前歯に4~5本に痛みのない軽い虫歯があります。
昨日歯医者に行ったらレントゲンをとって、歯石除去をしたあとに、
麻酔をして虫歯を1本だけ治療して、
他の歯は来週なおします。言われ次回の予約を入れさせられました。

そこで質問なのですが
同じ部分(前歯だけ)の1日で治療の終わる軽い虫歯って
1度に治療してもらえないものなのですか?
(何回くらい通わないといけないのですか?と聞くと何本もあるのでちょっとわからないといわれました。)

たくさん通わせるようにそう言われたのか、本当に1度では1本しか治療できない決まりでもあるのか・・・
ご存知の方、教えてください><

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

それをウリにしている歯医者もいますが、実際はケースバイケースです。


昔はワンブロック法といって、歯列を上下・左右奥歯と前歯(両犬歯間)の6つに分け、それぞれの区分ごとに治療する事を多くの大学でも教えていました(今は判りません)。これは治療によって噛み合わせの狂いが出て、将来的に顎関節症になる危険を防ぐのが目的です。

今回の場合、歯石除去の後に治療したということからすると、かなりの時間が経っているはずです。
患者さん自信、長時間口をあけているのはかなりの負担になりますし、中には普段の噛み合わせができないほど顎が疲れている人もいます。
予約の場合は治療の予定とそれに必要な時間を取っています。そしてその基準は治療に要する時間と患者さんの負担です。
全身麻酔ではないのですから、負担はそのままストレスとなってリアルタイムで反応してきます。
負担が大きく、噛み合わせも完全でない状態で治療すれば、先ほど説明したような顎関節症などのリスクも高くなります。

さらに、長時間口をあけていると唾液などの分泌物が増えます。それは根の治療にあっては汚染の原因になり、詰め物では接着の妨害になり、また、不用意な嚥下運動やむせったりする原因にもなります。これらの不用意な運動は、時として重大な事故(エンジンによる損傷や異物による気管支炎や誤嚥など)の原因にもなりかねません。

顎の神経は奥歯から犬歯辺りまでが一つの束になっています。
幾つかの虫歯のなかに比較的深い虫歯がある場合、隣同士を治療していると、痛みが出てもどれが痛んでいるか判らなくなってしまいます。
そうなると判別に時間がかかったり、不要な治療を強いられる可能性も高くなります。
また、左右を一緒に治療した場合では、両方に痛みが出たら咬むところがなくなってしまいます。

「治療すれば痛くないのが当たり前」は非常識で、治療には必ず「予後観察」といって治療効果の善し悪しを判断する期間が必要なのです。
相手は人間、人は個人差で、反応も皆違う。歯を抜いても全く痛まない人もいれば、健康な歯の表面をブラシで磨いただけで痛みを訴える人もいます。だから個人(患者さん)を診るのなら、その反応を見るのが当然なのです。
歯医者を歯大工と言う人がいますが、大工さんも名工なら後で具合を確かめに来ます。昔「名コックは味見なんかしない」というとてつもなくマズイ店がありました。どんな仕事も結果の判定は必要だと思います。
このようなリスクとメリットの比較を行いながら安全に、且つ短期間で治療をするのが普通だと私は思っています。だからケースバイケースなのです。

また、保険診療の点数の取り方は基本的に一本ずつ治療しなければならないようになっています。文章では載っていませんが想定として一本(一症状)単位で考えられているのです。
昔は(例えば)麻酔などは一本ごとに請求できたので、日を替えて行けばそのつど請求できました。日を分けて儲けると言う根拠の多くはその時代のものです。
しかし、最近では(と言ってもずいぶん前)一月どころか1初診内では何度麻酔しても請求は1ブロック一回です。従って分けるだけ損になります。
また、再診料で儲けられると言う説もありますが、再診料は40点、麻酔は26~32点程度ですから、分ける事によるメリットは140~80円です。これと「回数が少なくて済む歯医者」或いは「その時間に別の患者さんを入れた方マシ」という利害を考えた時、どちらが得かを判断するのは個人の差でしょう。
私は分けるのは損だと考えていますが、得だと反論した人もいましたから、判断は任せます。

私のところには「早いのがウリ」の医院からやってくる患者さんも多いです。「一日で詰めて終わり…痛くてたまらないと電話したら、そのうち治るとしか言われない」。実際には神経が出ているのに詰めているだけ、治ると言うのは神経が死んで痛みが感じないからと言うわけです。

どれだけの治療期間が必要か…それはあくまでケースバイケース。その適否は、「なぜ治療を分けるのか」の治療説明を受けて判断すべきです。
聞いても説明がないのなら、それは問題外です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

専門家の方からのご回答ありがとうございます。
とても詳しく、わかりやすいです^^

そうですね、色々症状によって理由があるのですね。

私の場合、全部前歯なので
1回の麻酔で虫歯になっている部分にはいきわたっているのだから
1度に治療してほしいのですが・・・

しかも、複数ある虫歯を1つ治して、また1週間開けて、
また来院して一つ治して・・・
なんて悠長なことをしていては、
せっかく痛みのない段階で発見した軽い虫歯も
本当に痛みのあるものになってきたら
どうしてくれるのかという不安でいっぱいです。

やはり、いつかなるかもしれない顎関節症の心配よりも
今にも広がってきそうな虫歯を
先になんとかしてほしいです・・。

次来院した時にそのことも話してみます。

お礼日時:2009/05/13 12:20

近年、歯科医が溢れているのはご存じですか。


歯科開業医の倒産や夜逃げの数は、コンビニの閉店数より多いともいわれています。

患者とは言っても要は顧客ですから、複数回通院させれば、その分の診療報酬も入ります。

診療時間や治療範囲の限定等と言って複数回にわける医院はとても多いですが、
虫歯は一度の通院で複数本を治せる方法もあるのです。

3Mix-MP で検索してみてください。

ごく少ない回数(1~3回)のみの通院で虫歯をほとんど削らず無痛で治してくれる医師会が出てきますから^^
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

3Mix-MP・・はじめて聞きました。


調べてみると保険がきかない治療なので
費用が高くつくようですね。

でも早く治したい人にはいいかもしれませんね。

お礼日時:2009/05/13 12:10

こんにちは



保険の治療で決まっているような

http://sanwa.okwave.jp/qa612117.html
噛み合わせもあるようですね

http://sanwa.okwave.jp/qa4433348.html

http://sanwa.okwave.jp/qa3275393.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

URL
ありがとうございます。

同じように思う方がたくさんいるのですね。
参考になりました。

お礼日時:2009/05/13 12:08

このQ&Aに関連する人気のQ&A

  • 歯の損傷<外傷>の症状や原因・診断と治療方法

    歯の損傷とはどんな外傷か  歯の損傷は、交通事故などでのあごの骨折や唇の裂傷を伴うような重傷な状態から、物の角にぶつけて歯がぐらつく状態まで、その程度はさまざまです。  受傷年齢は、一般的に若年者に多い傾向がみられます。これは、運動神経の発育途上で外力に対する防御がうまくできないことで、顔面をぶつけ歯を損傷する可能性が高いからです。  年齢を細かく分けると、就学前の幼児期に起こる外傷は、主に家のな...続きを読む

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q歯と歯の間の虫歯はどう治療するのですか?

前歯と隣の歯の間に虫歯ができました。
歯石が詰っていて気になっていたんですがとってみたら明かに虫歯くさいです。
通院中の歯医者とはまだこの歯については語ってないんですが、もし治療するとしたら、綺麗に直せるものなんでしょうか?
レーザーで虫歯部分だけを除去して白い詰め物をするとか、そんな方法があるんでしょうか?
それともこんな目立つ歯が銀色の被せものに覆われることになってしまうのでしょうか。
教えて下さい。

Aベストアンサー

 こんにちは。

 私も歯が弱いのでよく治療しますが(前歯の隙間にも出来ました。),歯と歯の間の場合,虫歯部だけを治療するのは無理みたいで,虫歯部まで届くように最小限の範囲で歯が削られます。虫歯の大きさにもよりますが,小さいのでしたら,仕上げに削った穴に白いセメントのようなものを詰められますので,ほとんど目立ちません。

Q歯石除去は何回で終わるのが普通でしょうか?

こんばんは。先日から虫歯の治療と親知らずの抜歯を終えました。最初のレントゲンの時から歯周病を指摘され(それほど重症ではありませんが)上記の治療後歯石の除去を勧められたのでもちろんお願いしました。歯石の溜まり具合やにもよると思うのですが上下すべてを一応取り除くとして何回くらいが妥当でしょうか?というのも、受付のかたが歯石除去に複数回かかるようなことを言われたのでそんなに何回もこないといけないの?と思ったので・・・

Aベストアンサー

私はchieharukaさんとまったく同じ状況です。
(唯一、違うといえば、まだ治療中ということでしょうか・苦笑)

私も治療後に歯石除去が待ってます。
先生にも診察時間にもよると思いますが、
(私の歯医者は1人15分)
溜まっているとやっぱり時間がかかるといってました。
私の場合、鏡でみながら少し除去をしてもらったんですが、
下の前歯6本だけで、口の中が血まみれになりました。
(歯茎の表面にあたってしまうので出血しますが、
虫歯の痛さに比べたら、かわいいものです。
ご安心を♪)
一度に治療すると、歯茎にもダメージがあるから
(治療でも負担はかかっているので)
数回に分けることになったんだと思います。

きれいになって損はないので、
OKがでるまで通ってみる方がいいと思います。

もし、忙しいようでしたら、
出来るだけ少ない回数で治療してもらえるように
お願いしてみるといいですよ!

Q歯医者さんが1日にたくさん・短期間で治療ができない理由

こんにちは。お世話になります。

これまでいくつかの歯医者さんにかかったのですが、どこも、
予約は週に1回、治療は1日につき虫歯1個(多くて隣り合った2個)
というイメージです。

あまり混雑しているようには見えない歯医者さんでも同様の方針だったのですが、何か理由があって1日にいろいろな歯を治療したり、1週間に何日も治療を受けることができない方針になっているのでしょうか?(混雑以外で)

宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

まず、国が定めている保険の仕組みは、患者さんが治療を依頼する事が前提なので、極端な場合には患者さんが初診で治してくれといった歯以外は手をつけません(勝手に手をつけると虫歯でも傷害罪です)
歯医者が見つけた病気でも患者さんの了解を得る事が義務です。
という事で国の仕組みは基本的に一本単位で想定しています。
そのくせ予算削減で麻酔やレントゲンは隣り合った歯を含めた2~3本単位にしているので、結果的に2~3本です。

根の治療などの感染した歯の治療では、感染の広がりを防ぐ為に、暫くは一歯単位で治療します。

治療したからといって、必ず症状がなくなるわけではありません。逆に治療によって健康な歯が露出し、痛みが出る事もありえます。
なので、複数の歯を治療した場合、痛みが出たらドノ歯か判らないなんて事を防ぐ為には少数で治療するほうがメリットがあります。

なお、治療日は短ければ2~3日置き(根の治療の場合薬が効く時間)が理想です。それに治療の予後を確認する上でも、短ければ2~3日置き、長くても一週間が適当でしょう。あまり間隔が長いと今度は薬効が切れてしまいます。
あとは先生の方針や混雑具合から決められます。

ただし、歯石除去後の検査までの期間はおおよそ一週間と国が指針を出しています。
同じく神経を保護する処置に関しても、最短で一週間、一番長いものでは半年と定められています。
この事から、国が定めているので間を空けたり、それを基準にして予後観察を一週間と定めている医院も多いようです。

まず、国が定めている保険の仕組みは、患者さんが治療を依頼する事が前提なので、極端な場合には患者さんが初診で治してくれといった歯以外は手をつけません(勝手に手をつけると虫歯でも傷害罪です)
歯医者が見つけた病気でも患者さんの了解を得る事が義務です。
という事で国の仕組みは基本的に一本単位で想定しています。
そのくせ予算削減で麻酔やレントゲンは隣り合った歯を含めた2~3本単位にしているので、結果的に2~3本です。

根の治療などの感染した歯の治療では、感染の広がりを防ぐ為に、...続きを読む

Q明日歯の神経を抜くのですが・・・

虫歯が神経の近くまで広がっていたため
神経を抜いて被せ物をする事になりました。

検索してたら、神経を抜くのは凄く苦痛と書いてる人達ばかりです。

歯医者の先生に「神経を抜くのって痛いんですか?」
と聞いたんですが、「麻酔が効いてるし痛くない」との返答で。
ネットに書いてある事とは真逆なんです;

そこで質問なんですが、神経を抜くのは痛いんでしょうか?
凄く不安で、最近夜も眠れない日が続いてます…

どうか教えてくださいorz

Aベストアンサー

みなさんの意見を聞いていると、「神経を抜く・抜かない」以前に、なぜ神経を抜かないといけないか・・って事を忘れているようです。我々歯科医は神経を抜かざるをえないから、抜くことがほとんどです。要するに普通は不必要に抜髄はしません。

で、当然抜髄のメリット・デメリットは共存します。
デメリットとしては、
(1)神経がないので虫歯が進行しても痛まないので、手 遅れになることがある。
(2)抜随時、一度口腔の細菌にさらされてしまうので、 細菌感染の危険がある。
(3)歯が生活歯にくらべて、もろくなる。
(4)変色していく。
(5)臼歯部の抜髄は根も複数・複雑で見えにくく、手技 的に不完全になることがある。(残髄等)

などがあげられます。しかし、無理に神経を保存したために、神経に細菌が入り、歯根膜炎の著しい痛みが長期に起こったり、化膿して、根の先にバイキンの巣を作り、それによって顔が腫れたり、上顎洞炎になったり・・・と良いことばかりでもありません。

要するに、歯科医院でレントゲン写真や虫歯の深さ、痛みの程度、虫歯になっている期間などなどで、総合的に判断してもらい、決めていくのがベストだと思います。

で、基本的には神経を抜くのは麻酔下で、行ないますから、無痛があたりまえです。痛ければDrに麻酔の追加をしてもらったらいいんですから。ただ、炎症がきつい歯髄には麻酔が効きにくいこともありますが、麻酔の方法はいろいろありますから(^.^)b

みなさんの意見を聞いていると、「神経を抜く・抜かない」以前に、なぜ神経を抜かないといけないか・・って事を忘れているようです。我々歯科医は神経を抜かざるをえないから、抜くことがほとんどです。要するに普通は不必要に抜髄はしません。

で、当然抜髄のメリット・デメリットは共存します。
デメリットとしては、
(1)神経がないので虫歯が進行しても痛まないので、手 遅れになることがある。
(2)抜随時、一度口腔の細菌にさらされてしまうので、 細菌感染の危険がある。
(3)歯が生活歯にくらべて、...続きを読む

Qなぜ歯医者は一度に治療してくれないのでしょうか

奥歯が痛い気がしたため歯医者に行ったのですが、知覚過敏で治療方法なし。強いて言えば親知らずが(急がなくてもいいが)ちょっとだけ虫歯なので削るか抜くかという診断でした。もう10年以上も歯医者に行っていなかったので歯石も取ってほしいというと、次回の診察で歯石を取り、2,3回目で虫歯の治療だというのです。今日はダメですか?と聞くと、「今日は終わりです」の素っ気ない言葉に意気消沈して帰ってきました。歯医者に良く行く妻の話では、歯医者の治療は時間がかかるとのこと。ずいぶんお金がかかるような気がします。歯医者を変えた方がいいでしょうか?どうしても先生の言うことに説得力がないというか、お金儲けのために治療回数を水増ししているように思えるのですが・・・

Aベストアンサー

保険診療では回数を増やして収入を増やす事は不可能ですし、その様な事を考えている歯医者がいるとすれば、経済観念がないとしか言いようがりません。
なぜなら、回数を増やして得られる収入は380円/回。しかし患者さんを診療室に入れて掛かる経費(水道光熱費・人件費など)ははるかに大きいのです。

御質問の内容では歯石除去と虫歯治療ですが、
現在国の方針では、歯周治療(歯石除去など)終了後に虫歯治療を行なうよう指導されています。
小さな虫歯では並行治療も可能ですが、冠やブリッジでは地域によっては禁止されているところもあります。
理由は「歯肉や歯の清潔な環境が出来ていないのに虫歯治療をしても治癒する可能性は低い」と言うものです。
ですから歯石除去と歯の治療を行う為には、まず歯石除去を行ない、後に虫歯治療と言う順になります。

次に歯石除去の回数ですが、
・保険では口全体を対象にすること
・検査を行ない、後に歯石除去を行う事
・歯石除去は全体を2~3回に分けること
・全体の歯石除去終了から一週間を経てから処置後検査を行う事
と決められています。
つまり、歯石除去だけでも最低3回、最大で8回の治療が義務付けられているのです。

更に保険の仕組みの考え方は歯周病や義歯を除いて一歯~数歯単位です。従って一度に多数の歯を治療した場合、保険が仕えなくなる可能性が高くなります。

腹痛や風邪の治療は薬を出して終わり。でもそれは医者が治しているのではなく、自分の身体が治しているからです。
歯の治療は自然回復はありえませんから最後まで治療を続けなければなりません。

また、虫歯、特に根の治療は感染病です。
感染症の治療は感染した細菌との戦いであり、細菌がほとんどなくなって、患者さんの体力で細菌の増殖を抑えられるまでは次の段階に進めませんから、どうしても回数が多くなるのです。
風邪も一部感染症ですが、これは医者が一度で終わっているのではなく、患者さんが行かなくなっているだけですので誤解なさらないで下さい。

つまり、感染症であって、自然治癒のない歯科診療は医学的にも保険システム的にもある程度の回数が必要なのです。
(回数の少なさを売りにしている歯医者がいますが、彼らが上記の事を理解しているのか疑問ですし、実際にその様な歯医者が増えるほど、そこから転医して来る問題を抱えた患者が増えています)

保険診療では回数を増やして収入を増やす事は不可能ですし、その様な事を考えている歯医者がいるとすれば、経済観念がないとしか言いようがりません。
なぜなら、回数を増やして得られる収入は380円/回。しかし患者さんを診療室に入れて掛かる経費(水道光熱費・人件費など)ははるかに大きいのです。

御質問の内容では歯石除去と虫歯治療ですが、
現在国の方針では、歯周治療(歯石除去など)終了後に虫歯治療を行なうよう指導されています。
小さな虫歯では並行治療も可能ですが、冠やブリッジでは地域に...続きを読む

Q前歯4本を差し歯にしたら保険は使えますか?また値段はいくらぐらいですか?

今日、歯医者さんで差し歯の説明をうけてきました。
初診のときに保険適用内と書いたはずなのに、セラミックの差し歯の説明しかされなくて困惑してます;_;
1本5万と8万です。前歯4本を差し歯にしなければいけず、学生の私にはとても払えません。
同時に何人も治療している歯医者さんなので治療後、質問する時間がありませんでした。保険適用内ではできないのでしょうか?できたとしたら1本いくらくらいでしょうか?
教えてください>_<

Aベストアンサー

前歯の保険でのクラウンは硬質レンジ前装冠というものがあります。
確か前歯1~3(4かも)番まで対応可能だったと思います。
これは保険の銀歯の表面にレンジ(樹脂)をコーティングしたものです。
価格は5000~7000円ぐらいです。

ただし色調整が出来ない、数年で変色し始める、歯茎が金属イオンの
溶け出しによって着色するなどなど欠点も多いのが現状です。

Q抜歯後の過ごし方はどうすればいいですか

三日前に、虫歯だった奥歯を抜歯しました。抜歯は初めてです。

一日目は血は出ましたが、なんとか止血し、血餅が出来てきまして、二日目に歯医者に消毒に行ったあと、帰宅したら抜いたところに白いぶよぶよしたものが出来てました。
そして三日目なんですが、白いぶよぶよの面積が広がっていて、歯のあった部分を丸く覆っています。
この白いぶよぶよのはいつまでくっついてるのでしょうか?そのうち取れますか?

あと、抜歯後は何週間ぐらいで歯茎が元に戻るか、骨ができるまで、歯磨きの注意点、何週間ぐらいしたら抜いたほうの歯で食事をしても大丈夫か、などできるだけ詳しい抜歯後の過ごし方経過を知りたいです。

抜歯後~完全に歯茎と骨が出来上がるまでの過ごし方を教えてほしいです。

Aベストアンサー

抜歯した後の歯を抜いた穴というのは、血液で満たされ(血餅)それが元
になり治っていきます。
その過程でフィブリンという物質が出てきて、白く見えることがあります。
このフィブリンというものは、抜歯した穴を治すために必要なものです。

放っておいてください。
というか触らずにそっとしておいて下さい。
抜歯した穴は何もしなくても自然にふさがっていきます。

抜歯窩はすぐに血餅で満たされ、2~4日ほどで傷口は小さくなり、
7~10日前後で閉鎖してきます。
抜歯後の注意はこの血餅をいかに守り、かつ口腔内を清潔にするかとい
うことになります。

抜歯の穴が完全に塞がるまでは、1~6ヶ月程度かかるのが普通です。

歯磨きで注意することは、
1. 抜歯窩(抜歯後の大きな穴)を激しく触らないように。
2. うがいはゆすぐ程度で、抜歯した方はブクブク激しいうがいはしない。
3. 歯磨きは、歯磨き粉をつけて普通に行う。
  ただし、抜歯した歯の付近は刺激しないよう丁寧に磨く。

食事について、
なるべく反対側(抜いてないほう)で咬むようにしてください。固い物、辛
い物など刺激物は最低1週間、人によっては2週間はとらないようにされ
たら良いと思います。
時間経過とともに、血餅は自然に吸収され、穴が綺麗にふさがっていきます。
その期間は患者さんの年齢や体力等によって違ってきます。
概ね2ヵ月から3ヵ月程度を要します。どの程度で「普通」に食べられるように
なるのか、現実の歯科医師に聞いてください。

抜歯した後の歯を抜いた穴というのは、血液で満たされ(血餅)それが元
になり治っていきます。
その過程でフィブリンという物質が出てきて、白く見えることがあります。
このフィブリンというものは、抜歯した穴を治すために必要なものです。

放っておいてください。
というか触らずにそっとしておいて下さい。
抜歯した穴は何もしなくても自然にふさがっていきます。

抜歯窩はすぐに血餅で満たされ、2~4日ほどで傷口は小さくなり、
7~10日前後で閉鎖してきます。
抜歯後の注意はこの血餅をいかに守り、かつ...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報