QAコラム第01弾配信中!

初めまして、今欧米圏の美大に留学していおり九月から四年生になるものです。現在卒業後の進路についてとても悩んでいます。

高校生のときから英語が好きなだけでなく、
1、外国のポスター、生活用品が好きで日本でなく海外で美術を学びたい
2、今思うと恥ずかしながら美大という肩書きで自分をよく見せたいという見栄

この二つから、海外の美大でコミュニュケーションデザインを専攻しました。

上記のような動機でしたが、目標があればとことん頑張れる性格なので、英語のハンディがあっても、一般教養のエッセイやレポートをこなしつつ、夜中までスタジオに籠り、遊ぶ暇もないほど課題に熱中し三年間はあっという間にすぎてしまいました。努力したかいもあり成績も上の下ぐらいでした。学ぶ内容が面白く当時はどんなに辛くても自分をだましながら頑張っていたと思います。

しかし、三年生を終えるあたりから、今までのストレス、疲れが急に体に出て全身アトピーと就職のことを意識しだして鬱病にかかりました。
両親のすすめでこの半年間日本に帰っていました。

帰国中この三年間を通して、
1、デザインの職業について調べていくうちに自分がなりたいのはデザイナーではない
2、そしてデザイン、五年間の留学生活を通してデザインだけではなくもっと人や海外と関わる仕事に就きたいと思う気持ちが強くなりました。

日本は学科学部問わずの新卒採用なので思い切って今とは違うことにチャレンジしたいのですが、しかし今までデザイしかやってこなかった自分がいまさら普通の他の大学の人たちのように就職できるのかという不安な毎日で、
死が頭をよぎることが多くなりました、
何か造りたいという気持ちがなくなってしまった今、どのようにして九月からの最後の一年を過ごせばいいのかわかりません。

そしてこうして立ち止まっている時間が無駄に思えてしかたがありません。


いろいろな方からの意見をいただきたく今回投稿させていただきました。
長文になってしまいましたがよろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

てっとり早く、2011年卒の就活サイトなどに登録してみてはどうでしょう。


そこで会社のデータを見ると、大卒採用では学部不問の所が大部分だと思います。
理系の研究職等では理系のみの募集が普通でしょうが・・・
あと、申し込みはできるものの暗に大学名でふるいにかけられる場合も、大手企業ではあるようです。

しかしながら、文系就職での「新卒」採用の最大の特徴は、
「即戦力性」ではなく「可能性」で採用してくれる事です。
何を学んできたか・何ができるかではなく
会社に入ってから色々吸収して頑張ってくれるかどうかを見られます。
忍耐や、素直さや、前向さとか協調性など 抽象的な部分を見られるのだと思います。
バッサリ言うと、大学が何であろうと 自分を上手にアピールして
面接官に「こいつと一緒に働きたいなぁ」と思わせられたら大丈夫な訳です。
(もちろん、それが簡単にできたら苦労しないのですが・・・)
また、留学生大好きな会社もあれば、そうでない会社もあります。
それは留学に限らず、体育会系大好きな会社もあれば、落ち着いた人を採用したい会社もあります。
個々の会社との相性の部分が大きいので、一般化はできません。
就活サイトなどの海外コミュ・海外特集など見てみては?

ただ、好きなことを頑張ってきた人は、
「会社」という環境の中でもちゃんとやっていけるの?(要は協調性あるの?)
と思われがちな気がします。素直さ謙虚さ5割増しが良いと思うのは個人的な意見です。
あと、「なぜ美大に行ったのに、一般企業(”御社”)を志望するのか」は
きっと面接などで聞かれるし企業選びの鍵になると思うので、
しっかり考えて整理しておく必要があると思います。

・・・てなことも、本を読んだり経験者の話を聞いたりするうちに分かってくると思います。
(すごい基本的で抽象的なことしか書きこんでいないので)
でも個人的には、夏くらいまでは就活就活とバタバタせずに
自分を見つめながら毎日ちゃんと生活しといた方が良い気がします。
この時期に就活の準備を始める人より、秋頃まで勉強などをしっかり頑張っていた人の方が、
チャンスをしっかり掴んで内定貰っていた気がします。
個人の感想ですが
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お返事が遅くなってしまいましたスミマセン。

こんなにも長い書き込みをありがとうございます。
以前60歳近い両親にも同じことを話したら、美大卒がそんなに都合のいいことをできる訳がないと言われてしまい、
世代の違いから意見が違うのはわかっていますが,
だいぶ落ち込んでしまいまし,この5年間無駄だったのか、と考え込んでしましました。
けれどkemppherさんやいろんな社会人の意見を聞いて、仕事をしながら、また新しいやりたいことを探しキャリアを積んでいこうと考えています。

>ただ、好きなことを頑張ってきた人は、
「会社」という環境の中でもちゃんとやっていけるの?(要は協調性あるの?)
と思われがちな気がします。素直さ謙虚さ5割増しが良いと思うのは個人的な意見です。

最もだと思います、いつも初めてあう人たちそのようなイメージを抱かれていたのが嫌でした。
しかし実際にデザインの授業では様々な実社会を通して企画を作り、人に伝えるためのデザインをを制作してきたこと、留学を通して新しい環境で学んだ信頼関係を気づいていく大切さ、そして新しいことを積極的に取り入れていきたい旨など、それらを通して面接などで理解してもらえるように務めたいです。

本当にありがとうございました。

お礼日時:2009/05/17 10:03

こんにちは、よくがんばってこられましたね、ご苦労お察しします。


さて大学で学んだ内容や専攻などは、就職の方向性に影響を与える事も多いでしょうが絶対ではありません。わたしは美術系の学校を卒業しながら全く関係ない職種につく人たちも多く知っています。質問者さまの場合海外に留学されたことは大きく、それを武器に他業種にチャレンジすることは十分可能です。動機としても質問の中にもあった「もっと人や海外と関わる仕事に就きたいと思う気持ち」で充分でしょう。
大学生活も3年後半になると多くの人は就職活動に打ち込みます。質問者さまも自分がやってみたい仕事の情報を収集されるのもいいでしょう。自分がどういう会社に行きたいのか、会社はどういう人を求めているのか調べたり、面接の練習をするなど、やれることはたくさんあります。
それでは、ご参考になれば幸いです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お返事が一週間近くも遅くなってしまって、申し訳ありません。

>よくがんばってこられましたね
この言葉を見たとき少し涙ぐんでしまいました(汗)
正直嬉しくかったです。

経験からのアドバイスをいただいて、だいぶ気持ちが落ち着き、
今では将来色々な道が開けていると感じるようになりました。

今は夏学期なので勉強に専念していますが、
七月から二ヶ月間の最初で最後の夏休みに入るので
OBを訪問したり
インターン、トイックなどを受けたり、日本を探検したりと
悔いのないようにすごしたいです。

長文だったのにも関わらずお答えいただき
ありがとうございました。

お礼日時:2009/05/20 17:29

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q美術、デザイン、の分野で、海外に留学された方、アドバイスください

現在、留学を考えています。
私が学びたいのはデザイン(グラフィックデザイン)です。
国はまだ決めていません。今は情報を集めています。

国としては、できれば英語圏、アメリカ、イギリスを考えています。
ただ国立だと学費が安いフランスやドイツも情報を集めています。

海外に留学された方、できれば美術、デザインの分野の学校に留学された方がいらっしゃたら何でもいいので、ご意見ください。
どこの国のどんな学校に行かれたか、その他何でもかまいません。
大学や専門学校だけでなく、例えば短期間の授業や、夜学など、
広く考えています。

宜しくお願いします!

Aベストアンサー

#1です。僕もグラデでしたよ。 
ただ、学校がパリだったし、5年以上前の話です。先日、ちらっと久々にその学校に行ったんですが、なにもかもが変わっていました。学校だけでなく、パリの街も随分変わってた・・。5年の月日であれだけ変わるので、フランスについては、他の方のフォロー待ったほうがいいかもしれません。

ドイツのベルリンは、行ったことないけど、グラデが進んでいるって聞きます。

で、イギリスですが、前回、書きこみ忘れたURLを付け加えておきます。ご参考になれば。

・有力日系紙「週間ジャーニー」のサイト。トップページ上の「クラシファイド」をチェックです。
http://www.japan-journals.co.uk/

・ロンドン中心ですが、英国に関する質問掲示板です。トップページ上の「FREE BBS」で質問されてみてはどうでしょう。
http://www5a.biglobe.ne.jp/~london/index.htm/

・英国最有力のクラシファイド紙「Loot」の公式サイト。
http://www.loot.com/

・留学プラザもやってる日本商品何でも屋さん。「ジャパンセンター」のサイト。
http://www.japancentre.com/

・単身向け現地不動産屋さん
http://www.studiosand1beds.co.uk/

・頼れる日系不動産屋さん(ちょっと高いけど)
http://www.london-tokyo.co.uk/

・日本語の通じる安いB&B
http://web.syr.edu/~notakaha/hohoobachan/

・ロンドンのアート系カレッジ連合。
http://www.linst.ac.uk/

以上、思いつくままに列記しました。

#1です。僕もグラデでしたよ。 
ただ、学校がパリだったし、5年以上前の話です。先日、ちらっと久々にその学校に行ったんですが、なにもかもが変わっていました。学校だけでなく、パリの街も随分変わってた・・。5年の月日であれだけ変わるので、フランスについては、他の方のフォロー待ったほうがいいかもしれません。

ドイツのベルリンは、行ったことないけど、グラデが進んでいるって聞きます。

で、イギリスですが、前回、書きこみ忘れたURLを付け加えておきます。ご参考になれば。

・有力...続きを読む

Q30歳で美大留学後の進路を考えています

30歳の女性です。大学(理系)卒業後、IT関係の職に6年ほどついていましたが、退職後、イギリス美大留学を目指して、現在はイギリスに語学留学をしています。こちらで語学学校に通いながら大学見学や入学申し込みを行い、今は受験の最中です。面接を待っている状態です。志望の分野はファインアート(ペインティング、ドローイング)です。
少し先の話になりますが、大学を終了後(33歳か34歳になっています)は日本に帰国したいと思っていて、その後どうやって収入を得ていこうか考えています。美術を勉強した経験と英語力が生かせてなるべく高収入の職を見つけたいと思った場合、どのような職種が考えられるでしょうか?私が思いつくのは
・学芸員補(非常に狭き門と思っています)
・留学サポート機関のスタッフ
・美術学校のスタッフ
です。ご意見をいただけると嬉しいです。
美大に行く以上「アーティストになってアートで十分な収入を得る」という方向をまず考えるべきかもしれませんが、その方向については美術の勉強をしながら考え続けようと思っています。今の時点では、その確率は実際低いだろうと思いますし、アートは収入になるかならないかという事とはできるだけ分けて考えた方が良い気がしています。
なので今は、勉強の後どのような職が考えられるかという事を自分の中で一度整理しておきたいのです。

30歳の女性です。大学(理系)卒業後、IT関係の職に6年ほどついていましたが、退職後、イギリス美大留学を目指して、現在はイギリスに語学留学をしています。こちらで語学学校に通いながら大学見学や入学申し込みを行い、今は受験の最中です。面接を待っている状態です。志望の分野はファインアート(ペインティング、ドローイング)です。
少し先の話になりますが、大学を終了後(33歳か34歳になっています)は日本に帰国したいと思っていて、その後どうやって収入を得ていこうか考えています。美術を勉強した...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは!
30代女性で、私のバックグラウンドもアメリカの美大出身で現在日本で働いています。

私のアメリカでの美大時代の友達の卒業後の経緯を話しますと

・Photography専攻の友達は、
専門学校で教師してる人や、各メディアを顧客にし全うに写真家として活動している人(この間グループ展を開き大盛況、でも本人貧乏)や、テレビ局やCNNで記者として働いている人、卒業し帰国後、お金をためてドイツの写真家へ弟子入りした人もいます。

・Fine Arts専攻の友達は
都心のギャラリーで定期的に個展を開く傍らおしゃれなレストランを経営、Webデザイナー、絵本や雑誌向けのイラストレーター、(とても裕福な家庭だったので)しばらく引きこもり期間を経て島へ生活拠点を移した人もいます。あとは、日本で芸大卒業後デザイン会社に勤務したけどなんか違うとすぐに退職、その後はオーストラリアに留学し帰国後はテキスタイル系のアーチストとして、東京、NY、ロンドン、パリで個展を開いていた人もいます。あとは、普通の企業に勤めつつイタリアへ再び留学した人など。

・Animation、Illustration, GraphicDesign専攻の友達は
Webデザイナー、ゲーム製作のデザイナー、テレビ局でCG関係の仕事に従事しその後独立して年収2500万程度の人、IT企業に入社して埋没した人、結婚して専業主婦の人、映画のDreamworksで背景書いている人、CG製作系でLucasfilmやILMに転職した人もいます。

・Film専攻の人は
アメリカの大学中退後、各企業を経て大手製作会社のハワイ支社でCEOとして勤務。

・音大出身の友達は
フランスで各メディア相手に作曲家として活躍、NYでスタジオ経営、中には日本に帰国後チンドン屋のサックス担当で街を行脚してる人もいます。

特に芸大出身の方ではないんですが、アフリカのジャングル奥地まで花を見に行ってしまうほど花が好きでしょうがないフラワーアレンジメントしている方(日本人女性)がいるんですが、その方はNYのSOHOにある日本人が経営しているギャラリーで定期的に個展を開いていました。(たしか顧客に富豪ドナルドトランプもいたような・・・)

ざっと書いて(上記はすべて日本人)みましたが、1つ言えることは卒業後の仕事はなんであれ、日本だけじゃなく世界で自分って素材を生かしつつ経験を積んで活躍の場を広げている人が多いです。またFine Arts, Illustration専攻出身の人によると、学生の内にコンペで賞をとっておくとその後の就職活動に有利だそうですよ。

私は仕事柄、製作がらみで海外とやり取りしてますが、とにかく日本は技術大国なんで欧米と比較すると美術界は規模は小さいし、まるで日本人みたく大人しいしアピール力が弱い印象があります。でも今日本の現代美術が海外で人気なのでこれからの世界への広がりが楽しみです。FineArtsで生きていきたいならその時代の流れに乗るのもいいかもしれませんね。

アーティストは年齢制限がないんで、いい職種ですよね(^^)。私自身も晩年にMasterpieceを作ってポックリ逝くことが夢なんですよ~(笑)。

参考にしてもらえると幸いです。

こんにちは!
30代女性で、私のバックグラウンドもアメリカの美大出身で現在日本で働いています。

私のアメリカでの美大時代の友達の卒業後の経緯を話しますと

・Photography専攻の友達は、
専門学校で教師してる人や、各メディアを顧客にし全うに写真家として活動している人(この間グループ展を開き大盛況、でも本人貧乏)や、テレビ局やCNNで記者として働いている人、卒業し帰国後、お金をためてドイツの写真家へ弟子入りした人もいます。

・Fine Arts専攻の友達は
都心のギャラリーで定期的に...続きを読む


人気Q&Aランキング