前歯に4~5本に痛みのない軽い虫歯があります。
昨日歯医者に行ったらレントゲンをとって、歯石除去をしたあとに、
麻酔をして虫歯を1本だけ治療して、
他の歯は来週なおします。言われ次回の予約を入れさせられました。

そこで質問なのですが
同じ部分(前歯だけ)の1日で治療の終わる軽い虫歯って
1度に治療してもらえないものなのですか?
(何回くらい通わないといけないのですか?と聞くと何本もあるのでちょっとわからないといわれました。)

たくさん通わせるようにそう言われたのか、本当に1度では1本しか治療できない決まりでもあるのか・・・
ご存知の方、教えてください><

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

それをウリにしている歯医者もいますが、実際はケースバイケースです。


昔はワンブロック法といって、歯列を上下・左右奥歯と前歯(両犬歯間)の6つに分け、それぞれの区分ごとに治療する事を多くの大学でも教えていました(今は判りません)。これは治療によって噛み合わせの狂いが出て、将来的に顎関節症になる危険を防ぐのが目的です。

今回の場合、歯石除去の後に治療したということからすると、かなりの時間が経っているはずです。
患者さん自信、長時間口をあけているのはかなりの負担になりますし、中には普段の噛み合わせができないほど顎が疲れている人もいます。
予約の場合は治療の予定とそれに必要な時間を取っています。そしてその基準は治療に要する時間と患者さんの負担です。
全身麻酔ではないのですから、負担はそのままストレスとなってリアルタイムで反応してきます。
負担が大きく、噛み合わせも完全でない状態で治療すれば、先ほど説明したような顎関節症などのリスクも高くなります。

さらに、長時間口をあけていると唾液などの分泌物が増えます。それは根の治療にあっては汚染の原因になり、詰め物では接着の妨害になり、また、不用意な嚥下運動やむせったりする原因にもなります。これらの不用意な運動は、時として重大な事故(エンジンによる損傷や異物による気管支炎や誤嚥など)の原因にもなりかねません。

顎の神経は奥歯から犬歯辺りまでが一つの束になっています。
幾つかの虫歯のなかに比較的深い虫歯がある場合、隣同士を治療していると、痛みが出てもどれが痛んでいるか判らなくなってしまいます。
そうなると判別に時間がかかったり、不要な治療を強いられる可能性も高くなります。
また、左右を一緒に治療した場合では、両方に痛みが出たら咬むところがなくなってしまいます。

「治療すれば痛くないのが当たり前」は非常識で、治療には必ず「予後観察」といって治療効果の善し悪しを判断する期間が必要なのです。
相手は人間、人は個人差で、反応も皆違う。歯を抜いても全く痛まない人もいれば、健康な歯の表面をブラシで磨いただけで痛みを訴える人もいます。だから個人(患者さん)を診るのなら、その反応を見るのが当然なのです。
歯医者を歯大工と言う人がいますが、大工さんも名工なら後で具合を確かめに来ます。昔「名コックは味見なんかしない」というとてつもなくマズイ店がありました。どんな仕事も結果の判定は必要だと思います。
このようなリスクとメリットの比較を行いながら安全に、且つ短期間で治療をするのが普通だと私は思っています。だからケースバイケースなのです。

また、保険診療の点数の取り方は基本的に一本ずつ治療しなければならないようになっています。文章では載っていませんが想定として一本(一症状)単位で考えられているのです。
昔は(例えば)麻酔などは一本ごとに請求できたので、日を替えて行けばそのつど請求できました。日を分けて儲けると言う根拠の多くはその時代のものです。
しかし、最近では(と言ってもずいぶん前)一月どころか1初診内では何度麻酔しても請求は1ブロック一回です。従って分けるだけ損になります。
また、再診料で儲けられると言う説もありますが、再診料は40点、麻酔は26~32点程度ですから、分ける事によるメリットは140~80円です。これと「回数が少なくて済む歯医者」或いは「その時間に別の患者さんを入れた方マシ」という利害を考えた時、どちらが得かを判断するのは個人の差でしょう。
私は分けるのは損だと考えていますが、得だと反論した人もいましたから、判断は任せます。

私のところには「早いのがウリ」の医院からやってくる患者さんも多いです。「一日で詰めて終わり…痛くてたまらないと電話したら、そのうち治るとしか言われない」。実際には神経が出ているのに詰めているだけ、治ると言うのは神経が死んで痛みが感じないからと言うわけです。

どれだけの治療期間が必要か…それはあくまでケースバイケース。その適否は、「なぜ治療を分けるのか」の治療説明を受けて判断すべきです。
聞いても説明がないのなら、それは問題外です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

専門家の方からのご回答ありがとうございます。
とても詳しく、わかりやすいです^^

そうですね、色々症状によって理由があるのですね。

私の場合、全部前歯なので
1回の麻酔で虫歯になっている部分にはいきわたっているのだから
1度に治療してほしいのですが・・・

しかも、複数ある虫歯を1つ治して、また1週間開けて、
また来院して一つ治して・・・
なんて悠長なことをしていては、
せっかく痛みのない段階で発見した軽い虫歯も
本当に痛みのあるものになってきたら
どうしてくれるのかという不安でいっぱいです。

やはり、いつかなるかもしれない顎関節症の心配よりも
今にも広がってきそうな虫歯を
先になんとかしてほしいです・・。

次来院した時にそのことも話してみます。

お礼日時:2009/05/13 12:20

近年、歯科医が溢れているのはご存じですか。


歯科開業医の倒産や夜逃げの数は、コンビニの閉店数より多いともいわれています。

患者とは言っても要は顧客ですから、複数回通院させれば、その分の診療報酬も入ります。

診療時間や治療範囲の限定等と言って複数回にわける医院はとても多いですが、
虫歯は一度の通院で複数本を治せる方法もあるのです。

3Mix-MP で検索してみてください。

ごく少ない回数(1~3回)のみの通院で虫歯をほとんど削らず無痛で治してくれる医師会が出てきますから^^
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

3Mix-MP・・はじめて聞きました。


調べてみると保険がきかない治療なので
費用が高くつくようですね。

でも早く治したい人にはいいかもしれませんね。

お礼日時:2009/05/13 12:10

こんにちは



保険の治療で決まっているような

http://sanwa.okwave.jp/qa612117.html
噛み合わせもあるようですね

http://sanwa.okwave.jp/qa4433348.html

http://sanwa.okwave.jp/qa3275393.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

URL
ありがとうございます。

同じように思う方がたくさんいるのですね。
参考になりました。

お礼日時:2009/05/13 12:08

このQ&Aに関連する人気のQ&A

  • むし歯・う蝕のまとめページ

    むし歯(う蝕)とはどんな病気か  むし歯は、口のなかに常在している細菌の感染により歯質が軟らかくなり、崩壊していく病気です。日本では、食生活の変化とともに多くの人が罹患(りかん)するようになっています。  6年に一度行われる歯科疾患実態調査の最近(2005年)の結果では、6歳における乳歯のむし歯および12歳における永久歯のう蝕有病歯率(ゆうびょうしりつ)(処置された、あるいは未処置のむし歯をもっている割合)がともに回を追うごとに減少してきています。すなわち、乳歯・永久歯ともむし歯の急増しやすい時期における減少傾向が認められます。  むし歯は、砂糖を含む食物との関連が深いことがわかっています。とくに毎...続きを読む

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q虫歯(銀歯)についてです。 歯医者さんで奥の歯が虫歯と言われました。銀歯をつけると言われたのですが、

虫歯(銀歯)についてです。

歯医者さんで奥の歯が虫歯と言われました。銀歯をつけると言われたのですが、銀歯で調べると腐食、金属アレルギーなどでてきて結構不安です。母や祖母が銀歯をつけているが全く普通で頭の中でごちゃごちゃしています。

実際銀歯つけるとどういうものですか?
つけるときどのくらい痛いですか?
回答お願いします。

Aベストアンサー

いったいどんな情報を調べたのでしょうか??いくらなんでもちょっと問題が・・・・・┓( ̄□ ̄||)┏ ・・・
銀歯にも多くの種類があります。通常 健康保険で認められている金属は、金-銀-パラジウム の貴金属の合金です。常識的には腐食しません。確かに 特殊な環境下では腐食・錆びる事もあり得ますが、まずそれは日常生活を送る上では無視して良いレベルの話しです。金や銀の合金が腐食するのであれば、いかなる金属も身につけれなくなるでしょう。

しかし金属アレルギーはあり得る話しです。ニッケルなどの卑金属は 確かに金属アレルギーを引き起こすと言われていますし、あり得ない話しではありません。
金属そのものは生体に対して抗原性(アレルギー性)が無いのですが、溶出してイオンとなるとアレルギー反応を引き起こすことがあります。金属アレルギーは主にIV型アレルギーに分類され、一般に遅延型アレルギーと言われるものです。同じくアレルギーと言われる喘息やアトピー性皮膚炎はI型に分類される即時型アレルギーの一つですから金属アレルギーとは異なるものです。
歯科の金属関係では、虫歯に詰める・被せる金属が原因の「金属アレルギー」で、その金属が生体の末端に蓄積し、手足に湿疹等を起こすことが知られています。
「掌せき膿庖症」と言いますが、金属そのものは生体に対して抗原性(アレルギー性)が無いので、溶出したイオンがアレルギー反応を引き起こすためであるとされています。
しかし最近の学説では、この掌せき膿庖症は、歯科の金属との因果関係は低いと否定的な見解が多くなってきています。
まぁ、常識的なレベルでは まず心配はしないで構いません。むしろアレルギー等の症状が出れば、ご自分が金属アレルギーである事がわかりますから、今後の人生に何かと役立つ情報となります。
前述したように、金属のイオン化その物に問題がありますから、口の中に違う種類の金属を使うことが問題になるんです。最近はまず見かけませんが、アマルガムと呼ばれる水銀と錫の金属は、金などと反応して溶解して問題を起こすこともありました(過去形)最近は まず使われない金属で、使おうとしても入手困難な材料ですので心配は無いでしょう。
万が一 金属アレルギーがあったとしても、現在ではチタンを使う事によってほぼ問題なく銀歯が可能です。まぁ、金属を使わない被せ物・詰め物も 最近では技術進歩によって遜色ない物が作られるようになっては来ています。

さて、実際に銀歯の治療と言うと・・・・大きく分けて2種類有ります。
一つ目はインレーと呼ばれる歯の詰め物です。虫歯を削った穴に 金属やプラスチックを埋め込む治療で 比較的に虫歯の穴が小さい場合に応用されます。
銀歯は 虫歯の穴を型採り(印象と言います)して模型を作り それを利用して金属の鋳造体を作ってから 虫歯の穴に接着剤で固定します。また この場合は、型を採らずに直接 歯に詰めてしまう場合があります。この場合は「充填」と呼ばれ、前述したアマルガムが銀歯の充填にあたります。現在では プラスチックを詰める レジン充填が主な方法です。
二つ目はクラウンと呼ばれる金属の被せ物です。神経を取ったり虫歯が大きい場合に応用されます。この場合、健康保険では奥歯は金属のみの被せ物になり、前歯は見える部分をプラスチック等で歯と同じ白色の材料で被った物を被せます。またこれに準じた方法で、継続歯~いわゆる「差し歯」と呼ばれる方法もあります。
画像を添付しておはます。文章ではわかりにくいでしょうし(^o^;...

銀歯を付ける・接着する場合は まず痛みはありませんが・・・・・問題は型を採る前に虫歯をどうやって削るかと言う事に尽きます。神経が無事な場合、そこで痛みが発生するわけです。
そこで、ほとんどの場合 麻酔を使って痛みを止めてから歯を削る事になりますねぇ~ 麻酔が効けばまず痛いと言うことは無いでしょう。

まぁ、あまり心配しないで まずは銀歯にチャレンジして見て下さい。実際にやってしまえば、アレッ!?なんだ こんなものか・・・・・と。
アレルギーとか腐食とかを考えるのはその後で結構です。それを心配するなら 歯医者さんへ行く途中で 交通事故に遭って大けがをする心配をして下さい。間違いなく その方が何百倍も高確率で起こるでしょう・・・・・・ヽ(;^^)/
むしろ銀歯の場合・・・・・問題なのは見た目です(ーー;) まぁ、お若い方でしょうから、奥歯とは言え銀歯が見えてしまう事を嫌がるはず・・・・・・
歯科医師も その事は充分にわかっていますから、状況によっては見た目の美しい セラミック等を勧められると思います。まぁ 財布との相談になるでしょう。
自費の治療になりますが、少なくとも金属に対する不安・腐食やアレルギーの心配は無くなります。まぁ、ネット等のほとんどの情報源は・・・・こちらを勧めるでしょうねぇ~~
まっ、銀歯は健康保険であり儲けは極端に少なく、逆にセラミックは自費ですから何十倍も儲かるわけです。そういうわけで、銀歯を懐疑的に書く人が・・・・以下自粛(ーー;)
もしも 銀歯では無く金歯(きんば GOLD)と言うので有れば・・・・・これはかなりの高い信用度かな。

いったいどんな情報を調べたのでしょうか??いくらなんでもちょっと問題が・・・・・┓( ̄□ ̄||)┏ ・・・
銀歯にも多くの種類があります。通常 健康保険で認められている金属は、金-銀-パラジウム の貴金属の合金です。常識的には腐食しません。確かに 特殊な環境下では腐食・錆びる事もあり得ますが、まずそれは日常生活を送る上では無視して良いレベルの話しです。金や銀の合金が腐食するのであれば、いかなる金属も身につけれなくなるでしょう。

しかし金属アレルギーはあり得る話しです。ニッケルなどの卑...続きを読む

Q前歯の4本削り今は仮歯です。虫歯の治療中で、歯の神経は残ってます。今年は歯医者に行けないので、仮歯が

前歯の4本削り今は仮歯です。虫歯の治療中で、歯の神経は残ってます。今年は歯医者に行けないので、仮歯が欠けてしまい、残ってる仮歯も取れそうです。すぐに歯医者には行けないので取れたらどう対処すればいいでしょうか?教えてください!

Aベストアンサー

仮歯は折れやすい物です。時間を作って歯科にいくことです。
どうしても何回も行けないのであれば仮歯を作ってもらってください。
また、仮歯の間は前歯では柔らかい物しか食べない要注意が必要です。

Q虫歯になったら銀歯になるのでしょうか?

虫歯になったら銀歯になるのでしょうか?
奥から2番目と3番目の間が虫歯になりました。歯医者によると保険での治療は銀歯とのことですが、最近ではあまり銀歯にしないと噂を聞きました。保険での治療では銀歯にするしかないのでしょうか?

Aベストアンサー

歯と歯の間の部分的な虫歯なら、保険診療範囲内では銀歯またはレジンという白いプラスティックのどちらかです。

No.1の方が書かれているURLのような感じではないかと思いますが、その症例ですと銀歯を勧める歯科医が多いと思います。レジンでは強度的に不安があります。

その辺のボーダーは歯科医によって考え方が違うと思います。

Q歯医者について以前事故で少し虫歯でした前歯が1本根元から折れてしまいました。 前歯が折れてしまった為

歯医者について以前事故で少し虫歯でした前歯が1本根元から折れてしまいました。
前歯が折れてしまった為入れ歯とかは抵抗があり歯医者に行きたいのですが普通の歯医者で折れた歯の治療ができるか知りたいです。
知人に保険外で治療はできるが金額が高いと言われて金銭的に心配なので不安です。

Aベストアンサー

歯が折れたと言っても根が健全な状態か根まで駄目になっているかでまったく違います
質問内容からしておそらく根は健全と思われます
根が健全なら根の中をきれいにする治療(根管治療、もしかして既にやってあるかも?)をやり土台を立てて人工的な歯をかぶせるという手順になります
いわゆるさし歯ってやつで保険も効きます
根も折れてる場合は残念ながら根を抜かなければなりません
その後はブリッジ、インプラントなどになります
ブリッジは保険が利きますが、インプラントは保険が利かない高価な治療になります

Q奥歯の虫歯ってみんな銀歯や銀の詰め物?なんですか? 先週歯医者に15年ぶりに行きました 虫歯がかな

奥歯の虫歯ってみんな銀歯や銀の詰め物?なんですか?

先週歯医者に15年ぶりに行きました
虫歯がかなりありますねと言われ1番ひどいのは前歯後ろ側だったのですが奥歯、何番目とかはどう数えたらわからないのですが1番奥の上のは左右どちらとも虫歯です
そこを銀にするのですか?
なるべくは銀歯にしたくはないんです

下の歯はそんなにひどくはないのですが虫歯があるので下の歯だけは銀歯は嫌だなぁという感じです

生まれて2回目の歯医者なのでよく知識がないのですが銀歯ってなんですか?
必ず銀歯になってしまうのですか?
保険外なら色々方法はあるとは聞きましたけど…

知識のある方教えてください

Aベストアンサー

生まれて2回目の歯科医師なんて凄いですね!
奥歯なんて誰も見ませんよ。
前歯は白い方がいいので虫歯にならないように気をつけて下さい。

Q他の歯の治療中、でもどうしても気になる前歯の虫歯・・

1人目を妊娠中から歯がどんどんわるくなり、今は口を開けるのにも嫌になるぐらいです。そこでお聞きしたいことがあります。
現在妊娠7ヶ月です。ここ2ヶ月ほど私と娘の体調が悪く治療に行けていないのですが、今、以前神経を抜いた歯の根の部分が炎症を起こしたようでその歯を治療中です。
その歯の治療途中で、ひどい虫歯だった親知らずがもう我慢できなくなるほど痛くなり神経をとってもらいました。(本当は抜歯したほうが良かったようですが妊娠中ということで抜歯はできないと言われました。)現在2本同時進行で治療している状況です。

体調がよくなりましたので治療を再開してもらおうと思っているのですが、今1番気になっているのは前歯の虫歯のことです。正面から見て前歯の2本右隣の歯(犬歯と言うんでしょうか?)の表面の歯の根元に虫歯があります。気づいたのはもうだいぶん前ですが、痛む歯から治療しているので後回しになっているようです。最初は白くなってる?と思っていたところが次第に穴が開いていき、それが大きくなり、今はご飯粒ぐらいになら簡単につまってしまうぐらいの大きさです。表面なので口を開けると場合によっては見えてしまいとにかく目立つので気になって仕方がないのです。最近は痛むようにもなってきました。
すごく目立つ虫歯なのに先に治療しないのは何か理由があるからでしょうか?(妊娠中だからできないとか・・)また、この気になる歯の治療を先にして欲しいとお願いしてもいいものでしょうか?
あと、目立つ場所の歯の治療には、費用がかかるというイメージがありましてそれも心配しています。

1人目を妊娠中から歯がどんどんわるくなり、今は口を開けるのにも嫌になるぐらいです。そこでお聞きしたいことがあります。
現在妊娠7ヶ月です。ここ2ヶ月ほど私と娘の体調が悪く治療に行けていないのですが、今、以前神経を抜いた歯の根の部分が炎症を起こしたようでその歯を治療中です。
その歯の治療途中で、ひどい虫歯だった親知らずがもう我慢できなくなるほど痛くなり神経をとってもらいました。(本当は抜歯したほうが良かったようですが妊娠中ということで抜歯はできないと言われました。)現在2本...続きを読む

Aベストアンサー

目立つ・目立たないよりも、今は状態の悪い方から治療しているという感じでしょうか。
どうしても犬歯が気になるのなら、こちらを先にして欲しいとお願いするのは全然問題ないと思います。
妊娠中だから前歯は治療できないという事はありません。
痛むという事ですから、神経を取ってしまう可能性もあります。
もし差し歯にするなら保険で1万円くらい必要になります。自費だと8万くらいが相場です。
普通、歯科では患者さん一人あたりの時間が15分~20分くらいと割り振りされていますが、
早く治したいという事であれば
長時間の治療が苦にならないのなら、
時間を長めにとってもらうか、
アポイントの間隔を短くしてもらうか、
お願いしてみるといいと思います。

Q虫歯 銀歯がある場合のキス

僕は現在奥歯に虫歯と銀歯があります
昔から虫歯になりやすいものでして

気になったことが一つあります
彼女さんとキスをする場合、特に深いキスをする場合ですが、もし奥歯に虫歯、銀歯があったとしてやはり気になったりするんでしょうか
特に心配なのは口臭です
今まで言われたことはありませんが、自分でわかるわけでもなく、もしかしたら我慢されているのかも
それを考えるとゾッとします

虫歯、銀歯があることでどのように感じたり支障があったりしますか?
体験など、わかる方いましたらよろしくお願いします

Aベストアンサー

少しくらいの虫歯、銀歯は気づかないでしょう。
歯茎まで化膿してきたりすると臭いはします。
金属アレルギーがあれば、唇などにかゆみや湿疹が出ましよ。

Q自分は今 すごく 大きな虫歯で 歯医者に通って 今日で20回目くらいになります、ですが 治療中の 歯

自分は今 すごく 大きな虫歯で 歯医者に通って
今日で20回目くらいになります、ですが 治療中の
歯が痛みます (神経の治療)をしています いまは、
治療をして 歯医者さんで 削った穴にフタをしています 治療とフタの繰り返し3目くらいになります!
歯の神経の治療中は、痛むものなのでしょうか??
歯医者の医師にも まだ 聞いていなかったので 知識のある方 教えてください。ちなみに よく歯医者に行くと
削った穴に 何かを 入れて ギコギコ 医師が しています
、それは 何ですか?

Aベストアンサー

恐らく神経の治療ではありません・・・・最初は神経が残っていたのかもしれませんが、恐らくはすでに神経は壊死していて 周囲の骨にまで感染が及んでしまった状態なのでしょう。
こうなると治療はかなり長引きます。20回はおろか、ヘタすりゃ数年間かかっても治癒しないケースもあり得ますねぇ~ もちろん現在は何もしないでもズキズキと痛むと言う事は無いと思います。
ほとんどのケースでは、噛むと痛い・響く・叩くと痛い等の 軽微な痛みが慢性的に続いていると思います。こういう痛みは神経や歯その物の痛みでは無く、周囲の歯周組織・特に歯根膜の感じる痛みであって「歯根膜炎」と呼ばれる事が多いですねぇ~
こういう場合の治療法は、まずその歯の負担をできるだけ軽くする事です。すでに 上下の歯は噛みあわない状態に削り込んであるはずです。さらに 感染根管治療と言い、虫歯でできた穴の中や 神経のあった穴の中を リーマやファイルと呼ばれる細い針金で それこそ丁寧に少しずつギコギコと削り込んで行きます。これは 歯の中の感染した部分をできるだけ機械的に取り除き その穴から消毒薬を歯や周囲に拡散させるための治療です。従って何度も何度もしつこく繰り返します。今の歯科医学では 痛みが続く場合には まず最初に徹底的にやるべき治療なんです。
ただ まれにではありますが、この作業中にチクッとした痛みを感じる事があります。これは神経の微弱な取り残しがあったり 根の先で細かく枝分かれした神経が残っている場合にみられ、その神経を取り除くためにも 少しずつ針で穴を削っているわけです。さらに問題なのは、このチクッとした刺激が、歯の根を通り越して骨の中まで針が刺さってしまった場合です。これは 年齢の若い方に多いのですが、歯の根の先端部がまだ幼弱で完全に封鎖されていないために 針が突き抜けてしまう刺激による物です。こういう場合には、針を突き抜けないように根の先端部を削り込んでから薬剤等を用いて先端部を封鎖する事になるのですが・・・・・口で言うほど簡単な事ではありませんねぇ~ どうしても時間と回数がかかってしまいます。
その他にも いわゆる難治性歯根膜炎と呼ばれる場合がありますが、最近ではなかなか痛みが取れない・通常の治療では治りづらい症例に対して様々な治療法が考えられています。
先制鎮痛法・ステロイドによる疼痛管理・3Mix等の抗菌剤の応用・レーザー高周波治療・ニューロパーシー性疼痛に対する心療内科的アプローチ・マイクロスコープによる根管治療・・・・等々。
そうなると、根管治療の専門家の分野になりますから、大学病院等を今の歯医者さんに紹介してもらうのがベストになるでしょう。いずれにしても もう少し様子を見て 再度歯科医師に治療回数などを相談してみて下さい。根管治療の専門家の事も その際には聞いてみるのも良いと思います。

さて 他の方の解答にもあるようですが・・・・・根治の治療回数が増えると言う事は 歯科医師にとっては非常に困りものです(ーー;) なんせ1回の治療でもらえる収入は 400円程度。
その中から材料費・薬剤費・電気等の経費・スタッフの給料等々・・・・ほぼ確実に足が出ます。歯科治療の中で最もお金にならないのが この根管治療なんです。
一時間やっても400円ならば 経費のかからない分 コンビニでバイトした方がマシなくらい。従って やればやるほど経営的には損をしているのですよ~~(;>ω<)/
ちなみにアメリカでは 1回で2万円。1本の歯の治療が完了すると20~30万円ですか・・・・1回の治療で数時間かけでも採算が取れます(^o^;... 日本だけなんですよ~ これほど根治が安く抑えられているのは。
まぁ そういうわけですから・・・・・世間知らずのいいがかりには注意して下さい。皆さん信じないように!×2

恐らく神経の治療ではありません・・・・最初は神経が残っていたのかもしれませんが、恐らくはすでに神経は壊死していて 周囲の骨にまで感染が及んでしまった状態なのでしょう。
こうなると治療はかなり長引きます。20回はおろか、ヘタすりゃ数年間かかっても治癒しないケースもあり得ますねぇ~ もちろん現在は何もしないでもズキズキと痛むと言う事は無いと思います。
ほとんどのケースでは、噛むと痛い・響く・叩くと痛い等の 軽微な痛みが慢性的に続いていると思います。こういう痛みは神経や歯その物の...続きを読む

Q1年前に虫歯を治療した、銀歯をかぶせた所の歯が痛みます。

1年前に虫歯を治療した、銀歯をかぶせた所の歯が痛みます。

早速近所のジャ○コに入っている歯医者に行きました。
レントゲンを撮り、歯の状況を確認。
そこでは銀歯の交換はできないと言われました。内容は、今の銀歯を削り割って取るため、今付けている銀歯は使えなくなり、新しく型を取るにも昔の型がないと作れないと言わました。

納得できない私は、前の歯医者(引越す前の歯医者)は、銀歯の交換など行ってくれたと言いましたが、前に行っていた歯医者でやってくださいとの回答。

結局、銀歯の高さがあっていないといわれ、銀歯の高さ調整(削る)で終わり。

当然、歯の痛みは治りません。
私は歯医者に行けば、銀歯を取り、歯の掃除、治療を行ってもらえるものと思っていました...

最近の歯医者はやってくれないのでしょうか。

Aベストアンサー

以前、歯科助手を3年していました。

銀歯をかぶせた所の歯が痛むということは、
行った歯医者さんの言うとおり
銀歯の高さが合っていないという可能性があります。

ですが高さが合っていなくて痛むのは、
たいていかぶせてそんなに時間が経っていない時に
起こるものです。

1本の歯にかぽっと銀歯をかぶせた場合と、
虫歯部分が少なくて、歯の一部分のみ銀歯をつめればいい場合と
ありますが、質問者さんの場合1本の歯にかぽっと銀歯を
かぶせていると考えて回答させていただきます。

1年も経って痛む、ということは、
虫歯治療の際、奥の神経まで虫歯になってしまっていると、
根の治療をします。
痛みの原因となる神経を針のような専用の道具で
かきだして取り除き、その神経が通っていたところに
薬のようなものをつめます。

その後、元の歯を銀歯をかぶせる為に
全体的に一回り小さくなるように削り歯型をとって、
専用の銀歯を作り、最終的にかぽっとかぶせてつけるんです。

今回傷んだということは、痛みの原因となる神経が
きちんと取り除かれて無いまま(少し神経が残ったまま)
薬をつめて、銀歯をかぶせられてしまった可能性があります。

レントゲンでその銀歯の部分の写真だけ撮ったのなら
きちんと神経がとれているか、薬が綺麗につまっているか、
そういう確認をしていると思います。

でも、もし全体的な歯の写真をとったのなら
あまりよろしくない先生の可能性があります。

どちらにしろ、普通なら銀歯の交換はできます。
痛みが解消されないなら、銀歯を一度外して中を見るのが
普通の歯医者さんだと思います。

治療してもらった歯医者ができないと言うならば
他の歯医者さんに行き、事情を説明すれば対応してくれますよ。
なので、ぜひ他の歯医者さんに行ってみて下さい。

早く歯の痛みが治るといいですね!

以前、歯科助手を3年していました。

銀歯をかぶせた所の歯が痛むということは、
行った歯医者さんの言うとおり
銀歯の高さが合っていないという可能性があります。

ですが高さが合っていなくて痛むのは、
たいていかぶせてそんなに時間が経っていない時に
起こるものです。

1本の歯にかぽっと銀歯をかぶせた場合と、
虫歯部分が少なくて、歯の一部分のみ銀歯をつめればいい場合と
ありますが、質問者さんの場合1本の歯にかぽっと銀歯を
かぶせていると考えて回答させていただきます。

1年も経って痛む、と...続きを読む

Q今日、虫歯の進行が酷く歯の神経抜くと言われ治療を開始しました。歯の根の治療は何回かしないといけないと

今日、虫歯の進行が酷く歯の神経抜くと言われ治療を開始しました。歯の根の治療は何回かしないといけないと言われました。今日の治療を終え麻酔が切れだしました。すると痛みがジワジワと出てきたんですが、この痛みは何日くらい続きますか?

Aベストアンサー

No2です。

殆どは治るとは思いますが……
こればかりは……って回答になってしまいます。
なので、明日になっても続くなら、連絡して歯医者に聞きましょう。
明日なら、営業してますよね?


人気Q&Aランキング

おすすめ情報