なかなか行けない地方の有名な神社2箇所で、初めてお守りというのを買いました。
あまりあちこちで購入するのは節操がないと思い、今年はこれだけにしようと思っていますが、初めてなだけに扱い方がわからないので教えて下さい。

1. お守りはいくつも持っていてもよいものですか?
2. 財布や鞄に入れて持ち歩いてもよいですか?
3. お寺で買ったり神社で買ったり混同はよくないですか?
4. 引越しを機にマンションにお札を祀りたいと思っています。
  近所に神社があるので、お札を買って祀るならやはりこうした地元の方が失礼ないでしょうか。1.のお守りとの差別にはなりませんか?
5. 神棚のないワンル-ムでのお札の祀り方を教えて下さい。
6. 家系は仏教なので時々心でお経を唱え家族の安全を祈ることがあります。
  その一方で神様もお参りするというのは邪道でしょうか。


以上、宜しくお願いします。

A 回答 (1件)

(1)いくつ持ってもいいです。

神さんはそんな心の狭い人ではありません。
(2)濡れたり、汚れたりする体に直接つけるのでなければ、何に入れて持ち歩いてもいいです。自動車の方は車内置いておいてもいいです。
(3)もともと神仏は一つのものでした。だから仏さんと神さんが喧嘩することはありません。
(4)その場合はタンスの上でも食器棚の上でも置くかピンでとめて、気が向けばコップに水を汲んでおいてあげればいいです。それと近所の神社があるなら、あなたはその神さんにお世話になることになりますので、お参りをしてお札をお買いになるのが一番いいと思います。
(5)さきほど(4)に書いた通りです。
(6)邪道ではないです。さきほども書きましたが、もともとは神と仏に分け隔てはありませんので、心でお経を唱えても、神社にお参りしても全然かまいません。お地蔵さんが好きなら、お地蔵さんばかりにお祈りされてもいいくらいです。
私は、信仰は生き方だと思っています。激しくつらい人生を送られる人も可もなし不可もなしという人生の人もいます。どちらがいいかなんてことは、その人の考え方です。自分で考えることをしない人間には信仰は無意味だと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳しくありがとうございます! よくわかりました。
単に他力本願とならないように、精進しつつお参りしたいと思います。

お礼日時:2009/05/12 14:33

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qほう葉みその食べ方

過日、飛騨地方へ旅行に行った方から「ほう葉みそ」をお土産にいただきました。
中には、「みそ」と「ほう葉」が入っているだけで、料理方法等の説明がなくどのようにして食べたらよいのかさっぱり解りません。
「食べ方」「料理方法」等お教えください。

Aベストアンサー

まず味噌に長ネギのみじん切り(小口切りでもいいです)やしいたけの薄切りなどを混ぜます。
その味噌をほう葉の上に乗せ、空焚きが大丈夫なフライパンや、餅焼き網などの下から加熱するもので葉の下側から加熱します。
味噌がグツグツいい始めしいたけに火が通ったら出来上がり。
味噌にほう葉の香りが移り、味噌が焦げた風味はなんともいえずおいしいです。私は白いゴハンにこれがあれば他になにもいりません。
味噌は市販のものでも出来ます。多分セットになっているなら味噌に味をつける必要はないと思います。味噌の味をみてみりんや砂糖などで甘みを足してもいいですよ。
参考URLではホットプレートでの作り方が紹介してあります。ポイントはほう葉の下から加熱。それが出来れば何でもOKですよ。

参考URL:http://www.koujiyamiso.co.jp/houba/hot.htm

Q神社のお札の祀り方

町内会の回覧板と一緒に、地元の神社のお札が配られて
きました。
しかしうちには神棚はありません。また神棚を購入する
つもりもありません。
お札だけで、どのように祀ればいいのでしょうか?
台所か玄関の壁の上にセロテープで貼っておけばいいのですか?

Aベストアンサー

お礼を有難うございます!すいません、ちょっと席をはずしていました。

>お札を寝かせた状態で置いておけばいいのでしょうか?

いえ、壁などに立てかけた状態にしてください。壁につけるにしても、テープなどではなくふ糊の様なもので貼り付けるほうが良いと思います。年の終わりに剥いだとき、壁に多少残っても水でふやかせばきれいに剥げますしね。でも、壁に立てかけるのが一番無難だと思います。

あと、出来るだけ皆のいる場所に置いてください。家内の守りなので、皆の見えるところが良いと思いますよ。それから、仏壇等がある時は、それよりも必ず上の位置に祀って下さいね。それと、毎日は無理でしょうが、毎月一日と十五日くらいはその周りは拭き清めるようにしてくださいね。

ちょっと面倒・・・と感じられるかも知れませんが、粗末にされないようにされていれば良いと思います。

ご参考になりましたでしょうか?

Q異性を無視する方と無視される方どちらのほうが辛い?

職場の人間関係で質問です。

同じ職場で毎日会う異性を無視する方と無視される方どちらのほうが辛いでしょうか?

どっちもどっちという回答ではなく、具体的にどっちのほうがどういう風に辛いのか、どっちの方がどのように傷つくのかというようにご回答をお願いします。

とても悩んでいます。

Aベストアンサー

なぜそういう関係?
そういう悩みになるのか
状況がわからなくて
意見が言えません・・・・


なぜ無視するほう
されるほうという問題がでてきたのですか?

よければ教えてください。

Qお守り、お札のあつかいについて

今年はよくない事が多く、
たくさんの神社やお寺に言ってお守りやお札を
買ってきました。

しかし、ある方からあまり多くのお守りやお札を持つのはよくない
と聞きました。
(ネットとかで調べてもそのように書かれていることが多かったです。)

そこで質問です。
現在に、お守りやお札をたくさん持っている状態です。
どうすればよい状態(安定した状態?)にできるのでしょうか?

どなたかお教えいただければ幸いです。

Aベストアンサー

その気持ち分かります。
良くない事が重なると、神頼みしたくなる気持ち…
多くの方がそういう気持ちになると思います。
ちょうど時期も師走になろうとしていますよね。
今までの感謝の気持ちを込めて、お札やお守りを神社に持って行きましょう。
頂いた神社でなくても構いません。
例えば私のよく行く川崎大師などは「お札納め所」があり、ここにお守りやお札を納めさせてもらっています。
遠方で頂いたお守りなども一緒に納めさせて頂いてます。
お炊き上げなどやいろいろな意味を込めて、ある程度のお賽銭を入れさせてもらっています。

それから、これは個人の意見ですからスルーして下さって構いません。
今、質問者さんがお住まいの地域の氏神様を大切にすると良いそうです。
それから崇敬する神社をお祭りすること。
これを大切にして毎朝手を合わせれば、他の神社に心移りすることは
ないでしょう(笑)

Q<ほう>の使い方 

会社の事務が電話の対応で<営業のほうへ行っております>と対応しています。営業で出ていることに対し、ほうの使い方が正しいか教えて下さい。

Aベストアンサー

「~のほう」は、ぼかし表現(下記(4)の用法)として正しい使い方ですが、
特にぼかす必要がない場面でむやみに使うことが問題になっているのだと思います。
----------------------------
『広辞苑』
ほう【方】
[1] (1) 向き。かた。「東の―に煙があがる」「方面・方位・前方ぜんぽう」
  (2) ある地域。「方言・地方」
  (3) ある部面・分野。「酒の―では引けを取らない」
  (4) 話題のものをぼかして、その部面であることをいう語。「設計の―をやっている」
  (5) 並べて幾つか考えられるものの、一つ。「酒より菓子の―がいい」
  (6) どちらかといえばこれだという部類をいう語。「勇気のある―だ」
----------------------------

余談ですが、「営業に出ています」という言い方も、ちょっと違和感があります。
意味は分かるし、ふつうに使われている言い回しなので、いちいち指摘はしませんが、
正しくは「営業活動に出かけています」ではないかと。

Q巾着状ではないお守りを買った時の包みははがして持っていてもいいのでしょうか?(お守り自体の包みです)

布で巾着状になっていない、紙を追って包んであるタイプのお守りを購入した際、お財布に入れるのが少し大きかったので中身だけ持ちたいと思ったのですが、お守りを包んでいる白い紙ははがしてはいけないものなのでしょうか?
このタイプのお守りは、厚めの半紙のような紙で縦に三つ折り、さらに上下の余分な部分を織り込んだ紙の中に、厚紙で作られたそのお守りの御神体のようなものが入っています。(お守りを買ったときに入れてくれる紙の小袋ではないものです)
その包み紙が大きく、持ち歩くには少し不便なので、中の厚紙だけを持ち歩きたいと思うのですが、この紙を含めてお守りなのでしょうか?

もちろんそのまま持ち歩くのがいいのでしょうけれど、できるだけ肌身放さず持つために中身だけを…という考えです。
ご存知の方いらっしゃいましたら教えてください。

Aベストアンサー

難しいところですね。本来お守りは中身の事。外側の守り袋は器です。昔は神社から頂いた米や社や御神木の健在の切れ端などを自分で作った袋に入れたのです。最近車か自動車保険のコマーシャルで子供が御守りを作ってお父さんに渡すのがあります、あれが本来の姿。あの場合は自分の髪の毛などを入れておくんです。
御守り袋はサービスなんですが、いつの頃か封のあかないお守りが増えました。これは御守りを外注で作るようになったからです。厚紙でなにやら書かれた本体。これに各神社で魂をこめると言うわけ。
ですから、まず、中心の厚紙とその周囲の厚紙、或いは薄紙までは一つと考えるべきです。その外側は本来不要です。神社によっては御守りをお返しする際に袋の中身だけを郵送できるようにしている所もあります。
サイフの中では札や小銭と擦れて傷つくので、薄紙まではそのままがいいし、出来れば保護できるようにしておくことが必要でしょう。

ただ、もう古い状態を知っている神主も減ってきて、いい加減な情報を鵜呑みにしているものが多いので、袋ごと御神体だsなどと言う人もいます。そういう人はとりあえず放置してください。

ちなみに中心の厚紙は御神体ではありません、御神気のこめられた物ではあるので御神体に準じて丁寧に扱うべきではありますが、御神体そのものではありません。
もし御神体であればキチンと祀って、神棚のように神饌を奉仕なければなりません。お守りはあくまでも御守りですので、過剰に考えないことが大切です。
仏教では小さな観音などを持ち歩いて崇敬する風習が古くからあります。これと混同しているのですね。明治になるまで神仏習合の時代を送ってきたので仕方ないことではあります。

難しいところですね。本来お守りは中身の事。外側の守り袋は器です。昔は神社から頂いた米や社や御神木の健在の切れ端などを自分で作った袋に入れたのです。最近車か自動車保険のコマーシャルで子供が御守りを作ってお父さんに渡すのがあります、あれが本来の姿。あの場合は自分の髪の毛などを入れておくんです。
御守り袋はサービスなんですが、いつの頃か封のあかないお守りが増えました。これは御守りを外注で作るようになったからです。厚紙でなにやら書かれた本体。これに各神社で魂をこめると言うわけ。
...続きを読む

Q「~ほうがよかった」の使い方を教えてください

 日本語を勉強中の中国人です。

http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=2095116
 
 上記質問の#7の方のご回答の中で言及された「~ほうがよかった<後悔>」はどのように使うのか、教えていただけないでしょうか。「~ほうがよかった」を使う例文を書いていただければとても嬉しいです。

 自然な日本語で文章を書きたいと思っていますので、よろしければ質問文の添削もしていただけないでしょうか。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

#8です。
しつこくて申し訳ありませんが、自分の説明がどうも不満足なのでまたおじゃまします。
また皆さん方のご意見も参考にさせていただきながら述べてみたいと思いますので、ご了承くださるようお願いしておきます。

最初に、既に述べましたが、私は「た」を過去形と解釈しておいたほうが理解し易いのではないかと思います。

まずご質問者当初の疑問点をもう一度確認しておきます。
先のご質問は、
【「~したほうが」の「た」は何でしょうか。「~したほうが」と「~するほうが」は使い分けておられるでしょうか。】でした。
「カードを使って引き出すほうがかんたんです」という例文が挙げられています。
「ほうが」=「方が」で【選択】の意味を持つことは納得されたと思います。
そして、「引き出す」という現在形で表現するのは、その動詞の「一般的性質(あるいは効果)」に基づいて選択が行なわれたということでしょう。
つまり、『「カードを使って引き出す」という行為が「簡単」という結果をもたらします』という一般的判断を述べているわけです。

これに対して「引き出したほうが」と言う場合は、
『「引き出した」という既成事実を作り上げたとしても、決して後悔はしないほど間違いなく簡単ですよ。』
という意味で、それほど自信を持って簡単であることを強調していることになるのだと思います。
このような意味で「た」を「過去形」と解釈しておくとわかりやすいのではないかと述べているわけです。
無論、わかりやすくするためだけに言うわけではありません。
「現在」という時制を認識すること自体が不可能(あるいは難しい)という本質があるからです。
なぜなら、例えば「今 ! 」と言った瞬間に「今」という言葉、及び「言ったという事実」は過去になっているからです。
それで現在完了形というものを「発明」したりしているわけでしょうが、紛らわしいものにならざるを得ません。
端的に言うと、人間には厳密な意味で(あくまで厳密な意味で、です)主観的に把握できる「現在」は無い、と思われます。


今回のご質問は、
【「~ほうがよかった<後悔>」はどのように使うのか】という内容です。
様々な観点からの回答がなされていますが、それに対するお礼や補足を見て感じたことを述べてみたいと思います。

1、「ほう」が選択の意味であることは既に述べました。
選択である以上、必ず「~」以外の事柄と比較していることになります。
すでに過ぎた過去の選択について「あの時~しておけばよかった」ということですから、結果として後悔と同義になるわけです。

2、「のに」は、後に続く「実際はそうではなかった」という言葉が省略されていると考えてよいでしょう。
そうでなかった事実を再認識することで、結果として【強い後悔の念】を表現することになります。

「天ぷらのほうがよかった」は、まずいトンカツと比較して「天ぷらという選択をしたほうがよかった」という意味ですし、
「天ぷらのほうがよかったのに」は、後に省略されている「実際は違ってトンカツだった」という「よくなかった事柄」を改めて再認識することによって「より強い後悔の念」を表現していることになります。
「贈り物にするのなら,包装は豪華なほうがよかったのに ! 」は、「贈り物にするのなら,包装は豪華なほうがよかった ! 」よりも相手(店員など)に対する強い非難のニュアンスが含まれることになります。

ただ、これは他人に対してだけではなく自分で深く後悔する場合でも使えます。
上記の例文は包装をしたのが他人であることが前提になっているので、他者への非難ということになっているだけです。
「映画に行けばよかったのに。」あるいは「映画に行ったほうがよかったのに」は、通常は他者に対して用いられる表現です。
ただ、「今日は時間がたっぷりあったのだから、前から見たかった映画に行けばよかったのに ! また一日家の中でボ~っと過ごしてしまった。本当に私は出不精だなあ。」などという【自身に対する強い後悔】のニュアンスを込めて独り言を言っているような場面では自分自身の行為にも使えるということです。

ですが、たとえば花子さんが牛乳を間違って買ったことでとても後悔するような性質であれば、「あれ? まだ牛乳残ってたんだ。買わなければよかったのに、どうして買ってしまったんだろう。私の記憶力は大丈夫かしら。我ながら本当~に心配 ! 」と言う場面もあるでしょうが、牛乳一つでそこまで自分を責める人は少ないでしょうから、【強く(深く)後悔する】意味を持つ「のに」を使うと不自然な印象を与えます。

もう少し一般的な例では、『「あんなこと言わなければよかったのに」と思い出しては悔やむことがあります。』
という自省の文が挙げられるでしょう。

3、『「ほうが+過去形」で後悔、遺憾などの気持ちを表せることはちょっと理解不能です。』とおっしゃっていますが、このお気持ちは良くわかります。
「あの店のほうがおいしかった」という場合、単に以前行った他の店と比較して【おいしかったという評価】(支持)をしているだけだという解釈のほうが自然だからです。
「走るより泳ぐほうが速かった」
「僕より君のほうが頑張った」
など『比較する事柄(速い・頑張る)が明確になっている場合』も同様です。

ただ、「~ほうが【よかった】」という漠然とした言葉を使う場合、「~」ということの内容を評価しているわけではないのです。
「走るより泳ぐほうがよかった」は、「泳ぐことがよかった」のではなく、「泳ぐという【選択をしたほうが】よかった」ということです。
「僕より君のほうがよかった」は、「君がよかった」のではなく、(意味は同じですが)「君というという【選択をしたほうが】よかった」という意味になります。

つまり、「~ほうが+過去形」ではなく、「~ほうが+よかった」という表現が後悔を表わしている場合が殆んどではないかということです。
【過去に実際にしてしまった選択】と比較して、【そうではない選択】をしたほうが「よかった」と言っていることになるわけですから。

「~ほうがよかった」は、
『~を選択したほうがよかった』
という一連の意味と考えれば良いのではないかと思います。

4、「そのスカートよりこっちのズボンの方が似合ってたな~」は、少し意味合いが違います。
「そのスカートよりこっちのズボンの方が似合ってた」とすれば、3で述べたように【単なる比較】にすぎません。
後悔の念が含まれているとすれば文末の「てたな~」という、過去に対する詠嘆による効果ということになるでしょう。

「そのスカートよりこっちのズボンの方が似合ってるな~」は、「てるな~」と現在形ですから普遍的な認識としての感想です。
買う前の感想でもよいですし、または、今日はいているのはスカートですが他にズボンも持っていて、そちらのほうが似合うと思う、と相手の人が言っているわけです。

「白の(スカートの)ほうがよかった」は後悔を表わしますから、黒を買ってきた場合でしょう。
自分にものすごく怒る時に「黒のほうがよかったのに!!!」と言うことはできると私は思いますが、やはり、文末が「のに」で終わるのは自然とは言えません。
「ちょっと考えてみればわかりそうなものなのに、どうして気がつかなかったのだろうか ! 黒のほうがよかったのに !!! 本当に私って馬鹿ね !!! 」ぐらいの迫力(または注釈)がないと文章としては不自然に受け取られると思います。

また逆の意味で「~ほうがよかった」という表現を他者に対して使うこともできます。
「もっと大きいほうがよかったのに」というのは通常は相手への非難になります。
これを、やや独り言に近い印象になってしまいますが、「もっと大きいほうがよかった・・・」のような感じで使うと【あまり強くない非難】のニュアンスを出すことができるということです。

#8です。
しつこくて申し訳ありませんが、自分の説明がどうも不満足なのでまたおじゃまします。
また皆さん方のご意見も参考にさせていただきながら述べてみたいと思いますので、ご了承くださるようお願いしておきます。

最初に、既に述べましたが、私は「た」を過去形と解釈しておいたほうが理解し易いのではないかと思います。

まずご質問者当初の疑問点をもう一度確認しておきます。
先のご質問は、
【「~したほうが」の「た」は何でしょうか。「~したほうが」と「~するほうが」は使い分けてお...続きを読む

Q神社のお札をどうすればよいのか

先日ポストの中に「氷川神社大祭祈祷神輿」とかかれたお札が
入っていました。これは、どうすればよいのでしょうか?
そしてどんな意味のあるお札でしょうか?
信仰宗教などはないのですが、ものが物ですので
不要だからといって、そのままゴミ箱にも捨てられず。

どうするのがベストでしょうか。
ご意見をお聞かせください。
どうぞ宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

#4です。
そのようなことでしたか・・見当外れの回答で申し訳ありませんでした。
皆さんの反応を見られてもおわかりかと思いますが、そのようなことは珍しいことのように思います。
試みに周囲の人間にも訊いてみましたが、やはりそのような経験はないようです。

>この場合は有難くお受けするのが宜しいということでしょうか(汗)
前述のようなことで的確であるかはわかりませんが、そのお宮はお住まいの地区の氏神様でしょうか。
そうであればやはり神棚にお祀りするのが筋であるかと思うのですが、そうではない場合は・・どうでしょうか、どこかで頂いたお札はやはり神棚にというのが礼儀であるように思うのですが、質問者さんが頂いてきたものではないですしね・・・。
はっきりとしたことが申し上げられなくてすみません。

Q精神疾患の方に質問。しんだほうがましですか?

精神疾患の方に質問。しんだほうがましですか?

Aベストアンサー

自分は、精神疾患ですが、精神疾患を克服して起業して一代で財を築き世に名を残したいです。

なぜかというと、その方が死ぬより難しいと思うからです。

Q神社のお札とお寺の破魔矢を一緒に飾ってはいけないのですか?教えてください

神社のお札とお寺の破魔矢を一緒に飾ってはいけないのですか?教えてください

Aベストアンサー

一緒に飾ってもいいですよ。
もともと江戸時代まではお寺の中に神社があったりしました。
現在も大きなお寺にはほぼそれを守る鎮護社があります。

 明治維新直後「廃仏毀釈」すなわち、天皇を中心とした政治を行うために、日本本来の宗教である「神道」こそが正しく、6世紀半ばに日本に入ってきた他国の宗教である「仏教」をないがしろにする運動が広がって、神社とお寺は完全にわけられましたが、もともと「神仏習合」という概念・・・たとえばアマテラスは仏教で言えば大日如来であるというような神道と仏教を歩み寄らせる考え方がありました。もちろん現代でも続いています。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報