ハーセプチンを使用した治療によるHER2への効能や副作用、またはその治療のメカニズムについて、良い海外の論文サイトがありましたら教えてください。この治療と併用した実験のものでも構いません。お願いします。

A 回答 (1件)

こちらで検索してください。


http://www.cancer.gov/
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q乳がん手術後の抗がん剤+ハーセプチンの治療

浸潤性乳管癌(硬癌)で11月下旬に乳房温存手術を受けました。

腫瘍の大きさ 12ミリ
核グレード G3
脈間侵襲 軽度
リンパ節転移 0
レセプター 0
ハーツー 3 FISH法 6.4
Ki67 33%

正直、手術の後は放射線治療で終わると思っていたので(勉強不足だったのですが)上記の説明を受けショックを受けました。
今後の治療法として抗がん剤+ハーセプチン投与と放射線を薦められましたが悩んでおります。
先生の説明では抗がん剤+ハーセプチン治療をすれば30%の再発率が10~20%になるとのこと。

6年前に父が肺がんになり抗がん剤治療したのですが4ヶ月後に他界しました。
副作用に耐えた4ヶ月。今では抗がん剤治療をしなければ短命でももう少し自由な時間がとれたと思っております。
その事もあり抗がん剤には精神的に不信感を持っていると主治医に伝えましたら、延命治療の為に使う抗がん剤と今回治療予定の抗がん剤は違いますと言われました。
調べたところによりますとハーセプチン単独ではさほど効果も無いようです。
もちろん再発率が低いことにこしたことはありません。
説明を受けた当初は「副作用に耐えお金も掛け心不全のリスクも負い、なのに再発するかもしれないのなら抗がん剤とハーセプチンはやめよう」と思っておりました。
ですが、いろいろ本を読んだりネットで調べたりしているうちに調べれば調べるほど判断が付かなくなってしましました。
もし私と同じような病例で上記治療を受けた方、また家族・知人等の症例等を知っている方がいらっしゃいましたら何でも結構ですのでお話をお聞かせください。
よろしくお願いいたします。

浸潤性乳管癌(硬癌)で11月下旬に乳房温存手術を受けました。

腫瘍の大きさ 12ミリ
核グレード G3
脈間侵襲 軽度
リンパ節転移 0
レセプター 0
ハーツー 3 FISH法 6.4
Ki67 33%

正直、手術の後は放射線治療で終わると思っていたので(勉強不足だったのですが)上記の説明を受けショックを受けました。
今後の治療法として抗がん剤+ハーセプチン投与と放射線を薦められましたが悩んでおります。
先生の説明では抗がん剤+ハーセプチン治療をすれば30%の再発率が10~20...続きを読む

Aベストアンサー

  私も乳癌で、手術しました。直径1.5センチほどの浸潤癌です。温存でしたが、取り残しがひどく(強陽性)、主治医には全摘の再手術を勧められましたが断りました。その後、抗癌剤と放射線治療を受け、ホルモン剤の効くタイプだったため、ホルモン剤を飲んでいます。
 「局所再発の可能性が極めて高い」
 そういうコメントがカルテに書かれていました。幸い2年以上経ちましたが今のところ再発はありません。
 問題は抗癌剤ですよね。私も抗癌剤を使えば20%程度、10年生存率が高くなると説明されましたが、これは100人の内、効果が見られる人が20人程度いるということで逆に言えば80人には効かないと言う事です。自分の生存率が高くなるかどうかは効く20人にはいるか、それとも効かない80人に入るか、どちらになるか言わば賭けです。
 抗癌剤治療のときは同じような働きでなるべく副作用の少ないものを選びたいと医師に相談したのですが病院によって使う薬は決まっている、うちはその薬を使わない、害の出ないレベルの量を使うから大丈夫と言われて、仕方なく医師の言うとおりにしました。専門家の言うことだから信用したのです。
 抗癌剤の副作用として脱毛が挙げられますが今でも髪は薄いです。こればかりでなく、手足の痺れ、免疫力の低下による感染症、体調不良は想像以上のものでした。抗癌剤で命を縮めることの方が多いという専門家の意見も聞きました。
 他人である質問者様にこうしなさいとは言えません。ただ、自分の身内には抗癌剤はやめるようにと言います。 

  私も乳癌で、手術しました。直径1.5センチほどの浸潤癌です。温存でしたが、取り残しがひどく(強陽性)、主治医には全摘の再手術を勧められましたが断りました。その後、抗癌剤と放射線治療を受け、ホルモン剤の効くタイプだったため、ホルモン剤を飲んでいます。
 「局所再発の可能性が極めて高い」
 そういうコメントがカルテに書かれていました。幸い2年以上経ちましたが今のところ再発はありません。
 問題は抗癌剤ですよね。私も抗癌剤を使えば20%程度、10年生存率が高くなると説明されました...続きを読む

Q乳癌 ホルモン治療の副作用について

母が初期症状の乳癌で摘出手術をしました。
その後、ホルモン剤を飲んでいますが、だるさ・発熱・頭痛が続いています。
術後、5年間はこの薬を飲むと聞きましたが、この症状がずっと続くのでしょうか?
かなり辛そうなので見ていて切なくなってきます。
ご存知の方がおられましたら教えてください。

Aベストアンサー

イメージとしては、乳癌細胞の中には女性ホルモンを食べて育っているような細胞があります。そのために女性ホルモンを遮断する作用のある「疑似餌」の薬がホルモン剤です。
通常のホルモン剤とは全く異なります。

ホルモン剤は抗癌剤ではなく体を閉経状態にすることが目的ですので急に更年期障害が出たような状態になることもよくあります。飲み始めの1年くらはやはりいろいろな症状で辛い部分がありますが、それがずっと続くことは稀です。更年期障害と同様にだんだん軽くなってきます。

一般にホルモン療法を行うことができる乳癌細胞のタイプは、比較的に抗癌剤が効きやすく、再発・転移も少ない乳癌の中でも予後の良いタイプと言われます。

辛いところもありますが、そのような意味ですので乗り越えてください。癌は「受け入れる部分」と「戦う部分」があります。お母様の段階は十分に「戦う」ことが可能なものですし勝機も十分にあります。

Q可変費用曲線・・・

 ある問題で、企業が固定費用1万円、限界費用が2千円で生産するときと、固定費用2万円、限界費用千円で生産するときがある。とういうのがありました。
 この中で、可変費用は2000yと、1000yでいいのでしょうか?また可変費用曲線を書く場合、生産量は特に設定されていないので1,2,3・・・としていいのですか?(直線になりますが・・)あと、可変費用曲線のほかに、平均可変費用曲線、総費用曲線、平均費用曲線を書いたあとに、どの産出量で企業は固定費用の低い技術を用いるか、どの産出量で企業は固定費用の高い技術を用いるかという問題はどのように考えたらいいでしょうか?
 質問ばかりですいませんが、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

どの産出量で企業は固定費用の高い技術を用いるか?

総費用曲線を用います。この場合、2本の総費用曲線を
書くと、ある産出量以上から、「固定費用の高い技術」の方が総費用が安くなるのが分かると思います(逆にその産出量に達するまでは、「固定費用の低い技術」の方が総費用が安い)。産出量に応じて、安くなる方を用いるわけです。この問題の場合、その、ある生産量yを計算で求めて回答すれば良いわけです。

Q歯科治療の麻酔の副作用

一昨日から、じん麻疹が出ています。
何かふだんと違ったことは、、と考えてみたのですが、思い当たるのはその日に歯科の治療で受けた麻酔くらいです。
ただ、麻酔を受けたのは正午頃、じん麻疹が出たのは夜遅く22時頃からです。
麻酔の副作用だとした場合、そんな時間がたってから出るものなのでしょうか?
ちなみに、ふだんはほとんどじん麻疹がでることはありません。

Aベストアンサー

時間的にも期間的にもチョット考えにくいですが、「絶対」は無いです。
蕁麻疹様の症状は必ずしも直接接触だけではない事や、今まで何事も無かったものが、突然発疹などを起こすこともあります。
原因は他にも様々考えられるので、それも含めて皮膚科やアレルギー科などの専門医を受診した方がいいです。

Q長期の平均費用と限界費用の位置関係は、短期の平均費用と限界費用の位置関

長期の平均費用と限界費用の位置関係は、短期の平均費用と限界費用の位置関係と同様の性質を持つ、と学んだのですが、別の問題でそれぞれ下記の解説がありました。

1.長期平均費用が一定のとき、長期限界費用はそれに一致する。
2.限界費用が一定の大きさのとき、平均総費用は逓減する。

2は短期の問題です。1と2は同じことを言っているようで違うことを言っていて、よくわからなくなりました。

長期と短期で性質が違うときがあるのか、それとも、2について「平均総費用が一定のとき、限界費用はそれに一致する」のでしょうか?

Aベストアンサー

費用は大きく分けて固定費用と可変費用に分けられます。可変費用を生産量で微分したものが限界費用であり、費用全体を生産量で割ったものが平均費用です。

1.の場合、平均費用が一定なので、固定費用がゼロ、かつ限界費用が一定でなければなりません。
限界費用は、充分に生産量が大きいならば一定又は逓増することが仮定されているため、この条件以外では1.を満たしません。

2.の場合、固定費用がゼロでないならば、平均費用は逓減します。

これらは数式では
C = F + V(x)
C/x = F/x + V(x)/x
dC/dx = dV(x)/dx
であり、1の場合ではF=0, C/x = Const. のとき、V(x)/x =Const. がいえるため、V(x)=kx となり、明らかです。

2の場合では
dC/dx = dV(x)/dx=Const.のときV(x)=kxとなるため、
C/x = F/x + V(x)/x = F/x + k
となることから明らかです。


これらは長短関係なく成り立ちます。

Q抗がん剤治療の副作用

乳がんの治療で、今月から抗がん剤治療をすることになりました。
病院が電車で1時間ぐらいのところにあります。 抗がん剤をすると、吐き気や下痢、食欲不振など副作用が出ると聞いたのですが、
①副作用は投薬後どれくらいの時間で出るものでしょうか。電車で往復2時間の通院は可能でしょうか。
②3週間毎に投薬するのですが、投薬後次回までずっと副作用で苦しいのでしょうか。
③脱毛は投薬後どれくらいの日数ではじまるのでしょうか。又、投薬終了後どれくらいではえだすのでしょうか。
ご存知の方よろしくお願いします。

Aベストアンサー

個人差が大きいです。
自分の親の場合は
①投薬が続いてくると座れるなら可能、満員電車は無理な感じ。
 投薬後の時間というより体力(免疫力)が落ちる影響。
②波があり、楽になってくると次の投薬の日が来るという感じ。
③2回目の投薬の頃には坊主にしました。
 (部屋が抜け毛だらけになるため)

ですが、全く髪の毛が抜けなかったという人の話も聞きますし、体力がもたず入院した人もいれば、月の2/3くらいは出勤して仕事を続けられた人(←自分の職場の社員)もいます。
ですので上記はあくまでも自分の親の場合は、です。

どうぞお大事に、そして頑張って下さいね。

Q限界費用関数について

総費用関数を微分すると限界費用関数となるとありますが本当でしょうか?
総費用関数がY=Xの2乗、とすると、限界費用関数はY=2X、です。
具体的には、
生産量が0、総費用が0、限界費用が0
生産量が1、総費用が1、限界費用が1
生産量が2、総費用が4、限界費用が3(つまり4-1)
生産量が3、総費用が9、限界費用が5(つまり9-4)
生産量が4、総費用が16、限界費用が7(つまり16-9)
ですよね。
しかし、限界費用関数で導出すると
Y=2Xですから、0,2,4,6,8となります。
ご覧のとおり個別に計算したものと一致しません。

なにか勘違いしているのでしょうか。
是非教えていただければと思います。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

> 総費用関数を微分すると限界費用関数となるとありますが本当でしょうか?

はい。本当です。


> 具体的には、<略>ですよね。

ここが間違っています。
質問者氏の計算は、ゼロから1まで、1から2まで・・・の追加的にかかった費用の平均であって、限界費用ではありません。


生産量が1の時を考えましょう。ここから0.1を増やした1.1の時、
(1.21-1)/0.1=2.1
となるはずです。この1.1をさらに近い数字(例えば1.01)にした場合には2.01となります。
どんどんこの差をゼロに近づけていくと、2になるのは分かると思います。この極限が2であり、それが微分です。

おそらく、「生産を1単位追加した場合にかかる追加的な費用」という説明に引っ張られていると思いますが、単位を少し変えるだけで変わってしまうため、Xの1メモリは特に何の意味もありません。

Q角膜炎治療と眼圧上昇の副作用について

現在、パイロットを目指して航空会社の自社養成パイロット採用試験を受験しています。
先日、航空身体検査を受験し、一週間後に再検査になりました。
項目は眼科と耳鼻科です。

個人的に眼科にかかり、糸状角膜炎(角膜に点状の濁り)があると言われました。
日常では問題ないと言われたのですが、採用試験に際して心配です。

点眼薬2種類(フルメトロン0.1%とクラビット点眼液)をもらいました。
フルメトロンはステロイドで、副作用として眼圧の上昇が考えられるそうですが、眼圧が高いと航空身体検査では不適合となってしまいます。
一日4回点眼、一週間使用で副作用はどの程度現れるのでしょうか。

採用の基準は航空身体検査基準よりも厳しいようで、薬を使って治療すべきか悩んでいます。
できるだけ良い状態で再検査に臨みたいのですが、副作用が心配です。

申し訳ありませんが、少しでも情報をお持ちの方、アドバイスをお願いします。

Aベストアンサー

診察を受けている主治医に質問すべき問題です。このような掲示板では自称専門家いい加減な回答も多数見受けられますので、大事なことは主治医か薬剤師に質問しましょう。

質問者さんの心配している「眼圧上昇」ですが、ステロイドを使用している人全員が上昇するわけではく、中には眼圧が上昇する人もいてるということです。

「ステロイドレスポンダー」をヤフーなどで検索してみてください。

ステロイドの使用をやめれば眼圧は正常に戻るようですよ。

とりあえず、今診察を受けている眼科で事情を説明して、心配ならば投薬中にはこまめに眼圧の測定を受けられるとよろしいでしょう。

Q訴訟費用について

本人訴訟なので素人ですみません

判決
原告勝訴 「訴訟費用は被告の負担とする」
控訴上告の猶予期限2週間が過ぎ判決確定
原告は訴訟費用計算
訴訟費用額確定申立書を裁判所に出す
・・・・その後はどういう流れになるのでしょうか?

ちなみに訴訟費用内訳は
1.訴え提起手数料
2.書類の送達費用(切手代)
3.代表者事項証明書交付手数料
4.同送付費用
5.原告出頭旅費
6.原告出頭日当
7.書類作成費用及び提出費用
8.訴訟費用額確定処分正本送達費用
・・・・他にありますか?

色々質問させていただいていますが
よろしくお願いいたします

Aベストアンサー

>原告は訴訟費用計算、訴訟費用額確定申立書を裁判所に出す

その次ですか ?
それならば、その申立が認められたならば「決定」と言う裁判形式で当事者に送達されます。
7日間の即時抗告の期間が経過すれば確定し、それが債務名義となります。
なお、実務では、そこまでする案件は皆無に等しいくらいです。
何故ならば、認められる金額の割に手間が大変なので合わないからです。
本案の判決に基づき強制執行で債権の実現を得るので普通のやり方です。
なお、訴訟費用の範囲とその額は、「民事訴訟費用等に関する法律」の2条で詳しく載っています。

Q乳癌の放射線治療の副作用、後遺症について

半年前に乳癌の乳房温存手術を受けました。
その際にリンパ郭清(リンパ節一つ)もしました。
また、乳房再建手術も同時に受けました。
主治医からは放射線治療も勧められ、現在
照射治療中です。

そこで質問です。
1)再建している乳房に放射線治療を施して
何か副作用はないのでしょうか?
皮膚の日焼けや、ただれなどの一般的に言われている症状以外の
副作用があるようでしたら、どのような副作用があるのか
教えていただけますでしょうか。

2)放射線治療によって、リンパ郭清した側の腕が
大きくむくんで(浮腫)、一生治らない、と聞きましたが
本当でしょうか?

3)いったん始めた放射線治療を途中で辞めても大丈夫でしょうか?
もちろん辞めたら治療の効果はない、ということは理解していますが
途中で辞めることによって出てくる副作用みたいなものがあれば
教えていただけますでしょうか。

Aベストアンサー

1)変形したり、傷口の治りがいまいちだったりする可能性があると思います。
2)リンパ節廓清の副作用だと思います。放射線治療は関連性が薄いのでは?質問文のリンパ節1つ摘出がセンチネルリンパ節なのか、摘出したうちの1つに転移があったのかはわかりませんが、センチネルリンパ節ならば廓清とは言わないですよね。
3)辞めないほうがいいですね。実験データでは放射線治療により血管の細胞が傷つきます。血管の細胞(転移に対するバリア)の損傷と生き残ったがん細胞(強いがん細胞)がセットになりますから、中途半端な治療であれば転移を引き起こしうる可能性も示唆されています。副作用等で完遂できないのでなければ止めるべきでないです。


人気Q&Aランキング