はじめまして。
私は今年東京の大学(美術系でない)に入学したものです。

小学生高学年ころからぼんやりと、いのまたむつみさん等に影響されて、こんな風に絵が描けたらいいなと思い始め、その後いろいろな方の絵を見るうちに、高2の途中くらいからキャラクターデザイナーやグラフィックデザイナーになりたいな、と本格的に考え出したのですが、(→言い訳でしかありませんが・・・)高校が進学校でその雰囲気に呑まれたことや、親の奨めもあり、美大や専門学校ではなく普通の4年制の大学に進学しました。(←あと、自分でも普通の大学にいって見聞を広げることもデザイナーには無駄ではないだろう、と思っていました)

大学に入るまでは、入ってから専門学校にダブルスクールすればなんとか技術を身につけることができるんじゃないか、と思っていたんですが、ネットで調べると、美大にいっていても希望の業種につける人はあまりいないとわかり、正直今まで落書きしかしたことのない自分はこれでは間に合わないのではないか、と焦りました・・・。
 そこで、質問1:ゲーム会社の(絵描きとしての)就職試験ではデッサン力が問われる、と聞いたのですが、デッサンの仕方もわからない0の状態で大学に行きつつ専門や、美大の予備校(こっちのほうがデッサン力がつくと聞いたので)に行ったのではそれをパスするほどのデッサン力を身につけるのは不可能でしょうか?(美大に行くべきでしょうか?)

また、掲示板などの情報を見ると、「専門学校ではデッサン力を十分身につけることは難しい」とか、「美大にいっているほうが就職には有利だ」という意見がある一方で、「美大は広く浅い技術と知識しか教えてくれないが、専門は実際に役に立つ技術を教えてくれる」という、意見も耳にします。
 そこで、質問2:ゲーム会社に就職するためにはどちらが向いているんでしょうか?また、今行っている大学と平行して行くならば、専門と美大予備校ならばどちらがいいでしょうか?

長文になってしまいすみません。
アドバイスをお願いいたします。<(_ _)>

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

グラフィック系の専門学校(2年)に行ったことがあるので、専門学校についてです。


私の通う専門学校のクラスから大手のゲーム会社のデザイン職にどんぴしゃで就職した子がいました。
ただしその子は入学当初からクラスの中でも抜きん出て絵がうまい子(恐らくデッサンの基礎もしっかりしていました)で、就職活動に持って行く作品集(ゲーム会社への就活では、おそらく一番重要なモノです。課題というか、募集のホームページで例えば背景画を何枚送って欲しいとか指定があったりしますが、入社試験はありませんでした)とかも、素晴らしい質と量だったと記憶しています。
専門学校ではやはりみんなの年齢が若いせいか遊んでしまう人の割合が多く、課題提出率がとても低かったり、そもそも出席しない子とかも出現します。その中でモチベーションを保つのもなかなか難しいかと思います。
グラフィックデザインやキャラクターデザイン志望では競争率も高く、そもそも就職した人がいたこと自体奇跡だと当時感じました。

美大は体験した事ないので比較は出来ませんが、専門学校に行ったところでゲーム会社の希望職種に入れる確率は「何もしないで」よりは僅かにマシ程度かと思います。専門学校ではパソコンやソフトの操作、デッサンやデザインの授業は行うので、技術力の向上は当然あります。
しかしこう言ってはなんですが、専門学校を入った事によって才能が開花したとかは特に見当たらなく、最初から才能がある人とない人がそのまま2年維持された状態だったと思います。
あくまで私個人の体験談ですので、一概には言えませんが専門学校からの質問者さまがおっしゃる希望職種への就職は難しいかと思います。

それともう一つ、新卒を逃してもゲーム会社には入れます。年齢はこの業界ではあまり関係なく、あくまで実力の世界かと思います。どれだけのものを持って会社の門を叩けるのがポイントなので、あまり焦る事はありません。知り合いで30才近い人がゲーム会社に転職した例もありますので…ご参考までに。
    • good
    • 7
この回答へのお礼

datemakiさん、ありがとうございます。

実際に行かれた経験のある方の体験談、とても参考になりました。
専門学校へ行ってもかなり厳しいようですね・・・ いきなり専門学校にすべてをかける(大学を辞めて専門に行く)のは無謀に思えたので、その選択は考えないことにしました。

入社試験(試験現場に行って描くような)はたいていの場合課されるのかと思っていましたが、そうでもないんですね。作品集を重視するんですね。あと、人物や静物のデッサン等を問われると思っていたので、背景画のことは頭にありませんでした(^.^;)。背景画もかけるように練習したいと思います。これを知らずにやってたらとても痛い目を見ることになるところでした・・。教えていただいてありがとうございます。m(_ _)m

年齢はあまり関係ないとのことで少し(ほんの少し・・・)安心しました。でも油断はせずに努力は続けたいと思います。

お礼日時:2009/05/14 00:13

質問1:基礎力としてのデッサン力は大切ですが、デッサンが多少下手でもそれを上回る才能や情熱を示せれば大丈夫。

とはいえ、デッサン力は大切です。
いまから美大にいけるなら行ったらいいと思います。1・2年浪人してデッサン力を身につけて入学できますか?
独学だけでは難しいでしょうけど、とにかく毎日描き続ければ力はつきますよ。

質問2:大学と専門学校のダブルスクールは可能ですか?夜間の専門学校ってあるんでしょうか?各種学校ならありそうですけど。
学校にもよるし、あなたの取り組み方しだいとしか言えませんね。

キャラクターデザイナーとグラフィックデザイナーはまったく違う仕事です。
ゲーム会社といっても、内部の仕事は色々あります。
最初は思うような仕事はやらせてもらえず、何年も働くうちに思うような仕事を獲得することになるでしょう。
いのまたむつみさんは、元々はアニメ会社の人で、その後イラストレーターとして活躍されていますね。
その経験を生かして、ゲームのキャラクターデザインもすることはありますが、その仕事がメインというわけではありません。

とにかく就職活動用に絵を描きためることです。
デッサン、キャラクター、カラー、モノクロ、背景、ゲームのメニュー画面、老若男女、喜怒哀楽、ガラス金属布など質感描き分け、
こういう力が高いレベルで示せるようなサンプルを大量につくります。
就職活動の際にゲーム何本分ものキャラクターデザイン画を見せれるように。

美大を出ても入れる人が少ないのは事実ですが、美大出でなくとも就職する人は居ます。(私の知り合いでも、美術系以外の大学出身でゲーム会社に入った人が居ます)
大手ゲーム会社は、美大出を重要視するようです。大手美大なら基礎力が出来ているのは確かなので、そういう人はやはり他の部分も勝っている人が多いようです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

kouun-takamuraさん、ありがとうございます。

すみません、僕の見ていたのは各種学校の方でした。

ゲーム会社では何年も下積みがあり、特に大手では希望の仕事に就くのも困難だ、という話は聞いたことがありましたが、本当なんですね・・・

僕なりにkouun-takamuraさんのご意見を解釈するに、やり方しだいでは大学にいきながらでもできないことはないが、美大に入った方が良い、ということでしょうか。

しかし、「美大ではデッサンはできて当たり前だから教えてはくれない」、とか、(以下他の質問への回答の引用です)
>私の行っていた美大では様々なジャンルの絵を描く学生が集まっていましたが、1年の後半ぐらいから遊びだします。遊ぶのは勝手ですが、4年もあるということで誘われたりするので、集中力がきれます。教授も油絵、肖像画、山水画、DTPデザインなどで、キャラクターデザインどころではありませんでした。ゲームやアニメといった知識は得ることは出来ましたが実技がなく、教授と個人的に話す機会がほとんどありません。できたとしてもその教授の得意分野以外の話は語り合うことはなく、短いです。

といった話を聞いて、美大に行くことに不安を感じてしまいました。
kouun-takamuraさんは経験者の方ということなので、美大や専門学校などに行かれたことがおありでしたら、ぜひどのようなところかや、良い点、悪い点等の感想をお聞かせ願いたいです。

あと、実際の入社試験の際にどのような課題が課されたのか、も教えていただける範囲で教えていただけないでしょうか。

よろしくお願いします。

お礼日時:2009/05/12 15:31

とりあえず、実践あるのみ。



自分が現役だった十数年前は、それなりの作品を持っていけば、わりと簡単に潜りこめました。

身の回りの絵描きで、特別な勉強をした人っていなかったですね。
せいぜい、代アニ中退→アニメーターとか。

大学を卒業してからの就職を考えているのなら(個人的には、それがいいと思います)、在学中に色々な賞を取って、実績を作っておいた方がいいですね。
これもまた昔の話ですが、ゲーム雑誌の投稿の常連からプロになったというケースもあります。

参考URL:http://asciimw.jp/award/taisyo/oubo_2.php
    • good
    • 0
この回答へのお礼

maimai_sanさんありがとうございます。

なるほど、雑誌への投稿や、実績作りですか~。そういう方法は思いつきませんでした。参考になります。ただ、正直今の僕には賞を獲れるような力はありませんが・・・
とにかく、そういう方法もあるということを頭に置きつつ、少しづつでも実力つけたいと思います。

お礼日時:2009/05/12 14:16

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q未経験でデザイン業への転職。就職活動前に何をしたらいいですか

こんにちは。もうすぐ26才(女・独身)になる者です。
キャラクターデザイン(キティーちゃん等の可愛い系のマスコットや雑貨のデザイン志望)に転職を希望しています。
全く未経験なので採用してもらえるか不安です。
なので就職活動前に少しでもそれを補うために何かしたほうが良いのではと思い考え中です。
何をしたらいいのか良い案を教えて下さい。
またデザイン業は何を基準に(もしくは重視して)採用を決めているのでしょうか?
よろしくお願いします。

(考えてる事)
・デザイン会社でバイトする
・マスコット系の店でバイト(販売)する
・フリーマーケット等で作品を売ってお金になった作品を作る

(備考)
・フォトショップやイラストレーターが使えないので今から勉強していこうと思います
・趣味でイラストを描いてきた程度でデザイン系の学校にすら行ったことがないです

Aベストアンサー

極めて甘いと言わざるを得ません。
26歳ではすでにかなり出遅れているのです。のんびり構えていては行けません。今すぐどこかに入社してください。バイトだろうがただ働きだろうが、業界に入り込むことが先決です。お店でバイトなどしている場合ではないですよ。フリマも論外です。空いた時間にどうぞ。
未経験なのでほぼ望みはないですが、イラストが描けるなら死ぬほど書いて作品集を作り、求人誌に載っている会社に片っ端からアタックです。入りたい会社があるのならそこをまず第一に。膨大な作品と熱意でアピールです。どうしてもやりたいという熱意を見せつけないと望み薄です。
26歳のデザイナーは、既に中堅です。専門卒なら20、大卒でも22で入ってきますからね、4-6年もやっていれば、かなり任されるモノです。同い年・未経験の方を、あなたが経営者なら欲しいと思うか、そこを考えてください。
とにかく一刻を争います。

Qゲームの専門学校は、就職できますか?

子供が突然ゲームクリエイターになりたいと言い出しました。専門学校に行きたいといいますが、専門学校を出ても就職がないとよく耳にします。親としては堅実に就職させたいのですが、夢を追いかけたい子供の気持ちもわかります。ゲームクリエイターの専門学校からゲーム関連会社への就職率は、どのくらいなのでしょうか。分かる方がいらっしゃれば教えていただきたいと思い、質問させていただきました。

Aベストアンサー

 ゲーム会社で働いてました(CG制作)。

 専門学校を卒業してゲーム会社に就職する事は、比較的容易です。
 大手は難しいですが、ゲーム制作は下請け、孫受けが無数に存在してまして、そういった零細企業であれば就職の口は結構あります。
 現在はゲーム制作は国内需要が減ってきてるので、パチンコ液晶や携帯アプリ制作が多いです。

 就職しやすいのは「プログラマー」か「3DCGデザイナー」で、3DCGの場合は「MAYA」か「3dsMAX」を覚えられる所が良いです。

 他には、ひたすらゲームをプレイしてバグを探す、デバッガーなんて仕事もあります。

 ----------------
 就職の大前提として、まじめに授業を受けて時間外にも課題制作を行い、さらに就職活動を積極的に行う必要があります。

 授業を適当に受けて、ほとんど就職活動を行わない人は就職できずにフリーターになっていきます(こういう人は意外と多いです)。

 もう一つは、「現場は過酷」だという事です。
 毎日終電は当たり前として、締め切りが近づくと泊まりもあります。
 残業代はほとんど出ずに、中小の場合、ボーナスもないです(回転も速く、求人が出やすい)。

 ---------------
 なので、ゲーム会社に就職したら実務経験を積んで、より大きな会社に転職するか、独立するかといった流れが一般的です。

 ゲーム会社で働いてました(CG制作)。

 専門学校を卒業してゲーム会社に就職する事は、比較的容易です。
 大手は難しいですが、ゲーム制作は下請け、孫受けが無数に存在してまして、そういった零細企業であれば就職の口は結構あります。
 現在はゲーム制作は国内需要が減ってきてるので、パチンコ液晶や携帯アプリ制作が多いです。

 就職しやすいのは「プログラマー」か「3DCGデザイナー」で、3DCGの場合は「MAYA」か「3dsMAX」を覚えられる所が良いです。

 他には、ひたすらゲー...続きを読む

Qポートフォリオ(作品ファイル)を強化してゲーム会社に就職したい

こんにちわ。私は専門学校の卒業生です。
学科は3DCGデザイナーを学んでいました。
私は多くの企業に応募をして結果は残念な結果を多くもらいました。最近は何が原因なのかを検討しています。

ポートフォリオが原因だと思い、強化したいと思っています。作品の技術力はもちろんですがファイルの内容がもっと知りたいのです。就職指導部の先生に相談すると「もっとゲームっぽく・・・」??? 一言で言われても理解が出来ないです。

いままでの作品ファイルは単純にキャラをモデリングした物を静止画としていれているだけでした。課題作品集みたいな感じです。指導部の先生にはやはり、指摘されました。

ではどうすればいいかと悩みましたが結局はただ単純に
作品にいれる物を変えればいいのかと思いました。
いれる物は低ポリゴンで作成した物、背景を増やす、小物
モデリングとかです。

とりあえずは私の考えの1人歩きなので
何かアドバイスいただけたら幸いです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

実際に開発会社で作品選考を行っている立場ですが、最近の学生さんに言える事は、とにかく作品数が少ない点です。
新卒者の場合は、当然プロになっていないので、ある程度クオリティが望めないのは選考する側もわかっています。
自信がなくてもラフなども含め、20~30点以上はないと、判断する段階までも行かずに不採用になるケースが殆どです。多少の失敗作が入っていても、問題ありません。単に画力だけでなく、学生時代に何をやったかを見たいので、できるだけ多くの作品を用意しましょう。

また、ゲームらしいものを提出するのも1つの手段だと思いますが、誤魔化しが効かないので、それなりの慣れが必要だと思いますよ。
作風からゲームに生かせるかどうかの判断は選考側の仕事でもありますので、あまり気にし過ぎるのもどうかなと思います。芸大やゲーム学科以外の専門学校生なら、アナログ、デジタル、2D、3D問わず、静止画でも数があれば十分です。

もしゲームらしい作品を作るのであれば、キャラ1体に対して、ラフ画(数点)、キャラ設定資料、最終レンダリング画像の3つは最低限用意し、できればそれを取り巻く世界観設定資料、簡易ストーリー、サブキャラの画像などがあって、ゲーム学科の方の平均レベルだとおもいます。
それ以外に用意するのであれば、タイトルロゴ、動作設定資料、サブキャラとの相関図、パッケージなども作って持ってくる方もいます。
攻略本ではなく、色んなゲームの公式設定資料が市販されていますので、参考にしてみては如何でしょう?
ただし、これだけでは基本的な画力が量れませんのでデッサンやクロッキー等とセットで用意しましょう。

他には短編ムービーを作る方法もありますが、CDROMに入れるだけでなく、ベストショット数点のレンダリング画像とコンセプトやコメントを文章で用意することで、印象が随分よくなると思いますよ。

がんばってください。

実際に開発会社で作品選考を行っている立場ですが、最近の学生さんに言える事は、とにかく作品数が少ない点です。
新卒者の場合は、当然プロになっていないので、ある程度クオリティが望めないのは選考する側もわかっています。
自信がなくてもラフなども含め、20~30点以上はないと、判断する段階までも行かずに不採用になるケースが殆どです。多少の失敗作が入っていても、問題ありません。単に画力だけでなく、学生時代に何をやったかを見たいので、できるだけ多くの作品を用意しましょう。

また、ゲ...続きを読む

Q21歳未経験からイラストレーターを目指せますか?

当方大学4年です。質問はタイトル内容なのですが、少し詳しく述べたいと思います。

私が絵を描き始めたのは去年の9月からで、まだ絵描き歴1年もありません。
現在公務員試験勉強中ですが、もしそれに落ちたら、専門学校でイラストの勉強をしたいと思っています。

何故こんな突拍子も無いことを志すかを平たく言いますと、日に日に絵を描くのが好きになっていくからです。

去年の9月から1日も欠かさず最低2時間、多い時で12時間以上絵を描いているのですが、それでも描きたい欲求が薄れることは今のところありません。

きっかけは好きなキャラクターを描いてみたかっただけなのですが、今は風景画から机に転がっている消しゴムまで描いています。

この欲は一時のもので流されてはいけないものなのでしょうか。
インターネットでイラストレーターの厳しさを数多く見かけました。やはり無謀で浅はかな考えでしょうか。
意見を頂戴したいです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 おそらく専門学校は、質問者様の考えている所ではないです。
 CGソフトの習得が主なので、イラストの描き方を教えてはくれないです(独学でガンバレ…という感じです)。

 イラストレーターでゴハンを食べてる人は非常に少なく、CGデザイナーとしてゴハンを食べていて、傍らでイラストを描いてるという人が多いかと。

 CGデザイナーとしてであれば、学校に入ってデザイン会社に就職して…という感じで、とんでもなく高いハードルではないです。

 基本未経験NGなので、新卒の就職活動は苦労しますが、2年以上の実務経験を積んでしまえば、転職は比較的容易です。

 --------
 半年くらいの社会人向けのスクールがたくさんありますので、ひとまず、そういう所へ通ってみる事をオススメします。

Qデザインを仕事にしたい!…でもそれだと生活していくのが難しい

大学卒業後、一般企業で事務職として就職
しましたが、学生時代に学んだ
グラフィックデザインを仕事にしたい、
と思うようになりました。

実務経験がありませんので、バイトからのスタートに
なろうかと思いますが、1人暮らしということもあり、
生活がかなり苦しくなると思います。
生活費、睡眠時間等、犠牲にしてまで
やりたいことを優先していいものか、
いまいちデザインの世界に飛び込むことが
できないでいます。
きっとしばらくは、親にお金を借りてしまう
生活になるんではないかと思います。
大卒で生活費を親に頼るというのは
申し訳なく思います。
事務職を続けるのであれば、お金は借りなくとも
生活はしていけますが、仕事は単調ですし、
やりたいことであるデザインは、
趣味として割り切ることになるでしょう。

グダグダいわずにデザイン職へ
飛び込めば、話は早いのですが、
やはり現役のデザイン職の方にお聞きしたいです。

待遇面での不満はよく聞く話ですが、それでも、
デザインをすることは楽しいですか?
待遇のよい他業界へ就職すればよかった…
と、後悔している方はいらっしゃいませんか?

よろしければご意見・アドバイス等、
よろしくお願いいたします。

大学卒業後、一般企業で事務職として就職
しましたが、学生時代に学んだ
グラフィックデザインを仕事にしたい、
と思うようになりました。

実務経験がありませんので、バイトからのスタートに
なろうかと思いますが、1人暮らしということもあり、
生活がかなり苦しくなると思います。
生活費、睡眠時間等、犠牲にしてまで
やりたいことを優先していいものか、
いまいちデザインの世界に飛び込むことが
できないでいます。
きっとしばらくは、親にお金を借りてしまう
生活になるんではないかと思いま...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは、25歳のグラフィックデザイナーです。
僕は今の仕事内容と待遇と将来性に満足しています。
もちろん今後もっと上を目指します。

デザイナーになりたいとお考えの_you_さんにまず言っておきたいのが、
一番肝心なことは、「自分がどんなデザイナーになりたいかを決める事」
という事です。

だって、デザイナーになんて簡単になれますよ。
仕事内容と報酬を選ばなければ。

僕は専門学校時代、講師や周りの人にいろんな事を聞かされました。
デザイナーは徹夜が当たり前だとか、お金を儲けたいならデザイナーはやめた方がいいだとか、
好きな仕事だからしょうがないetc...

僕は学生時代これらの話に耳を貸しませんでした。
僕は決めていました。
1.年収3,000万円以上稼ぐ事。
2.企画から関われるクリエイティブな仕事をする事。
(いきなりは無理でしょうから、35歳の時点で、とういう条件です)

だから、学校の講師の話はあまり役に立ちませんでした。
だって、講師の方は仕事がないから安い給料で講師やっているんですから、
そんな人の言うとおりやってたら自分も講師になっちゃうじゃないかと。
普通に考えてそうでしょう?
一方、非常勤で、普段一線でバリバリやっている講師の話は
食い入るように聞き、質問しまくりました。

>待遇面での不満はよく聞く話ですが、それでも、
>デザインをすることは楽しいですか?
僕は好きにデザインさせてもらってます。デザインが楽しくて仕方ありません。
もちろん2年半は死ぬほど基礎をたたき込まれました。
打ち合わせから営業からデザインまで全部できます。
社長や重役相手の打ち合わせも全然平気です。今の時点の給料にも不満はありません。

僕が何故こんな状態でいられるかと言うと、それは
「自分がどんなデザイナーになりたいかを決めていた」からです。
だから、就職先も当然選びました。戦略を練りました。電通や博報堂がいいのか?
電通や博報堂には年収3,000万円以上のクリエイターがどのくらいいるのか?など。。
いろいろ調べて相談した結果、有名なデザイナーが独立してやっている
デザインプロダクションに入る、という戦略をとりました。

そこではデザインから営業からなにから何まで、
朝から晩まで有名なデザイナーに付きっきりで教えてもらえると思ったからです。
それが電通・博報堂だと、いいADの下につくにも、大変な競争が待っていると
想像したからです(あくまで想像ですが…)。
意味のない出世競争に時間を取られたくなかったのです。

結果、予定通りいろいろ教えてもらい自信がつきました。(賞の取り方までも。。)
今私はデザイン初めて3年半ですが、今の時点でもすでに
そこら辺のデザイナー(10年やっていようが20年やっていようが)には負ける気がしません。
デザインは、どれだけやっていたかという経験や時間なんて全く関係ありませんよ。
よく、いろいろ転職しながら実力蓄えていくとか、キャリアアップとかほざく
無知な連中がいますが、そんなもんはウソです。
自分が無知であるということさえも知らない連中です。
10年、20年やってて名刺にADとか書いてある下手なデザイナーを何人も見ます。

とにかく、いいディレクターのいる職場に、なんとしても滑り込んでください。
デザインのスタンスはいろいろありますから、何でもいいですからこれだけは他のデザイナーには
負けない、というモノをもっているディレクターを捜し、その人の弟子になるんです。
そういう方は、有名、無名を問わず、探せば見つかります。

今活躍しているデザイナーで、良き師匠に巡り会わずに、自力でデザインを覚えた人なんて
ホンの一握りの例外を除いて、誰もいませんよ。
これがこの業界の現実であり、デザインという職業の性質です。
デザインという基礎・概念をたたき込んでもらって初めて、自分で努力して実るのです。
初めに基礎をたたき込んでもらわないで、自分で努力しても、我流になって、やればやるほど
下手になりますよ、マジです。

ここを間違えると、デザイナーなんてやめた方がいいと思います。
徹夜はあるわ、給料安いわ、仕事もデザインといっても大した仕事ではないわ。
という事になりますよ。あなたに、経営の才能があれば、デザインの質にこだわらず、
デザイン会社経営という道も残されますが、そうでなければ、20代後半から30代前半で
確実にリストラされます。デザインが上手くないと使い捨てにされる業界です。
しかもデザインはつぶしが利かないですから、途方に暮れますよ。

長くなってすいません。ついでにもう一つ言いたいのが、
>生活費、睡眠時間等、犠牲にしてまでやりたいことを優先していいものか、
>いまいちデザインの世界に飛び込むことができないでいます。
>きっとしばらくは、親にお金を借りてしまう生活になるんではないかと思います。
>大卒で生活費を親に頼るというのは申し訳なく思います。

ということですが、努力することを嫌うなら、実力を付けることが出来ませんからやめた方がいいです。あと、きれい事を言ってもいいですが、きれい事のせいで実力が付かなければ、
それは結局親不孝につながります。稼いであとで何倍にもして返してやるという発想でいくほうが
自分へのいいプレッシャーにもなります。

僕は20歳のときにデザイナーになること決めました。上京して、そこから、バイトは一切せずに
親の仕送りとそれまでの貯金で生活してました。月に本代だけで10万円は使っていました。
親が特別金持ちな訳ではないです。なんとか工夫して送ってもらいました。
さらにご飯代も削って自炊して、月の食費は1万円を切っていました。残り全て勉強につぎ込みました。
なんとしてでも実力を付けるためです。バイトなんかしてたら、その分デザインの勉強の時間が
少なくなります。もちろんバイトすることで得るものもありますから人それぞれですが、僕の場合、
バイトはそれまでにさんざんやってましたし、遊びもそれなりにしてましたし、今自分に必要なのは
デザインの勉強、と言うことで、もちろん睡眠時間も削りまくってやりまくりました。

僕が言いたいのは、これだけ、戦略的に考えながら利用できるものは利用して
やるべき事に集中投資して、勉強しまくる奴がいる業界ですよ、ということです。
そういう奴が、ライバルとして、ウヨウヨいますよ。
そんな中で、「生活費、睡眠時間等、犠牲にしてまで」と言ってると、淘汰されるだけです。

実力の世界を甘く見て実力の世界に入ったひとは、必ず後悔します。いい仕事回ってきませんから。
いっぽう、実力の世界で実力がある人は、面白くてたまらない。高くていい仕事入りますから。
これが「実力の世界」です。

長文で、きついこと書いて申し訳ないです。しかも25歳の分際で。
でもこれが僕の本音であり、これから業界に入ろうとしている人への、本当に伝えたいことなんです。。

こんにちは、25歳のグラフィックデザイナーです。
僕は今の仕事内容と待遇と将来性に満足しています。
もちろん今後もっと上を目指します。

デザイナーになりたいとお考えの_you_さんにまず言っておきたいのが、
一番肝心なことは、「自分がどんなデザイナーになりたいかを決める事」
という事です。

だって、デザイナーになんて簡単になれますよ。
仕事内容と報酬を選ばなければ。

僕は専門学校時代、講師や周りの人にいろんな事を聞かされました。
デザイナーは徹夜が当たり前だとか、お金を儲け...続きを読む

Q美大卒業後の就職について

高3の受験生です。
私は美大の油絵科に進学したいと思っています。
最初の頃はデザイン系のほうが就職率が高いということで、そちらを目指していたのですが、途中から油絵を描きたい!という気持ちが就職への心配でごまかされていたことに気がつきました。
せっかく両親も「やりたいことをやっていいよ」と言ってくれているので(本当にありがたい...)受験する科を変更しました。

しかし、そう決めたあとでも時々就職のことが気になってしまって仕方ありません。
主に油絵科に進学した後の就職状況を出来るだけ詳しく(具体例もあれば嬉しいです)、教えていただけませんか?
どんな職種に就いたのか、そのためにしたこと、取った資格など、できれば少数派の方々の話ではなくて、多数派の話が参考になると思います。

迷いを振り切るためにも教えていただけたら嬉しいです。

Aベストアンサー

東京造形、多摩美、武蔵野美大の油画を卒業する人は、概ね
次の様な進路をとります。
A
中高の美術教員(非常勤含む)
公的.私立の美術指導員
福祉団体職員

B
企業のデザイナー
文化・芸術事業のスタッフ
雑誌や書籍の編集
木工や家具等の職人
造形制作スタッフ
雑貨やアパレルの販売員・・・等。

ここまでで、全体の70%ぐらい。

C、作家的な進路に行く人は
陶芸、版画、立体作家
イラストレーター
大学院、大学に残り助手

D、その他としては
自動車や量販店の販売員、営業職
家業の跡継ぎ
家事手伝い
テレビ局のAD・・・等。

油絵で純粋に食べて行こうとする人は、0.5%もいないです。
というか、全体の80%は油絵の道具に二度と触れない人生を歩みます。

Aの進路に進んだ人は、
たいがい「油絵画家になる夢」を持ちますが
多くの場合5~6年で日々の仕事に埋没していきます。
地方の自治体が行っている公募展には常連になりますが、
作家だけの収入で生活するレベルには、たいがい達しません。

美術教員を目指すのでしたら、大学に入ったら計画的に教職の単位を
取りましょう。
しかし、現在は、
少子化の影響もあり、教員になるのも難しく
たいがい親族のコネがないと出身地で正教員になれず、
見も知らない土地で美術教員になることも少なくありません。

予備校の講師は、基本、芸大出身者がメインです。

Bの進路に進んだ人は、
最も割合的に多いタイプです。ただし・・・
デザイナーになれても、たいがい中小企業やデザイン面では
マイナーな企業がほとんどです。
やはりデザイン科に比べると不利ですね。
景気が良かったら、この手の就職口は意外にあります。

雑誌の編集や造形制作スタッフは、たいがいバイトからの流れが
多いです。
卒業後に自分達で起業する人もいます。
ここを目指すのでしたら、大学に入ってすぐ関連するバイトを
見つけてがんばってください。

木工や家具等の職人も、みんな一様に進路として考える方向なの
ですが実際には意外に進む人は少ないです。

文化・芸術事業のスタッフや雑貨やアパレルの販売員は、
女性に多い進路ですね。

Cの進路に進んだ人は、
作家を目指しながらも、油絵以外の作家が多いです。
特に立体関連は少なくありません。
ただ、やっぱり生活面で不安定なため、Aとの兼業やBに流れて行く
人がほとんどです。
たまにいますよ、イラストだけで食べてる人も。かなり稀ですが。

武蔵野美大卒業生では、国分寺周辺に学生の時に住んでいたアパート
にそのまま居着いている人がよく見かけますね。
東京造形、多摩美卒業生は福生や横浜周辺でよく見ます。
つきあっている恋人と同棲したまま、あるいは彼女の実家にお世話
になるタイプはこのCの進路によく見られる傾向です。

Dの進路に進んだ人は、
たいがい「もう絵なんか描きたくない」的な人が多いです。
建築や何らかの資格を目指す人も稀ながらいます。

・・・・・
ただ、ここに列記した内容は、卒業から5~6年の範囲です。
その後多くは進路を軌道修正していきます。
Dのタイプの人も10年後には自分の工房を持つ人もいます。
Cのタイプに進んだ人も、美術指導員となって多くの教え子に慕われて
いる人もいます。
Bに進んだ人も、自分の店を持ったり、主婦になったり、会社幹部に
出世したり・・・。
しかし、
Aに進んだ人は10年後もあまり変化はありません。やっぱり堅実な
職業だからでしょうか。

だらだらとつまらない事を書いてきましたが、一番言いたいのは
美大に入る前に卒業後の就職にビクビクするんじゃなく、
自分のやりたいことを一所懸命やってくださいということです。
デザイン科に進んだ人達も、80%は10年後デザイナーをやってません。
彼らだって卒業時にデザイナーになるのは多いですが、だいたい企業に
残る道を選びません。
第一、企業に残っても、30代後半は管理職ですから。

概ね美大出身者は、何科卒業であろうとも10~20年後には全く進路に
垣根がありません。
大学卒といっても、もともと高卒や専門学校卒とそんなに立場は
変わらないのです。

東京造形、多摩美、武蔵野美大の油画を卒業する人は、概ね
次の様な進路をとります。
A
中高の美術教員(非常勤含む)
公的.私立の美術指導員
福祉団体職員

B
企業のデザイナー
文化・芸術事業のスタッフ
雑誌や書籍の編集
木工や家具等の職人
造形制作スタッフ
雑貨やアパレルの販売員・・・等。

ここまでで、全体の70%ぐらい。

C、作家的な進路に行く人は
陶芸、版画、立体作家
イラストレーター
大学院、大学に残り助手

D、その他としては
自動車や量販店の販売員、営業職
家業の...続きを読む

Q美大の学費などの対策について教えてください

私立の女学生です
いま私は美大のデザイン科を目指しているのですが いわゆる武蔵美・多摩美などの私立は学費が高すぎて
金銭的に厳しい状況です
だからといって芸大はとても競争率が高いので 合格率は低いです・・・ 浪人はできません

美術の塾に通うにもかなりお金がかかります
ですので
・美大を目指している、あるいは美大生の方はどんなふうに受験勉強したのでしょうか?
・そして、学費をどうやって対処したのでしょうか?(奨学金などでいいもの等)
・わりと人気な大学で学費が比較的低い大学はありますか?

文系の大学にしなければいけない危機に陥っています!たすけてください!

Aベストアンサー

 私も子供もムサビ出です。親の私のころには就職より取りみどりでしたが、今はデザイン科の4年生でもまだ決まっていない人が多いです。

 ですので、?大のデザイン科では、就職はまず無理だと思います。どんなことしてでも有名大のデザイン科出てください。有名大が駄目なら有名専門学校のほうがいいです。デザイナーになりたいなら。

 有名大でも、グラフィックか工業か空間に限ってください。奨学金を返済するためには!それ以外の科だと不可能じゃないですが、割のいい就職につく機会が少ないので・・

 学校の奨学金は、運悪く芸大に落ちたというレベルの方がもらいます。そのレベルじゃないとまず無理。大体大学の奨学金はおもに3年生以上がもらえるものが多いので・・(数少ない内)

 慶應とか早稲田のように企業の奨学金がいっぱいあって成績いかんで何らかの援助を受けられる・・というのには程遠い状態です。

 一般的なのが育英会の奨学金(有利子で12万円まで借りることができる)、地方自治体の奨学金。親御さんが公務員や一流企業だと会社の共済会の奨学ローンがあれば安めに借りられる。しかし、すべて借金です。親元を出て借りる場合、卒業後も一人暮らしでしょうから、返済は大変だと思いますので、あまり多い額借りれないと思います。卒業後親元に入れる状態なら多少無理して借りることができるでしょう。

 ムサビの場合、1/3位の方が何らかの奨学金を利用しているらしいです。(12万利用している人はあまりいないと思う)

 しかし、すべて就職のいい大学の就職のいい科に入学することが前提。それにはどうしても美術受験予備校へ行かないとよほどの天才じゃないと合格しません。そのお金も無理?安めの予備校もありますが高3だと月4万は必要。・・ここにも奨学金がありますが、芸大受かるレベルじゃないともらえません。

 美大にかかるお金は半端じゃなく、合格も半端なく大変なので(ちょっと自己流に頑張ったくらいじゃ受かりません・大変の地方の方は浪人後上京して予備校へ通っています)、お金ないとまず第一歩が進めないのです。
 
 まず、手近の美術予備校へ体験授業を受けに行ってみてください。あなたの今の画力がわかります。その上で どの程度有名美大デザイン科合格までかかるか自分でわかるはずです。普通の人だと、学校の先生にちょっと見てもらう程度では到底受かりません。ムサタマの看板学部デザイン科も半分以上が浪人生です。

 お金のこと、画力の事、合格までの道のり・・甘いものではないので 学校の美術の先生・美術予備校の先生にまず色々お話を聞いてみてください。奨学金のことは高校の先生に聞いてください。(時々奨学金の仕組みが変わるので現役の高校の先生にお聞きするのが一番です)
 

 私も子供もムサビ出です。親の私のころには就職より取りみどりでしたが、今はデザイン科の4年生でもまだ決まっていない人が多いです。

 ですので、?大のデザイン科では、就職はまず無理だと思います。どんなことしてでも有名大のデザイン科出てください。有名大が駄目なら有名専門学校のほうがいいです。デザイナーになりたいなら。

 有名大でも、グラフィックか工業か空間に限ってください。奨学金を返済するためには!それ以外の科だと不可能じゃないですが、割のいい就職につく機会が少ないので・・

...続きを読む

Qゲームグラフィッカーになりたい人の美大受験?

将来テレビゲームのグラフィッカーになりたくて、美大受験しようと考えています。
この場合、何科が適しているのでしょうか?
油かデザインで少し悩むのですが。
いっそ専門学校の方がいいのでしょうか?
どなたか教えて下さると助かります。

Aベストアンサー

>将来テレビゲームのグラフィッカーになりたくて、美大受験しようと考えています。
>この場合、何科が適しているのでしょうか?

ゲーム志望者が美大に行く場合、

東京藝術大学 デザイン科
多摩美術大学なら、グラフィックデザイナー科
武蔵野美術大学なら、視覚伝達デザイン科

になります。油画などはゲーム志望者が行く事は余りありません。

何故、油画科ではなくデザイン系の科かと言うと、科目的にもゲーム向きな課題が多いのもそうですが、ゲーム会社志望の生徒が多く集まる科であると言うのが一番のメリットです。




>いっそ専門学校の方がいいのでしょうか?

上に挙げた三校以外の大学なら、その選択肢もありです。


この三校のいずれかに、入れるならそっちのほうが良いです。
理由は簡単です。

これらの学校は、他の専門学生よりも生徒の作品の質が高いからです。
質の高い作品を作る生徒に囲まれて学んだ方が、勉学と言うものは有利です。

そのような環境は、自分の実力向上にもつながり、
おのずと就職にも有利に働きます。





最後に今までの説明をぶち壊す事を言いますが、就職受験者の作品をみて「我が社に欲しい人材」と判断されれば、専門学生だろうと高卒だろうと大手ゲーム会社に受かります。だからと言って、学校はどこでも良いのかと言うとそうでもないと言うのが上の説明です。

専門学校に行く場合、講師は誰かと言うのと、その学校の卒業制作を見れば参考になると思います。

>将来テレビゲームのグラフィッカーになりたくて、美大受験しようと考えています。
>この場合、何科が適しているのでしょうか?

ゲーム志望者が美大に行く場合、

東京藝術大学 デザイン科
多摩美術大学なら、グラフィックデザイナー科
武蔵野美術大学なら、視覚伝達デザイン科

になります。油画などはゲーム志望者が行く事は余りありません。

何故、油画科ではなくデザイン系の科かと言うと、科目的にもゲーム向きな課題が多いのもそうですが、ゲーム会社志望の生徒が多く集まる科であると言うのが一番のメ...続きを読む

QCGを学べる大学、就職ができる大学。

こんにちわ。高校三年生でこの時期に来てもまだ進路を決めかねている者です。
興味のある分野は決まっているのですが、学校に対する知識が乏しいので
皆さんにアドバイスをいただきたいと思っています。

自分はものつくり、美術、コンピュータが好きなので初めは専門学校でCGを学ぼうかと思っていたのですが、
レベルの低さや実際の就職率の悪さがわかってきたので大学でそれに相当する学部はないかと思いました。
最近の美大(武蔵野や多摩…日大もかな?)には油彩画、日本画などの他にCGを扱う学部等はあるものなのでしょうか?
それとも、やはりCGは理系の大学の学部になるのでしょうか?その場合には例えばどの大学になるのでしょうか?
ほとんど完全な文系なので今から理転しても間に合わないかもしれませんが教えていただきたいです。

このような美術系(デザインやCG)職種の場合、職業寿命が短く、生活も安定しないという話をよく耳にします。
「芸術家になりたいが安定した職にも就きたくて、美術の教師になった」という人の話を聞いたことがあります。
自分としてはきちんと就職したいという気持ちがあるのですが、この職種で安定を求めるのは無理な話なのでしょうか?
「妥協している」非常に失礼な質問だとは思いますが、もしそのような職があるなら教えていただきたいです。

こんにちわ。高校三年生でこの時期に来てもまだ進路を決めかねている者です。
興味のある分野は決まっているのですが、学校に対する知識が乏しいので
皆さんにアドバイスをいただきたいと思っています。

自分はものつくり、美術、コンピュータが好きなので初めは専門学校でCGを学ぼうかと思っていたのですが、
レベルの低さや実際の就職率の悪さがわかってきたので大学でそれに相当する学部はないかと思いました。
最近の美大(武蔵野や多摩…日大もかな?)には油彩画、日本画などの他にCGを扱う学部等はあ...続きを読む

Aベストアンサー

#3です。

>専門学校は就職活動を除けばたった一年ですものね。そんな深い技術がつくようには思えないですね。
それはそうなのですが、先にも述べましたが「技術的には」専門学校も大学(芸術系と限定しますが)も提供するレベルにそんなに差はないと思います。
基本的に学校がきちんと教えるのは、ほとんど「基礎」部分のみであり
それ以上はどちらも、各自が作品を創りながら探求するしかない形だと思いますよ。
もちろん、その場合の技術補助はあるでしょうし、大学であればその追求する時間が多くあるように思いますが、
それらはコンセプトワークに費やすことが多かったり、
またその時間を自覚を持って有効に使えている学生は少ないと思います。
それと、はっきり言って、学校で教えている先生といっても、
ソフトに関しては、それほど高い知識を持っている人が多いとも思えません。(こんなことを書くと、抗議が来そうですが・・・)
考えてもみてください。先生はソフトや考え方を教えるのが仕事であって、
実務としてソフトを使っている人は少ないのですから、当たり前と言えば、当たり前ですし
いくら実務経験や知識があっても基礎以上のことは多種多様すぎて
授業という枠組みで教えること自体、どだい限界のあることだとも思います。
ですので、学校が技術面で提供するのは
「基礎+きっかけや刺激+考え方+制作環境・時間」ぐらいと捉えたほうが健全かと思いますし
(それでも、とても貴重な場だと思いますよ)
そう割り切って、いかに(学校を利用しながら)自分自信で能力を高めていくかがカギのような気がします。
(もちろん技術面以外のことを学ぶのも大事かと思いますので、専門でも大学でも各メリットは色々あると思いますよ。)

実は私は大学(芸術系)を出ていますし、
何度か非常勤講師として芸術系の大学に教えに行ったことがありますので、上記の事は実感としてあります。
(↑これを書く事は迷いましたが・・・)
もちろん、学校によって状況は違うと思いますがこの意識はどこに行っても持つべきだと強く感じています。

なぜ、ここまで書こうと思ったかと言いますと、実はそういう割り切りができずに、
自分のスキルが上がらないのは学校のせいだと思ったり、
学校が提供することが全てだと勘違いし、それ以上伸び悩んでしまう学生が多くいたからなんです。
もちろん、高い学費を払っているわけですから、要求したい気持ちもわかりますし、学校側の問題もあるのですが、
学校にも限界はありますし、学校ばかりを頼っている姿勢では自分に足かせをはめている様なもので
とても損をしていると見えたからです。
決して質問者さんがそのタイプだと言っているわけではありませんが、
どういう形であれ進学後に、こういう事態に陥ってほしくないと思いましたので・・・。
余計なことでしたら、読み流してください。

>3DCGだったら自分で新しいソフトの勉強やデッサンなどをやれる人が生き残るという感じでしょうか?
そういう言い切りはできませんし、それだけでは不十分だと思います。
要は、いかにクライアントが要求するもの(またはそれ以上の)、
「質の高い」ものを「常に」時間内に提示できるかでしょうから。

それを実現させる為には、もちろん常に技術を修得していくことも必要でしょうし、
デッサン力などモノを捉える力、光の観察力があればプラスになるでしょう。
(実際にデッサンがうまいという認識でCGを創っている人は少ないとは思いますが)
しかし、それ以上にマニュアルには載っていないような創意工夫ができる想像力、忍耐力がないと希望するモノは創れませんし、
表現する事柄に対しての観察力、時に学術的なところまで調べられる探求心や行動力がないと、
説得力のあるもの、納得させられるものは生まれにくいと思います。
そして何より「良いものを創るこだわり」を持ててこそ、上記の行動が生まれ、質の高いものが生まれるはずですから、それをどこまで捨てずに維持できるかがカギではないでしょうか?

これらが全てとも思いませんが、こういう意識と行動力があれば仕事の質も上がり幅も広がります。
そして、クライアントや同業者からの「信頼」も獲得しやすい=仕事が来る だと思います。
(もちろんセンスを伴ってこそですが)

改めて考えると、これはCG業界に限ったことではないですね(笑)

そして、これは
>いったいどのような作品をつくれたなら就職できるのでしょうか?
の答えでもあると思います。

やはり、アニメーションでもモデリングでも世界観でも、
自分のこだわりを追求している作品は魅力的ですし、企業側の印象にも残ります。
たとえ結果的に技術は稚拙であっても、なんとか努力や工夫をした跡が見受けられるものは将来性を感じます。
(もちろん技術的にも有能であってほしいですし、それを第一に望む企業もあるのですが)
何度か学生さんの作品を見ましたが、
・適当なアニメーション、適当なモデリング(観察力がないのか?)
・○○というプラグインを使っているだけ
・効果的な工夫が見られない(疾走感を出したいはずなのに、ただ速く移動させているだけとか)
・世界観が全く統一されていない・・・
などという印象を受けてしまうものが中にはあり、残念に思ったことがあります。
現場の者から見れば、学生さんたちというのは、作品を創る上で、とても多くの時間(しかも自由な)が与えられているはずです。
なのに、こだわりを追求せず、ほとんど創意工夫をした跡が見受けられないものを見ると、とても悲しいですし、魅力も感じません。
そして、そういう意識がない、それで良しとしてしまう感覚の人に仕事をまかせる気にもなれないのです。

>具体的な職業寿命や、給料や、生活のサイクルなど。
あまり具体的にはかけませんが・・・・かつていた会社の場合では、

職業寿命:
単純にモデラーやCGアニメーターという肩書きだけでは30をすぎたあたりで頭打ちになる感じでした。
(これらはセンスも必要ですが、いわば力仕事。若い人の領域ですので)
なので、そこでは徐々に管理する側やディレクター、プランナーまたは営業などに回されていくことが多かったです。(これらは、フリーでも同じ)

給料:
その会社(中堅どころでしたが)は悲しいほど低かったです。
そこは経営に失敗していたこともありますが、
この業界、CGそのものの値段が下がってきているので
採算があわなくなって来ている会社も多いのではないでしょうか?
(大手や有名所は別として)

生活のサイクル:
無茶苦茶でした。残業はほぼ毎日。徹夜も当たり前。(一応、仕事の数は多かったので)
しかも、残業手当が付かないので(付けると膨大な額になってしまう)
労働時間と給料を照らし合わせると・・・トホホです。
まあ、残業手当がきちんと付かない所は多いと思いますよ。
そういう意味でも「専門職だから、一般のサラリーマンよりは高い」というのは、ちょっと疑問を感じますね。
(他の方の意見を聞いてみたいです)

といった感じでした。
今は違う形態で仕事をしていますが。

なんだか、夢を壊してしまいそうで怖いのですが・・・。
もちろん、好きなのでやりがいはありますし、
自分の能力で昇り詰められる可能性が高い職業でもあると思います。
そういう意味で面白い業種だと思います。

あまり悲観せずに、今は夢をもって頑張ってほしいです。

また、長々と書いてしまいました。スミマセン。

#3です。

>専門学校は就職活動を除けばたった一年ですものね。そんな深い技術がつくようには思えないですね。
それはそうなのですが、先にも述べましたが「技術的には」専門学校も大学(芸術系と限定しますが)も提供するレベルにそんなに差はないと思います。
基本的に学校がきちんと教えるのは、ほとんど「基礎」部分のみであり
それ以上はどちらも、各自が作品を創りながら探求するしかない形だと思いますよ。
もちろん、その場合の技術補助はあるでしょうし、大学であればその追求する時間が多くある...続きを読む

Qキャラクターデザイナーに就きたい

こんにちは。
私は千葉在住の現在県立高校に通う高校2年生です。以前から、絵(まんが絵)が好きで授業中や家で頻繁に絵を描いていました。なので、出来ればイラスト系の道に進んでみたかったのですが、なんだか恥ずかしかったのと、また真剣に将来について考えていなかったこともあって、誰にも言い出せず普通に4年制大学を目指していました。しかし、最近になって、「このままじゃ後悔するな」と思い、親にそちらの道に進みたいことを告げ、進学先について調べています。
まだ少し漠然としていますが、ゲームや漫画が好きなのでキャラクターデザインの仕事に就きたいと思っています。ただ、調べてみるとデザインの分野はそれぞれの定義が何だか曖昧な感じがして、どのような学校に進学し、どのような勉強をしていけばいいのかがよく分かりません。
ちょっと、文章がぐちゃぐちゃになってしまいましたが、つまり、キャラクターデザイナーを目指す上で、私が今後、どういう行動をとればいいのかアドバイス(美大か専門か等)を頂きたい次第です。
ちなみに、学校では3年生の授業が理系コースになってしまうのですが、美大の受験科目は英・国のところがほとんどのようなので、家庭教師をつけてどうにかそこは挽回しようと考えています。

要点がまとまっておらず、分かりづらくて申し訳ないです。

こんにちは。
私は千葉在住の現在県立高校に通う高校2年生です。以前から、絵(まんが絵)が好きで授業中や家で頻繁に絵を描いていました。なので、出来ればイラスト系の道に進んでみたかったのですが、なんだか恥ずかしかったのと、また真剣に将来について考えていなかったこともあって、誰にも言い出せず普通に4年制大学を目指していました。しかし、最近になって、「このままじゃ後悔するな」と思い、親にそちらの道に進みたいことを告げ、進学先について調べています。
まだ少し漠然としていますが、ゲーム...続きを読む

Aベストアンサー

後悔したくないのなら、やはりそのままキャラクターデザイナーを目指してみるのはいかがでしょう。私は目指して挫折してしまった口なので、本気で目指してる方には頑張ってもらいたいので・・・!><

目指す上で必要なのは、デッサン力と発想力。授業中や暇なときって、ノートの端っこに絵を描いたりしませんか? それも大事な「発想」なので、間違っても破って捨ててはいけません(と教わりました^^;)。周りの形に興味を持つことも大事ですね。たとえば、電柱って何でこんな形してるんだろう・・・とか。形の起源をいろいろ想像しているうちに、また新しい発想が生まれていく・・・単純そうですが、ちょっと難しいかもなんです(苦笑)
デッサンは・・・ぶっちゃけてしまうと、描いてれば上達します(笑)ですので、暇なときに風景画を何枚も描いていれば自然に上達するということですね。「物を見る目」も同時に養われるので、描いた枚数が多ければ多いほど、自分を成長させてくれるんですね。

さて、美大か専門か・・・これは結構難しいです。
美大=4年間でデッサンの基礎がしっかりつくため、正確に形取れる。就職先に持って行く際のポートフォリオ(作品集)の中に入れられるものが高レベルになる(らしい)
専門=2年間で専門知識を覚えなければいけないが、就職してすぐに会社の力となる。しかし、美大のデッサンには劣るものがある。
という感じです。私なんかは面倒くさがって専門行きましたが、科目にデッサン・キャラクターデザイン・応用デザイン等色々あったので、美大にも負けず劣らず・・・ですかねぇ・・・。
美大は聞いたことしかないので、アドバイスは出来ませんが・・・もし専門に行くなら、科目にキャラクターデザインって入ってると良いかも知れませんね^^ 学校、専攻によっては、CGの描き方なんかも教われますよ~^^

長文になりましたが、少しでも参考になったら嬉しいです~vv
頑張ってくださいね!

後悔したくないのなら、やはりそのままキャラクターデザイナーを目指してみるのはいかがでしょう。私は目指して挫折してしまった口なので、本気で目指してる方には頑張ってもらいたいので・・・!><

目指す上で必要なのは、デッサン力と発想力。授業中や暇なときって、ノートの端っこに絵を描いたりしませんか? それも大事な「発想」なので、間違っても破って捨ててはいけません(と教わりました^^;)。周りの形に興味を持つことも大事ですね。たとえば、電柱って何でこんな形してるんだろう・・・とか。...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報