粉じん測定にはどう吸光法を使えますか。課題で調べているのですが初心者なので文献を読んでもなかなか理解できません。みなさまのお知恵を貸していただけないでしょうか。よろしくお願いします。

A 回答 (2件)

原子吸光という言葉が出てきたので、質問の意味がようやくわかりました。



質問に対する答えとしては、粉塵がどんな元素なのか(Fe,Niなど)を調べるために使える。ということになります。

原子吸光分析装置とは、試料を原子化した状態で光を当てると、元素によって吸収する波長が異なることを利用し、この試料は何かを知ることが出来ます。

>吸光光度法と原子吸光法の違い
原子吸光は物質に強力なエネルギー(要は原子レベルにばらばらになるくらい)を当てている状態での光の吸収を見ているのに対し、一般的な吸光度とは、物質がそのままの状態(分析法によっては溶液化するなどの処理は必要ですが)で光を当てたときに、どの波長の光を吸収するかをみているかの違いです。この場合、試料はどんな化合物で出来ているかを調べるのが目的で、どんな元素が含まれているかは有機物(C,N,O,Hで構成される物質)以外の判定をするのが難しいでしょう。

>大気中と水中の違い
これも、手法は変わりますが、やろうとしている本質は同じことをしています。例えば、目的地に行くときに、陸しかなければ歩いて、もしくは車という選択肢がありますが、海しかなければ、泳ぐか船でいくしかないでしょう。(あまり良いたとえではないですが)


つまり、何を知りたいかによって、分析方法と利用する原理が異なるということです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

再び回答をしていただきありがとうございます。
つまり粉塵に対しては原子吸光を用いて何の元素であるかを調べられるのですね。

度々申し訳ありません、そこでどのような装置が必要となり、そしてその場合も検量線法などを用いて濃度を調べることはできるのでしょうか。また吸光光度法は粉塵には向きませんか。あつかましいですが参考になる文献がありましたらお教えいただきたいのですが・・・貴重なお時間をすいませんm(_ _)m

お礼日時:2009/05/12 17:22

粉体の大きさ、数を調べる、という目的ですよね?


吸光ではなく散乱光ではないでしょうか?
散乱光なら粉体にレーザーを当てて、その散乱状況で知ることは出来ます。ダストカウンター、原理などで検索してみて下さい。

吸光にこだわるなら、JIS規格で粉塵測定を調べてみるといいと思います。原理も記述されているはずです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

迅速な回答ありがとうございます。そこで調べてみましたところ、溶液を調べるときによく用いられるようなのですが、大気中の粉じんを測定する時にはやり方が変わるのでしょうか。また吸光光度法と原子吸光法はどういった場合に使い分けるのでしょうか。いまひとつ理解できませんでした。大変申し訳ありません、ご指導よろしくお願いします。

お礼日時:2009/05/12 12:45

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング