ロード・オブ・ウォーという映画を見ました。
多くの嘘がちりばめられていて、かなりガッカリしました。
武器売買に関する基礎的な内容は挿入されているので、武器売買の世界的構造の概要をこれから学ぶ人は見る価値がある。
しかし、ラストの部分で、アメリカの高官が違法な武器売買を行った違法武器商人を、
「アメリカ自身の不正な自動小銃の売買を隠ぺいするため。」釈放するというストーリーは完全に捏造であり嘘です。
アメリカ政府は合法的に武器売買を行っており、違法な行為があれば、それを処罰します。
また、そのような隠ぺい工作があれば、内部告発が行われ、そのような工作を行った高官は逮捕されます。

90%の事実の中に10%の嘘を混ぜ込む、極めて悪質な映画だと思いました。
だいたい、アメリカの武器産業はチマチマと小銃や弾薬なんかを売っている商売はしません。
日本や同盟国にイージス艦や戦闘機を売って、何兆円もの売上をあげています。
闇商人が介在する余地など100%ありません。
あの映画は舞台をアメリカにしていますが、それは嘘です。
現在、世界に対して、対人地雷と自動小銃AK47を最も売りさばいているのは“中国”です。
映画の中で闇の武器商人が逮捕されても釈放される話や、アフリカでの大虐殺の話など出てきますが、
あれもアメリカの支援を受けている国ではなく、ダルフール大虐殺といわれている中国が行った大虐殺です。
(ダルフール大虐殺で検索してみて下さい。)

この映画で許せないなと思ったのは、戦争の原因が描かれていないことです。
銃と弾薬を大量に消費するためには、小規模戦闘、テロ、暴動が必要です。
そのためには、人々の憎しみが必要なのです。
そして、憎しみの種を人々に伝えるシステムが必要です。
ニューズウイークは、アメリカの軍人がトイレにコーランを流したと
いう嘘の報道を行い、イスラム教国で暴動が起こり、多くの人が死にました。

憎しみはテロを生み、テロは小銃を必要とします。
アメリカ政府やアメリカの武器産業はテロなど必要としません。
なぜなら、イージス艦や最新鋭戦闘機とアフリカの地域紛争は何ら関係がないからです。
アフリカの地域紛争を煽り、闇の武器商人が対人地雷と自動小銃AK47を売りさばいているのは“中国”です。

中国が行っている悪行を、まるでアメリカが行っているように描いて捏造・嘘を映画化し、無知な人々を洗脳する行為は許されるんですか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

え??あの映画では、(主人公のような武器商人はいわばインディーズであって、)本当の武器販売者は米英仏露中といった大国、国連常任理事国でもある国家そのものだ、というテロップがラストに流れていませんでしたか?特にアメリカを悪者にはしていた印象は受けませんでした。



>アメリカ政府やアメリカの武器産業はテロなど必要としません。
へ?「テロとの戦い」を大義名分にして中東で泥沼の戦争をやっているじゃないですか。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

それは日本のマスコミの洗脳じゃないですか?
回答ありがとうございます。
質問する場所を間違えたようですので、違う場所で再質問させて頂きます。

お礼日時:2009/05/15 11:32

そもそもノンフィクションに基づくフィクションですので。



>アメリカの武器産業はチマチマと小銃や弾薬なんかを売っている商売
その通りですが、そもそも主人公自体はアメリカ製の武器を売買していません。
戦地に投棄された武器(映画ではM16)は売買していましたが、高官がピンはねしてましたっけ。

取引形態として、ユーリ自身=相手、ユーリが代理(アメリカ)=相手と2種類あるかと思います。

例えば独裁国家や反米国に政府転覆を目論む革命組織があったとします。
アメリカは革命組織支援の為に武器を送りたいが、発覚した場合相当厄介な事になります。
そんなとき、主人公の様な闇商人を代理にし提供すれば、発覚したとしてもアメリカが関わった事は判りませんよね。
提供する武器は別にアメリカ製の物じゃなくても良い訳ですし。
あくまで、闇商人=相手という取引ですし、むしろアメリカ製武器でなければ発覚しても大丈夫かと。

>「アメリカ自身の不正な自動小銃の売買を隠ぺいするため。」釈放すると完全に捏造であり嘘です。

釈放されるのは、上記に述べたユーリが代理(アメリカ)=相手という取引情報が漏れないようにする為でしょう。
情報が漏れたら、国家間の政治的問題になりますので。
ユーリは情報を持っている事で、捕まった時の一種の保険代わりをしていたのではと思います。

例えですが、ユーリ自身が個人的に武器を売買しているだけであれば、そのまま逮捕はされていたと思いますけど。
映画の参考にされた武器商人のビクトル・ボウトのように。

>アフリカでの大虐殺の話など出てきますが
あれはユーリが個人的に売買している取引ですので、アメリカはまったく関係ないと思います。
支払いはダイヤで直接行われていましたし。

ダルフール紛争に関しては、中国共産党が間接的に関わっているのは事実ですけど。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳しい回答ありがとうございます。
良回答を差し上げたいところですが、まだ不満足なので、違う場所で再質問させて頂きます。
どうもすみません。

お礼日時:2009/05/15 11:35

その映画はドキュメンタリー映画でしょうか?


普通の映画であればフィクション前提で描かれてると思いますが
映画なんですから 現実には宇宙人だって来ないし タイムマシンもできてないのと同じと考えればいいのでは?
    • good
    • 1
この回答へのお礼

詳しい回答ありがとうございます。
まだ不満足なので、違う場所で再質問させて頂きます。
どうもすみません。

お礼日時:2009/05/15 11:36

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング