不等式の問題についての質問です。
-2χ>-6という式についてなんですが、両辺を-2で割って、不等号の向きを変え、答えがχ<3になるのはわかるのですが、

両辺に-をかける、もしくは-で両辺を割った際に、不等号の向きが変化するのは何故なのでしょうか。

わかる方がおりましたら、教えて下さい。お願いします。

A 回答 (2件)

それは、-が+になると、大きさが逆転するからです。


例えば、-100と-1だと、
-100<-1 ですよね。
これが、+に変わると、
100>1 と、向きが変わるってことです。
    • good
    • 0

  -2χ>-6  ・・・(1)


-2χを移項して
  0>-6+2χ
-6を移項して
  6>2χ  ・・・(2)
(2)を左右ひっくり返して書くと
  2χ<6  ・・・(3)

移項しただけで出てきた(3)と、
(1)に-1を掛けた(又は-1で割った)式は、同じ式になってくれないと困ります。

だから不等号の向きは変化する必要があります。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング

おすすめ情報