先日CTを撮影して、被曝の事が気になっています。
LNTモデル自体がどちらも放射能でかなり被曝している方同士の比較であったり
低線量にしきい値が有るというグラフを見れば長期間の慢性被曝を対象としていたり
低線量では過直線に影響があると主張するグラフを見れば内部被曝を対象にしていたりと
CTのような放射線だけの瞬間被曝を受けた人達の疫学データが見つからなくて困っています。
かなりマイナス思考なので解らない事があるとどうしても悪い方向に考えてしまうのですが、どなたかCTのような低線量の瞬間被曝がどの程度の影響なのか教えていただけませんか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

一般論で安心出来ません。

個体差がありますから,中には通常の35倍~40倍被爆してしまう体質があるので私の体質では,出来ません。

この回答への補足

そうなんですか。
少し不安です。
そのような体質はどうかは調べる事は可能でしょうか?

補足日時:2009/05/16 00:59
    • good
    • 0

>動物実験では100mSv以下でも発ガンとの関係は見られているのでしょうか?


成熟マウスでの実験ですが、100mGy(照射側の単位で、ほぼmSvと同等と考えてください)腫瘍の発生は、対照のマウスとの有意差がなかったというデータを報告している論文がありますね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
少し安心できました。

お礼日時:2009/05/13 23:27

>CTのような放射線だけの瞬間被曝を受けた人達の疫学データが見つからなくて困っています。


ないと思いますよ、この手の調査は。
人を使って実験的に発がんさせるわけには行かないので、動物実験からの類推や広島長崎の被爆者のデータを用いることしかできないのです。お調べになったとおり、動物実験では種属差異や年齢の感受性の差異、被爆者のデータは非常に高線量である点などの多くの問題点があり、検査線量レベル100mSv以下では、都合のいい解釈を持って、みんな好き勝手言うんです。
分かっている事実だけを言えば、100mSvを超えると発がんリスクを考慮する必要があるが、それ以下であれば発がんの根拠がないということです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

わかりました。
動物実験のデータはあまり見ていないのですが
動物実験では100mSv以下でも発ガンとの関係は見られているのでしょうか?
人に当てはめるのは無理があるかもしれませんが、よろしければ教えてください。

お礼日時:2009/05/12 23:11

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QヘルニアなどでMRIとCTの検査の使い分け

よくヘルニアなどのでMRIやCTなどがありますが、実際はどのように使い分けしているのですか?
MRIでダメならCTといった手順なのですか?
それともヘルニアはMRIとか決まっているのですか?

Aベストアンサー

MRIやCTの違いは、以下のサイトを参考にして下さい。

★診断機器開発企業より
 東芝メディカルシステムズ株式会社|MRI Q&A
http://www.toshiba-medical.co.jp/tmd/products/mri/q_a/index.html
★医療サイドより
 MRIとCTの違い|AskDoctors(現役医師によるQ&Aサイト)
https://www.askdoctors.jp/public/showMessageDetail86132.do?cc=1199370301049412

なお「ヘルニア」と質問者様は書いていますが、ヘルニアはいろいろな臓器に起こる病気で、
それぞれ性質が異なるのでここではお答えできません。
詳しくは最寄りの医療機関でお尋ねになると良いでしょう。

Q1日で胸X線二回と胸のCT一回検査を受けました!被曝などの心配はありますか?

1日で胸X線二回と胸のCT一回検査を受けました!被曝などの心配はありますか?

Aベストアンサー

>胸X線二回と胸のCT一回検査を受けました!被曝などの心配はありますか
被曝はありますが、問題にするレベルの話では一切ないです。

それれの検査よりも、自然放射線の被曝量の方が多いからです。
自然放射線とは、簡単に言うと
宇宙から降り注いでいるもの
地球の大地から出ているもの
その大地で育った食料品から発するもの
等です。
これらを浴びている放射線被曝量と、検査で行った被曝量とでは
雲泥の差です。

但し、質問者様の性別・年齢が不明ですが
女性で妊娠中の可能性がある方は、医師に(技師に)申し出ましょう。
これは、万が一の事を考えての処置です。

QCTスキャンとMRIはどう違うのでしょうか?

CTスキャンとMRIの違いが判りません。
部位によって使い分けるのでしょうか?
部位によっての優位性があったりするのでしょうか。
なんとなくMRI検査のほうが高いイメージがあるのですが・・。

Aベストアンサー

どちらも、同じスライス撮影なのですけど、厳密に言えばMRIというCT撮影なのです。ただ、CTが放射線断層撮影として広まったため、放射線を使わない側をMRIとしたのです。

MRIは核磁気共鳴画像法(磁気共鳴装置を用いた断層撮影、 magnetic resonance imaging)です。一般に少しずつ場所を変えて、複数枚の断層撮影(スライスされた画像の連続体で結果が出る)をするのが特徴です。この方法では、同じ組織内で変異のある場所に対する反応がよく分かる傾向があります。ただ、撮影できる部位の範囲が狭く、さらに骨など骨格と血管(出血)は、診断撮影が困難という欠点があります。そのため、確定診断や術前検査、明らかにけがなどで、その場所がおかしいという場合、さらに頭部打撲などの場合(頭はサイズが小さいため、全体を撮影できる)には、MRIを使うことがありますが、全身の診断には普通は使われません。
撮影時間は長めで数十分以上1時間~1時間半程度となります。

尚、MRI撮影中の金属の持ち込みは全面禁止となっており、撮影室内にコンピュータ機器(携帯電話を含む)やベルト、クリップの一つでも持ち込むと、強い磁力により引き込まれる恐れがあり、けがや事故、故障の原因となります。MRI撮影は妊婦など胎児への放射線被曝影響が伴う人には、良い断層撮影手段ですが、逆にペースメーカーなどを利用している人には不向きですが、被爆がないため検査が容易にできるのも特徴になります。

CTは、Computed Tomographyの略で、コンピュータ断層撮影と呼ばれます。主に
レントゲンの撮影技術の応用を用いたもので周囲から放射線によって輪切りなどで透過撮影を行います。元々はMRIと違い、容易には複数枚の撮影ができない機材でした。(その昔はCT撮影には少し時間が掛かりました)
現在は、マルチスライス(多数列同時撮影)が可能なCT装置が生まれたことで、1度の撮影時間も極めて短く、磁気共鳴では得られない画像診断をすることができます。現在は3D立体撮影も可能なCT機材が存在し、全身の断層診断(全身CT撮影)も可能です。

撮影時間は、胸部レントゲンが5秒か10秒吸って吐いてですけど、CTも1分掛からないぐらいで撮影が終了することが多いです。
尚、MRIが苦手とする骨や血管(出血)に関する診断に対しては効果的に作用します。これは、重金属などを除く、物質を透過する力があるためで骨の中の診断や血管の中の診断などにおいて、強い効果を発揮するのです。また、全身の画像撮影が可能なため、全体の健診や病巣が不明な場合の、広い検査ではCTが使われます。

ちなみに、検査機材の利用点数は施設で導入している機材によって異なります。
CTであれば、64列以上の撮影装置で950点
16列以上64列未満が900点。
4~16列が780点。
それ以下は、600点です。

ただし、脳槽に対するCT検査は2300点となります。(造影検査は脳槽を除いて+500点)

MRIは、3テスラ以上が、1600点
1.5~3未満が1330点。
それ以下が920点です。
造影は+250点だったかな?

他にもいくつか条件があるので、点数は検査内容と施設基準によって異なることがありますけど。(診療報酬制度は異常なほど複雑なので)

診療報酬の1点は10円となります。診療保険制度(国民健康保険、協会けんぽ保険、組合健康保険)対象検査の場合は、福祉保健や生活保護、特定疾患、児童擁護施設などの例外を除き、その3割負担です。

こんなところでしょうか?

どちらも、同じスライス撮影なのですけど、厳密に言えばMRIというCT撮影なのです。ただ、CTが放射線断層撮影として広まったため、放射線を使わない側をMRIとしたのです。

MRIは核磁気共鳴画像法(磁気共鳴装置を用いた断層撮影、 magnetic resonance imaging)です。一般に少しずつ場所を変えて、複数枚の断層撮影(スライスされた画像の連続体で結果が出る)をするのが特徴です。この方法では、同じ組織内で変異のある場所に対する反応がよく分かる傾向があります。ただ、撮影できる部位の範囲が狭く、さらに骨...続きを読む

Q医療被曝

頭部CTを1年間で2回撮影しました。枚数は覚えていません。被曝量を計算しようとしたのですが頭部CTの被曝量として記載されているのがサイトによってバラバラで3mSvと記載されているものから50mSvと記載されているのがありました。これは枚数の違いからくる誤差なのでしょうか?撮影した機械はヘリカルCT(64列)です。

Aベストアンサー

機械の違い、設定のちがい、被ばくデータと取扱いのちがい等で差がでます。
頭部CT2回は注腸検査より少なく気にするレベルでないですね。

Q運よくCTかMRIを撮られる方法

趣味でライトノベルのような物を書いています。
今書いている話の登場人物は、偶然を操ることが出来ます。

偶然を操った結果、入院患者でもない彼が
ふらりと立ち寄った病院できちんとしたお医者さんにCTかMRIを撮られ
自分の脳に異常を発見する、というシーンがあるのですが
彼がCT/MRIを撮られるためには、どのような関門を偶然に突破しなければならないでしょうか?
(高価な医療機器ですので、きっととてつもなく高いハードルが待ち構えているのだと思います)

今のところ、考えている案としては、
・医者Aが、医者Bに対して、CT/MRI室の中で「次にこの部屋の前を通る人は私の友人だから、CT/MRIを撮ってくれ」と頼む。
・医者Aが、用事があってCT/MRI室を去る。
・偶然を操る彼が、CT/MRI室の前の廊下を歩く。
・医者Bが、彼を医者Aの友人と勘違いして部屋に招きいれて、CT/MRIを撮る
・医者Bに、脳の異常を指摘される
という流れを考えているのですが、現代のお医者さんに、医者A・Bのように
ただの友人(と勘違いした)というだけで、医療的な作業をする
時間の余裕はありますでしょうか?

おかしな質問ですが、よろしくお願いします。m(_ _)m

趣味でライトノベルのような物を書いています。
今書いている話の登場人物は、偶然を操ることが出来ます。

偶然を操った結果、入院患者でもない彼が
ふらりと立ち寄った病院できちんとしたお医者さんにCTかMRIを撮られ
自分の脳に異常を発見する、というシーンがあるのですが
彼がCT/MRIを撮られるためには、どのような関門を偶然に突破しなければならないでしょうか?
(高価な医療機器ですので、きっととてつもなく高いハードルが待ち構えているのだと思います)

今のところ、考えている案としては...続きを読む

Aベストアンサー

医者です。
ありえない設定です。

>・医者Aが、医者Bに対して、CT/MRI室の中で「次にこの部屋の前を通る人は私の友人だから、CT/MRIを撮ってくれ」と頼む
普通、医者Aが自分で友人のCTを撮るでしょ。なぜ他の医者に振るのか分かりません。それと、たいていCTは技師さんが撮ります。

医者Bを、放射線技師に代えれば、大丈夫な気がします。

医者が技師さんに、僕の知人が来るから、ちょっと内緒で頭のCT撮っておいてくれよ。最近頭痛がひどいって言うからさ。
などといって立ち去る。
しばらくして、主人公が何かしらの理由で立ち寄る。
技師さんは勘違いして、その主人公のCTを撮ってしまう。
出来上がったCTを医者に見せに行くと、病気が見つかる。

という流れだと、ごく自然です。

Q日本テレビ「ウエークアップ」で報道された「新免疫学」のA医師とは?

1月10日のテレビで、ガン患者の抗がん剤治療に代えて、新免疫療法として高価な「サプリ」のようなものを購入させられて憤慨している患者の例が報道されていました。

最近、「免疫を高めると病気は必ず治る」等の著書で免疫療法を提唱している「新しい免疫学」と関係あるのかご存知の方がおりましたら教えてください
番組の中でA医師と言われていたのはこの本の著者でしょうか?

新しい免疫学の裏には、高価なサプリメントの購入がセットされているのか気になりました

それとも、免疫療法の評判にかこつけて、怪しい「サプリ販売を」組み合わせて儲ける別の者による被害だったのか番組のなかからは判断できなかったので、知っているかたがおりましたらよろしくお願いいたします

以前、NHKラジオで新免疫学を提唱する医師のトークを流していたこともあり、放送局によって正反対の判断をしているのか、別者が暗躍してきたのか気になりましたので、、、、、

Aベストアンサー

『免疫を高めると~』は安保徹先生の著書で、安保先生の本は私も数冊持っています。私はその番組は見ていませんが、安保先生と福田先生は高価なサプリとの組み合わせ販売はしていないと思いますが…。

参考URL:http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4837660835/qid%3D1073699241/249-7531525-9198752

Q手と足のMRI、CTについておしえてください

手、足をケガしてしまい、病院に通っています。
1)レントゲンだけでなくCTかMRIをとることになったのですが、手や足の場合CTとMRIとではどっちでとったほうがいいのでしょうか。レントゲンでとるより具体的になにがわかるのでしょうか。

2)CTの場合、MRIの場合のメリットデメリットをおしえてください。

Aベストアンサー

1)疾患によって適応が違います。
一般的に骨(骨折およびその疑い)ならCT、筋肉、関節ならMRI

2)CTのデメリット・・・被曝する(1回や2回の検査では気にする事はないが)
横断面(輪切り)の画像しか得られない(再構築できますが)
メリット・・・空間分解能に優れている(細かいものまでみえる)

MRIのデメリット・・・骨の検査には不向き(骨腫瘍などは別です)
メリット・・・任意の断面が得られる。関節の構造などが良くわかる。

などです。

どのような目的で検査をするのかわかりませんので詳しくお答えしようがありません。

Q単純CTで見つからない癌が造影剤ありCTで見つかることはありますか

去年義父がすい臓がんで亡くなりました。その頃から今まで妻が悲しみを忘れるように毎晩お酒を飲んでいました。その後、最近になり左わき腹に激痛があったため、病院に行きまして単純CTを取りました。しかし肝臓やすい臓は特に問題ないみたいです。そこで質問なのですが、義父がすい臓ガンで亡くなっていて、妻自身も左わき腹と背中に痛みがあるため、すい臓ガンを疑ってます。単純CTでは見つからなかった癌も造影剤ありのCTの場合、見つかったりもしますでしょうか?他に調べる方法等あれば教えてください。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

表題の質問ですが、十分あります。
CT検査も万能ではなく、ましてや造影剤を使わない検査は万能なはずはありません。
膵臓辺りなら超音波検査が、人によっては有効ですね。
全身の検査を思えば、PETの健診もいいかもしれません、お金があれば。
まあ、家族歴があるからといってわき腹と背中の痛みで膵臓癌と短絡的に考える必要もないと思いますが。

QMRIとCTの違いについて

医療従事者(事務職)です。

かなり素朴な質問なのですが、MRI検査とCT検査とありますが、撮る方式(MRI:磁気、CT:X線)以外に違いはあるのでしょうか?

Aベストアンサー

それぞれの長短について

CT 長所:時間が短くて済む 短所:X線を使うので被爆する
MRI 長所:血管や神経が得意 短所:金属が体内にあると検査できない

といったところでしょうか。
MRIが優れているようにも見えますが、とにかく時間がかかります。
X線機器も被爆の危険はどんどん少なくなっていますし、第3世代のマルチCTは心臓など動きのある臓器でも撮影が可能です。

MRIは放射線を使用しないので、法律上、臨床検査技師も検査を行う事が可能です。CTは診療放射線技師が必要で、一般的にはこちらの方がお給料が高いというのは病院側の視点ですね。

Q被曝100mSv癌死リスク0.5%は、一生涯?

「ICRP基準」による、被曝100mSvで
【癌で死ぬ】リスク0.5%上乗せ、
【発癌】は6%上乗せ

ずっと1年での被曝量だと勘違いしていました。
一生涯の累計と分かって、不安です。
確率的影響(発癌)は、積算なのですね?

ICRP基準の0.5%が導かれた表は、
短期間被爆の原爆によるデータなのに、
なぜ一生涯の累計なのでしょうか?
不確定なところもあるので、より安全の為?

30代ですが、
生まれてから今まで、頭CTや腹部CTなど複数回うけました。
全部を足すと100は超えています。

腹部骨盤CTの造影になると、1回で50~60ミリシーベルトになります。
(しかも、いずれも過剰検査でしたが。)
一生涯で計算するなら、1回でこんなに多い被ばくをする検査は
医療機関も、もう少し慎重に扱うべきだと思いませんか?
安易に、念には念の為と言われるがままだった自分が情けない・・・。

30歳代で100を超えた・・・。
発癌率が6%も上がっている・・・。
今後に人生で被爆を伴う検査は
ものすごい覚悟が要ります・・・。
これから癌年齢なのに・・・。

怖くって、後悔で一杯で、眠れません。
生きる気力を無くしそうです。

年間100mSvと言われている方は、どこの指針なのでしょうか?

どなたか、アドバイスをお願いいたします。

「ICRP基準」による、被曝100mSvで
【癌で死ぬ】リスク0.5%上乗せ、
【発癌】は6%上乗せ

ずっと1年での被曝量だと勘違いしていました。
一生涯の累計と分かって、不安です。
確率的影響(発癌)は、積算なのですね?

ICRP基準の0.5%が導かれた表は、
短期間被爆の原爆によるデータなのに、
なぜ一生涯の累計なのでしょうか?
不確定なところもあるので、より安全の為?

30代ですが、
生まれてから今まで、頭CTや腹部CTなど複数回うけました。
全部を足すと100は超えています。

腹部骨盤CTの造影になる...続きを読む

Aベストアンサー

>医療機関も、もう少し慎重に扱うべきだと思いませんか?

必要だと判断されれば、医療被曝の上限はありません。
ICRP基準と言うのも、不勉強なのか聞いたことがありません。


>年間100mSvと言われている方は、どこの指針なのでしょうか?

医療被曝に関してはそのような指針があるとは知りません。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報