おしゃれしたいなら、色のあう襦袢があってもいいと思います。

素材は、紬も絹なので、襦袢も絹でOKです。
そのほか、ポリエステル、モス(ウール)でも別にいいですよ。

基本的に、つむぎは、おしゃれ着なので、襦袢も人それぞれなんでもいいと思います。
襦袢は、結構汗を吸うので、私は、ポリエステルのいい...続きを読む

Q綿や綿麻、麻の長襦袢について

最近母の着物を着始めたのですが、長襦袢(これも母のです)が袷の絹のものしか無いので洗える単の長襦袢を購入しようと思っています。
5月はまだ袷の季節なのでしょうが暑がりなので襦袢を夏物にしたいのですがダメでしょうか?
大島等の紬の下に着ても大丈夫でしょうか?
着た場合やはりゴワゴワしたり裾捌きが悪かったりするのでしょうか?
やわらかものとの相性はどうでしょうか?
あと、綿や綿麻、麻の長襦袢を着た場合も肌襦袢と裾よけは着けるのでしょうか?
まだまだ解らない事だらけなので、どうかよろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。着物歴はかなり長い者です。
私は暑い日であれば長襦袢は4月から、着物も最近では5月には単衣に替えてしまいます。
フォーマルであれば気を遣う必要がありますが、普段着なら気にせず気候や体調にあわせて、中から季節を先取りで、大丈夫ですよ。

夏場にサラッとして快適なのはとにかく麻です。しゃりっとした肌触りが盛夏でも心地よく着物を着られます。
麻は熱のこもらない繊維なので、冷房の効いた室内にしばらくいると寒いくらいに感じるほど涼しいです。
そのまま外に出てもしばらくは体に熱がこもりません。
私は気温に応じて5月くらいから愛用しています。
汗をかいたら自宅でざぶざぶと洗えます。手洗いするかネットに入れて洗濯機の弱水流で。
短めに脱水したらパンパンと手アイロンでのばしながら着物ハンガーか竿に干せば翌朝には乾いてます。
シワが気になるようなら衿や袖の部分だけアイロンをかけます。
麻半襟をつけておけば、付けっぱなしで洗って大丈夫です。
扱いやすさはポリと変わりませんが着心地は雲泥の差ほど違います。とにかくその涼しさを実感して欲しいと思います。

紬などの硬い着物にはとても好相性です。
ただ、絽などの柔らかい着物の場合は麻のパリッと硬い質感が着物に添いにくいので、その場合は綿や綿麻の襦袢がよいでしょう。
海島綿という長繊維の綿でできた襦袢がオススメです。
最近では海島綿はシーツや肌着等によく使われるようになりました。
絹のようにしなやかですが綿ですから麻同様に自分で洗えるところが魅力です。
夏のお茶会ではびっしょりと汗をかくのですが絽の着物の下に綿の襦袢を着ておけば家に帰ったらすぐさま洗えます。
綿麻も、麻の硬さを和らげた素材としてオススメです。

裾捌きについては麻に関しては全く問題ありません。正絹よりも捌きはいいですから。
ただ、綿はすべりが悪いのでちょっと捌きが悪いです。着付けにもちょっとだけコツが要ります。
絹のように布落ちがしないので、きちんとシワをのばして着付けます。

下着に関しては人それぞれ意見が分かれるところで、一枚でも少なくという人、夏こそしっかり下ごしらえを、という人があります。
私は後者です。汗っかきなので夏こそしっかりと汗取り布付きの着物スリップを着ます。
いくら襦袢は洗濯できても正絹の着物は無理ですから、大切な着物を汚さないためです。

こんにちは。着物歴はかなり長い者です。
私は暑い日であれば長襦袢は4月から、着物も最近では5月には単衣に替えてしまいます。
フォーマルであれば気を遣う必要がありますが、普段着なら気にせず気候や体調にあわせて、中から季節を先取りで、大丈夫ですよ。

夏場にサラッとして快適なのはとにかく麻です。しゃりっとした肌触りが盛夏でも心地よく着物を着られます。
麻は熱のこもらない繊維なので、冷房の効いた室内にしばらくいると寒いくらいに感じるほど涼しいです。
そのまま外に出てもしばらくは...続きを読む

Q長襦袢の袖丈が合わない!どうすれば・・・

着物初心者です
着物の袖丈と長襦袢の袖丈が合わないと駄目だと聞きました
私は身長168です
購入した着物はやや袖が長い56センチです
長襦袢の既製品では袖が49センチばかりでUSED品を探しても袖丈が合えば身丈が合わないなどずっと探していますがなかなかみつかりません
知らずに購入した長襦袢は袖丈50の身丈が138で身丈はちょうど良いかなと思っています
仕立て直す時間もないので着物をまた購入した方がいいのだろうかと思っております
そこで質問なのですが・・・

今ある着物と長襦袢でなんとか着用できる方法はありますか?

また方法がなければ、着物を買い変えるとして、今ある長襦袢を利用して身長168センチで袖丈が50センチくらいの着物でもおかしくはないでしょうか

丈長の着物をネットで探してもなぜか袖丈が55以上あるのでやはり長身にはおかしいのかなと思っておりました

できれば今ある着物袖丈55センチのを着たいのですが・・・長襦袢の袖丈と誤差が5センチもあるのでみっともないですよね・・・・
替え袖と言うのはどういう感じなのでしょうか・・・
これ以上長襦袢は見つかりそうもなくて困っています
どうぞ厳しいご回答でかまいませんのでよろしくお願いします

着物初心者です
着物の袖丈と長襦袢の袖丈が合わないと駄目だと聞きました
私は身長168です
購入した着物はやや袖が長い56センチです
長襦袢の既製品では袖が49センチばかりでUSED品を探しても袖丈が合えば身丈が合わないなどずっと探していますがなかなかみつかりません
知らずに購入した長襦袢は袖丈50の身丈が138で身丈はちょうど良いかなと思っています
仕立て直す時間もないので着物をまた購入した方がいいのだろうかと思っております
そこで質問なのですが・・・

今ある着物と長襦袢でなんとか着用...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。私も同じ着物初心者ですので質問者様のお困りの気持ちがよく分かります。着物って・・・正直ヤヤコシイですよね(笑)

ご質問に対する私の回答ですが、
(1)今ある着物と長襦袢でなんとか着用できる方法はありますか?
→残念ながら、そのままは難しいかと。ご自身でも書かれていらっしゃいますが、長襦袢の袖丈が短すぎるので、このままでは着物を知っている人が見れば「アレレ?」と思われてしまいますね。。。

(2)また方法がなければ、着物を買い変えるとして、今ある長襦袢を利用して身長168センチで袖丈が50センチくらいの着物でもおかしくはないでしょうか
→袖丈としてはおかしくないと思います。トールサイズのプレタ着物でも袖丈49センチというのが通常ですので。ただ、本当は身長の3分の1くらいの袖丈が良いらしいので、質問者様の身長であればむしろ着物の袖丈の方がバランス的には良いかもしれませんね。

解決策として、以下2案をご提案いたします。
(a)着物の袖丈を長襦袢に合わせる。
袖丈だけであれば、納期1週間程度、料金4000円程度でやってくれるところはあると思います。ネットでご自宅の近所の悉皆屋さんを探すとか、着物を買われたお店さんにご相談してご紹介してもらうのも良いと思います。

(b)長襦袢の袖を外して、着物の袖丈にあった替え袖をつける。
回答者#1様が丁寧に教えてくれていますので、ご自分でも出来るかと思いますが、ネットでも安価で作ってくれるところがありますので、相談されてはいかがでしょうか?「替え袖 オーダー」などで検索するといくつかヒットしますよ。
また、質問者様は袖丈だけを気にされていますが、裄(肩幅・袖幅)はあっていますか?特に袖幅ですが、長襦袢の方が着物より少し控えていないといけません。替え袖だとこのあたりも同時に解決できるので、おすすめです。

無事に問題解決して着物を楽しく着用できると良いですね♪

こんにちは。私も同じ着物初心者ですので質問者様のお困りの気持ちがよく分かります。着物って・・・正直ヤヤコシイですよね(笑)

ご質問に対する私の回答ですが、
(1)今ある着物と長襦袢でなんとか着用できる方法はありますか?
→残念ながら、そのままは難しいかと。ご自身でも書かれていらっしゃいますが、長襦袢の袖丈が短すぎるので、このままでは着物を知っている人が見れば「アレレ?」と思われてしまいますね。。。

(2)また方法がなければ、着物を買い変えるとして、今ある長襦袢を利用して身長168セ...続きを読む

Q二部式長襦袢 着方について教えてください

二部式長襦袢 着方について教えてください

裾よけ+肌着→二部式の下→二部式の上で良いでしょうか?

裾よけが二枚必要って感じですか? 夏場とかは一枚でもいいものでしょうか?

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは!
日本舞踊の先生をしています。
二部式長襦袢とは半襦袢と裾よけのセットの事だと思うのですが…。
それを前提にお話させて頂きます(^^)/

冬物でしたら
ステテコ→裾よけ(二部式の下)→肌襦袢→二部式の上(半襦袢)
としています。
このほうが後で肌襦袢も半襦袢も、衣紋や着崩れてしまった時等に襟の合わせを引っ張り易いです(*^^)v

夏場も順番は一緒です。
夏場は絽の襦袢になります☆
特に夏場はステテコ必須かもしれません!!
絽や紗は透け易いですし、夏場は特に汗をかいてくっ付くので(-_-;)
結構歩いていても足に汗かきますし、座ると尚…(;_;)
便利なのは、オジサン達の穿いている夏用ズボン下は便利です♪透けないしサラッとして…。
夏場で御太鼓を背負われるんであればあまり気になりませんが、もし半幅帯とかでしたら、前の方が仰るようにお誂えの長襦袢の方がスッキリ見えると思います。

ただ、正絹などは洗うのに気を遣ったりもしますので、最近は絽の襦袢でも洗えるポリのが売っていますので、そのほうがジャブジャブ洗えて楽かもしれません(笑)確かに正絹の方が涼しいですが(^_^;)

裾よけが二枚とありますが、二部式の下が裾よけですのでいらないと思いますし、もし重ねるとなると、かなり静電気が起こり易いかもしれません(^_^;)
あ、肌襦袢も夏用(晒地等の一枚の物)と冬用(地が二枚などで暖かい)があるので気をつけて下さいネ☆

こんにちは!
日本舞踊の先生をしています。
二部式長襦袢とは半襦袢と裾よけのセットの事だと思うのですが…。
それを前提にお話させて頂きます(^^)/

冬物でしたら
ステテコ→裾よけ(二部式の下)→肌襦袢→二部式の上(半襦袢)
としています。
このほうが後で肌襦袢も半襦袢も、衣紋や着崩れてしまった時等に襟の合わせを引っ張り易いです(*^^)v

夏場も順番は一緒です。
夏場は絽の襦袢になります☆
特に夏場はステテコ必須かもしれません!!
絽や紗は透け易いですし、夏場は特に汗をかいてくっ付くので(-...続きを読む

Q東レの長襦袢について

こんにちは。

東レのお仕立てつき長襦袢を買おうかどうしようか迷っています。

http://item.rakuten.co.jp:80/kimono-kyoukomati/10039186/

普段は正絹の長襦袢を着ていますが、着物って意外と冬でも
汗をかくことがあるんですよね。
それで、長襦袢は洗えるものを1枚、入手しようと思うのですが、
その辺の安いものだと着にくくて着崩れそうで、静電気も気になります。

そこで、東レのものなら少しはいいかな、と思っているのですが、
上記URLの長襦袢はもしかして慶弔用にしか着られないのかな?と
思いました。

皆さんに質問です。

(1)正絹の着物の下に東レの洗える長襦袢、どうでしょうか?
(2)上記URLのものは普段着(紬や小紋)には合わないでしょうか?
(3)その他、お持ちの方などから使用感などお聞きしたいです。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 私は毎日和服で過ごしています。
 長襦袢は正絹も化繊もどちらも利用します。裾さばきにあまり関係ないです。静電気が気になると気にはエチケットスプレーをするか、柔軟剤仕上げをします。着崩れも気にしたことはないですね。化繊の長襦袢にポリエステルの半襟をつけっぱなしにして、洗濯機で洗います。意外と丈夫で助かっています。毎日着ているので洗えるのは楽です。でも行事やパーティーなどにはやはり正絹で決めたいですね。不思議と気分が良いのです。

 むしろ出普段に出かける時には化繊の方が後が楽なので、訪問着などの時には袖だけを付け替えてうそつき袖で着る事もあります。夏は肌襦袢にそでと襟をつけているおおうそつきで過ごしています。

 さて、
1) 長襦袢はなんでも大丈夫。
2) 普段着用にはちょっと重たいかな。色が入っていた方が楽しいと思います。白のみだと礼装用に思えますね。
3) 自分では化繊の長襦袢は二部式が着やすいです。東レ以外にも沢山安く出回っているので色々揃えて着物によって 着  替えてます。

着物の数には及びませんが長襦袢も結構増えてしましました。まだ仕立てていない反物もあります。気に入った柄が入るとゲットしておいて、そのうち仕立てようと思うからです。家族からは呆れられていますが、袖のふりから見える長襦袢は結構重要なんですよね・・・・。


 

 私は毎日和服で過ごしています。
 長襦袢は正絹も化繊もどちらも利用します。裾さばきにあまり関係ないです。静電気が気になると気にはエチケットスプレーをするか、柔軟剤仕上げをします。着崩れも気にしたことはないですね。化繊の長襦袢にポリエステルの半襟をつけっぱなしにして、洗濯機で洗います。意外と丈夫で助かっています。毎日着ているので洗えるのは楽です。でも行事やパーティーなどにはやはり正絹で決めたいですね。不思議と気分が良いのです。

 むしろ出普段に出かける時には化繊の方が後が楽...続きを読む

Q着物と襦袢の袖丈について教えて下さい。

訪問着を仕立ててもらったのですが、仕立ての際に伝えておいた襦袢の袖丈と全く同じ長さで出来上がってきました。

お店の人に聞いたところ、最近は同寸ですよって言われたのですが、そうなのでしょうか?

直すとしたら、急がないと間に合わないので、分かる方、教えて下さい!

ちなみに、着物をきゅっと伸ばした状態で、襦袢と同じ丈なので、平置きすると若干襦袢のほうが長い感じです。

Aベストアンサー

>お店の人に聞いたところ、最近は同寸ですよって言われたのですが、そうなのでしょうか?

そんなわけありません。
素人だと思ってナメてますね。
早いところ直させましょう。

Q浴衣と長襦袢の作り方

和裁の経験はないのですが、浴衣を作ってみようと思い、本を購入しました。
そして反物を購入しようと思っていた矢先、自宅に長襦袢用の反物があったので、まずは長襦袢を作ってみようと考えが変わりました。

そこで質問なのですが、浴衣と長襦袢の作り方は同じでしょうか?
寸法が違うことは承知していますが、作り方が同じなら浴衣の本を参考に挑戦したいと思っています。

Aベストアンサー

こんにちは

こちらが長襦袢の仕立てです
http://kimono-akinai.com/tyukyuu/tyukyuu3.html

こちらは浴衣です
http://www.yukatamatsuri.com/guide003.html

両方仕立てたことがあるのですが
どう違ったかわすれている部分があるのですが
基本的な縫い方とかは同じです
ただ長襦袢は長襦袢の作り方で仕立てないとおかしなことになりますので

参考までに

Q着物に半幅帯、夏場以外ではなかなか見ないのですが…

お世話になります。

最近、着物に興味が出てきたので母親から着物を譲ってもらったり、ネットなどで好みのデザインの洗える着物を買ってみたりしています。
少しだけ着付け教室(大手のではありません)に通って、着付けの基本くらいはできるようになりました。今は教室には通っていません。

今度、友人と気軽なランチの約束をしたので、せっかくなら着物でいきたいなぁと思っています。気に入った半幅帯があるのでそれをしていこうかなと考えているのですが、普段、街を歩く着物姿の方を見てみると、夏の浴衣の時期以外で半幅帯をされている方ってあんまり見ないような気がするんです。
半幅帯はおしゃれ帯だから普段使いにしても構わない、とよく耳にするので、半幅帯でお出かけもおかしくないんだろうとは思うのですが、それってもしかして建前なのですか?電車に乗って出かけるレベルの「おでかけ」では、半幅帯はおかしいですか?(ちなみにランチは自由が丘のカフェへ行く予定です)
普段使いっていうのは近所のスーパーへの買出しレベルの事を言うのでしょうか…。
羽織は持っていないので、これからの季節ならコートを着て出かけるようになると思います。すると室内ではコートを脱がなくてはなりませんね。半幅帯が露出されてしまいます。
皆さんの考える「半幅帯での行動範囲」を教えてください。

お世話になります。

最近、着物に興味が出てきたので母親から着物を譲ってもらったり、ネットなどで好みのデザインの洗える着物を買ってみたりしています。
少しだけ着付け教室(大手のではありません)に通って、着付けの基本くらいはできるようになりました。今は教室には通っていません。

今度、友人と気軽なランチの約束をしたので、せっかくなら着物でいきたいなぁと思っています。気に入った半幅帯があるのでそれをしていこうかなと考えているのですが、普段、街を歩く着物姿の方を見てみると、夏の浴...続きを読む

Aベストアンサー

結婚式以外なら、パーティだって、ソレ相応の「細帯=ハンハバ」なら
ゴージャスでokです。

ただし、どうして、結び方はいたって簡単にもかかわらずですが、ハンハバが浴衣以外にポピュラーにならないかというと、わかるでしょう?

オハショリの後ろの始末がちゃんとしてしてないと「見える」
さらに後姿を「お太鼓巾」でごまかせませんので
後姿に自信がないと、出かけるには不安があるからです。
お太鼓の多少のいびつは個性ですから、タレぐらいだけ
見ていればいいだけですが、ハンハバはちょっと、もとの後姿を目立たせるのです。


さらに、着物年代は中高年が主体です。
浴衣は若い女性。
そして、若い女性はお金もないのでハンハバどまり。

何本か名古屋を作り直して「細帯」にして、外出用として
作成しましたが、目立ちたいときはいいんですが、お太鼓、角だしより
チェックする回数がどうしても増える。
よく見せたいならなおのこと。
そして、貝の口以外だとどうしても立体になるので
椅子に座れない、込んだ電車はつぶれるとか。

でも、ギンザで以前、中年の細帯軍団を見かけました。
飾りヒモもしてあって、かなり気合が入ったグループでした。

結婚式以外なら、パーティだって、ソレ相応の「細帯=ハンハバ」なら
ゴージャスでokです。

ただし、どうして、結び方はいたって簡単にもかかわらずですが、ハンハバが浴衣以外にポピュラーにならないかというと、わかるでしょう?

オハショリの後ろの始末がちゃんとしてしてないと「見える」
さらに後姿を「お太鼓巾」でごまかせませんので
後姿に自信がないと、出かけるには不安があるからです。
お太鼓の多少のいびつは個性ですから、タレぐらいだけ
見ていればいいだけですが、ハンハバはちょっと...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報