ついに夏本番!さぁ、家族でキャンプに行くぞ! >>

三隣亡の日に引越しの挨拶に来られたら嫌ですか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

みなさんのご回答のように、気にする人は気にする程度のことだと思います。

ただ、三りんぼうに関しては、現在(三隣亡)と書くことが多く。読んで字の如く隣三軒が滅びると解釈できます。
要は、贈る側が気にすることではなく、贈られた方がより気にすることではないでしょうか?
万一、隣近所にそのようなことを大変気になさる方がいた場合を考慮すると、やはり避けた方がよろしいかと思います。
    • good
    • 0

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より。


  三隣亡は少し前までは建築関係者の大凶日とされ、棟上げや土起こしなど建築に関することは一切忌むべき日とされた。

  新潟県や群馬県の一部では三隣亡の日に土産物を貰った者は没落し、贈った方は成金になるという言い伝えがあるので三隣亡の日に贈り物を贈ることは避けるのが風習となっている。

この事でしょうか?
何となく禍が置きやすいとの認識を持つ人は多少居るかも知れませんが、ほとんどの人は何も考えていません。
現実に何の根拠も無いことですから。
    • good
    • 0

 質問者様ご自身が、そういう質問をなさってるところを見ると・・・やはりそういったもの(大安、友引、仏滅・・・)を気にとどめている方だと思います。



 ということで、避けたほうがいいと思います。
    • good
    • 1

今の日本では、ほとんど気にしない方が大半だと思います。



もちろん、お住まいの地域や住民の年齢構成によって変化はあるかもしれませんが。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q三隣亡に地鎮祭をしてしまった

いつもお世話になっております。
先月地鎮祭を行いました(神主さんは呼ばずに済ませました)が、その日が三隣亡だった事を今日知りました。
三隣亡って、その日に地鎮祭や上棟をすると、 現場で事故が起き、けが人や死人が出る、あるいは火災が発生して、向こう三件両隣を亡ぼすと言われているのですよね?
迷信でも決して良い気はしません。建築会社が一言で教えてくれれば延ばしたのに・・・
着工してからトラブル続きなのはこのせいでは?とまで考えてしまいます。
三隣亡に地鎮祭をされた方はいますか?
どなたかアドバイスお願い致します。

Aベストアンサー

私は建築をなりわいにしております。
設計に入る時にまず家相を気にしますか、と尋ねます。全く気にしませんと言うお返事が返ってくれば土地の形とか住まい方からだけのアプローチをして家相を考慮から外します。地鎮祭も棟上もご相談を掛けますが、その日取りもお客様のお気持ち次第です。勿論、気にしますという方にはそれなりの配慮をします。

方角・日取りなどの吉凶判断の当否は人の心の内にだけあって、それ以外の所にはないと思います。気にする人には重くのしかかって来、気にしない人に対しては何の影響も及ぼさない「学問?」です。

さて、あなたは既に地鎮祭を済ませられました。仰るように迷信と解っていても良い気分でない事は理解できます。しかし過去の出来事を気にするのはこれからやってくる幸運に背を向けることなのかも知れません。

もし、どうしてもこだわる心から開放されないなら神社に行って理由を説明してから神主さんにおはらいをして頂いたら如何でしょうか。その神社も行ける範囲で大きな神社を選べばしっかり心も晴れるでしょう。

私は自分の結婚式の日取りをたまたま仏滅にしました。その日が空いていたからに過ぎませんが35年を過ぎた今でも仲の良い夫婦と言われます。又自宅のカレンダーは六曜の記載がないものを使い、気にしませんから仏滅・三隣亡の災いは我が家にはありません。このような生き方もある事ですから…。

私は建築をなりわいにしております。
設計に入る時にまず家相を気にしますか、と尋ねます。全く気にしませんと言うお返事が返ってくれば土地の形とか住まい方からだけのアプローチをして家相を考慮から外します。地鎮祭も棟上もご相談を掛けますが、その日取りもお客様のお気持ち次第です。勿論、気にしますという方にはそれなりの配慮をします。

方角・日取りなどの吉凶判断の当否は人の心の内にだけあって、それ以外の所にはないと思います。気にする人には重くのしかかって来、気にしない人に対しては何の...続きを読む

Q三隣亡と上棟式

現在、新築中の者です。
早速ですが、基礎工事も大体終わり上棟式を行う予定ですが、
建築会社さんから言われた日が三隣亡だと最近知り、どうして良いのか悩んでいます。
そこで質問なのですが、大工さんをはじめ建築関係の方が嫌がらなければ、
三隣亡の日に上棟式を行っても問題ないのでしょうか?
また、”この日に建築事を行うと三軒隣まで亡ぼす”
と言われている事から、ご近所にいやな印象を与えたりしないでしょうか?
私としては、工期もありますしこの日でもかまわないと思っております。
何卒、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

微妙ですね。

三隣亡はなる迷信は1の方のおっしゃる通り全く以って馬鹿げた過程を経て今に至っている事は事実です。
建築に絡む迷信の中でも筆頭クラスの迷信と言えましょう。

ただし、わたしの経験を述べますと・・・

数年前の「年の三隣亡」(もっとも馬鹿げてます)の際、強硬な近隣クレームにあい数ヶ月着工を延ばした事があります。
当方設計事務所としては施主の説得にあたりましたが近所づきあい重視の施主は近隣の横暴に従う事となりました・・・。

特に年配の方は気にされる方は多いです。
最近の監理物件の建て方に於いては40過ぎの施主からも「日は大丈夫?」と、確認されました。

近隣に住宅が多い場合後々難癖を付けられる可能性があります、近所付き合いに配慮すべきと判断されたら一日延ばすのも選択の一つでしょう。(裁判をしても絶対に勝ちますが疲れますよね)

10世帯に一人は精神を病んでいる者は居るでしょう、統計を取ったわけでは有りませんが、例えば統合失調症で1/100人位でしたか、他にも病の境界者は多いです。

その辺の見極めが上手く出来れば良いでしょうね、例えば近隣に20代夫婦位しか居ないとかであれば問題は少なそうだとか。

最悪文句を言われたらWikipedia他様々な資料を読ませれば大方納得するはずですが。
(三隣亡の迷信を根拠付ける資料はネット上にも結構有りますよ、以前探した事があります)

本当に困ったものです。

微妙ですね。

三隣亡はなる迷信は1の方のおっしゃる通り全く以って馬鹿げた過程を経て今に至っている事は事実です。
建築に絡む迷信の中でも筆頭クラスの迷信と言えましょう。

ただし、わたしの経験を述べますと・・・

数年前の「年の三隣亡」(もっとも馬鹿げてます)の際、強硬な近隣クレームにあい数ヶ月着工を延ばした事があります。
当方設計事務所としては施主の説得にあたりましたが近所づきあい重視の施主は近隣の横暴に従う事となりました・・・。

特に年配の方は気にされる方は多いです。...続きを読む


人気Q&Aランキング