今日、自分の子供を虐待し、死亡させた父親に懲役12年の判決がおりました。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090512-00000 …

一方、強盗目的で資産家を殺した男には、死刑判決がおりています。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090512-00000 …

少なくとも、逃げたり、抵抗することも不可能ではなかった大人(子供に比べて)を殺して死刑。
一方、逃げることもできない、無抵抗な乳幼児を継続的に虐待し、死なせた父親は12年。

単純比較をしてはいけないのでしょうが、なぜこんなにも違いがあるのでしょうか。
資産家殺人の場合は強盗がからんでるからなのか、
父親の場合は傷害致死だから、ということになるのでしょうか。

殺人や傷害致死の刑の重さの決まり方の基準を知りたいです。
詳しい方、教えていただけますでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

前者は致死被害者が一名です。

罪名が傷害致死になっていますので殺意は認められなかったということです。
傷害致死に対する刑は三年以上の有期懲役だから、死刑判決は出ません。有期懲役刑は最高二十年です。

一方後者は致死被害者が二名です。罪も殺人罪です。
殺人に対する刑はは死刑、無期または五年以上の懲役です。
殺人罪が適用される可能性のある事案です。

裁判官は、法に定められた範囲を超えた判決を出すことはできません。
また人を死なしめることは、一名でも百名でも、他人でも身内でも、大人でも赤子でも、悲惨な行為ですが、他の事件との公平性が求められます。
死刑については現在も原則として永山基準が採用されています(例外あり)。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B0%B8%E5%B1%B1% …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
「殺意があること」が傷害致死と殺人の決定的な違いであり、
そこで分かれるということですね。

お礼日時:2009/05/13 10:25

これはそもそも、2つの事件で犯人が犯した罪が異なり(記事中に書いてあります)、それに対する法定刑が違うのです。



傷害致死

第205条 身体を傷害し、よって人を死亡させた者は、3年以上の有期懲役に処する。

強盗殺人

第240条 強盗が、人を(中略)死亡させたときは死刑又は無期懲役に処する。

(とりあえず併合罪については割愛してます)

○殺人や傷害致死の刑の重さの決まり方の基準を知りたいです。

個々の刑の決定については、法定刑の範囲の中で、それぞれの事件の事情を勘案して裁判所が決める、としか言えません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
>それぞれの事件の事情を勘案して裁判所が決める、としか言えません。
なるほど・・単純比較というわけにもいかない、ということですね。

お礼日時:2009/05/15 15:29

現在、尊属殺人の罪は存在しないので、適用される条文は共に「殺人の罪」です。



昨日、別の方に回答の中で紹介した書籍の1つ(裁判官の爆笑お言葉集・幻冬舎新書)を、購入して読んだのですが、ご質問に関する所は『判事の考え方次第』『暗黙の相場』と言う感想を持ちました。
若し機会が有りましたら、「裁判官の爆笑お言葉集」のP19~29、P152~153、P174~187をお読みいただけると、宜しいかと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2009/05/15 15:27

 自分の肉親を殺した場合・・・特に自分の子供を殺した場合は、同じ一つの命とは違うような気がします。



 やはり他人様に被害を与えるのと、身内のことは違って当たり前のような気がします。

 法律はまったく詳しくないので、あくまでも私の気持ちですが。

 かつては親や祖父母を手にかける「尊属殺人」は罪が重いなんて時代も有りましたが、これも1973年に違憲とされ、1995年以降はその言葉すらも削除されたみたいです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
なるほど、そういう考え方もあるのかと思いました。

お礼日時:2009/05/12 22:28

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q懲役刑と禁固刑の違い

ニュースで良く耳にする「懲役」と「禁固」とはどう違うのでしょうか?
禁固刑はずっと牢屋に閉じ込められて一切外には出れないのでしょうか?
この犯罪は懲役刑、この犯罪は禁固刑と犯罪によって決まるのですか?
わたしなら、牢屋に閉じ込められるくらいなら禁固刑三ヶ月なら、ある程度自由のある懲役刑1年くらいの方がまだマシです。

独り言のような疑問なのでおヒマな方、回答おねがいします。

Aベストアンサー

処遇の内容については皆さんお答えのとおり
刑務作業(要は強制労働)の有無のちがいです。

懲役刑は軽蔑すべき犯罪を故意に行った「破廉恥犯」に課されますが
禁固刑は政治犯など、自分の政治的信念に従って「正しいこと」と信じて行動した結果が犯罪になった場合、また過失犯など「非破廉恥犯」と言われる場合に課されます。

禁固受刑者で作業をしない人は1%にも満たないそうです。ほとんどの禁固受刑者は自ら望んで刑務作業(請願作業といいます)をします。

と、大学で習いました

Q業務上過失致死罪についての話です。 一人の男が死刑判決を受け、今まさに死刑が執行されようとしていま

業務上過失致死罪についての話です。

一人の男が死刑判決を受け、今まさに死刑が執行されようとしています。三人の執行官が各々刑を執行するボタンを押し、受刑者を死刑に処します。
通常死刑が執行されると、足元の板が外れ受刑者は首を吊って死亡します。しかし、足元の板が外れた瞬間、同時に首吊り用の縄が外れてしまい、受刑者はそのまま下に落ちてしまいました。運悪く、受刑者は落下したときに頭を強く打ってしまい、そのまま亡くなってしまいました。
ここで本題です。この様な事故が起きてしまった場合、死刑を執行する施設の責任者は業務上過失致死罪にあたる罪を犯したことになるのでしょうか?又は本来死刑を執行する事が決まっていたので、お咎め無しなのか?

単純に自分の興味で聞いているだけなので、是非是非皆さんの意見をお聞かせください。

Aベストアンサー

この様な事故が起きてしまった場合、死刑を執行する
施設の責任者は業務上過失致死罪にあたる罪を
犯したことになるのでしょうか?
  ↑
施設の管理などについて、過失があることを
前提に、業務上過失致死が成立します。
まあ、実際に立件されることはないでしょうが、
犯罪としては成立すると言わざるを得ません。

例えば、車に轢かれた。
1分後に死ぬはずだったが、10秒後に
他の車に轢かれて即死した。
他の車の運転手が業務上過失致死で
最初の車の運転手は業務上過失傷害
ということになります。


本来死刑を執行する事が決まっていたので、
お咎め無しなのか?
  ↑
実際はそうなるでしょう。


尚、ロープが切れた、という事件は実際に
発生したことがあります。
その場で、やり直し、無事に死刑になりました。
法的にも、この処置は正しかったと評されて
います。

Q懲役刑と禁固刑はどちらが罪が重いのですか?懲役は労働を伴う、禁固は労働

懲役刑と禁固刑はどちらが罪が重いのですか?懲役は労働を伴う、禁固は労働を伴わない。とされていますが、死刑囚は労働せずに、独房に入れられるそうですから、禁固刑の方が罪が重いのでしょうか?

Aベストアンサー

禁固刑とは
 日本国の現行刑法では、禁錮(きんこ)とは、自由刑の一種であり、受刑者を刑事施設に拘置する刑罰である(刑法第13条)。禁錮は無期と有期とに分類される

・無期禁錮
 無期禁錮は、死刑、無期懲役に次いで重い刑である。日本国の刑事法においては内乱罪並びに爆発物使用罪(爆発物取締罰則第1条)及び爆発物使用未遂罪(爆発物取締罰則第2条)にのみ定められている、非常に稀な刑罰である。少なくとも1947年以降に無期禁錮を言い渡された者はいない。

・有期禁固刑
 有期禁錮は、原則として1ヶ月以上20年以下である(但し、刑を加重する場合には30年まで、減軽する場合は1ヶ月未満にすることができる)。したがって、ある条文において「2年以上の有期禁錮に処する」などと書かれている場合、天井知らずの刑が言い渡される可能性はない。裁判所は原則として「2年以上20年以下」の範囲内で量刑しなければならない。
有期懲役と刑の軽重を比較するときは、「有期の禁錮の長期が有期の懲役の長期の二倍を超えるとき」は禁錮のほうが重い刑であるとされている(刑法第10条)。3年以下の禁錮刑が言い渡された場合においては、情状によって、その刑の執行を猶予することができる。2007年に通常第一審事件の終局判決として禁錮が確定した人員は、3,548名である。このうち実刑判決は、3年超が11名、1年超3年以下が156名、1年以下が44名である。執行猶予を付された者は3,337名で、執行猶予率は94%に達している。

懲役刑とは
 懲役(ちょうえき)とは自由刑のひとつであり、受刑者を刑事施設に拘置して所定の作業を行わせる刑罰のことである(日本の刑法12条2項を参照)。
日本においては自由刑として他に禁錮と拘留が存在する。

隔離
 犯罪者を一定期間社会から隔離することにより社会の安寧を図る。また犯罪者を被害者による報復や社会の疎外から保護する。

抑止
 長期間自由を奪うペナルティーを科すことにより、犯罪を割に合わないものとする。

矯正
 強制労働という苦痛を与えることによって再犯防止を図るとともに、生活習慣などの健全化や職業訓練ともなるため社会復帰に役立つとされている。

禁固刑と懲役刑の違い
 同じく自由刑である懲役との制度上の違いは、懲役では「所定の作業」を行わなければならないのに対して、禁錮ではただ拘置(監禁)することのみが定められていることにある。
ただし、願い出により刑務作業を行うこともできる(「請願作業」あるいは「名誉拘禁」などといわれる。刑事収容施設及び被収容者等の処遇に関する法律93条、刑事施設及び被収容者の処遇に関する規則56条)。多くの禁錮受刑者は、請願作業に従事することを望むのが実情で、懲役と禁錮を区別する意義は薄いとする議論(自由刑単一化論など)も存在する。
また、同じく自由刑である拘留との違いは、期間の長短による。禁錮刑が無期または1ヶ月以上20年以下であるのに対し、拘留は1日以上30日未満である。



古くは、禁錮は政治犯や過失犯に科されるもので、懲役は破廉恥罪(殺人、窃盗など道徳的に非難されるべき動機により行われる犯罪)に対して科されるものとする理解があった。その名残りとして、政治犯的性質を持つ内乱罪の法定刑には懲役がない。しかし、現代においては必ずしもこのように解釈されているわけではなく、例えば、過失犯は非破廉恥罪であるが懲役刑が科されることもある。

結論からは、基本的に懲役刑の方が刑罰は重いと言えます。

参考に
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A6%81%E9%8C%AE
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%87%B2%E5%BD%B9

>死刑囚は労働せずに、独房に入れられるそうですから

刑務所は刑を執行される場所という機能が大きい。刑は禁固刑から懲役刑、死刑などの身柄が拘束されるものに限定される。罪の償いを行うべき場所であり、それが前提で運営されている。ただし、社会復帰が見込まれる者に対してはそのための支援が行われる場合もある。
日本において死刑囚は刑務所には収容されず、拘置所に収容される。
矯正施設である刑務所の方が厳しい施設です、死刑その物が刑であって、死刑執行までのそれまでは拘束してるだけに過ぎません。

禁固刑とは
 日本国の現行刑法では、禁錮(きんこ)とは、自由刑の一種であり、受刑者を刑事施設に拘置する刑罰である(刑法第13条)。禁錮は無期と有期とに分類される

・無期禁錮
 無期禁錮は、死刑、無期懲役に次いで重い刑である。日本国の刑事法においては内乱罪並びに爆発物使用罪(爆発物取締罰則第1条)及び爆発物使用未遂罪(爆発物取締罰則第2条)にのみ定められている、非常に稀な刑罰である。少なくとも1947年以降に無期禁錮を言い渡された者はいない。

・有期禁固刑
 有期禁錮は、原則として1ヶ...続きを読む

Q死刑判決の根拠。判決が出るスピードと死刑執行までのスピード

 死刑判決が出る根拠はどれくらいの罪だとなるんでしょうか?。
 人を殺したら必ず死刑なんでしょうか?。
 殺人しても計画性が無く、反省の態度があれば無期懲役?。殺人しても懲役何年は有り得るでしょうか?。
 
 死刑判決が出るまでのスピードや死刑執行までのスピードは個人差がありますが、どういう違いがあるんでしょうか?。
 麻原被告のようにうやむやな態度をしていると、審議が進まないんでしょうか?。
 死刑執行まで10年など掛かる人もいますが、何故そこまで掛かるんでしょうか?。宅間被告は一年くらいで執行されましたが。

Aベストアンサー

 こんにちは。

 死刑判決をするための判断基準は、4人を殺害した連続射殺事件の永山則夫元死刑囚のケースで最高裁判所の判決(1983年7月)によって確立したとされています。
 その判決では、死刑を選択できる判断基準として、罪質、動機、態様、被害者の数、社会的影響などを挙げています。

 具体的な判決内容は、「「犯行の罪質、動機、態様ことに殺害の手段方法の執拗性、残虐性、結果の重大性ことに殺害された被害者の数、遺族の被害者感情、社会的影響、犯人の年齢、前科、犯行後の情状等各般の情状を合わせ考察したとき、その罪責が誠に重大であって、罪刑の均衡の見地からも一般予防の見地からも極刑がやむを得ないと認められる場合のみ、その(死刑)選択が許される。」

 この「永山判決」は、考慮すべき事情の一つとして、被害者の数といっただけで、1人のときは死刑にしてはいけないといってはいませんが、いつの間にか被害者が複数でなければ死刑にしないという流れができてしまっているのが現状です。
 つまり、初犯で一人殺したくらいでは死刑にならないという事です(怒)。

>死刑判決が出るまでのスピードや死刑執行までのスピードは個人差がありますが、どういう違いがあるんでしょうか?。
 麻原被告のようにうやむやな態度をしていると、審議が進まないんでしょうか?。

 判決は、裁判の進み具合によるでしょう。麻原みたいなやり方は得(卑怯)で、故宅間は損(真摯)なやり方だったという事ですね。
 執行までの時間は、推測するしかないですが、「死刑制度はやめないぞ」という感じで、死刑廃止論が強まってくると、執行される様な気がします(私だけ?)。あと、故宅間のように、世間を震撼させ、多くの人が早期の執行を望んでいた得意なケースは早いようですね。

>死刑執行まで10年など掛かる人もいますが、何故そこまで掛かるんでしょうか?。宅間被告は一年くらいで執行されましたが。

 長くかかる人は、その間に反省してもらおうという事でしょう。いつ死刑になるか分からない、明日かもしれないと思いながら暮らすのも、これは精神的にとても辛いと思いますよ。

 こんにちは。

 死刑判決をするための判断基準は、4人を殺害した連続射殺事件の永山則夫元死刑囚のケースで最高裁判所の判決(1983年7月)によって確立したとされています。
 その判決では、死刑を選択できる判断基準として、罪質、動機、態様、被害者の数、社会的影響などを挙げています。

 具体的な判決内容は、「「犯行の罪質、動機、態様ことに殺害の手段方法の執拗性、残虐性、結果の重大性ことに殺害された被害者の数、遺族の被害者感情、社会的影響、犯人の年齢、前科、犯行後の情状等各...続きを読む

Q禁固と懲役

 今日ニュースで、元厚生省の官僚に禁固刑の判決が出ましたが、懲役刑とは、どこが違うのですか?
 懲役は労働をさせられると認識していますが、禁固だと独房のようなところへ一人でいるのですか?

Aベストアンサー

刑法に以下のように規定されています。

(懲役)
第十二条  懲役は、無期及び有期とし、有期懲役は、一月以上二十年以下とする。
2  懲役は、監獄に拘置して所定の作業を行わせる。
(禁錮)
第十三条  禁錮は、無期及び有期とし、有期禁錮は、一月以上二十年以下とする。
2  禁錮は、監獄に拘置する。

Q殺人未遂と過失傷害致死

どっちの罪が重いでしょうか?
意図的なことを考慮し、殺人未遂か、結果重視で過失傷害致死か。

Aベストアンサー

過失傷害致死というのがよく分からないのですが、傷害致死のことでしょうか、それとも過失致死のことでしょうか。
死に至らしめるまでの傷害行為に故意があった場合は傷害致死となり、故意がなかった場合は過失致死となります。

法的には、もちろん殺人未遂が最も重い罪となっています。
殺人未遂……死刑または無期もしくは5年以上の有期懲役(ただし減刑可能)
傷害致死……3年以上の有期懲役
過失致死……50万円以下の罰金

道徳的には、その人の倫理観に左右される部分もありますが、多くの人はやはり殺人未遂が最も重いと考えるのではないでしょうか。
相手が死ななかったのは単なる結果論であって、「他人を殺そう」と考えてしまうその意思、あるいは魂のあり方が、道徳的には最も重視すべき問題だと考えられるからです。

Q禁固20年と無期懲役はどちらが重いのでしょうか?

日本では最高禁固20年が一番重い刑だと思っていましたが、先日の判決で禁固20年を差し戻し無期懲役刑が確定してました。無期懲役は刑期がはっきりしていないので15年でも社会に出てこられる刑と聞いてましたが、刑罰として無期懲役が重いのでしょうか?

Aベストアンサー

刑の重さは原則「死刑 > 懲役 > 禁錮 > 罰金 > 拘留 > 科料」 (それぞれの中では長い/金額が大きい方が思い) です. 例外は「無期禁錮 > 有期懲役」である (まあ, 無期禁錮そのものをほとんど見ませんが) ことと, 「有期禁錮と有期懲役で禁錮の長期が懲役の長期の 2倍以上長い場合には有期禁錮 > 有期懲役」であることの 2点. ちなみに懲役の方が禁錮より思いのは, 所内労働が懲役では義務だけど禁錮では義務でない (ただし最初に所内労働に従事するかどうかを聞かれ, そこで従事すると答えた場合にはしなきゃならないらしい) という点によります. もっとも, 所内労働をすればいくばくかのお金がもらえますが. まあ, 通常は禁錮であっても所内労働に従事することが多いようです.
ということで「無期懲役 > 禁錮20年」なわけですが, これは次のように考えても明らかです:
「禁錮 20年」なら 20/3年 (6年8月) 以上経てば仮釈放 (仮出獄) の可能性があり, しかも 20年経てば完全に釈放されて自由になりますが, 「無期懲役」だと最低 10年経たないと仮釈放されず (実際には 10年で仮釈放されたケースはないはず. 多くの場合 20年程度は経たないと仮釈放されない), かつ死ぬまで仮釈放状態 (つまり何かやったら即刑務所に戻る) です.
... と思ったんだけど.... あれ? 無期懲役と禁錮 20年のどちらも選択できるってどんな条件だ?

参考URL:http://www.lufimia.net/sub/keiho1/index.htm

刑の重さは原則「死刑 > 懲役 > 禁錮 > 罰金 > 拘留 > 科料」 (それぞれの中では長い/金額が大きい方が思い) です. 例外は「無期禁錮 > 有期懲役」である (まあ, 無期禁錮そのものをほとんど見ませんが) ことと, 「有期禁錮と有期懲役で禁錮の長期が懲役の長期の 2倍以上長い場合には有期禁錮 > 有期懲役」であることの 2点. ちなみに懲役の方が禁錮より思いのは, 所内労働が懲役では義務だけど禁錮では義務でない (ただし最初に所内労働に従事するかどうかを聞かれ, そこで従事すると答えた場合にはしなきゃなら...続きを読む

Q死刑についてです 自分は殺人した人は全員死刑になればいいと思ってしまいます。 ですが死刑になる人もい

死刑についてです
自分は殺人した人は全員死刑になればいいと思ってしまいます。
ですが死刑になる人もいればならない人もいます。その差は何ですか?
また、自分の考えは間違っていますでしょうか。
ご回答お願いします

Aベストアンサー

死刑になる人と、そうでない人の差は
法律による判断の違い、結果です。
犯した罪が、法律の規定上重いと判断されれば死刑ですし
そうでなければ死刑は免れることもあります。

人を殺したものを死刑とする、という考え方を一概に間違っているとは言えません。
が、法治国家である日本というこの国の中では
法律の規定に従って、刑罰が決定されるべきです。
この刑罰を「人を殺したものは、理由の如何に関わらず死刑とする」
という旨の内容に変える、ということであれば
「人を殺す」ことそのものの、その罪を犯した人の悪性を絶対的に確定する論拠が必要です。
つまり、人を殺したら死刑になるのは、どんな状況、心情、理由があっても
死刑になるのは当然である、と客観的に認められる説明が必要です。

この説明を出来るのならば、あなたの考えは正しいといえるでしょう。
出来なければ、その主張は法律上、机上の空論でしかありません。


感情的な論でいうと、個人の価値観の違いですね。

相手を殺さなければ自分が殺される、しかも相手を生かしたまま止める技術がない。
そういう状況で相手を殺した結果、死刑になってしまっては身を守ることも出来ません。
逆に、自分勝手で卑劣な理由で殺人を犯した人がある程度の刑期を経て
世の中に戻ってきてしまっては、殺された人や家族が納得できません。

なので、私個人的には、「殺人=死刑」は反対ですね。
殺人の理由を、状況を、心情をしっかりと精査することが必要だと思います。

死刑になる人と、そうでない人の差は
法律による判断の違い、結果です。
犯した罪が、法律の規定上重いと判断されれば死刑ですし
そうでなければ死刑は免れることもあります。

人を殺したものを死刑とする、という考え方を一概に間違っているとは言えません。
が、法治国家である日本というこの国の中では
法律の規定に従って、刑罰が決定されるべきです。
この刑罰を「人を殺したものは、理由の如何に関わらず死刑とする」
という旨の内容に変える、ということであれば
「人を殺す」ことそのものの、その罪を犯...続きを読む

Q禁固と懲役の違い

禁固と懲役の違いを教えて下さい。

Aベストアンサー

どちらも刑務所内に抑留されることに違いはありませんが、懲役は労働を強制されます。禁固は強制されません。
政治犯などの場合は、条文上も禁固刑に指定されていることが多いようです。

Q強姦殺人(強盗殺人)について

テレビで、強姦殺人や強盗殺人の事件を説明しているのを見て疑問に思っていることがあります。

「強姦殺人および殺人の罪で・・・」とよく言っていますが、
殺人が被っていますよね。
強姦した後殺したんなら「強姦と殺人」だし
強姦によって殺したなら「強姦殺人」じゃないのかと思うのですが。
そうじゃないと、一人の人が二度殺されたことになりませんか?
(そもそも、強姦殺人・強盗殺人の要件がよく分からないでいます。)

実は上記のことを、法学部を出た友だちに聞いたり、ネットで調べたりしたことがあるのですが、
よく理解できませんでした。
私も通信教育部の法学部を卒業済みですが、刑事訴訟法は勉強していません。
刑法の成績も芳しくありませんでした。
すみませんが、できるだけ噛み砕いて説明して頂ける方はいませんでしょうか。

Aベストアンサー

181条2項、強姦致死罪の規定は次のようになっております。

「第177条若しくは第178条第2項の罪又はこれらの罪の未遂罪を犯し、
 よって女子を死傷させた者は、無期又は5年以上の懲役に処する」

つまり、強姦の罪を犯し「よって」殺した場合が強姦致死という
ことです。
つまり、この文言からは、殺人の故意ある場合はどうなるのか、
よく解らない訳です。
そこで、学説が分かれています。

判例は、181条2項の強姦致死傷に故意ある場合、つまり強姦殺人、強姦傷人を含むと
しています。
犯罪類型として、強姦の時に殺意を持って殺す、故意でケガを負わせるという
ことはよくあることだからです。
又、そうでないと傷害の場合、刑の均衡を失します。
故意で傷害させた場合を含まないとすると、強姦罪と傷害罪
になってしまって刑が軽くなってしまいます。
これでは、より悪い奴が得することになります。

それで、判例は殺意を持った場合も強姦殺人として
181条2項の強姦致死罪の成立を認めています。
しかし、これだけでは死刑がある殺人罪との間に
刑の不均衡が生じてしまいます。
殺意があって強姦する方が、悪質だからです。
それで、判例は、殺意を持った場合は、強姦殺人と
殺人罪の双方が成立し、観念的競合になるとしています。
だから、TVの解説は判例に沿った正しいものです。

これに対しては、殺意ある場合に181条の成立を
認めるのに、更に199条の殺人罪を認めるのは
理論的におかしい、という批判があります。

181条2項、強姦致死罪の規定は次のようになっております。

「第177条若しくは第178条第2項の罪又はこれらの罪の未遂罪を犯し、
 よって女子を死傷させた者は、無期又は5年以上の懲役に処する」

つまり、強姦の罪を犯し「よって」殺した場合が強姦致死という
ことです。
つまり、この文言からは、殺人の故意ある場合はどうなるのか、
よく解らない訳です。
そこで、学説が分かれています。

判例は、181条2項の強姦致死傷に故意ある場合、つまり強姦殺人、強姦傷人を含むと
しています。
犯罪類型として...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報