糖尿で長患いをしている友人の父親の病状が深刻化していることが分かりました。前回切断した足ではなく、もう片方の足の傷が治癒出来ず、壊疽が始まったようです。昨秋手術した目も、再び視力が弱まり、眼科からは再手術の検討も促されています。

両足となると、生活上の不便は片足の比ではなく、70を超えた母親によるケアだけでは十分な生活レベルを維持できないと思います。そこで、ご相談です。

1.糖尿病治療において、手術の適否だけでなく、術後のケアについても十分な相談に乗ってもらえる医院はないものでしょうか

2.両足切断となった場合、公的な支援や介護などを受けることはできるのでしょうか。その際の手続きについてご存じでしたら教えてください。

3.昨秋、片足を切断した際、場合によっては更に上部からの切断を強いられる可能性を指摘されたそうです。悪くなれば切るという理屈は分かりますが、どうすればそうした悪循環を断ち切ることが出来るのでしょうか

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

(1)最近は地方でも整形外科、皮膚科(形成外科)、循環器内科、血管外科が


救肢チームをくんで、治療にあたっているところがあります。
そんなところに相談するのも手かなと思います。

(2)身体障害者の申請が出来ます。自治体の窓口に行けば具体的に教えてくれて、
用紙もくれます。
それを病院にもって行って書いてもらってください。
他のサービスがあるかどうか(地域によって違う)も教えてくれると思います。

(3)それはもう、血糖コントロールの一語に尽きます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ウルトラ失礼しました。私の中ではすでに御礼をしているつもりになっていました。ありがとうございます。本当に助かりました。

お礼日時:2009/05/27 08:46

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング