具体的に質問したいことはタイトルの通りなのですが、そのほかに一つ伺うとするなら、同人とインディーズには何か違いがあるのでしょうか?

僕の知る限りのことで言うと、どちらもプロとアマチュアの中間的な立ち位置にみえますが、どこか違いもあるように感じます。

音楽業界など「インディーズ」と呼ばれる業界ではメジャーデビューの足掛かりだったり、創作活動の一環で活躍したりと創作的・商業的な雰囲気がある一方で、同人誌業界では二次創作品の多さなどからどちらかというアマチュア主体な傾向がある、というのは感じます。
とはいえ同人活動のオリジナル作品でプロデビューする人もいれば、逆に個人サークルでコミックマーケットなどに参加するプロの人もいる、などといった業界事情があるという情報を知っているだけで、なにぶんこうした世界に飛び込んだ経験はなく具体的に何が一緒で何が違うかよくわかりません。

そもそも、僕は昔から漫画やアニメに限らず、音楽、映画などが好きで、以前から同人やインディーズに興味があり、どんな共通点や違いがあるのか疑問に考えていました。

いちいち業界がどんな位置づけなのか、なんて決めつけるような野暮ったい質問だと自分でも感じますが、WEB上で一度いろんな人の意見を伺いたいと思い投稿させていただきました。
ぜひともご意見をお寄せください。

なお、実際に同人活動をやっている方によっては、偏屈な文面の投稿だと気に障られるかもしれませんが、あえて自分の疑問に思うことを正直に書きました。よって、大変に不快な思いをされるようでしたらお詫びを申し上げます。

では、よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

インディーズというのは、インディペンデントを意味しており、メジャーの対立概念として存在しますので、メジャー無しには存在し得ません。


アマチュアって意味じゃないんですよね。

音楽の世界でも、海外で言えば4大メジャー(ユニバーサル、ソニーBMG、ワーナー、EMI)以外はインディーズ扱いとなり、案外有名なアーティストだってインディーズだったりします。有名どころで言えばオアシスなんかそうでしたね。
日本の場合にはレコ協に加盟していればメジャー扱いですのでもう少し幅が広いですが、結局の所「メジャーではない」という意味である事は共通しています。
つまり、インディーズという言葉だけで括るのは無理がある訳です。
特に90年代半ば以降、インディーズシーンの盛り上がりと共に売上も伸びており、かつてのようなメジャーへの足がかり的役割だけでなく、それ単体でも充分ビジネスになるような市場が出来上がりました。ダイキを始めとする全国流通網が出来た事やタワーなどインディーズを積極的に扱う外資系ショップが主流になった事も大きい。プロとしての活動の場がメジャー以外にも広がったのです。アルバムで200万枚売り上げたモンゴル800、インディーズ初の100万枚越えを果たしたハイスタ、彼らをアマチュアだなんて言う人はいないでしょう。他にもインディーズでのリリースしかないにも関わらずしっかりとした地位を築き上げているアーティストは沢山います。

インディーズがプロとアマチュアの中間的な位置というのは間違いではありませんが、先述の様にそれは「メジャーではない」という点でしか語れませんのである意味当然であり、それ以上の意味は無い様に思えます。

では、漫画の世界はどうか?
商業誌と流通が異なるという意味では似ているのですが、いまだに非常にクローズドな世界である点はかなり違います。インディーズのCDはメジャー作品と同様に扱われることが多くなっており、その垣根はもはやジャンル程度の違いでしかありません。しかし同人誌は商業誌とは全く異なるマーケットで成立しており、両者ははっきりと区別されます。
例えば、学校帰りにインディーズとメジャーのCDを同じショップで買って帰るのは普通ですが、同人誌と商業誌を同じ書店で買うのはかなり難しい、という感じです。
漫画というものが雑誌で連載される事が基本にあるというのも影響しているのでしょう。
多分、もっとも大きな特徴は二次創作やアダルトなど法的に危険な(あるいはアウトな)作品がメインであるという点ではないでしょうか。もちろんオリジナル作品も少なからずある事は否定しませんが、大多数の作品が二次創作であることは事実でしょう。インディーズがメジャーの横にある世界だとすれば、同人誌は商業誌の裏にある世界、という感じです。
同じ土俵ではない、と言った方が分かりやすいでしょうか。

同人誌業界でも、オリジナルをメインとし、且つ大手書店でも普通に流通させられるような存在が出てくれば漫画業界のインディーズと言えるんでしょうけれど、それじゃ単に小さな出版社というだけかもしれませんね。
    • good
    • 0

自己顕示欲の塊と言えばどちらも似たようなものですよね。


インディーズの(特に外国では)バンドとかは、抑圧された日常に反発するような形で活動したりしてますし・・・。宗教を蹴り飛ばすような格好や、鳥や小動物を殺したりなど・・まぁ全部ってわけじゃないですが。
 さて、マンガも似たような側面がありますね。パロディは「自分の好きなキャラクターがこんな事をしてくれたら嬉しい」とか何とか。
 そこで妄想として生まれるのがホモとかエッチマンガでしょう。
 最も商売としてこういう本を作る人も多く、全くの自己顕示~だけでは済んでいないような気もします。イベントに出て、スカウトを待つ人とか。サイドビジネスから生計を立てる手段になってる方まで、様々です。
 インディーズ、とマンガは言い切れないですと、私は勝手に思ってますが・・・。 
    • good
    • 0

同人誌=インディーズ、で成り立ちます。


ポップ・ミュージックの場合、インディーズは自主製作
のコトです。プロだと、レコード会社が製作費用を払い
ますから。(スタジオ代金から、スタッフ達、バックの
人達の人件費)(そして宣伝費用)
~西洋では、インディーズというと、弱小レコード会社
 の意味もある。日本人にはこれをゴチャ混ぜにしている
 人もいます。
ここでは漫画の事をお聞きなので、ポップ音楽のインディーズ
はここまでデス。
98年だったと思いますが、コミケット主催者の米沢さん
(と思う)が、同人誌はもう閉じられた世界になってしまっ
たと雑誌にお書きでした。昔は同人誌で何か商業誌に出来ない
事が出来るんじゃないか?という夢みたいなモノがあった、
とか。所詮、幾ら同人誌で売れたところで、発行部数からして
商業誌には太刀打ち出来ない。同人誌で売れるのはいわゆる
アニパロが中心。これは同人イベント主催者から。98年東京
での同人誌のパンフで、同人誌のオリジナル・ジャンルでこう
もファンタジーが多いのは、突っ込みが怖いからだろうという
お便り。外国を舞台にした所で、海外なんてその20年程前から
普通に行くようになった。それで、ココは違いますよっていうの
が入ってくる。
そしてファンタジーでつじつま合わなくても、ファンタジーだか
ら…で済んでしまう。登場人物もヒットした小説や漫画・アニ
メのキャラクター転用みたいなモノが多い。
高河ゆんという、同人誌から商業誌へいって有名になった人
のインタビューで、【同人誌で人気があったからと言って、
商業誌に移ってきても、同じようにはいかないんですよ】。
商業漫画で生活しようと思ったら、単行本が出ないとダメ
でしょう?アシスタント代金はかなりかかるらしいし。
同人誌からデビューして3年後、どの位の人が残っている
のか?と考えたら、多分3割そこいらじゃないか?と。メ
ジャー誌程描きたい作品を何年も描かせて貰えないんです
し。(これで嫌気が差して止める人って多いんじゃないか
?と)
    • good
    • 0

個人的にはプロ・アマという表現より、「職業」か「趣味の延長線上」かの方が近いような気がします。


音楽界・インディーズの活動は「名前を知ってもらうこと」「売れること」が目標にあると思いますが、同人誌業界では活動の目的や範囲が人それぞれ大きく異なっていますよね。
ご質問文にあるように、趣味で満足する人もいれば、夢は大きく漫画家デビュー!な人もいるし、逆にデビューしていても同人誌やってる人もいますよね。この業界で生活収入を得ている人もいれば、非営利で活動している人もいる。まさに「自由」、年齢制限もないです。

あえて決まった位置づけがない「あいまいさ」があるからこそ、商業的にも非商業的にも双方の成立が可能な「特殊な業界」に成長した、それが同人誌業界だと思います。
    • good
    • 0

回答しておきます。



以前に比べて、商業誌の敷居が高くなってきたため、限りなく同人誌に近い漫画もあれば、専門的な漫画誌というものが増えてきたように思います。

元々、同人誌というのは大学・高等学校の漫画研究会などのサークルで発行される書籍群だったり、地域性や仲間内で発行される書籍群で始まったような気がします。その後、バブル期の頃に、有名漫画の独自版などを発行する同人誌が出てきて話題を集めていたような気がします。

その後、小さな印刷店やDTPなどの進歩によって、個人的に発行される同人雑誌というものも存在しており、現在は書かれているインディーズ的なものから、本当に純粋に漫画というものを書いてみたい、読んでいただきたいというだけのために発行されているものがあり、それこそ千差万別の状態と言えるでしょう。

特に類型的に分類すれば、インディーズ的な全国区の同人誌もあれば、本当にサークル内の同人誌も存在します。全国区の同人誌から、不定期間や季刊を経て、月刊になった雑誌も存在しているようで、夜中のローカル局のアニメの原作にもなっているものが多いようです。

一番手っ取り早いのは、丁度「SF小説」や「ミステリー小説」などがたどった道が近いのかも知れません。初期には、天才型の個人が書くSF小説が存在し(海野十三、江戸川乱歩など)、その後「SF雑誌」や「ミステリー雑誌」が生まれ、SFの同好会やミステリーの同好会が生まれ、それが全国区になった。全国区の同好会では、収容しきれないほどの作品が生まれてきたため、分科会のようなものが生まれ、各「テーマ毎」や「目的毎」に、同人誌が生まれた。そして、同人誌と呼ばれる作品群の中から、大手の出版社の編集者の目に留まったり、プロの小説家などの弟子として作品を制作するアシスタント(調査アシスタントと呼ばれる人で、小松左京のクンタ・キンテなどが有名)からプロデビューしていった作家が居るという具合かも知れません。

そんな意味では、漫画に関しては、田川水泡などの天才型漫画家が最初に存在し、その後長谷川町子、手塚治虫などの先駆者を経て、石森章太郎、藤子不二男などのストーリ漫画家や赤塚不二男などのギャグ漫画家、そして、ストーリーと原作を分ける分業型の最近の漫画へと進化していったのだろうと思います。同人誌の場合にも、それらに原作を求める場合もあったり、逆に原作を提供するなどの関係で、現在は位置づけられているため、どちらともいえないのではないか?と思うのです。

では。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qインディーズレーベルを作るのは・・・

友人のバンドがインディーズレーベルを立ち上げたいそうなのですが、インディーズレーベルを作るのはどうしたらいいのでしょうか?
また、インディーズレーベルとはどういった活動するものなのでしょうか?

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

極端な話、デモテープを作れる程度の機材と、
CD-Rに書き込むことができるパソコン1台があれば、
すぐにでもCDを作って、ライブ会場で手売りすることができます。
当然、その時点であなただけの「インディーズレーベル」を名乗れます。

しかし、それだと何十枚も何百枚もCDを作るのが面倒。
また、店頭販売などをしようとするとその手続きも面倒。
そこであちこちの業者を利用したり、
また業者との取引面をしやすくするために会社を作ったりする場合もあります。
具体的に何をするかは、#1さんのURLを見ればわかるでしょう。

要するに「インディーズ」とは自主製作だから、
全て手作りで細々とやってる人もいれば、
メジャーレーベル顔負けの規模で製作・販売を行っている所まで、
つまりピンキリなわけです。

Q批判を恐れては、創作活動はできないって本当ですか?←同人誌や同人ゲームなど… 確かに私の場合は、好き

批判を恐れては、創作活動はできないって本当ですか?←同人誌や同人ゲームなど…

確かに私の場合は、好きなゲームにしかクレームを付けません。嫌いになったら何も言わないし、無関心になります。

Aベストアンサー

叩かれるのはあたりまえだからね。
恐れないというか考えない方が良いですよ。

Qインディーズについて

インディーズシンガーになるにはどうしたらいいですか?
必ず、インディーズレーベルに所属しなければいけないのですか?

Aベストアンサー

インディーズというのはもともとは「メジャーではないアーティスト」ってことですので,たとえばあなたが自分で作った曲をCDに録音して,どこかのCDショップ等に直接持って行って,置いて下さいと頼んだり,ライブハウスの物販コーナーとかに置いてもらえば,インディーズデビューが達成できます.

どこまで目指していらっしゃるのかはわかりませんが,自腹で金を出せば誰でもライブハウスには出演できますし,現在有名になっているバンドや歌手はほとんどすべてこの道を通っています.
つまり,インディーズシンガーになるというのは自分で曲を作ってライブハウスに出演依頼をすれば簡単にできます.


しかし,インディーズといえどもレーベルに所属するのは至難の業で,大体は上記のような地道な下積み時代を経て,その中で人気が出始めると次第に業界の人の目や耳にとまったり,コネを利用したりしてレーベル会社から声をかけてもらえます.
これには実力が伴っていなくてはならないのは当然ですが,運やコネが大きく左右します
レーベルに所属すれば,CDの製作費,レコーディング代,ライブの出演料などをレーベルが負担してくれるようになります.

しかし,レーベルといっても,インディーズの世界ではピンからキリで,地方のショボいアーティストばっかり集めて金づるにしてるような会社から,超大物を何人も抱える会社まで様々です.
もしも契約の話がかかったら,契約書を熟読しておく必要があります(ショボいところに何年も拘束されたらたまったものではありませんので)


ちょっと余計な話をしすぎたかもしれませんが,高校生でも初心者でもライブハウスに出演依頼出せばインディーズシンガーになることは可能です

インディーズというのはもともとは「メジャーではないアーティスト」ってことですので,たとえばあなたが自分で作った曲をCDに録音して,どこかのCDショップ等に直接持って行って,置いて下さいと頼んだり,ライブハウスの物販コーナーとかに置いてもらえば,インディーズデビューが達成できます.

どこまで目指していらっしゃるのかはわかりませんが,自腹で金を出せば誰でもライブハウスには出演できますし,現在有名になっているバンドや歌手はほとんどすべてこの道を通っています.
つまり,インディーズ...続きを読む

Q同人活動・二次創作(夢小説等)について

まず、カテ違いでしたらすみません。(一応こちらで)
よくネットで同人サイトを作成している方々や、夢小説(または名前変換小説)等を作成しているサイトを見かけます。
私は好んでそのようなサイトをまわります、また昔夢小説を書いていたときがありました。
そこで、すこしお尋ねしたいことがありましたのでご質問させていただきます。心配性かつ小心者なのでできるだけ厳しくないご回答を願いたいと思います。

1まず、二次創作は黙認(…)されていますが、逮捕されることはあるのでしょうか。
ポ○モン事件は知っておりますが、それ以外でも頻発しているのでしょうか。とても心配です。

2(アニメ・漫画等の)夢小説をネットに載せるのは(上記と似通っていますが)危ないでしょうか。
文をかきたいのですが法に触れると考えると…。

そもそも心配なら載せるべきではないと自分でも考えてるのですが(黙認されているのが現状、らしいのでするかしないかは個人の判断)一応皆様のお考えを聞かせていただこう、というものです。

対策等おしえていただければなおさらうれしいです。よろしくお願い致します。

あと、「黙認」は (wiki引用)「黙認とは、黙って認めることであり、認める意思がなく単に黙っているに過ぎない場合は本来、含まれない。」らしいのですが。辞書で調べても「暗黙に認める」とありました。そのあたりも…どうなのでしょう…。

まず、カテ違いでしたらすみません。(一応こちらで)
よくネットで同人サイトを作成している方々や、夢小説(または名前変換小説)等を作成しているサイトを見かけます。
私は好んでそのようなサイトをまわります、また昔夢小説を書いていたときがありました。
そこで、すこしお尋ねしたいことがありましたのでご質問させていただきます。心配性かつ小心者なのでできるだけ厳しくないご回答を願いたいと思います。

1まず、二次創作は黙認(…)されていますが、逮捕されることはあるのでしょうか。
ポ○モ...続きを読む

Aベストアンサー

1.親告罪である以上、著作元の許可が無い限りリスクはゼロになりません。

2.著作元の許可を得れば心配はなくなります。
大企業相手だと厳しいとは思いますが、二次創作を認めているケースもあるので作品ごとに確認する必要があるでしょう。

「黙認」については認めているかどうかが分からないだけで、実際には訴えを起こすだけの要件は満たしているケースが多いということです。

なお、利益目的という点では著作権法上では殆ど考慮されません。
ポケモン同人誌の事件でも世間で騒がれていた割にその頒布された範囲は非常に狭く、収支で言えば黒字と言えるレベルではありませんが、それでも事前の注意も無しに逮捕されました。

本来であれば著作元の許可を得るべきです。
もしくはその作品が二次創作だと思われないように配慮することです。
許可を得ていなければあまり余計なことは書かないほうがよいかもしれません。
著作元に許可を得ていないということを自白するような文言については慎重に考えるべきでしょう。
また、品位を保てば良いという解釈にもリスクはあります。
著作元が派生のストーリーを小説にする際に、偶然にも先行して公開された未許可の二次創作物と似たものになった場合、著作元が本来得られるはずの利益を侵害することになります。
著作権法はこうした権利も著作権者に与えています。

1.親告罪である以上、著作元の許可が無い限りリスクはゼロになりません。

2.著作元の許可を得れば心配はなくなります。
大企業相手だと厳しいとは思いますが、二次創作を認めているケースもあるので作品ごとに確認する必要があるでしょう。

「黙認」については認めているかどうかが分からないだけで、実際には訴えを起こすだけの要件は満たしているケースが多いということです。

なお、利益目的という点では著作権法上では殆ど考慮されません。
ポケモン同人誌の事件でも世間で騒がれていた割にそ...続きを読む

Qインディーズ

インディーズについて質問です!!!

インディーズになるためにはどうやったらなれますか??
また、メジャーになる為の条件はなんですか??

Aベストアンサー

極端な話、あなたが自分の歌を録音して、
その録音した音をパソコンでCD-Rに焼いて、
そのCD-Rをライブなどで手売りしたら、
もうそれだけでインディーズです。

ただ、それだとちょっと活動規模が大きくなるとすぐに活動が破綻するので、
CDの製造や販売、あるいは著作権管理などを、
それぞれの業者に委託して行うことが多いのです。
それがインディーレーベルと呼ばれるものです。

メジャーレーベルとは、いわゆる大手レコード会社。
日本では、一般的には日本レコード協会に属している会社がメジャーレーベルと呼ばれます。
そこと契約してデビューすることがメジャーデビューです。

一般的には、メジャーデビューすれば、
製作、宣伝、販売などにインディーズとは桁違いの金を使うことができ、
桁違いのヒットを見込めるものです。
ですが最近は、インディーズのままで大ヒットを飛ばしたり
大型タイアップが付いたりするアーティストが続出していて、
メジャーとインディーズの境界は曖昧になっていると言えるでしょう。

Q二次創作(同人)のHPを経営しています。葛藤。

こんにちは。今ある漫画の二次創作の小説ホームページを管理しています。いわゆる女性向です。ソフトですが、ボーイズラブを扱っています。ちなみに小説系。
タイトルにはわかりやすいので『同人』とかきましたが、同人=女性向 という認識はよくないと思いますので、以下から二次創作と表記してみます…。

ホームページを管理しながらも、私は「これいいのかなぁ…」と思ってしまうことがあります。それはやはり著作権の問題。
『この作品の著作権は管理人にあります。無断転載はご遠慮ください』とかくたびに違和感を感じるのです。漫画家さんのキャラクターを勝手につかっているっていうのに、私が著作権がどうこうなんていっていいのか?二次創作なんて、こんなことしてていいの?

でも、そう思う傍ら、私がこの漫画から考えた話を、みんなに知ってもらいたい、なにか感じて欲しい、と思っている自分がいます。やめることができません。小説をかくことは楽しいし、同人誌即売会…まぁイベントですけど、それに参加することも楽しいし。

2度ほど無断転載をされたことがあって、どうしようもない怒りを感じた事があります。それ以来『無断転載禁止』と表記してきましたが、原作者さんの方たちが同じような怒りを感じているとおもった途端、とても申し訳なくなってきました。…でも、かきたい。

一体なにが質問なんだか…とにかく、いろんな方の意見をきいてみたいです。

こんにちは。今ある漫画の二次創作の小説ホームページを管理しています。いわゆる女性向です。ソフトですが、ボーイズラブを扱っています。ちなみに小説系。
タイトルにはわかりやすいので『同人』とかきましたが、同人=女性向 という認識はよくないと思いますので、以下から二次創作と表記してみます…。

ホームページを管理しながらも、私は「これいいのかなぁ…」と思ってしまうことがあります。それはやはり著作権の問題。
『この作品の著作権は管理人にあります。無断転載はご遠慮ください』とかくたび...続きを読む

Aベストアンサー

>二次創作なんて、こんなことしてていいの?

いいはずありません。
止めるべきです。

>私がこの漫画から考えた話を、みんなに知ってもらいたい、なにか感じて欲しい、と思っている自分がいます。やめることができません。

あなたの単なる身勝手です。

書きたくて書いたなら、インターネットなどで公開しないこと。インターネットで公開したいなら、完全創作にすること。著作権法違反はいけません。画像を掲載しなければいいっていう問題ではありません。

少しでもよりよい作品を作り上げようと頑張っている原作者の気持ちを踏みにじるべきではありません。

著述業で飯を食っている者より。

Qインディーズとは?

すいません、すごく初歩的な質問ですが
インディーズとはなんなんでしょうか?

普通とどうちがうのですか?
また、HYは何故インディーズなのでしょうか?

Aベストアンサー

CD 製作などで、大手制作会社に所属しないで独自に製作・販売を行うプロダクションや会社。また、それにかかわる作家・音楽家。

HYはプロになりたくないのでは?

Q同人誌の何割が二次創作物ですか?

コミケなんかで売られている同人誌の、どのくらいが既存のマンガ、アニメ、ゲームなどのキャラを描いているいわゆる二次創作物なのでしょうか。オリジナルもありますよね?なんか同人誌=二次創作物ってことになってますが。
それとコミケで売ってる同人誌(二次創作物)のどのくらいがエロなんでしょう??

Aベストアンサー

オリジナルも、もちろんあります。オリジナルオンリーのイベントもあるぐらいですし(コミティアとか)
何割が二次創作かはわかりませんが、夏と冬に開催される同人の大イベントでは3日間のうち2日間(正確には3日目にも版権があるけれど)が二次創作物なので、それを考えるとほとんどが二次創作物だと考えていいかもしれません
同人=二次創作物、となってもしょうがないのかも

エロはよくわかりません
けれど二次創作物でエロを書いてる人は多いですね
それ目的で本を買っている人もいるくらいですし

Qインディーズにこだわるアーティスト達。

 インディーズレーベルにこだわるアーティスト達がいますが、なんででしょうかね?。

 モンゴル800やロードオブメジャーなどもそうですよね。

 あれだけビッグヒットになると、そもそもインディーズレーベルの意味が無いわけですが、いっそのことメジャーレーベルに移籍しないのはどうしてでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは。
いえ、メジャーの利点というのは「莫大な宣伝予算」「制作費用分担」「全国流通網」という部分です。
もちろん売れるかどうかで個々の予算は上下しますが、流通と宣伝に関してはやはり有利です。

その分、アーティストサイドの取り分は非常に低い。
原盤権をレコード会社が持って行くので、アーティストの実入りは10%にも満たないのです。
それでもやはりインディーズがヒットする確立よりはメジャーの方が数段上なので、ほとんどがメジャーにいるのです。

逆に言えば、インディーズのままでいれば、予算的な不自由はあるものの、原盤権も自分達で持てたりしますし、何かと取り分が大きいのです。
もちろん制作についても自由度がぐんと上がります。
制作の自由というのは、レコーディングやマスタリングにお金を出した人間に左右されるのですが、インディーズの場合、自分で出したらもちろん自由だし、レーベルが出す場合も、規模が小さいので話し合いが可能なわけです。

昔はインディーズというと流通も制作能力もかなり制限されていたので、どうしても売れたらメジャーという図式になっていたのですが、今ではダイキみたいな全国流通網を利用できたり、DTMやDTPの進化で制作費をあまりかけなくても高品質なものが作れるようになっていますから、無理にメジャーに出なくてもいいやという流れになっているわけです。

ちなみにレンタルは、一括して取り扱う組織が無いからレンタルされないだけです。コストに見合わない。
(インディーズってその名の通りインディペンデントですからね)
それでも、2000年くらいのインディーズブーム以降、いくつかのレーベルはレンタル解禁しています。
問題は、インディーズレーベルは作品数が少なく、レーベル自体が長続きせず消えてしまう事が多いってことです。
インディーズ側は別にレンタルが嫌なわけではありません。

こんにちは。
いえ、メジャーの利点というのは「莫大な宣伝予算」「制作費用分担」「全国流通網」という部分です。
もちろん売れるかどうかで個々の予算は上下しますが、流通と宣伝に関してはやはり有利です。

その分、アーティストサイドの取り分は非常に低い。
原盤権をレコード会社が持って行くので、アーティストの実入りは10%にも満たないのです。
それでもやはりインディーズがヒットする確立よりはメジャーの方が数段上なので、ほとんどがメジャーにいるのです。

逆に言えば、インディーズのまま...続きを読む

Q同人サイト、二次創作サイトなどで、そのサイトやサイトの管理者などに良い

同人サイト、二次創作サイトなどで、そのサイトやサイトの管理者などに良い感情を持っていない人がそのサイトの誤字脱字(キャラ名やモンスター名が濁点がついていなかったり、似たような形の別の単語と混合していたり、漢字が間違っていたり)が何箇所かあるのを発見したりすると、それを指摘して「この人この作品のこと実はあまり好きじゃないんだろうな」など言う人がいますが、そうなのでしょうか?
ちなみに私がそれをよく見るのは某モンスターを擬人化するのに不満を持つ人が愚痴るところで、「モンスター名が間違ってるけど、本当にこのモンスターの出るゲームが好きなの?」という発言です。

Aベストアンサー

・憶え間違い
・打ち間違い
・漢字が苦手
・興奮状態で作文した為、おかしいことに気付かない
・見直さない
・自分は間違わないという自信
・慌てん坊   etc.

・・・といった理由が、複合的に重なった結果かと。
商業的に売られている書籍でも、何人もの人が確認しているはずなのに、誤字・脱字は時々取りこぼされています。
他に確認する人間がいない個人の趣味で作られたサイトなら、多少は仕方ない・・・かも(見てもらうという意識が薄い気はしますが)。

好きでも、ずっと思い違い・勘違いしていたことなんて、よくあることです。
一概に「本当は好きじゃない」と評するのは早計かと。
好きなら当然知っていることを知らないならともかく。


人気Q&Aランキング