新しくアクアリウムを初めてみたいと思い、60cm水槽と
テトラ EXパワーフィルター75と言う外部フィルターを購入しました。
しかし、ひょんな事から60cm水槽を設置できなくなってしまいました。
数ヶ月~半年後には設置できると思います。

せっかく買ってやる気満々だったのに出鼻をくじかれてしまってちょっと悔しいので、今使っている30cm水槽に設置してみようと思います。
その水槽にはコメットが2匹(後に増やす予定です)だけです。

そこで質問があります。

EXパワー75の適合水槽は60~90cmの水槽なんですが、30cm水槽で
使っても大丈夫(機械的にもバクテリア的にも)でしょうか?
過剰ろ過でバクテリアが増えすぎてもよろしくないのでしょうか?

もし、このまま使い続けていけて、うまい具合にフィルター内にバクテリアが繁殖していけたら、60cm水槽を設置できるようになったときに
そのままEXパワーを移行したら60cm水槽の水の立ち上がりは比較的楽になるのでしょうか?

長文で申し訳ありませんが、よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

No.2です。


追伸:
そういえば、、、
エックスパワーフィルターのホース取り付け口には、給水側、排水側ともバルブがありました。
この、給水側のバルブでも吐出し量の調整が出来るので、エーハイムのWタップは不要です。
(給水側と排水側のホースにWタップを取り付けると、フィルターや給水側、排水側設備の掃除が別々に作業できて、劇的に楽チンになるので、私は、すべての外部フィルターに取り付けています。)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
EX75はバルブで調整していて、水の勢いはかなり弱くしてあります。
ご指摘のように金魚たちにストレスを与えないようにがんばっていきたいと思います。

お礼日時:2009/05/13 00:50

> EXパワー75の適合水槽は60~90cmの水槽なんですが、30cm水槽で使っても大丈夫(機械的にもバクテリア的にも)でしょうか?


・濾過の問題ではないでしょう。
完全に勘違いされています。
そのフィルターが使用可能、使用不可能の判断は、飼育する魚と相談するものですよ。。。
→流れの強い渓流では、メダカや金魚は疲弊し生きて行くことは出来ません。
→流れの弱い池や沼では、プレコやロカリア、淡水エイも生きられません。

水槽内の水流の目安について。
「濾過器のポンプ流量」÷「水槽水量」=「水の回る回転数」で計算します。
弱水流(メダカや金魚、グッピーなど、尾の長いヒラヒラ系の魚、池や沼地で暮らす魚)
→6回/毎時~13回/毎時
一般魚(ネオンテトラ、アカヒレなど)
→6回/毎時~20回/毎時
強水流魚
→20回以上

【エックスパワーフィルター75仕様】
・ポンプ流量 580/670リットル毎時(50/60Hz)

60cm標準水槽の水量を55リットルと仮定した場合。
50Hz地域では、580÷55=10.55回/毎時
一時間に10.55回、水を回した計算になります。
一時間に10.55回転ですから、金魚も十分、長期飼育が可能です。

小型30cm(幅30×奥18×高24cm)10リットル水槽で計算すると。。。
50Hz地域では、580÷10=58回/毎時
一時間に58回も、水を回した計算になります。
一時間に58回転では、とてもじゃないが急流過ぎて、金魚の長期飼育は出来ません。
金魚は疲弊し、クタクタになって死んで行きます。

> 過剰ろ過でバクテリアが増えすぎてもよろしくないのでしょうか?
・バクテリアの量は、生体の数(水中の有機物の量と酸素量)により決まります。
大量に餌を投入しなければ、バクテリアが増えすぎることはありません。

> もし、このまま使い続けていけて、うまい具合にフィルター内にバクテリアが繁殖していけたら、60cm水槽を設置できるようになったときにそのままEXパワーを移行したら60cm水槽の水の立ち上がりは比較的楽になるのでしょうか?
・このまま使い続ければ金魚は短期で死にますが、濾過バクテリアは濾過器に繁殖し、60cm水槽は短時間で立ち上がり、管理がメチャクチャ楽チンになります。

=結論&オススメ=
エックスパワーフィルター75を30cm水槽で使用する場合は、ホースの中間に「エーハイムWタップ」などのバルブを挟んで、フィルターのポンプモーターが異音を発する手前ギリギリまで水流を殺して仮使用することをオススメします。
*シャワーパイプの向きで、どうにかなる水流ではありません。
http://www.a-forest.jp/product_info.php/products …
    • good
    • 0

濾過器の場合は大は小を兼ねますから大丈夫です。


フィルタ内にバクテリアが繁殖してくれるので新水槽立ち上げは楽になると思います。
なお水流が強すぎると魚が疲れてしまいますので、フィルタの出口にシャワーパイプを付けるなどして水流を調整する必要があるかも知れません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

素早い回答ありがとうございます。

このまま30cm水槽で使い続けて行きたいと思います。
また60cm水槽が設置できてわからないことがあればよろしくお願いします。

お礼日時:2009/05/12 01:13

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q水槽でアクアリウム

アクアリウムに興味があり、60センチ水槽か それより小さい水槽で初めようと思っています。

水草や石、流木などがある水槽が単純に好きなのもあり、基本的なアクアリウムで行きたいのですが、
余裕が出てきたら熱帯魚やエビにも手を出したく思います。

そこで質問なのですが、アクアリウムに影響が出ない、つまり、水を汚さない熱帯魚や、お勧めのエビなどを教えてください。

Aベストアンサー

■魚を入れる...というか、餌をやる以上、餌の量に応じて水は汚れます。
従って、この回答はとても単純に「簡単に増えない」「小型の魚」を「少数」「餌を控えめに」飼えば良いのです。

まあ、このお約束を ほとんどの入門者が守れないのです。(泣)
お店に行く度に、あれも飼いたいこれも飼いたいというのが次々に出てくるのが普通ですので。

エビはそれほど水を汚さないので、特に気に掛ける必要はありません。
ミナミヌマエビやレッドチェリーシュリンプなどは増えますのでオススメです。

■スペースがなくて手軽に...小型水槽なら?というのは良くありますが、
スペースがあるのであれば、少々無理しても60cm水槽にした方がよいです。
機材の種類が豊富で、価格もこのサイズだけ安価で、維持が簡単だからです。

【小型水槽のデメリット】
・夏期の最高水温が高くなる。(場合により致命的,特にエビ)
・気温の急変の影響を受けやすく、病気などが出やすい。
・水の蒸発の激しさによる手間。
・入門者にとって耐え難い誘惑「魚を増やしたい...」を自制できるか?
(ヘビースモーカーに禁煙を勧めるようなものかもしれません)
・小競り合いが起きた場合、逃げ場所がなく、ストレス→病気→病気蔓延の連鎖が非常に起こりやすい。
(仲間がいなくて可哀想...むしろ逆のケースが非常に多い)
・小型水槽に似合う小型の水草というのは種類も販売店も少なく入手難。
・ヒーターなどの機材の隠し場所に困る。
・高さが低い水槽が多く、トリミングなどメンテナンスが手間。
・奥行きがないとレイアウトで見せることが難しい。
・ライトが本体,交換球ともに高価。

とまあ、今の段階ではピンと来ないかもしれませんが、かなり厳しい条件が並びます。
特に夏場水槽を冷やすのはどうするのか、考えておく必要があります。
30℃を超えていく高水温ではエビはもちろんのこと、魚も死にますし、多くの水草が枯れたり調子を崩します。
それで殆どの方が、大きな水槽に買い換えられる(本当は水槽の数が増える)のです。

初心者こそ大きめの水槽(60cm)というのは経験則です。
しかし、今の主流は、60cmなんて大きすぎる!小型水槽を ってところでしょうか。
60cmを無理に勧める気はありませんが、上記のことは覚悟する必要があります。
そのうえで、それでもとおっしゃるなら、30cmキューブ水槽以上でしょう。

■ご予算1万円で、というのは買えますが、色々と力不足な設備です。
設備は生命維持システムなのですから、経験者なら初期投資を惜しまず、ランニングコストを惜しみます。
入門者は逆をやって、初期投資を惜しんでランニングコストを掛けてしまいます。

水草レイアウト水槽というのは、アクアリウムの中でも、ある程度 お金が掛かりますし、難度も高めのジャンルです。

フィルターに関しては、上部は魚のためのシステムですので、外部が定番です。
魚が少ないのであれば、水流を作りさえすれば良いので、内部フィルターでも良いくらいでしょう。

水草と石は基本的には相性が悪いと思って下さい。
弱酸性,低硬度で育つ水草が非常に多く、一方で石は弱アルカリ性,高硬度にしてしまうものが多いです。
従って水草を中性~弱アルカリ性に堪えられるものを選ぶか、
石をカルシウムの溶け出さない(硬度を上げない)ものに選ぶ必要があります。

CO2は発酵式(ググってね)で添加と言うことで問題ないでしょう。
酸欠に関しては、さほど心配する必要はありません。
水草の作り出す酸素の方が、呼吸よりもよっぽど多いですから。
ただし、水草が元気に成長できない条件(水質,光量)では、この限りではありません。
基本的なスタンスとして、水草を育てる以上に、水草を応援してコケの発生を抑制するために添加します。
そのためには、水草が育つだけ光量を持つライトが重要となります。(魚の観賞用だと不足)

趣味ですので、ご自身の思うとおりにされたら宜しいのですが、
入門者が難度の高い選択肢ばかり選んでしまうと苦労されるかもしれません。
http://homepage2.nifty.com/solecism/

■魚を入れる...というか、餌をやる以上、餌の量に応じて水は汚れます。
従って、この回答はとても単純に「簡単に増えない」「小型の魚」を「少数」「餌を控えめに」飼えば良いのです。

まあ、このお約束を ほとんどの入門者が守れないのです。(泣)
お店に行く度に、あれも飼いたいこれも飼いたいというのが次々に出てくるのが普通ですので。

エビはそれほど水を汚さないので、特に気に掛ける必要はありません。
ミナミヌマエビやレッドチェリーシュリンプなどは増えますのでオススメです。

■スペー...続きを読む

Q36cm小型水槽に45cm用の外部フィルターは大きすぎますか?

水草水槽をめざして外部フィルターへの交換を目指しています。
目下検討中なのはテトラのAX-30とAX-45です。
現在使用中の水槽は36cm水槽で水量は22リットルです。

水槽の大きさ的にはAX-30ですが、AX-45とあまり価格が変わらないため迷っています。
AX-30で十分な気もしますが大は小を兼ねるとも言います。
少し余力をもってAX-45にした方がいいのでしょうか。
能力が強力すぎて困ることはないでしょうか?

ご教示下さい。

Aベストアンサー

・水草で作る美しい水景水槽が目的で、魚やエビはコケ対策のメンテナンス&消耗品と割り切っている場合。

36cm22リットル水槽にAX-30でもAX-45でも大きな問題はありません。
ただし、
> AX-30で十分な気もしますが大は小を兼ねるとも言います。
これは、誤解です。
水流が強いと、水流のあたる場所に頑固なヒゲゴケが発生しやすくなります。

-----
・水草も大切だが、熱帯魚も飼育したいと思うならば、外部濾過器は飼育する熱帯魚の生態に合わせるべきです。

=計算方法=
好適飼育水流=フィルターの流量÷水槽水量

・メダカや金魚、ベタなどの止水域で生活する魚は、強い水流では生涯飼育が出来ません。
10回転/時以下の流量が好適飼育環境です。
・ネオンテトラなど一般の熱帯魚の場合の流量は、5~15回転/時程度が好適飼育環境です。
・プレコやロカリア類などは強めの水流が飼育に必要で、20~30回転/時程度の流量が好適飼育環境になります。

AX-30の流量は、約230/288リットル/時:消費電力は2.5W
AX-45の流量は、約318/390リットル/時:消費電力は4.2/4.9W

22リットル水槽で計算すると、
AX-30:288÷22=13.1回/時
AX-45:390÷22=17.7回/時

一般的な熱帯魚の飼育にはAX-30の方が向いていることが分かります。
AX-45では、多少、洗濯機状態になってしまいます。

もっと、重要な問題があります。
また、AX-45は消費電力が大きいことも気になります。
テトラAXシリーズは、水槽内の給水パイプにモーターポンプがあります。
モーターポンプの実効率は低く、消費電力の大半が熱として排気されます。
一般的な外部濾過器では、濾過器のモーターブロックから大気に自然排熱する仕組みで、飼育水温には極力影響を与えない設計です。
AXシリーズでは、モーターポンプは常に水槽内にあるため、廃熱は飼育水の上昇につながる欠点があります。
22リットル水槽にAX-45を取り付けた場合、夏場の高水温対策で苦労することになると思います。

22リットル水槽にAX-30よりも、一回り大きなフィルターを使いたいのならば、AX-45よりも、エーハイムフィルター2211の方が水温面で安心です。
エーハイムフィルター2211は背の低い水槽では、水槽横に設置できません。
水槽下はOK。
必ず水面の高さを調べる必要があります。

・水草で作る美しい水景水槽が目的で、魚やエビはコケ対策のメンテナンス&消耗品と割り切っている場合。

36cm22リットル水槽にAX-30でもAX-45でも大きな問題はありません。
ただし、
> AX-30で十分な気もしますが大は小を兼ねるとも言います。
これは、誤解です。
水流が強いと、水流のあたる場所に頑固なヒゲゴケが発生しやすくなります。

-----
・水草も大切だが、熱帯魚も飼育したいと思うならば、外部濾過器は飼育する熱帯魚の生態に合わせるべきです。

=計算方法=
好...続きを読む

Qアクアリウムのソイルの量について 21ℓの水槽を使っていて、底の面積は52×21です。 ソイルは何リ

アクアリウムのソイルの量について

21ℓの水槽を使っていて、底の面積は52×21です。
ソイルは何リットル入れるべきでしょうか?

Aベストアンサー

水草の植え方や、観方の好みもあると思いますが、

最低6㎝から10㎝程度の厚みで良いと思います。

ですので、平均10㎝厚みとしても、10ℓあれば十分かと思います。

但し、前景部分を薄く、後景部分を厚くする場合、10ℓプラスアルファと考えて、

ソイルを敷きながら、正面から水槽をのぞき、水草の繁茂するイメージをうかべ、増減することが大事かと
思います。
(少ないとまた買い足ししなければいけませんが、多めに持っていると、後日、追加も出来ますので・・・)

ソイル敷は後々の水景に多大なる影響を与えますので。慎重に作業してみてください。

Q90cm水槽に使う外部フィルター

90cm水槽で使う外部フィルターですが、テトラかコトブキで迷っています。それと、75~90cm用なのか90~120cm用かどちらを買うべきでしょうか?ちなみにエーハイムと上記2社との製品比較及び消耗品についても教えてください。(エーハイムは高くて買えないと思いますが参考までに)]

Aベストアンサー

現在市販されている外部フィルターは、どのメーカーの物でもたいした変わりはありません。どれを選んでも大差は無いです。

ポンプの容量(水量)は、淡水なら180水槽でもまかなえる位のものが、90センチ用に使用されていますので、ポンプの性能としては十分です。

その代わりといっては何ですが、濾過槽の容量は、ワンランクと言いたいですが、2ランク以上小さいな物ばかりです。ろ過能力は、ほぼ濾過槽のろ材の容量に比例しますので、濾過槽を大きくしないと、どのようなろ材を使用してもろ過能力は上がりません。

90水槽に使うなら、メーカー指定では120用を使用したほうが良いでしょう。もしくは、90用を買って、ろ過能力の不足を感じたら、下記のお店で作製しているような追加ろ過BOX等を付けて濾過槽容積を上げるのが良いと思います。

http://www.netpc.jp/sakurapet/shouhin/rokabox/top.htm

Q初心者のアクアリウムに最適な水槽のサイズと、掛かる費用について

綺麗な熱帯魚を飼いたくて、アクアリウムを始めようと思っています ネットで調べると、小さい水槽は手入れが大変だとのことでした 最初なので、20センチくらいの水槽から始めたいと思っていたのですが・・ あと、どんどんお金が掛かるという意見も沢山見掛けました 費用は、毎月どれくらい掛かるのでしょうか 以前に金魚を飼っていたので、今回は熱帯魚にしようと思っています 宜しくお願いします

Aベストアンサー

> 最初なので、20センチくらいの水槽から始めたいと思っていたのですが・・ 
・「くらい」って事は、マダ変更可能という事でしょうか。
ならば、幅と奥を10cm程大きくする事をオススメします。
幅と奥が10cm大きくなるだけで、水量はグンと増えます。
水量が多いと云うことは、短時間での水質変化や水温変化が起こりにくく、安定した飼育環境が構築出来ると云うことです。

*幅30×奥30×高40cmの水槽の体積は36リットル、実水量は底砂無しで35リットル。
http://e-aqua.jp/index.php?main_page=product_info&products_id=3754
*幅20×奥20×高25cmの水槽の体積は10リットル、実水量は底砂無しで9リットル。
http://www.gex-fp.co.jp/genoah/200.html

何より、20cm(10リットル)水槽では体長3cmの群れる魚が6匹程度しか飼育出来ません。
30cm(36リットル)水槽ならば、体長3cmの群れる魚が20匹程度飼育出来ます。

次に維持費について。
30cm(36リットル)水槽で計算します。
・ヒーター(100W)、関東平野部、26℃、冬場12時間稼働として。
100W×12時間×31日=37200Wh=37.2kWh//
http://www.shopping-charm.jp/ItemDetail.aspx?tid=14&catId=1123000000&itemId=15463
・水草も育てるため明るめの照明(24W)、一日8時間稼働として。
24W×8時間×31日=5952Wh=5.952kWh//
http://item.rakuten.co.jp/chanet/16754/
・フィルター(エーハイム2211最大5W)
5W×24時間×31日=3720Wh=3.720kWh//
http://www.eheim.jp/2211.html
・エアポンプ(水心SSPP―3S/2.8W)
2.8W×24時間×31日=2083.2Wh=2.0832kWh
http://www.shopping-charm.jp/ItemDetail.aspx?tid=14&catId=1121050000&itemId=12666

電気料金単価を1kWh辺り23円と仮定したとき。
∴真冬の尤も電力使用量の多い季節の合計48.9552kWh×23=1126円/月
∴真夏の尤も電力使用量の少ない季節の合計11.7552kWh×23円=270.4円/月

なお、電気代以外に水道料と餌代が掛かります。
水槽は下記のようなセットがオススメです。
http://store.shopping.yahoo.co.jp/avel-net/1190006300.html

これ以外に、底砂、濾過材、エアチューブ、エアストーン、逆流防止弁、水草、流木などが必要です。

> 最初なので、20センチくらいの水槽から始めたいと思っていたのですが・・ 
・「くらい」って事は、マダ変更可能という事でしょうか。
ならば、幅と奥を10cm程大きくする事をオススメします。
幅と奥が10cm大きくなるだけで、水量はグンと増えます。
水量が多いと云うことは、短時間での水質変化や水温変化が起こりにくく、安定した飼育環境が構築出来ると云うことです。

*幅30×奥30×高40cmの水槽の体積は36リットル、実水量は底砂無しで35リットル。
http://e-aqua.jp/index.php?...続きを読む

Q60cm水槽用の照明について(アクアシステム

アクアシステムから出ている60cm規格水槽用として、アクシーファインPL600とアクシーパワーツイン600が出ています。
どちらもよく似た・・・と言いますか、素人の私から見たら同じ仕様に見えます。

ファインPL(598x160x62)
交換球:55wPL管 ホワイト×2
http://www.aqua-system.net/jp/llumi_finepl.shtml

パワーツイン(630x175x60)
交換球:55wホワイト球×2
http://www.aqua-system.net/llumi_newtwin/

一番気になる交換球ですが、パワーツインの方もPL管ですよね?
この2機種の違いは見た目ってことでしょうか?

何か大きな違いがあるのでしょうか?
ご存じの方、おられましたら教えて下さい。

Aベストアンサー

・アクシーファインPL600とアクシーパワーツイン600は、基盤などの電気的なパーツは共用です。
使用電球も同じ。

違いは
・下駄の高さ
・スイッチの場所
・ボックスケーシングの可、不可。

・下駄の高さ・
アクシーファインPL600が5.5cm
アクシーパワーツイン600が3.5cm

・スイッチの取り付け箇所・
アクシーファインPL600は本体右奥背面
アクシーパワーツイン600は本体右側面

・デザインケースへの収納・
アクシーファインPL600はケースへの収納可
アクシーパワーツイン600はケースへの収納不可

蛇足ながら・・・・
アクアシステム「アクシーファインPL600とアクシーパワーツイン600」用の電球は、ヨーロッパで広く使用されている口金「2G11」規格です。
日本では一般的ではなく、入手困難な種類の電球です。

でも、大丈夫。。。
緊急時は、ヨドバシカメラなど、写真スタジオ向き照明売り場で購入可能です。
参考:
http://item.rakuten.co.jp/pascalshop/osram-l55w/

Qアクアリウム水槽90センチ水槽 水槽立ち上げて4日目なのですが (水槽の中はプラチナソイル、流木4本

アクアリウム水槽90センチ水槽
水槽立ち上げて4日目なのですが
(水槽の中はプラチナソイル、流木4本です)
生体、水草、何も入って無いです。
水は水槽の半分です(カルキ抜きはアクアxプラス)
1日で流木に白いモヤがつきます。(水カビ)
毎日歯ブラシで磨いています。
(流木は鍋で煮ました、そのままバケツで3日間つけてます外部フィルター2個
上部フィルター3個ブラックホール入っています
おそらくアク抜けてると思うのですが
水温は27度位です。
どうしたら水いモヤが発生しないようになりますか?
根気良く歯ブラシで磨いた方がいいですか?
それとも自然消滅してくれるのですか?
まだバクテリアは発生して無いと思います。
すいませんが教えて下さいお願い致します。

Aベストアンサー

他に魚を飼育していてその水を転用するリカバリー以外では最低でも20日が過ぎないと安定はしませんし、バクテリアはリカバリー以外の水では短期間にはできません。活性炭、麦飯等に頼る場合は水の状態が好ましい状態で10日までがリカバリー、リセットの立ち上げの時の限界であり、これを過ぎると吸収していた物を排出して前よりも悪い状態になります。

 例えば金魚の水槽を立ち上げる場合はメダカ、川魚等の飼育している水を半分以上入れ、生体を入れ無い状態で大体15日程度、生体を入れた状態で10日程度でバクテリアが発生し、環境に適合した水槽になります。

  後は何を飼育するかで指導する条件も異なりますし、熱帯魚、金魚等では全く内容も異なりますのでその事が解らないと回答はできません。

Q60cm水槽でネオンテトラを300匹飼育することは可能ですか?

最近、熱帯魚の飼育を始めました。水槽は一般にセット販売されている60cm級のものです。基本的な用具はそろっています。追加でエアーポンプのエアーカーテンを付けています。底砂利も入れてあります。
水草は入れてありません。アクセサリーは素焼きの土管とツボだけです。その状態で、ネオンテトラ300匹の飼育に挑戦したいのですが可能でしょうか?毎日10匹近く死んでしまいます。

Aベストアンサー

うちは、75センチ水槽に多数の種類が150匹くらい居ます。知り合で熱帯魚の問屋さんがいるんですがテトラなどの小魚なら水量の二倍の飼育が可能と言われてました。60センチ水槽は57リットルなので110匹くらいならいけると思いますが。うちの水槽は10センチくらいの魚も何匹か居ますが、死んだりしませんよ。水槽を立ち上げて2週間程してから魚を入れましたか?導入してすぐに魚を入れるとバクテリアなどもいないので水質が悪くなりバタバタしんでいきます。あと色の抜けたテトラや、体の歪んだテトラはいませんか?もし居るようなら、水槽内の魚はほぼ全滅します。ネオンと言うテトラなどのかかる病院です。薬浴なども効果がないです。もしいるようなら水槽をリセットしていちからやり直し。水を入れて直ぐに魚も入れたいなら最初の二週間位は2日にいちど1/3の水換えしないと。それから魚は一度にたくさん増やさずに隔週に10匹ずつ増やす様にしてください。でないとバクテリアと魚とのバランスがとれずに弱い個体から死んでいき、死骸などからリンなどの魚に有害な成分がでて被害が広がる一方です。

Qこの石みたいなやつは泥岩か粘土岩かどちらですかね?水槽に入れてたら溶けてなくなりますか?アクアリウム

この石みたいなやつは泥岩か粘土岩かどちらですかね?水槽に入れてたら溶けてなくなりますか?アクアリウムに使用したいです。
使えるのあればアク抜きはどうしたらいいですか。わかる方教えて下さい。
お願い致します。

Aベストアンサー

水には溶けないでしょう。そこいらの岩のかけらですから。
綺麗に洗って煮沸してから使うのが安心でしょう。

Q60cm水槽に入る魚の数

家に60cm水槽があります
それで熱帯魚を飼おうと思っています
そこで質問です
この水槽で熱帯魚は最大何匹ぐらい飼えるのですか?

Aベストアンサー

小さいテトラ系で無茶して100匹飼ってました。
ただし、やはり濾過にはかなり神経使いましたよ。

カラシンの小さいのならば入りますが、熱帯魚でも種類がいろいろ有りますので。。。
エンゼルフィッシュとかならば5匹とかが誠意パイとかかなと思います。
特に、バクテリアが住みやすい環境さえ作ってあげれば少し無茶は出来ますが、、、、

基本、60cmの水槽でもアマゾンの川では、小さいテトラで1匹居るか居ないかです。
それだけ、無理してるので、濾過装置、バクテリアの住処には気を付けてあげてください。
少々は、無理できますが、魚の種類によるところあります。

詳しくは、熱帯魚の種類を決めて店員さんとご相談かネットで検索してみてください。
ネオンテトラとかで普通50匹居たら確実に、過密水槽です。
参考になれば幸いです。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報