シクロクロスの競技で3つ質問があります。

1.MTBで出場している方がいますが、そもそもドロップハンドルは有利なのでしょうか?
距離もあまりないのにしかもオフロードで、ドロップハンドルにメリットがあるとは思えません。

2.使用されるコンポーネントはロード用の10速なんでしょうか?
MTBでは泥詰まりを理由に10速化していませんが、同じように泥詰まりを起こしやすいシクロクロスも9速に・・・と行きたいところが9速ロードのコンポってあまりないですよね。

3.シクロクロスのフレームはハイエンドクラスはフルカーボンもありますが、アルミ+カーボンフォークが主流なんでしょうか?
以前何かの画像と情報で、国内の一流選手がクロモリフレームを使用しているというのを知りました。
あまり記憶がさだかではないですが、強度を犠牲にして軽量化のため肉薄にしてるようなことが書いていたので、かなり特殊なケースになるのかもしれませんが...

以上、乗る人のレベル、プロ、アマやステージによって変わるのであれば1例でもいいですので、その辺も詳しく教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

シクロクロスはくどいようですがロードバイクでの競技です。

UCIシクロクロス規則でハンドル幅・ハンドル形状・フレーム形状(ホリゾンタルが基本)・タイヤ幅・ブレーキ等機材に関して細かな規定があります。また、使用コースにつきましても幅・距離・障害物等の規定があります。日本で行われているレースのほとんどはUCI公認レースではなく、単なるローカルルールで実施されている田舎レースです。まずはUCIシクロクロス規則を読むことをお薦めします。国内のJCF規則は普通UCIよりも何年か遅れます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

要するにUCI公認レースだったらMTBで出場できないってことでしょ?
最初からそう書いてくれれば勘違いせずに済みますよ。

お礼日時:2009/05/17 12:44

1.シクロクロスにはMTBでの出場は認められていないはずです。

そもそもロードバイクでの競技ですからドロップハンドでないと規定違反になります。また、自転車を担いで走りますから担ぎやすいホリゾンタルフレームが多いと思います。
2.9速の使用が多いと思います。コンポはMTB用コンポを使用している人が多いと思います。
3.強度の面と衝撃吸収性の面から今でもクロモリが主流なのではと思います。

昔はロードバイクでの競技でしたが、現在のロードは(1)太いタイヤが履けないフレームになった。(2)ブレーキが泥に弱いキャリパーブレーキでカンチブレーキでなくなった。(3)フレーム素材がカーボンやアルミと言った衝撃に強いクロモリでなくなった。等々のためにツーリングバイクをシクロクロス用バイクとして使用している人が多いようです。何かの参考になさってください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

1.某有名レースでMTBで参加している人は大勢いますよ。

2.9速コンポ使用だとレバーはシマノならティアグラ以下しか使えませんよね?
その辺はどうなのでしょうか?

お礼日時:2009/05/16 22:05

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qホローテック2vsスクエアテーパー

いつもお世話になります。

くだらない質問ですが、ちょっと疑問に思ったのでよろしくお願い致します。

フルカーボンとクロモリのロードを所有していますが、ペダルレスの状態でスクエアテーパーのクランクを手で思い切り回転させるとホローテック2のクランクよりも明らかに回転が持続するのですがそのようなものなのでしょうか?
クロモリのクランクは重いとは思いますが、それにしてもよく回るのです。

それではご回答どうぞよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

ホローテック2のBBの回転性能の悪さは
有名?でしょうね
構造的に、シールドが十分にしなければならない。
それでいて軸中心からの距離が大きいので
ぶれ幅も大きく成る
BB単体で回すと非常に周りが重いのは
これらの欠点をシマノなりに解決しようとして
ベアリング自体も当然ですが、
その樹脂シール類も回転性能を落としても
ベアリング保護できるようにしているためです。

セラミックに変えたら軽い!とか
他社製BBが軽いとかいうのは
ベアリング精度とかカップ耐久性とかそう言う事ではありません。
=このシールを軽微な物にしているだけです。

まともな?コンポーネントメーカーであるSRAM社では
これの「雨天走行後のすぐのOH」
「30時間OH」
「100時間交換」をマニュアルにこっそり書いています。

で、従前のカートリッジBBですが
軸中心からベアリング距離が短い
防水性能を得るためにカップ(カートリッジ)形状を
最適化している=樹脂シールが軽い
しかも経年劣化すると、
カートリッジBBは余計に軽くなる傾向があることが知られています。

その感じ方は正解。

ホローテック2などのアウターベアリングBBは
OH前提です。
シマノは認めていませんがね。
他社では、ベアリングシールキットやベアリング打ち替えキットを
自社正規のメンテナンスツールとして発売していますね?
SRAM・FSAの物が有名でしょう?


他社製BBに変えてしまうというのも
一つの手ですし、
BBをぱっと入れ替えることの出来るのも
利点。
安いのも利点。

カートリッジBBとはメンテナンスサイクルを
別の物と捉える=回転に違和感を感じたら交換する。
そういう考え方でつきあった方が良いと思います。

ホローテック2のBBの回転性能の悪さは
有名?でしょうね
構造的に、シールドが十分にしなければならない。
それでいて軸中心からの距離が大きいので
ぶれ幅も大きく成る
BB単体で回すと非常に周りが重いのは
これらの欠点をシマノなりに解決しようとして
ベアリング自体も当然ですが、
その樹脂シール類も回転性能を落としても
ベアリング保護できるようにしているためです。

セラミックに変えたら軽い!とか
他社製BBが軽いとかいうのは
ベアリング精度とかカップ耐久性とかそう言う事ではありません。
=この...続きを読む

Qフロントギア3枚→2枚の物に変更することについて

私が使用しているシクロクロスバイクは元々フロントが3枚ギアでした。リアは8段変速。しかし、フロントギアを2枚の物にした方が、シンプルで変速もスムーズに楽にこなせるのでは、という期待から、コンパクトクランク 50-34Tの2枚ギアに変更することも検討中です。

ショップの人に聞いたところ、フロントギアを3枚の物から2枚の者に交換する時のメリットは、車体が軽くなる、3枚ギアよりも全体幅が狭くなるのでガニ股ペダリングを防げてペダリングがスムーズになる、ということを話してくれました。

私自身は、現在の3枚ギアを使っていて不便に感じることは、インナー(最小)ギアは通常の平坦な道を走行するときは使用しないので不要であること、インナーギアからミドルギアにシフトチェンジする時スムーズにいかなくて、いちいち下を見てチェーンが、ちゃんとミドル(真ん中)ギアにはまっているか確認しなければならないから、前方不注視になり危険、といったことです。

元々フロントギアが3枚だった物に対して2枚ギアに変更した場合の、メリットまたはデメリットを教えてください。

Aベストアンサー

リヤが8速のままでは、フロントをトリプルからコンパクトクランクにした場合、本来的にはギヤ比の差が大きいため変速はスムーズにはなりません。
しかし、調整の難しいトリプルよりはセッティングがしやすいという意味で、現状よりも良好な変速性能が得られる可能性は高いでしょう。

でも、どうせフロントディレーラーと、比較的高額な左右シフターとクランクというかチェーンセットの交換が必要ですので、あと3万円ほど足して、思い切って11速の105とかにコンポを全交換しちゃったほうが得策かもしれません。
これなら、格段にスムーズなフロント&リヤ変速操作が可能ですし、トリプルに対応した現状の8速ではギヤ比の大きいスプロケットが無いでしょうから、低いギヤ比が使えなくなるデメリットがなくなります。

あと、軽くなるのは確かですが、同じグレードのコンポならば、僅かな重量ですね。それよりも店員さんが言うようにQファクターが小さくなる利点が顕著でしょうが、それの受け取り方も個人差が大きくて、絶対的なものでは無いでしょう。

Q9速用チェーンで8速のスプロケ

タイトル通り9速用チェーン、8速用とスプロケとディレーラーという組み合わせでどのような問題が起きるか教えて戴けたらと思います。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

その組み合わせは結構やっているようなので普通に乗る分には問題は起きないのではないでしょうか。
最近では自転車屋さんでも9速用チェーンを8速に付けるという話を聞きます。
また8速の場合スプロケットにチェーンが擦れやすいのでわざと9速用チェーンに交換するという話も聞きます。

問題が起きるとすればチェーンの幅が狭くなるため変速性能が低下する可能性がある。しかし一般人にはわからないものと思われる。

もう一つは強度や耐久性の問題があります。よく聞く話では耐久性は10速 < 9速 < 8速で乗り方にも依りますがそれぞれ1000km~2000km の差があるようです。つまり8速と9速では2000km位の差が付くようです。

それとディレイラーの調整が若干シビアになるかもしれないです。

Qボトムブラケットの規格 測り方がわからない

BBを交換しようと思いますが、規格の一覧を見つけましたが、
どう測ったものかわかりません。
http://www.geocities.jp/jitensha_tanken/bottom_bracket.html#BBshell
BB交換の際に見るのはBBシェルの規格と、テーパー規格だけでいいでしょうか?

BBシェルだから、BBの幅ではなく、フレーム側の幅を計ればいいんですよね?
はずしたほうが正確なのですが、面倒なので、つけたままBBとBBシェルの間を、
クランクが邪魔だなと思いつつノギスで測ったら、68.5mmでした。
これはISO,JIS規格だとおもっていいでしょうか?

Aベストアンサー

パーフェクトな補足ありがとうございます。

・TREK 1.5(2008年モデル?)
BB 「VP-BC82」 BC1.37"x24T 68x110.5
クランク ボントレガー 「BR7GADE」
>1.37"x24T(ネジ径) 68(シェル幅)x110.5(軸長)が
BB規格。
もうJIS68ハンガーで間違え在りませんね。
で、肝心のテーパーですが…
ボントレガーのクランクは、もともと
シマノ置き換え品として作られているものがほとんどですので
アメリカ製であったことからもJISテーパーです。
=ISOテーパーは基本ヨーロッパ系・フランスイタリア系のパーツです。

・Peugot CADET (2003年春~夏ごろの購入だと思う)
BB shimano 「BB-LP28」 68 BC1.37x24
クランク shimano 「FC-MC20」
で、こちらは答える必要がないくらいシマノですね。
JISテーパー。
軸長は、実物を計って調べてください。
情報としては、126mmが適合するはずですが…
確実なのは現物の軸長です。

いずれも最近のBBですので
オフセットは普通です。

また、110.5と110とか111とかは、
神経質になる必要は在りません。
=近似値で調整可能と考えて良いです。
逆に言えば、110必要なんだけど、
すこしアウタートップを軽く使えるようにしたい…とかの場合
111でも113でも使用可能です
オフセットは左右均等なので、
1mmの長さの差=チェーンリングが0.5mmずれるだけ。

また。
四角テーパーの泣き所ですが、
そう言う使い込んだクランクの場合、
勘合部がどうしても減ってしまい、
前よりも深く刺さるようになってしまう場合が多くあります。
ですので、
110.5の軸長が標準であれば
111や113を選択すべきです。
間違っても109とかは選択すべきではありません。
=勘合が深くなっているのと合わせて3mm以上ギアが内側に入ると
アウタートップやミドルトップがかなり苦しくなります。
=チェーンがすこしごりごり言っているかもしれません。

パーフェクトな補足ありがとうございます。

・TREK 1.5(2008年モデル?)
BB 「VP-BC82」 BC1.37"x24T 68x110.5
クランク ボントレガー 「BR7GADE」
>1.37"x24T(ネジ径) 68(シェル幅)x110.5(軸長)が
BB規格。
もうJIS68ハンガーで間違え在りませんね。
で、肝心のテーパーですが…
ボントレガーのクランクは、もともと
シマノ置き換え品として作られているものがほとんどですので
アメリカ製であったことからもJISテーパーです。
=ISOテーパーは基本ヨーロッパ系・フランスイタリア系のパーツです。
...続きを読む

QFディレイラー9S用は8S,7Sで使えますか?

   
教えてください。

バイクを自作しております。

フラットハンドル用のフロントディレイラー(直付けタイプ)のものについてです。
前2段はいいのですが、後ろが9段用というディレイラーがあります。シマノのFD-R440です。
リアが8段や7段だった場合、このディレイラーは使えないでしょうか。
あるいは、
チェーンガイドにチェーンが擦ることが多くなるけど使えなくは無い、とか
8S以下より振れ幅が大きいから問題なく使える、とかの状態になるでしょうか。

よろしくお願いします。
   

Aベストアンサー

8s9sの基本的差異についてはご存じの感じですね。
=チェーンの外幅が違う。
=9sの方が細い。

>ガイドに擦りやすくなる
その通りですね。
ただ。
前2段のようですので、
基本的にシフトアップポイント・シフトダウンポイントは
一箇所ずつですので、
取り付けを工夫してやると、それほど大きな問題にはならない部分です。
概ね、
シフトアップにはチェーンガイドの前側で乗り上げ動作をすることが多い・
チェーンが擦ってくるのは、アウターにしろインナーにしろ
リアロー側である
=僅かに取り付けを平行ではなく後ろ側を内側に取り付けてやると
意外に良い場合も在ります。

振れ幅は同じです。
=ガイド形状差です。
=昔は8、9s兼用FDが当たり前でした。

もちろん、できうる事で在れば
8s用のFD-R440Aにしておくと良いのですけどね…
http://cycle.shimano.co.jp/publish/content/global_cycle/ja/jp/index/customer_center/gokan_chart/chart-2011.download.-mainParsys-0008-downloadFile.html/flat-drive-88.pdf

8s9sの基本的差異についてはご存じの感じですね。
=チェーンの外幅が違う。
=9sの方が細い。

>ガイドに擦りやすくなる
その通りですね。
ただ。
前2段のようですので、
基本的にシフトアップポイント・シフトダウンポイントは
一箇所ずつですので、
取り付けを工夫してやると、それほど大きな問題にはならない部分です。
概ね、
シフトアップにはチェーンガイドの前側で乗り上げ動作をすることが多い・
チェーンが擦ってくるのは、アウターにしろインナーにしろ
リアロー側である
=僅かに取り付けを平...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報