芥川賞をとるには、どのへんの賞に応募するのが向いてるのでしょうか?
お願いします!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

日本五大文芸雑誌というのがある。


芥川賞作は、ほぼ、この五大雑誌に掲載された作品が選出されたもの。
具体的には「文學界」「群像」「文藝」「すばる」「新潮」の五誌。
それぞれ、公募による新人賞を設けているので、これらに応募するのがよいのでは。

ちなみに、一番の狙い目は文學界新人賞と思われる。
理由は、直木、芥川賞は文藝春秋社が圧倒的に強い傾向にある。
2000年以降、芥川賞受賞作掲載数トップも、文藝春秋社が
刊行している文學界で、他の4誌を合計しても、文學界の受賞数に届かない。

文學界13
群像6
文藝2
すばる1
新潮1
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q純文学の定義って何ですか?

小説を大衆小説とか純文学とかってカテゴライズしますよね。
大衆小説=エンターテイメントと捕らえると、小説の娯楽としての性質上すっきり理解できるのですが、純文学というのが何なのか良くわかりません。
江戸時代の娯楽としての歌舞伎が現代では古典芸能になったように、明治時代の大衆小説としての文芸が現代の純文学になった。
つまり、明治大正昭和的雰囲気の小説のことを指すと考えていいのかなとも思ったのですが、なにか分類の定義か指針があれば、教えてください。

Aベストアンサー

大衆文学ってのは近代の枠の中でやってるもの。
純文学ってのは常に形式を壊していくもの。

とすれば一応の定義はできるかも。
この場合の近代というのは脱構築と対応する意味での近代ということで。

でも純文学の定義って難しいんじゃないすかね。
第一に純文学って誰にでも書けるものというわけじゃないから、そうした客観的なものさしをつくれないし。

あ、あと念のため言っておくと、芥川賞は純文学を担保するものじゃないですよ。
芥川賞がそういうベクトルに機能したのは戦後のごく一時期だけです。
だって最近の、石原が審査員をやるような芥川賞なんて
獲りたいやついるか?って感じだろうし。
ほとんど意義を失ってるみたいです。

Q芥川賞をとるには?

芥川賞をとるにはどのような過程が必要なのでしょうか?
ただ勝手に作品を書いて応募すればよいのですか?
それとも、芥川賞というのは既に出版されているものから選ばれるのでしょうか?
だとしたら、広く公募を行っており、文学界で権威のある賞にはどのようなものがありますか?
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

歴代の主な受賞者が文芸雑誌に作品が掲載され、その中から選ばれています。
つまり雑誌に作品が掲載されていることが大事のようです。
http://www.bunshun.co.jp/award/akutagawa/list1.htm

雑誌に作品が掲載されるには、出版社が行う、文学賞に応募し、受賞することです。
# 文學界新人賞 (1955年-)
# 群像新人文学賞 (1958年-)
# 文藝賞 (1962年-)
# 新潮新人賞 (1969年-)
# すばる文学賞 (1977年-)
# 海燕新人文学賞 (1982年-1993年)

あたりが狙い目でしょうね。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%96%87%E5%AD%A6%E8%B3%9E


人気Q&Aランキング