最新閲覧日:

雨の日のシールドの曇りで困っています。市販のメガネ用は使ってみましたが効き目が弱く大量の雲りには対応できません何か良い方法があれば教えて頂きたく宜しくお願いいたします。

A 回答 (6件)

 曇り止め剤の効果とは、シールド表面に極薄く塗布されていて、普段は乾燥しています。

曇りの原因となる微少な水の粒がやってくるとこれを吸収し、表面の平滑性を保ちます。しかし、吸収できる量には限りがあるため、これを超えた水分の到来により飽和し、重くなって一緒に流れ落ちてしまいます。濡れてしまえば、それ以上曇ることはないのですが、曇り止め剤が流れた跡は平滑でないので視界を悪くします。

 ですからまとまった長距離を走る場合には、むしろ曇り止め剤は使わないで、シールドコーティング剤でも塗っておき、わざと沢山曇らせて水滴を大きくさせて自重で流れ落ちるように仕向けた方が得策かも知れません。

 停車中に息をするときも鼻で吐かずに口で下向きに吐くようにすれば、曇りも防げます。

 何度も書くようですが、いずれにしてもシールドは油分が無いように綺麗に拭いて磨いておくことが必要です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

たびたびのご回答ありがとう御座います
大変参考になりましたといいますか長いこと悩んでいたことの結論がでました。
ありがとう御座いました。

お礼日時:2001/03/09 17:02

シールドの内側は汚れていませんか?


きれいであれば市販の曇り止めでもきっちり塗り込めばそこそこ持つと思うんですけど…。

フルフェイスだととかく曇りがちですが、理屈としては中に暖かい空気をためなければいいのですよね。
つまらないことですが、『信号ではシールドをあける』『鼻から息を吐く』『上唇を突出して顎の方に息を吐き出す』だけでも曇りには有効です。

メットにエアインテークを増設するのも効果的です。

asucaさんのおっしゃるフェイスマスク同様、バンダナを鼻の下(鼻を隠すとよけい曇ります。)から逆三角にまけば口からの吐息はメットの外に逃げるので曇り防止に使えますよ。防寒にもなるし。

あとは風呂場の鏡に貼るような曇り防止のシートが販売されていますので、利用してみてはいかがでしょうか?以前OFFのレースでゴーグルに試してみたことがありましたが、サイズがあるのかな?フルフェイスのシールドの曲面に添うかどうかは不明です。

ゴーグル(フルフェイスに?)の曇り防止の最終技は『スポンジ除去(顔に当たる部分は除く)』です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとう御座います。早速バンダナ方式でやってみようと思います。
しかし、最終技のスポンジ除去以外は完全な方法は無いようですね!

お礼日時:2001/03/09 15:01

以前バイクに乗っていたときは多少シールドを上げて走るかスキー用のシリコンで出来たフェイスマスクをつけていました。


結構効果はありました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。スキー用シリコンのフェイスマスクですと逆にた口元に溜まってしまうようなきがいたしますが。こんど試してみます。ありがとう御座いました。

お礼日時:2001/03/09 12:27

 曇るのはどの部分ですか?



1.シールドの内側
2.  〃  外側
3.眼鏡

対策
1.曇り止めは何を使っても結局ダメだと思います。それは曇り止め材が吸収できうる量以上に湿気を発生するからです。走行中よりも信号などで止まったときに曇りやすくなると思いますが、そのようなときにシールドを少し開けるなどして、息が当たらないようにするのもコツですね。
2.これは曇りと云うよりも雨粒だと思います。シールド用の雨をはじくコーティング材が売られていますので、予め塗られておくことをお勧めします。ただし、効き目は期待できるのですが、持続しないのが欠点です。
 なお、シールドは汚れていると曇りやすくなるので、磨き材でぴかぴかつるつるにしておきましょう。
 出先のエマージェンシーとして、唾を塗るとかエンジンオイルを塗るなどの荒技もありますが、なるべくやめておきたいものです。
3.シールドに比べてやっかいなのがコレです。シールドなら走行中でも片手で何とか拭けますが、眼鏡はお手上げです。寒い雨の日の走行中に蒸したトンネルに入った瞬間、前が真っ白になります。これはもう緊急避難で路傍に止まって善処するしかありません。対策としては、風を当てておくことしかないのです。
 スキーのゴーグルを使う場合には、換気扇付きのものを使うとベストです。あれは湿気センサーが付いていて、曇ったときだけ動作するようになっています。シールドだけでなく、眼鏡の曇りも除去してくれるので、本当に助かりますね。

この回答への補足

1.なのですが、雨の寒い冬に(最近のことですが)シールドの内側に市販のメガネ用曇り止めを塗っておいて、初めのうちはよかったのですがだんだん曇ってきて許容量(曇り止めの)を超えてしまったのかいっきに曇ってしました(シールドを少し隙間をあけていましたが)、結局寒いのにシールド全開で雨に顔をうたれつつ走っていました。(近距離のためあまり被害がなかったのですが今後ツーリングに行った時のことを考えるとブルーになってしまいました。)2.は大丈夫でした。シールドコーティング材を塗って有りました。3.メガネも何とか大丈夫でした。市販でメガネ屋さんで購入品です。結局メガネが雨にぬれるのを嫌ったのと寒さを嫌ってあまり半開きにしなかったのがいけなかったのかと思われます。許容量を超えるとかえって曇り止めが邪魔になるような気がしました。いかがな物でしょうか。

補足日時:2001/03/09 12:29
    • good
    • 0

 私がやっている方法は、台所用洗剤(ママ○モンみたいなの)を濃い目に塗りつけて乾かす方法です。



 ぜひ一度お試しください。 
 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご解答ありがとう御座います。ママ○モンみたいなのはスキーの時にゴーグルで試してみたことがあったのですがあまり効果がなっかったと記憶していてため使っていませんでしたが、こんど試してみます。

お礼日時:2001/03/09 12:51

スキーのゴーグル用はどうでしょうか?

    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます、こんど試してみます、こうなったらなんでもやってみます。(お金がかからないもだけですが)

お礼日時:2001/03/09 12:58

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ