先日グアムのレンタカー料金$150をデビットカードで支払いました。
帰国後口座を確認すると25,000円が二回、合計5万円が引き落とされていました。

すぐにカード会社に確認したのですが、『例えば、海外のホテルにチェックインする際に実際の請求額と異なる金額でカードを切る場合がございますが最終的には払い戻されます。今回のレンタカーもそのケースかと思われます。詳しくはレンタカー会社へ』との事。

海外でカードを使ったのは今回が初めてなので何の事がさっぱり分からず、レンタカー会社に確認をとると現地責任者(日系人?)から電話があり、『実際にご請求した金額は$150で間違いありません。その$250は「オーストライゼーション(と聞こえました)」ですので、最終的にはお戻しする形となり、実際の引き落とし額は$150のみとなります。』との回答でした。万一不備があればご連絡下さいとの事。

「オーストライゼーション(?)」の意味を聞くと、マッチする日本語が出てこないらしく、「保険」とか「確認」といった様な事を説明してくれました。私が「ホテルのチェックインでの様な?」と聞くと「それです!」との返事。

海外でカード使う時この「オーストライゼーション(?)」という手順がスタンダードなのでしょうか?因みにレンタカー会社は日本の大企業ですので騙されてるという事は無いと思います。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

海外のホテル、レンタカーなどを利用する場合、プリオーソライゼーション(事前承認)としてクレジットカードを提示を求められる場合があります。

デポジットともいい、保証金の意味があります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
海外ではやはりその様な事があるのですね。
デポジットですか、勉強になりました。

お礼日時:2009/05/13 08:11

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング