カテゴリーを迷いましたが・・


先日郵便局から、とある就職活動の履歴書を送付しました。

2週間ほど経っても何の連絡もないので、先方に確認してみました。

すると、書類は届いていないという事でした。

そこで郵便局に確認してみると、結果的には配達ミスだったようです。

(同ビル内のポスト投函を間違ったようで、行方不明になったようです。)

結果的に応募期間を過ぎてしまい、不合格になってしまいました。

領収証書はたまたま手元にありましたが、基本的に普通郵便は保証されないようです。

落ち度なく、料金を支払いお願いしたのですが・・

今回は、諦めるしかないでしょうか・・?

A 回答 (4件)

こんにちは。



私は郵便局が民営化されてから、
何度も誤配に遭いました。

1件はコンサートチケットで、配達記録であったにも関わらず
(しかも不在通知が入っていたので連絡もした)
全然別のところに配達されていて、夜中の12時ごろに配達にきました。郵便やさんを問い詰めたら発覚。
最近では友人からの手紙が届かなかったり、
年賀状が何故かまとめてうちのポストに、そのマンションの住民の分入っていたり(これは私が区分けしてポストにいれました)。

履歴書などの大切な書類、ましてや個人情報の書いてあるものは、
少なくとも配達記録にしておいたほうが、追跡はできますし
「誰が届けたか」まではわかるはずです。

就活で履歴書を送る回数が増えると金銭的にもったいない気もしますが
「郵便が届かなくて不合格」ではさらにもったいないので
ここは慎重に、「確実に配達ルートがわかる郵便」にしたほうがいいですね。

もともと普通郵便には「保障なし」とありますから、
残念ながら今回はあきらめるしかないでしょう。

次の就職先、頑張ってくださいね!
    • good
    • 0

不着申告を提出した方が反省させるためにもよいかも。


(多くの申告を出すことで、犯罪を見つけることができる可能性もあります。例:アルバイトが故意に配達郵便物を大量に破棄していた事例)
調査結果は「普通郵便は追跡記録がなく結局わかりませんでした」旨でしょうが。
    • good
    • 0

> 今回は、諦めるしかないでしょうか・・?



それを決めるのは質問者さんであり他人の誰でもありません。

確実に届けたいならそれなりの手段があるので、
その方法を取らなかった・その方法を知らなかったのは
質問者さんにも責任の一端があります。

> 基本的に普通郵便は保証されないようです。

金銭で済むことならまだしも、今回のケースはどうしたら
「保証してくれた」と満足できますか?
第三者たる郵便事業者に無理を言っても出来る事は限度があります。
自分で予防するしかありません。
    • good
    • 0

諦めるしかありません。


発覚した時点で先方に事情を説明し、再度送ることを了承頂けたら話は別です。
が、期限が過ぎたものは基本的には受理されません。
その会社の二次募集を狙うしかありませんね。

頑張ってください。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング