慶応四年に勃発した戊辰戦争は正当な戦争ですか?
薩摩長州が私欲の為に引き起こした戦争ですか?
あれから150年たちますが…

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

まあ一言で言えばそうかもしれませんね。



ただ正当であったのは青森までです。
北海道に渡った幕臣たちは北海道を「蝦夷国」と名乗り独立し、アメリカ・イギリス・フランスが国家承認しています。
つまり五稜郭の戦争は近代日本が起こした最初の侵略戦争です。
諸外国は官軍に蝦夷国との戦争は止めるように勧告していました。

そののち明治に入り長州に美味しいところを持っていかれた薩摩は反乱を起こし西南戦争になりました。
征韓論云々が原因とも言われていますが。
このとき活躍した官軍の「抜刀隊」と言う軍隊は会津藩士や幕臣、新撰組の生き残りの人たちで編成された軍隊です。

会津の人たちはいまだに恨みを持っていますよ。
戊辰戦争はそれ程の戦争でした。

勝てば官軍と言う言葉では済まない問題です。

この回答への補足

会津の戦後処理は残酷だったと聞きますが怨念はあと350年位は消えないですか?

補足日時:2009/05/12 11:23
    • good
    • 1

そういう「解釈」は「立場」によって異なると思います。


そして、一般的には、世の中には色んな「立場」の人がいるので、どの「解釈」が「正しい」という風にはならないものだと思います。
    • good
    • 0

結果的にですがこの戦争を機に明治維新が成功したってことなんですけどね。


ただ戦争ってそれぞれがそれぞれの立場での正当性を主張しているから起こるわけですからね。
そういう意味では正当なんでしょうけど それぞれの正当性って結局は
それぞれのエゴや私欲なんで後者ともいえますね。
もし戊辰戦争で負けてたら明治維新は成功しなかったわけですし
それはそれで今とは違う現代になってたんだと思います。
結果どちらかしか体験できないのでどちらが良かった
って比べることは出来ないんですよね。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q勝てば官軍、負ければ賊軍

「勝てば官軍、負ければ賊軍」などと申しますが、
確かにそうだと思います。

しかし、そうでもなかった事例って、日本史、世界史の中でありますでしょうか?
「負けるが勝ち」とも言いますので・・・・

そんな事例をご存知でしたら教えて下さい。

Aベストアンサー

軍事的な勝敗ではないですが、中国の春秋戦国時代の話で、斉の桓公と魯の曹沫(そうかい)の故事があります。
(史記・刺客列伝第26)。

当時、斉に圧迫され領土を削られていた魯の荘公は、遂邑(すいゆう)という町を献上することで屈辱的な講和を結ぶことになり、その儀式への出席を余儀なくされます。
このとき、曹沫は斉と三度戦って破れるという立場にあったために一身をなげうって領土の回復を図ろうと考えました。そこで、儀式を行う壇上で桓公に匕首(あいくち)を突きつけ、奪われた魯の領土の返還を迫ります。

桓公と宰相の管仲はその要求を飲まざるを得なかったのですが、解放された後に桓公は、魯の荘公と曹沫を捉え殺そうとします。しかし、管仲に止められ、脅されて結んだ約束であったにも関わらず、領土の返還を実行します。

これにより、斉の桓公は征服した土地を放棄するかわりに、「信義に厚い君主」と言う国際的な信用を得ることができ、春秋時代の最初の覇者として周から認定を受けるようになります。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報