以前勤めていた会社が倒産し、協力会社への支払いが不可能となりました。そのうちの1件が個人的に親しい関係の会社であり、私が個人的に負債の弁済の保障をしました。金額的には7000万程ありました。ただ、書面上のやり取りのみで、実際は金銭の支払いは一切なく、逆にその会社から架空の仕事の依頼を受け、請求書を出し、会計処理上相殺の形で弁済としました。一ヵ月程前にその会社に税務署の監査が入り、帳簿上個人への多額の支払いとの事で、私の元へも調査にきました。今は自営で仕事をし、青色申告ですが、書面上のやり取りといえども所得なので追徴金の支払いをするようにとの指導がありました。期間は4年にまたがり4000万程?だそうです。一切金銭の授受がなくても払わなくてはならないのでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

>私が個人的に負債の弁済の保障をしました…



それは、個人事業主としての仕入でも経費でもなく、ポケットマネーからの支出です。
あなたの確定申告には全く関係ありません。

>その会社から架空の仕事の依頼を受け、請求書を出し…

架空とはいえ、その会社が実際な金銭を支出したという帳簿を残している以上、あなたの個人事業における売上となります。

>書面上のやり取りといえども所得なので追徴金の支払いをするようにとの指導がありました…

やむを得ないでしょう。
ただ、あくまでも架空の話であって、そんな仕事は絶対にしていないことを税務署に証明できれば、話は変わってくる可能性もあるでしょう。

>以前勤めていた会社が倒産し、協力会社への支払いが不可能と…

あなたは勤めていただけで、経営にタッチしていたわけではないのでしょう。
安易に口出さずしっかり勉強してから対処すれば、やぶ蛇にならずに済んだはずですよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。ご意見を参考にして、もう少し税務署と
話あってみます。

お礼日時:2009/05/12 09:32

金銭授受がなくても帳簿上で相殺処理されているわけですから、実態の取引はあったと判断されたのでしょう。


完全な架空取引であるならば課税を逃れられる可能性もありますが、それなりの書類(請求書などの処理)が出ている場合は支払わざるを得ないでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。ご意見を参考にもう少し税務署と話してみます。

お礼日時:2009/05/12 09:34

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q売上原価と粗利

商業簿記では、売上原価=期首棚卸高+期中仕入高ー期末棚卸高で
あり、売上高ー売上原価=売上総利益となります。
ところで、この売上総利益を期中仕入高をコントロールすることで
増加させることは可能なのでしょうか?
つまり仕入原価を下げることなしに、仕入する在庫を適正量にコントロールすることで、粗利自体を高めることは可能なのでしょうか?
(或るセミナーでその時の講師がそのような説明をするのを拝聴して、
疑問に思ったので質問しております)

Aベストアンサー

 セミナーの講師がどのような論理を使っているのか不明なので確かな答えではありませんが、通常は、ご質問者様が感じられていますように、期中の購入量を調整しても粗利益に増減は生じません。
 仮にある年の数値が「売上原価10=期首棚卸高1+期中仕入高15ー期末棚卸高6」となっていたとします(数字の単位は個数でも、任意の金額でも構わない)。
 期中仕入高15は「売れた分の仕入高10+期末棚卸高6-期首棚卸高1」に分解できます。
 すると式は
  売上原価10
   =期首棚卸高1+売れた分の仕入高10+期末棚卸高6-期首棚卸高1-期末棚卸高6
 式を整理すると、当たり前の事ですが
  売上原価10=売れた分の仕入高10 

 しかし、「仕入れ単価が安いときに購入し、高い時には購入を控えて在庫量を調整しろ」と言う事であれば、売上原価は減りますね。
 仮に3ヶ月間に「売れた個数10個」「購入した個数12個」として、購入した実績が次の2つの場合を考えてください[期首棚卸しはゼロとします。商品の評価は任意ですが、先入先出法としましょう]
○ケース1
 1ヶ月目 4個 単価1,000円
 2ヶ月目 4個 単価1,500円 
 3ヶ月目 4個 単価2,000円
 売上原価=4×1,000円+4×1,500+2×2,000
  =4,000+6,000+4,000
  =14,000円
ケース2
 1ヶ月目 8個 単価1,000円
 2ヶ月目 2個 単価1,500円
 3ヶ月目 2個 単価2,000円
 売上原価=10,000円

 セミナーの講師がどのような論理を使っているのか不明なので確かな答えではありませんが、通常は、ご質問者様が感じられていますように、期中の購入量を調整しても粗利益に増減は生じません。
 仮にある年の数値が「売上原価10=期首棚卸高1+期中仕入高15ー期末棚卸高6」となっていたとします(数字の単位は個数でも、任意の金額でも構わない)。
 期中仕入高15は「売れた分の仕入高10+期末棚卸高6-期首棚卸高1」に分解できます。
 すると式は
  売上原価10
   =期首棚卸高1+売...続きを読む

Q友人との間の金銭のやり取り

友人にお金を貸し月々3万円ずつ返済を受けています。
後10年くらいあるんですが、
もし私、あるいは友人が不慮の事故等で死亡した場合、
これらの支払いは相手不在で消滅するんでしょうか。
それとも家族で引き継ぐようにするんでしょうか。
契約関係はよく分からないので宜しくお願いします。

Aベストアンサー

はい。
>全然知りません。担保もあります。
担保が有ろうが無かろうが ご友人が「払えない」と裁判所に申し出て認められたら チャラ になる法律。
担保らしきで無く、きちんと相応の担保を確保しとかないと・・・・
痛い目負うのご質問者様だよ。

何で10年分割認めたの?
ご友人が、もうだめ!と言った瞬間、ご質問者様が「残金返さなくて良い方法」あるのを認めた事になるのに・・・

Q売上原価と粗利についての質問です。

去年から個人事業を始めました。
基本的なことなのでしょうが、
棚卸をして、売上原価、粗利などを計算したら下記の通り
売上が150万に対して、売上原価が500万になりました。

売上    150万
期首棚卸高  0
仕入金額  700万
期末棚卸高 200万
売上原価  500万
粗利    -350万

容量の大きく長期間使用できる在庫が多いのですが、棚卸をする際に、一度でも使用している材料は在庫として数えてないので、期末棚卸高が少なくなりました。
売上に対して、売上原価がこのように多くて、粗利のマイナスになってもいいのでしょうか?
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

>容量の大きく長期間使用できる在庫が多いのですが、棚卸をする際に、一度でも使用している材料は在庫として数えてないので、期末棚卸高が少なくなりました。

 もし、残った材料を捨てて、次に使わないのであれば上記考え及び質問の決算の仕方でよいと思いますが、お話からいくと封は切っているがこれからも残ったものを使うし使えるということであれば、これだけの金額差が出るのであれば、材料の経理的在庫管理をきちっとやる必要が有ります。
 つまり、使った分だけ原価に計上し、残った分(仕入れ値-使った分の価格)を棚卸資産(材料資産)としなくてはいけません。
 

Q個人同士の金銭貸し借りで金利はもらえるか

9年前に個人レベルで金銭の貸与をしました。
金銭借用証書ももらっています。
きっかけは新規事業に投資する人を募集していた方へ、私がその理念に共感を持ち余ったお金ではないのですが200万円を出資したわけです。
形としては企業が借り受けたのではなく代表者個人として借り受けたいとのことだったので、個人同士での金銭貸与という形になっています。
その後事業の伸びも大きくなく返済も一切受けていませんが、時々会って話はしています。
返済のことは話題にしたことはなく、いつももうすぐ売上も大きく伸びるという話を聞かされます。
事業の内容はいいのですが経営の才覚がないのは明らかなのですが、金は出して首は突っ込まずというスタンスでやってきました。
ところが最近ものいりなことが出来たので僅かずつでも返済してもらおうと思っています。
これまで特に督促という行為はしていないので時効が成立しているかもしれませんが、相手が債務を認め返済の意思があるという前提での相談です。
金利や返済最方法、延滞金などの取り決めは一切していないのですが、そういうものを常識の範囲で設定できるのでしょうか。
また、金利、延滞金などが認められるとしたらそれには所得として申告の必要があるのでしょうか。
私はサラリーマンで給料を貰っていますが、昨年の10月からサイドビジネスで商売を始めました。
去年の事業所得は2万円足らずだったので課税はされませんでした。
今年は年間40万円程度の利益を見込んでいますが、青色申告の特別控除の範囲なので課税はされないと思います。
この状態で金利などの収入がある場合は分離課税となるのでしょうか。
宜しくお願いいたします。

9年前に個人レベルで金銭の貸与をしました。
金銭借用証書ももらっています。
きっかけは新規事業に投資する人を募集していた方へ、私がその理念に共感を持ち余ったお金ではないのですが200万円を出資したわけです。
形としては企業が借り受けたのではなく代表者個人として借り受けたいとのことだったので、個人同士での金銭貸与という形になっています。
その後事業の伸びも大きくなく返済も一切受けていませんが、時々会って話はしています。
返済のことは話題にしたことはなく、いつももうすぐ売上も...続きを読む

Aベストアンサー

> 新規事業に投資する人を募集していた
なら、普通は元金割れもある状態ですね。
> 個人同士での金銭貸与という形になっています。
今更ですが、この時に定めておくべき事です。
> 時効が成立しているかもしれませんが、
個人同士の貸借の時効は10年です。

> 常識の範囲で設定できるのでしょうか。
民法の規定を準用するのが良いと思います。
利息や延滞の規定が法律にありますから。
ただ、9年となると、利息も大きくなるからもめる元となるので、まずは元金の返済を優先すべきと思いますね。

QSPI損益算 原価からの利益vs売上からの利益

転職をするにあたり、SPI試験問題集をしております。

損益算のページで  原価×(1+利益率)=定価  と公式が載ってあります。

例題
ある店では原価に35%の利益をのせて定価と設定している。
定価810円の商品の原価はいくらか?

原価X × 1.35=定価810円  原価=810÷1.35=600円


とあります。

しかし、実社会では、定価を決める際、売上に対する粗利率で定価を決めると思うのです。
(少なくとも、私の会社や、友人達に聞いた限り・・・)


35%の利益が欲しいのなら、上の条件なら、

原価X ÷ 0.65 =810 原価=526.5円 となります。



確かに「ある店では原価に35%の利益をのせて定価と設定している。」という条件が記載されてますが、いつもやり慣れている計算でしてしまうと間違った答えを選んでしまいます。

転職者向けSPIの試験では、対策本にあるような「原価に対する利益率」しか問われることがないでしょうか?

早さが求められる試験で、少しでも無駄なことを考えるのは不利だと思いますので、ご意見お聞かせください。

転職をするにあたり、SPI試験問題集をしております。

損益算のページで  原価×(1+利益率)=定価  と公式が載ってあります。

例題
ある店では原価に35%の利益をのせて定価と設定している。
定価810円の商品の原価はいくらか?

原価X × 1.35=定価810円  原価=810÷1.35=600円


とあります。

しかし、実社会では、定価を決める際、売上に対する粗利率で定価を決めると思うのです。
(少なくとも、私の会社や、友人達に聞いた限り・・・)


35%の利益が欲しいのなら、上の条件なら、

原価X ÷ 0...続きを読む

Aベストアンサー

>転職者向けSPIの試験では、対策本にあるような
>「原価に対する利益率」しか問われることがないでしょうか?

そういうことは、だれにもわかりません。

>実社会では、定価を決める際、売上に対する粗利率で
>定価を決めると思うのです。

仮に実社会はそうだとしても、試験において
題意に反する解答をしたら答えは×ですよね。

問題文を正しく読んで、出題者が何を問うているかを
正確に理解することが最も肝心です。当たり前ですよね。

Q個人間の金銭貸借について教えてください。

知人に数千万円貸しています。

状況は、銀行振込明細と金銭消費貸借契約書を保有しています。
知人は、安定した職業の方で、毎月安定した給与を確実に得ています。
しかし、生活はかなり苦しく借金もある状況だと思います。

ただ、いつまでに返してくれという期限は切っていません。
早いうちに返して欲しいのですが、弁護士などに依頼すると差し押さえなどしていただけるのでしょうか?給与をきちんと貰っているのに、全く返さないというのは疑問なのでご相談までに教えていただこうと思い書かせていただきました。

ご回答の方宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

期限を切っていないのなら、その契約書を元に、全額返済の請求を行ってください。内容証明郵便で十分です。
今度は期限を切って、一括での返済のみを要求。
返済されれば良し、返済されなければ、その契約書と内容証明郵便とを証拠に、貸金請求事件を提訴します。

裁判で判決を貰えば、その判決に基づいて支払を待つ。
支払いが無ければ、その判決を元に、強制執行の手続きを行う。

裁判で和解したとしたら、その和解に基づいて分割なりの支払を待つ。返済が滞り、期限の利益を喪失したら、和解調書を元に、強制執行の手続きを行う。


弁護士に頼まなくても、本人訴訟で十分やれる内容です。
不安なら弁護士頼んでも良いですけど、こういう内容の時は、大抵弁護士費用までは被告に請求しないのが通例です。裁判官もそう原告に促します。
相手が自己破産でもした日にゃ、弁護士費用だけ丸損です。
その辺のバランスを見て、本人訴訟か弁護士に委任するか、検討されては如何ですか?

Q原価→粗利→一般管理費→利益の流れ....

出尽くしている感が有りますが時間に迫られているため質問します。

原価 ¥30
粗利率 30%
売値 ¥42.85(30/0.7)
粗利 ¥12.85
調べた結果上記の値にたどり着きました
Q(1):上記の結果に間違いはありませんでしょうか?

一般管理(販売経費含)¥10 とします。
Q(2):粗利(12.85)から一般管理費(¥10)を差し引いた額を「利益 ¥2.85」と言って宜しいでしょうか?

利益を率で表す場合
Q(3):利益 ¥2.85/ 原価 ¥30= 0.095 ですから 「利益率 9.5%」で 宜しいでしょうか?

Q(4): 粗利15% 利益2%にするためには 一般管理費をいくらまで使えるか割り出すための 式を教えて下さい。

丸投げしている様で非常に申し訳ありませんが、切羽詰まっている事をご理解の上、
どうか アドバイスを頂きたく思い送信致します。

Aベストアンサー

(1)OKです。

(2)営業利益 ¥2.85 でOKです。

(3)利益率=利益÷売上 です。

(4)売上=原価+販管費+営業利益 です。

Q個人間の金銭貸借に伴う連帯保証人についてですが

個人間の金銭貸借に伴う連帯保証人についてですが
金銭借用書に連帯保証人の署名、捺印(認印での捺印)はあるのですが印鑑証明書はいただいていません。
仮に賃借人からの返済が滞ったときは、署名、捺印だけの借用書だけで連帯保証人に支払いの催促はできるのでしょうか?
また連帯保証人本人の署名ではなくて別人(妻とか兄弟)が連帯保証人本人に無断で署名、捺印した場合はこの借用書の効力はあるのでしょうか?
回答お願いします。

Aベストアンサー

当然請求はできます。法律的には署名だけで効力を発揮できます。
署名=記名+捺印と同程度の効力を有します。
ただし、本人が知らないと突っぱねられたら措置に困ります。
捺印が実印で行われているようですから、印鑑証明書を取得して下さい。

署名とは本人がしたものを指し、代理人の場合は委任状が必要です。
質問のように代理人が書いて、本人が知らないのではお話になりません。
そんなものが有効になっては、社会自体が成り立たないのは自明の理です。
場合によっては私文書(公文書)偽造の嫌疑すらかかってきます。

Q粗利計算 原価610円の商品を売価の2割引で販売しても 粗利益率を15%確保するためには、いくらで

粗利計算
原価610円の商品を売価の2割引で販売しても
粗利益率を15%確保するためには、いくらで
販売すれば良いか教えて下さい。

Aベストアンサー

定価をAとすると、売価は0.8Aとなります。  それが610+(610✕0.15)=701.5円となれば良いので 
702円とすると、

0.8A=702 から  A=702÷0.8=877.5 約878円 となります。

定価878円  2割引の売価702円 粗利益(702-610)=92円  92円は原価の15.08%になります。

原価に利益率をかけて、粗利益を出し、原価に足します。 粗利益+原価=売価とし

2割引なら 売価÷0.8 で定価が、 3割引なら 売価÷0.7 で定価が出ます。

参考までに。

Q老後までに奥さんが、お金を7000万貯めるって偉いですか?大企業の正社員で定年まで働き。

老後までに奥さんが、お金を7000万貯めるって偉いですか?大企業の正社員で定年まで働き。

Aベストアンサー

30年で考えれば月に10万くらいですね…出来なくはないですが…毎月それをやるとなると大変かもしれませんね。


人気Q&Aランキング