ついに夏本番!さぁ、家族でキャンプに行くぞ! >>

以前、外国人の講師(アメリカ人)に、

『ネイティブスピーカーは「優しい」という時、
「kind」は絶対に使わない。
日本人はよく「kind person」というが、
ネイティブは「nice」を使う。』

と強く念を押されたのを覚えています。


しかし「kind=優しい」というのも間違いではないはず…。


実際のところはどうなんでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

"nice" と "kind" の意味の違いではないでしょうか。


"kind" を日本語にすると "心の優しい" という訳になり、生まれ付き (?) 心の底から優しいという意味を持っています。
対して、"nice" を日本語にすると "思いやりがある" という訳になり、生まれ付き (?) 心の底から優しいかどうかは別にして、少なくとも表面上は人に対して親切に接するという意味を持っています。
"kind" も使われますが、その人をどれだけ知っているか ... だと思います。

因みに主人 (アメリカ人) に何かをして貰った時に
"Oh, you are so kind..."
と言うと、いつも
"I'm not kind. I just try to be nice."
と言われます。^^;
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。

先生が言っていたことが少し理解できたような気がします。
やはり意味がはっきり違っているんですね。

お礼日時:2009/05/12 21:11

先ず、そのアメリカ人講師が「ネイティブスピーカーは『優しい』という時、『kind』は絶対に使わない」と云ったのは日本語だったのか英語だったのか、興味がありますね。

日本語で「優しい」と云ったのなら、かなり日本語が堪能な方でしょう。英語だったのなら、それを翻訳した質問者の言葉の選び方ということになります。

"kind"は普通「親切な」と訳されると思います。しかし、「親切な」と「優しい」の境界は非常に曖昧です。次の人のためにドアを押さえて待っていたり、お年寄りに席を譲るという行為は「親切」でもあり、「優しい」行為でもあります。私が境界線を引くとすれば、道徳・マナー・常識などに則った行為は「親切」であり、「優しい」は主に思いやりがある人柄・考えを表わす際に使われる言葉だと思います。

英英辞典'LDOCE'(Longman Dictionary of Contemporary English)で"kind"を引いてみると、次のような例文に遭遇します。
・"She is very kind to animals." これはペットに対して「ドアを押さえて待っている」というわけではないでしょうから、「動物に対して優しい」という意味でしょう。人柄ですね。

・”It was very kind of you to visit me when I was ill." これに似た"That's kind of you [to do somethingが略されている]."は、『研究社 英和中辞典』では「どうも御親切に」となっていますが、病院に見舞いに来てくれるというのは「親切」よりも「優しい」の範疇に思えます。身体の不自由な隣人を病院に送り迎えするのは「親切」ですが、見舞いに行くのは「優しさ」でしょう。

・"They've been very kind about letting our children play in their garden." 子供たちが庭で遊ぶのを黙認してくれるのも、どちらかというと「親切」よりも「子供に対して優しい」ことだと思います。

ちなみに、アメリカの女性の多くは思いやりのある行為に対して「優しいのね」、「優しいわね」と云う時"sweet"を使います。
    • good
    • 1

皆さん仰っているようにkindはよく使いますよ。

あえていうならniceは、初対面でも好印象を与えるタイプなどはniceです。わりとよく知っている場合はその人が親切でも優しくてもkindはよく使われます。確かに初対面の方が優しい雰囲気ではkindではなくniceが間違いないですが。ただ、実際には「優しい」と言う場合にはsoft, sweet, gentleも口語でよく登場します。この三つは「心が穏やかで優しい」とかんじるときによく使われます。確かにkindは実際親切である、時に使うことは多いので、ただ優しいといいたい場合はkind
以外が無難でしょうね。友達も旦那のことをHee's gentle, gentle.
言ってます。「優しいも優しい」って感じで。
    • good
    • 0

#2さんと似て非なる回答です。

単に視点の違いなのですが。

「kind」は同じ優しいでも「親切」という意味で、したがって、何か親切な行為を具体的にした場合に「You are so kind.」などと言われるのが一般的です。ここまでは#2さんと同じ。

で、私の解釈では、この「kind」は一時的な優しさ(すなわち「親切」)を表しているのだと思っています。つまり、その親切な行為をした人は、生まれつき優しいのかもしれないし、本当は悪党でたまたま今、親切な行為をしただけなのかもしれないけれど、とにかく今は「kind(親切)」だった、と。

それに対して、「やさしいね=いいひとね=You're so nice.」です。これをどう解釈するかは人それぞれですが、私は基本的には「根っからのいい人」を指して言う表現ではないかと思っています。例えば、いつも意地悪をしている人が、ケガをした動物を手当したか何かしたら、「へえ、案外とやさしいのね」という意味で「Hey, you're nicer than I thought.」などと言えますが、「Hey, you're more kind than I thought.」とは言わないものです。そういう場合は、「Hey, that was kind of you. You're nicer than I thought.(なかなか親切なことをするじゃない。けっこう、いい人なんだね)」となるわけです。

この観点からいうと、#2欄のやりとりは、こう解釈できるのですよね。
「Oh, you are so kind...」=「やあ、君って親切だね」
「I'm not kind. I just try to be nice.」=「親切じゃないわ。ただ、思いやりのある人を目指してるだけ」
それはそれでステキ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

やはりkindとniceの使い分けは難しいですね。

お礼日時:2009/05/12 21:15

こんにちは、私はイギリス在住の者です。



「優しい」と言いたい時、確かに"nice"を使うことが多いですね。
日本では 「優しい」は英語で"nice" とは特に習いませんが、
実際にネイティブは"nice"を良く使いますね。

でも"kind"は絶対に使わない、という事ではありません。
私はアメリカとイギリスに住んだことがありますが、"kind"はイギリス人のほうがよく使うような気がしますね。
イギリス人が"kind"を使うときは、"nice"(良い人)に比べて、"本当に親切な人だ"、という感じに話し方も強調して使っているように思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

その先生は「“kind”は“a kind of~”という形でしか使わない!」
とはっきり仰っていたんですが、
少しおおげさに言っていただけなのかもしれません。

お礼日時:2009/05/12 21:14

こんにちは。

アメリカ在住16年になる者です。

早速ですが、

>『ネイティブスピーカーは「優しい」という時、
「kind」は絶対に使わない。
日本人はよく「kind person」というが、
ネイティブは「nice」を使う。』

と先生が仰られたとの事ですが...そんな事はありませんよ。

実際先程、同僚のお母様が仕事場に来てましたが、その時の会話で

"She's such a kind person, you know?"

と言ってる人がいました。

勿論"nice person"と言うのも普通に使われますし、どちらかと言うとnice personの方がよく使われるとは思いますが、“優しい人”と言う時に“kind person”は“絶対”使わないと言う事はありませんよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

やはり普通に使用されるんですね。
その先生は怖い方で、
たまに無茶苦茶なことも言うので間違いだったのかもしれません。

お礼日時:2009/05/12 21:08

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「たまに」「ときどき」「たいてい」

頻度を表す英語表現を整理したいと思います。

ざっと考えてみると
He rarely eats salad.
He often eats salad.
He sometimes eats salad.
He every time eats salad.

oftenとsometimesはどちらが頻度が高い、などあるのでしょうか?

上記の間を補完するものがあれば、教えてください。

Aベストアンサー

sometimesの頻度は、使う人や状況によってバラバラな印象です。
20%~50%というのが私の印象ですが、人によってはもっと範囲が広いかも知れません。
「ときどき」という訳よりも、
「~することもある」という訳の方が、実際の感覚に近いと思います。
頻度について聞かれて、ちょっと答えをあいまいにしたい時なんかも実は便利ですね
別70%、80%でもsometimesと答えても嘘ではないのだと思います。
「そういうときもある」ので。

oftenの場合はたとえば50~70%とか、多少頻度高めのあたりで固定と感じます。


%って、
100をalways 0をnever
とした感覚での表現ですが、
私の感覚なのでご参考程度までに ^^;



だいたいこんな感覚でいます

never 0
rarely, hardly 0-5%
once in a while / from time to time 0-15%前後
occasionally 0-20%
sometimes 20%-50%
often, frequently 50-70%
usually 80-99%
almost always 90%前後
always 100%


この中でよく使うのは、sometimes, often, usually, always, neverかなと思います


怒った時などは、気持ちの部分が入っちゃって、客観的な頻度は別として
強調的にneverやalwaysを使っちゃうことは、日本語でも同じだと思います。

「あなたはちっとも○○してくれない」とか
「いつも○○じゃない」とか

sometimesの頻度は、使う人や状況によってバラバラな印象です。
20%~50%というのが私の印象ですが、人によってはもっと範囲が広いかも知れません。
「ときどき」という訳よりも、
「~することもある」という訳の方が、実際の感覚に近いと思います。
頻度について聞かれて、ちょっと答えをあいまいにしたい時なんかも実は便利ですね
別70%、80%でもsometimesと答えても嘘ではないのだと思います。
「そういうときもある」ので。

oftenの場合はたとえば50~70%とか、多少頻度高めのあたりで固定と感じます。
...続きを読む

Q女性に対する表現について(lovely, sweet, beautiful, sexyなど)

海外に住んでいる者(女)です。とても仲良しの男性が何人かいるのですが、それぞれ私に対して違った表現を使います。

1.オーストラリア人の50歳の友人は私のことを常に「sexy」と言います。「gorgeous」「beautiful」とも表現します。
また、イギリス人の30歳の友人は「lovely」「sweet」と表現します。「beautiful」とも言います。
私から見ると、この2人の表現には違いがあるような気がするんです。前者は、どちらかと言うと私を大人としてみていて、後者は、かわいらしいと感じているような気がするんですが、どうなんでしょうか?

2.イギリス人の友人は常に私のことを「baby」「babe」「darling」と呼びます。(恋人ではありませんが、それに近いくらい仲良しです。)これってイギリスでは当たり前のことでしょうか?誰にでも使うんでしょうか?メールの最後にも必ずxxxxをつけてきます。

3.二人とも「you are beautiful」と常に言ってくれるのですが、これって本心なんでしょうか?(爆)自分では信じられないんですが・・・。それとも、オーストラリアやイギリスでは女性に大してはそういうのが当たり前なのでしょうか?(私は自分でも飛び切り美人だとは思いませんが、いわゆる欧米人ウケするタイプの顔なんだそうです。欧米人の友人によく言われます。)

ちょっとcultual differenceを感じています。(いい意味で)
ご存知の方、教えてください。

海外に住んでいる者(女)です。とても仲良しの男性が何人かいるのですが、それぞれ私に対して違った表現を使います。

1.オーストラリア人の50歳の友人は私のことを常に「sexy」と言います。「gorgeous」「beautiful」とも表現します。
また、イギリス人の30歳の友人は「lovely」「sweet」と表現します。「beautiful」とも言います。
私から見ると、この2人の表現には違いがあるような気がするんです。前者は、どちらかと言うと私を大人としてみていて、後者は、かわいらしいと感じているような気がする...続きを読む

Aベストアンサー

アメリカに36年住んでいる者です。 私なりに書かせてくださいね。

私はここで数回この点に書いてきましたが、「文字からではなく体全体で」言葉である英語の本当の意味あいを感じる事の重要性がこのご質問の中にあると思います。

たしかに単語自体がその人の持つフィーリングを適切に表すことはあるでしょう。 しかし、はっきり表しているのかどうか分からない物もあります。 ご質問の言い方がそれにあたるものと思います。

つまり、特別な感情を表す為に使う人/情況とか逆に深い意味を持たせずに呼びかけとして使う(癖になっている)人もいます。 恋人にも使うし何ら関係ない人にも使える(使い方を知っているとして)表現でもあると言う事です。

だからこそ、トラック運ちゃんが良く行くような大衆食堂でウエイトレスが男のお客(女性のお客も)に向かってsweety, honeyと言う言い方を単に「名前を知らないから代わりに使う」という状況もあるわけです。 

日本の地方のそのような食堂や酒場などでは初見でも「兄さん、なんにする?」なんて言う言い方をされる時があります。

これらは「全く知らない人」だと言う事で「意味の持たない呼びかけ」と言う事で聞き流してしまいますね。

そして、恋人同士であれば、意味のある呼びかけだとわかりますね。 これも問題ないですね。

問題が起こるのは間柄が中間(友達の間柄)にあるなときですね。

こちらアメリカでは知り合いの程度でご質問にある表現をしたら、まず嫌がれるでしょう。 女性によってはDon't call me that!と怒られてしまう可能性ですらあります。 (例外として、そう言う言い方をいつもしている人だと分かっている場合や完全に見下げる人がいった場合) ですから、男性はまず言わないと言う事になります。

さて友達関係になるわけですが、これらの呼びかけはもう気が付いたと思いますが、親しみ・好意を示す表現とされます。 親が子供に対してこの表現する事で子供が怒ることはないわけです。 Jackie are so sweet/beautiful.と言っても問題ないわけで、しかも子育てには必要な表現ともされます。 しかし、年頃の娘にYou are sexyと冗談抜きに言ったらかなりおかしいです。 それを聞いた周りの人はおかしいと思うでしょう。 それはbeautulにはないsexyと言う単語が持っているからですね。

では大人同士の友達だったらと言う事になりますね。

1) 男としてそう呼びたい/呼べる女性がほしいという気持ちはあると思います。 しかし、私個人の感じとしては、この表現を連発する人はまれだと思います。 つまり、少し変わっているなと感じます。 これらの人はあなた以外の友達にもこう言う表現をよくするのでしょうか。 特別なフィーリングを持っているように感じるのは私だけじゃないと思います。

2)はそれほどきつくは感じません。 その人好みの表現ととってしまいます。 しかし、大人の友達関係でこれを言うのはやはりあなたを異性と感じているからでしょう。 女性と感じさせない友達関係であれば、たぶん使わないでしょう。 少なくとも私の知り合いや友達は言わないですね。 必要のない問題を起こしたくない、と言うことでもあるでしょう。 

xxxxがLoveであったら、それは単なる誰でもどんな関係でも使える表現です。特別な意味はありませんので気にする必要はないと思いますよ。

3)は上にも書いたように、あなたが好きであることでしょう。 たぶん本心でしょう。 お世辞ではないと思いますよ。 しかし、上にも書いたように、簡単に女性にそういうことはやはり「変わっているな」と感じます。 少なくとも普通の習慣といえるものではないと思います。 (人それぞれですが)

さて、すごく長くなってしまいましたが、問題点の本題です。

日本語が分かる日本人が、ある人の言った事の「真相」を見極めるにはどうするでしょうか。

それは、相手の全身から真相を掴み取る事です。 ジェスチャー、あなたに対する態度/姿勢/言葉遣い、そして他の人(特に女性)への態度の違いを感じ取る事は大変重要だと思います。 ボディーラングエージですね。 あなたに好意を持っている事は確かなようです。、 それがあなたにとって良い事なのか、それとも、その逆の極端なことをいうと遊ばれているのか、英語と言う言葉ではなく全てから判断する事ができますね。

全くコミュニケーションの問題のない日本語ですら相手を判断する事は難しいですね。 でも、この人下心あるのかしら?、スケベ親父?、やさしい人?、私を本当に思ってくれている人?、などいろいろと日本語でも考える事ってありますよね。

アメリカでもDon't call me that!と言う事もある、と言うことを頭の隅において置いてください。

何か取り留めのない事を長々と書いてしまったようでごめんなさい。

これでいかがでしょうか。 分かりにくい点がありましたら、補足質問してください。

アメリカに36年住んでいる者です。 私なりに書かせてくださいね。

私はここで数回この点に書いてきましたが、「文字からではなく体全体で」言葉である英語の本当の意味あいを感じる事の重要性がこのご質問の中にあると思います。

たしかに単語自体がその人の持つフィーリングを適切に表すことはあるでしょう。 しかし、はっきり表しているのかどうか分からない物もあります。 ご質問の言い方がそれにあたるものと思います。

つまり、特別な感情を表す為に使う人/情況とか逆に深い意味を持たせずに呼び...続きを読む

QWould you like~?とWould you~?の違いは

相手に何かをお願いするときに、
Would you like~?
Would you~?
と両方の言い方があると思うのですが、likeをつけるかつけないかはどのように判断するのでしょうか?
また意味はどう変わるのでしょうか?

Aベストアンサー

Would you~?「~していただけませんか?」は丁寧な依頼表現、Would you like~?「~は如何ですか?」は丁寧な勧誘表現です。

依頼表現で使われるwouldやcouldは、「条件節(if節)の内容を言外に含めた婉曲用法」なのです。つまり、「(もし~できるのであれば)~していただけるでしょうか」と丁寧で控え目な調子を出すことができます。Will you~?やCan you~?はただの助動詞の勧誘表現ですから、wouldやcouldのような婉曲用法はないのです。

Would you like~も同じ婉曲用法で、「(もし私が~を勧めたら)~をお気に召すでしょうか?」という丁寧で控え目な調子の出る勧誘表現なのです。I would like to~「~したい」(~することをできればしたい)という表現もこの用法からきているのです。

Would you like~のlikeは「~を好きである」という他動詞でlikeの後に名詞を目的語として持って来ることができます。例:
Would you like another cup of tea?「もう一杯紅茶如何ですか?」
Would you like going on a picnic?「ピクニックに出かけるというのは如何でしょう?」
Would you like to go on a picnic?「同上」(このto不定詞は名詞的用法)

ご参考になりましたでしょうか。

Would you~?「~していただけませんか?」は丁寧な依頼表現、Would you like~?「~は如何ですか?」は丁寧な勧誘表現です。

依頼表現で使われるwouldやcouldは、「条件節(if節)の内容を言外に含めた婉曲用法」なのです。つまり、「(もし~できるのであれば)~していただけるでしょうか」と丁寧で控え目な調子を出すことができます。Will you~?やCan you~?はただの助動詞の勧誘表現ですから、wouldやcouldのような婉曲用法はないのです。

Would you like~も同じ婉曲用法で、「(もし私が~を勧め...続きを読む

Q英米人って本当にI see. なんて言うの?

長いこと英語を勉強してきました。

洋画もよく見るし、海外ドキュメンタリー番組もよく見ます。

しかし! たったの一度も外人が I see. なんて言うのを
聞いたことがありません!!

この言葉は現在英語国で本当に使われているのでしょうか???
日本の中学の英語教科書には必ず載っていますが・・・。

英語国民の方、もしくは海外在住歴の長い方の
生のご意見をぜひ伺いたいです!

Aベストアンサー

    #5ぐらいです。補足です。

>>どちらの国にご在住だったのでしょうか?「あまりに頻度が高い」とは到底思えないのですが・・・。

   今はアメリカに住んでいます。
I see は
    「分かった」と大上段に振りかぶって言う時もあれば、息を吸い込むように静かに「フーム」「へー」「そうかい」「そんなものか」「なるほど」といろいろ解釈が可能です。

下記など2ページにわたって例文があります。
    http://eow.alc.co.jp/I+see./UTF-8/?pg=1

    

QDoとDoesの使い方

DoとDoesの使い方がよくわかりません。
それで、問題集をやっていたのですが、
( )Mark and judy study jyapanese?
の質問文の( )に入るのはDOとDOESどちらですか?
私はdoを入れたのですが、なんとなくでよくわかっていません。
どなたか、英語がものすごく苦手な自分にも分かるようにDOとDOESの使い方を教えて下さい!お願いします。

Aベストアンサー

簡単ですよ。難しく考えないことです。
 
主語が「I」と「YOU」以外の単数(一人、一つのもの)ならDoesを使います。これだけです。 

 ・主語が単数(一人、ひとつ)ならDoesで、複数(二つ以上)はDoです。
 ・「I」と「You」は例外です いつでもDoです。

この場合主語はMark and Judy(二人)で複数ですから、正解はDoです。

 中1で完全にわかることは難しいので、このくらいの覚え方でいいと思いますよ。あきらめずに続けていれば、だんだんとわかります。たくさんの例文を暗記していくと、はじめ質問者様のように、混乱することもありますが、あきらめずに暗記を続け、文法問題を少しずつこなしていくと整理がついてきます。気になったら学校の先生にすぐ教えてもらうことです。一番安くて身近ですから。
頑張ってください。

Qどうしても使い方がわからない・・・such as とlike

こちらのサイトでも調べてのですが、どうしてもわかりませんでした。 ~のような というときのsuch asと likeの使い分けです。例を用いてなるべく簡単にわかりやすく説明してくださる方いらっしゃいませんか?すみませんが教えてください。

Aベストアンサー

such as ~ のほうは「例えば ~ などのようなもの」という例を挙げるもので、

like ~ のほうは「~ に似ているもの」という類似性を示すもの、

という印象の違いがあると思います。

日本語で「~のようなもの」という言葉には、例を挙げている場合と、形や様子が似ているものを挙げている場合があいまいに混じっているので、和英のときに一緒にまとめられてしまうのですね。

Q文頭の「また」や「あと」などの表現はどういう?

たとえば、英語で
「この語はどのように発音しますか?また、どのようなときに使うのですか?」
というような質問をしたい時、2つめの文頭の「また」(もしくは「あと」「それと」など)は英語でどのように表現するのでしょうか?
私の感覚だと、文頭にAndとかAlsoをおいて「And (Also), when is it used?」みたいな感じになるのですが、これはなにかおかしい気がします。

Aベストアンサー

No.2です。ごめんなさい、「文頭の」というご質問だったんですね。

ご参考までに、会話だとかカジュアルな文の文頭ならAndが来て構わないのですが、きちんと書く場合には文頭にAndとかButとか来ないほうが良いとされています。

http://homepage3.nifty.com/MIL/butand.html

http://www.eigo-nikki.com/article/13292266.html

Q「~とずっと思っていた」のthinkの時制

「~とずっと思っていた」のthinkの時制は何でしょう?
また「~と思っていた」のthinkの時制は何でしょうか?
have thoughtだとどういう意味に取られるのでしょうか?
本みてもなかなか難しくてわかりません。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ずっと思っていた(会話中の今でもそう思ってる)-I've always thought.か I've always been thinking.(現在完了形)
例『i've always been thinking of you』(君のこと、ずっと思ってるよ)
よく似た使用例『I've always wanted this』(これ、ずっと欲しと思ってたの)

と思っていた-i thought....(過去形)
例『i thought you were gay.』単純に(あなたはゲイだと思ってた(でも今は違うと思ってる))

have thought(思ってしまった)は『思っちゃった』という感じ。


had thoughtは過去のある時点を語っているときに使うので、現在の話では使いません。

Q『あなたがいつも幸せの中にいますように』・・・英訳してください。。m(__)m

こんにちは。
どなたか、きれいな英訳してください。
お願いします。

オールウェイズとハッピーの単語を使って、
なるべくなだらかな一文で、呪文?みたいな
綺麗な英語でお願いします。

Aベストアンサー

アメリカに35年ほど住んでいる者です。

まだ締め切っていないようですので、私なりに書かせてくださいね。

囲まれている、包まれている、と言う外側からの表現もいいですね. その表現の代わりに、あなたがしあわせに溢れている、と言う中側からの表現をしてみました.

Wish you be always filled with happiness.

Wish happiness be always in you.

Wish happiness be always with you.

May God always fill your heart with happiness

また、幸せと言う物があなたを引っ張っていく、と言うような表現で、

May happiness lead your life always.

May your life be always fulfilled with Happiness.

最後のように、Happinessと大文字で書く事も、幸せ!と言うフィーリングを強調する為にもいい事だと思います.

そして、monti55さんとここの皆さんへ、私から、

I wish you be always filled with Happiness!

アメリカに35年ほど住んでいる者です。

まだ締め切っていないようですので、私なりに書かせてくださいね。

囲まれている、包まれている、と言う外側からの表現もいいですね. その表現の代わりに、あなたがしあわせに溢れている、と言う中側からの表現をしてみました.

Wish you be always filled with happiness.

Wish happiness be always in you.

Wish happiness be always with you.

May God always fill your heart with happiness

また、幸せと言う物があなたを引っ張っていく、と言う...続きを読む

Qぐっすりお休みなさい

「ぐっすりお休みなさい」とか「ぐっすり寝てください」という表現は
Sleep well. で良いのでしょうか?
Have a good sleep. という表現はおかしいでしょうか?
辞書でsleepを調べて例文を見ると a sleepでひと塊の睡眠的な意味合いが強いように思います。
「ひと晩ぐっすり寝る」の意味としては良いけど安眠してねには Have a good sleep. は適さない?

Aベストアンサー

アメリカに36年住んでいる者です。 私なりに書かせてくださいね。

Sleep wellは問題ないですね。 Have a good sleep.はちょっと違うフィーリングを持っていて、疲れているように見える人に向かってYou need a good sleep.と言うような表現でも分かる様に、何もかも忘れ疲れを取るようにぐっすり寝てください、と言うフィーリングが加わります。

しかし例えばお客さんがとまりに来た時などはHave a nice sleep.とかHave a good/nice dream.と言うようにどちらかと言うと「安眠」「安らかな眠り」と言うフィーリングに変わってきます。 i hope youwill have a nice dream.と言うように、I hope を使う事もできますね。

もちろん人によってはこの安らかな眠りとぐっすり眠る事が同じように感じる人はいるともいます、

これでいかがでしょうか。 分かりにくい点がありましたら、補足質問してください。


人気Q&Aランキング