よく、子供にたいして年上の人の事は『あのお兄ちゃんは』『あのお姉ちゃんは』と言うけど『あのお兄さんは』『あのお姉さんは』とも言いますね。これはどんな違いですか?どう言う場合に『ちゃん』だったり『さん』だったりするんですか?
私的には『ちゃん』の言い方のほうが好きです。『さん』だとなんか堅苦しいから。

A 回答 (3件)

私も相手の年齢だと思います。


30代くらいの方でも私と同じくらいかな、と思えば「おにいさん、おねえさん」と言います。よっぽどのことがないと「おじさん・おばさん」とは呼びません。

たしかに「ちゃん」のほうがかわいい感じがしますけれど、もし、相手の子にも聞こえるところで自分の子どもに言うのであれば、あえて「おにいさん、おねえさん」と呼びます。
なぜならその呼ばれる相手の子に「あなたはうちの子より大きいしっかりしたおにいさん、おねえさんなのよ」という思いと、そのこたちもちょっとお兄さんお姉さんのほうがうれしい様子を受けるので。

最近は兄弟のいない子もおおいですから、おにいさん、おねえさんと呼ばれるほうがうれしい、という子も多いようですよ。
あとは親しさの度合い、ですね。「ちゃん」ではなれなれしい、と感じる人もいると思いますし。
    • good
    • 0

私は中学生が境だと思いますよ 私たちでも中学生には○○ちゃんではおかしいですから ○○さんとか ○○君というように子供にも お兄さ

んやお姉さんといわせた方がしつけとしてベストだと思いますよ
    • good
    • 0

たいていの人は、子供の年齢で分けるのではないかと思います。

つまり、幼い子に向かってしゃべる時には「あのおにいちゃんは」を使い、少し大きい子に対しては「あのおにいさんは」を使う。でも、私はもともと「(おにい)ちゃん」という言い方があまり好きではないので、最初から「おにいさん/おねえさん/おじさん/おばさん」と言っていました。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング