6歳半の柴犬(雄・体高42cm体長48cm体重約13Kg、さわって背骨もさわれて太りすぎていないと思います。)です。

時々(例えば、走り回っていて突然、又は、顔や首や耳の後ろをなでている時、又はこちらは何もしていない時(目を離している時、等。)「キャンッ]と鳴いては小首をかしげます。
時間は、数十分、あるいは一晩様子を見て、とやってみても同じなのでかかりつけの医者に診てもらうと外耳炎と言われました。

薬で外耳炎は治ったのですが、まだ小首をかしげるので、『神経痛や他の病気の可能性はないですか?レントゲンとか撮らなくてもよいですか?』と医者に尋ねても、『そこを歩かせてみて、ちゃんと歩いてるでしょ。レントゲンは全身麻酔をかけないと出来ないよ。』と言われました。
こちらとしては、常に小首をかしげている訳ではないので、その瞬間に見せないと解らないというなら、検査をしなければならないのか、どうすればよいのか途方に暮れてしまいます。

病院を変えたいのですが、犬自身は、この病院ではおとなしく診察も注射も受けるのですが、以前別件で、このかかりつけ医師に同じような対応を受けたので別の病院に行くと、狂ったように暴れ、過呼吸のような症状して、診察ができませんでした。(欲目ではありませんが、普段は命令に従い、盗み食いなどもしませんし、日常の散歩中でもおとなしい犬で通っています。)

長い文章になってしまいましたが、
●小首を傾げる原因の可能性はどんなものがありますか?
●レントゲンは全身麻酔をする以外方法はありませんか?また、他の検査方法はありますか?
●やはり、しつけが悪かったのでしょうか?別の病院に連れていく方法はないでしょうか?

本当に悩んでいます。どうか皆様のお知恵をお貸しください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

No.3で回答した者です。

補足質問を拝見しました。

やはり現在の病院は、獣医さんお一人なのですね。でしたら「レントゲンで麻酔」も頷けます。一般的に人間の設備もそうだと思いますが、レントゲンは撮影する場所/カメラの操作をする場所がガラスで仕切られた別の部屋だったりしますし、動物の場合は保定しないといけませんから、一人で撮影しようとすれば麻酔を使用するしかないでしょうね。

他の方も回答されていますが、どうしても必要な切迫した状況ならともかく、今の状態で「麻酔をしてまで」レントゲンをするのは犬への負担を思うと少々疑問です。ただ、原因は究明したほうがよいと思いますので、やはり人手があって麻酔なしでレントゲンできる病院がよさそうですね。

さて、行動面の相談にものってくれる病院についてですが、「お住まいの地域 動物病院 行動療法(またはしつけ教室)」などで検索してもうまく見つからない場合は、下記に問い合わせされてはいかがでしょうか。私自身は直接問い合わせしたことはありませんが、サイトには認定病院の一覧もあるようなので、お近くにあるかまず確認してみてはいかがでしょうか。こちら系の病院なら、行動と病気、どちらの相談にものってくださると思います。(もちろん他にもたくさんありますが…)

日本動物病院福祉協会(JAHA)
http://www.jaha.or.jp/

あとはホリスティック(簡単に言うと心と体のつながりを重視する自然的な治療)系の病院も、トレーニングや行動についても相談に乗ってくださるところが多いと思います。その場合は
「お住まいの地域 ホリスティック 動物病院 行動療法(またはしつけ教室)」などで検索してみてください。ご参考になりましたら幸いです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご多忙のところ何度もご回答を有難うございました!
さっそく調べてみます!

お礼日時:2009/05/16 12:14

NO.4です。



>su_zu0さまは、原因がつかめない場合はどうなさっていますか?
私はしつこい性格なのか、普段から苦しんでいるわけではないから・症状が軽いから、と言われてもどうしても原因を知りたくなってしまいます。

私も原因追求したい方です~。
今回は一軒目の病院で、レントゲンを撮って大きな異常がなかったということで一安心し、2軒目の病院で、そこの獣医師さんの愛犬が同じ症状が出ていたが、何年も様子を見ていまだに普通に生活していると聞き、なんとなく納得してしまいました。
結局、専門病院には診せていませんが、もっと別の症状だったら、私も何軒も病院を回っていたと思います。

いまは関節にいいというサプリメントを飲ませて様子をみていますが、少しずつ効果が出てきた・・・という感じで落ち着いています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

同じ意見(気持ち)の方がいて私だけじゃないと思い、少し気が楽になりました。でも、気を抜かず、この子の性格と、家族の考え方を顧慮して対応していきます。
ご多忙のところ、ご回答いただきうれしかったです。
有難うございました!

お礼日時:2009/05/16 12:45

No.2です。



>大きな物音や初めての人・物・生物・食物etc.とにかく突然何かがあると異常に警戒したり、ビビったりしています。(オスなのに…。)

こういう性格のワンコは確かに存在しますね。
成犬になってもビクビクしています。
今うちで暮らしてもらっているワンコの一匹も食餌に集中しているときに、
台所からコンっときこえればビクっ、
テレビからワンときこえればビクっでして
これが、散歩時であればこのびくつき度が数百倍という感じでした。
過去にどういう状況で育てられ、捨てられたのかはわからないのですが、
数ヶ月経ってようやく落ち着いて日常の生活は周りの人間が気にならないくらいまでになりましたが、
基本ビビリはかわりません。
びっくりするような刺激を受けてフセをして動かない、首をすくめる状態があってもこれを「病気」とはとらえないし、
かかりつけの獣医師に話はしても「相談レベル」でも「診療依頼レベル」でもありませんね。

外耳炎と痛みの症状とビビリの性格を混在して獣医師や質問サイトに相談すると、
確かに獣医師の今回の反応は正しいような気がしますし、もうちょっと話を聞いてくださいとは思いますけれど(笑
首をすくむ性格のことを相談しているのであれば行動学にお詳しい方への質問が最適かと思います。

質問者様が言いたいことをしっかり聞いて、
問題点を自ら整理する努力も怠らずに説明と同意をしっかり受けることで安心を与えてくれる獣医師に巡り会うまで数カ所動物病院周りすることも選択肢に入れられたらいかがでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

koiwakuさまのワンちゃんの具体的な行動をを聞くと『人それぞれ・犬それぞれ』を再認識できました。
「相談レベル」「診療依頼レベル」行動学にお詳しい方や、安心を与えてくれる獣医師探しなどケースバイケースで対応しようと思います。
ご多忙のところ再度のご回答ありがとうございました!
とても励みになりました!

お礼日時:2009/05/16 12:32

レントゲンを撮るのに全身麻酔をかけるとは初めて聞きました。


ウチも股関節などのレントゲンを何回も撮ったりしていますが一度も麻酔をかけられたことはないですよ。
ほぼ大丈夫だとはいえ全身麻酔は多少リスクを背負います。
もし暴れるからという理由だけで全身麻酔をかけるというのであればちょっと信用ならないですね。

頭を傾けるということは耳の病気や神経障害が疑われるのですが・・・
ワンちゃんは何かアレルギーをもっていたりはしませんか?
アレルギー性外耳炎だと外耳炎だけでなくアレルギーの治療もしないと効果はありません。
アレルギーもちでなければ下を向けているほうに何らかの異常がある可能性はあります。
まっすぐ歩けなかったり焦点が定まらない、嘔吐するということがあれば神経障害を疑った方がいいです。

理由がわからないまま放置するのは心配なので、ここはやはり一度別の病院で診察を受けた方がいいでしょう。
初めての病院だと飼い主様もワンちゃんも緊張してしまい、それが影響して暴れたりする原因になってしまいますが、病院に入る前に一度ワンちゃんを落ち着かせて緊張をほぐしてあげると多少は落ち着くと思います。
診察を受ける数日前からその病院の周りを散歩させてその場所に慣らせておくというのも1つの手です。
手馴れた獣医さんだと暴れるワンちゃんでも上手く対応し落ち着かせて診察をしてくれますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

外耳炎だけでもいろんな種類があるのですね。長く一緒にいるのに、耳の病気のみならず、病気や神経障害なんかに無知でした。
頂いたご意見のおかげでもっと勉強しようと思いました。
ありがとうございました!

お礼日時:2009/05/16 12:10

病気に関しての知識はないのですが、レントゲンに関してだけ回答させてください。



うちは猫は背骨部分を2回、頭部を1回、犬は後ろ足を1回、どちらも違う病院でレントゲンを撮りましたが、一度も全身麻酔(部分麻酔も)をしませんでした。
撮る部分によって違うのかもしれませんが、他の病院では麻酔なしでしてくれるのではと思います。

以前、犬が少しヘンな歩き方をしていたので、ある病院でレントゲンを撮ってもらったのですが、どこも悪くないと言われました。
しかしその後も気になったので、別の病院で診て貰ったところ、そこではレントゲンは撮らず、「この程度の軽度のものではレントゲンを撮っても異常が映らないことが多い、どうしても気になるのならば、関節を得意とする病院を訪ねた方が良い」とアドバイスされました。

病院によって得意な分野とそうでない分野があるようなので、やはり病院を変えてみてはいかがでしょうか。
わんちゃんが暴れた経験があるということで不安になられていると思いますが、たまたま相性が悪かっただけかもしれないので、トライしてみる価値はあると思います。
でもうちの場合のように、レントゲンを撮っても原因がつかめない場合もあるかもです・・・。

この回答への補足

ちなみに昔、猫を飼っていた時、かかった病気で原因が解らない病気(状態)になったことがなく、このように解らないとつい戸惑ってしまいます。
su_zu0さまは、原因がつかめない場合はどうなさっていますか?

私はしつこい性格なのか、普段から苦しんでいるわけではないから・症状が軽いから、と言われてもどうしても原因を知りたくなってしまいます。

補足日時:2009/05/14 15:39
    • good
    • 0

●レントゲンは全身麻酔をする以外方法はありませんか?また、他の検査方法はありますか?



うちは代々犬がいまして、運悪く病弱の犬が多いので病院とは縁が切れませんが、大型~小型まで、どの犬も一般的なレントゲン撮影で麻酔を使用した経験はないですね。MRIや内視鏡となるともちろん麻酔使用でしたが…。
中にはかなりの恐がりだったり、暴れるのもいましたが、看護士さんがきちんと保定してくださるので撮影できています。

もしかして看護士さんがいない病院だったりするのでしょうか…。いずれにしても、ご心配なら別の病院で診ていただくほうがいいかもしれませんね。


●やはり、しつけが悪かったのでしょうか?別の病院に連れていく方法はないでしょうか?

地域にもよりますが、最近ではしつけ教室を開催していたり、行動療法などに力を入れている病院もあります。そういったところですとお悩みの部分にも対応してくださると思いますので、探されてみてはいかがでしょうか?

「一回目の通院は、先生や看護士さんにオヤツをもらって遊んでもらって飼い主さんのお話を聞くだけ」で、犬の嫌がることをしないようにしてくれるような病院もあります。(イヤな場所、という印象を和らげるため。)

また、うちは病院ではありませんが、とある場所をとても恐がるので、用がなくてもそこへ行って少しでも落ち着いていられたらほめたり、オヤツを与えるなどして、その場所の印象を少しずつ良くしました。始めは遠巻きに、だんだん少しずつその場所への距離を縮めながらそのようにしていたら、今では問題なくそこへ行けるようになりました。ご参考まで。

この回答への補足

●もしかして看護士さんがいない病院だったりするのでしょうか…。
→かかりつけは、医師一人の小さな医院です。(しかも家からとても近く、変えにくい点もありまして…。)この医師に対してはキャンとも言わず注射を受けさせます。
別件の時に行った所は看護師のいる所といない所、いづれも首にカラーを巻く事すらできず、普段は私に絶対に噛みつかないのに抑える腕を噛みました。医師や看護師に、今からでもしつけをやり直しできるから、と呆れられました。
●「一回目の通院は、先生や看護士さんにオヤツをもらって遊んでもらって飼い主さんのお話を聞くだけ」で、犬の嫌がることをしないようにしてくれるような病院もあります。
→例えばinuyosiさまは普段どういう調べ方をなさっていますか?
知り合いに聞いても、皆さんいくつかの病院をうまく使い分けているようなんです。(余談ですが、幼犬の時からおやつのご褒美につられてくれないない性格だったので、私が先に試して(例えば踏切を渡る時)怖くない事だと教えたり、褒める・叱る・遊んでもらう等で、しつけたり他の人や動物に接する機会を多くしていました。)
いろいろ行ってみようと思うのですが、ネット検索しただけでは限界があるので、もしお時間がありましたら教えていただけませんか?

補足日時:2009/05/14 14:49
    • good
    • 0

獣医師ではありません。


●普段はなんともないのに、
急な痛みの出現に対してすくむのでしょうかね。
想像できませんが、
かかりつけの獣医師の「ちゃんと歩いてるんだから」というのは脊椎、脊髄由来の痛み出現であれば、
筋の動きにも症状が出るから、(脊椎)レントゲンの必要はないよということなんでしょう。
ヒトが「首が痛いです」ということになれば、医師が頸椎レントゲンを診ることも普通ですので、
飼い主が首の症状に対して「獣医師に首周辺のレントゲンやCTを撮ってもらいたい」という気持ちはよくわかります。
そこに問題がなければ次の可能性を考えるわけですし。
●麻酔をかけて行う処置もあれば、ないものも。犬の大きさや、落ち着き度や症状によってではないでしょうか。
●他の獣医師との相性がわるかっただけでしょう。
病気の診断のためには他の獣医師にお願いする選択もあるでしょうし、
今回の件で言えば、セカンドオピニオンのような感覚でお願いしても良いんではないでしょうか。
診断名と治療方針が決まれば、
診断書を書いて貰って、
かかりつけ医に戻って再度継続のお願いをしてもらってもいいわけですし。

お大事にしてください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

●急な痛みの出現に対してすくむのでしょうかね。
言われてみるとそうですね。傷みのみならず、大きな物音や初めての人・物・生物・食物etc.とにかく突然何かがあると異常に警戒したり、ビビったりしています。(オスなのに…。)

診断内容や方法にもいろいろありますね。
うちの子の性格と今後老犬になって大きな病気になった時のことも併せて考えてみます。
ありがとうございました!

お礼日時:2009/05/13 16:34

こんにちは!


納得のいく回答ではないかもしれませんが・・・・
我が家の愛犬は、超大型犬でこれまでに2回レントゲンを撮っていますが麻酔は打ってませんよ!股関節と足の関節のレントゲンを撮りました。確かに1人の獣医しかいなければ麻酔なしのレントゲンは暴れたりすると大変ですよね!首をかしげるのは(泣くのは心配・・・)耳に違和感があるのか?気になるようなら違う病院へ行くことを進めます。暴れてもわんちゃんの病名がわかれば「よし」ではないですか?うちは、病院の待合室で待っていられないのでいつも外で呼ばれるのを待っているのですよ!気にしないで先ずは気になっていることの解決が先ではないでしょうか・・・
    • good
    • 0
この回答へのお礼

私もnewfanさまと同じで『暴れても他の病院で病名がわかれば「よし」』だと思うんです!でも、うちの場合、別の病院の時、待っているうちは怖いと思わないのか、よかったのですが、先生が来て診察が始まると狂ってしまい、『こんなに暴れるのに他に行ける所があるか?』と、家族で意見がまとまらずにいました。
なので、自分と同じ意見の方がいらっしゃって励みになりました。ありがとうございました!

お礼日時:2009/05/13 16:12

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qどこが痛いのかわかりません。

生後2年8ヶ月のオスのポメラニアンです。
昨日の朝から普通に歩いたり食事もするけど
いつものように走ったり、ソファの上に飛び乗ったり
「遊んで」って催促したりしなくなり、
ふとした拍子に「キャン」と鳴くのです。
どこか痛いのかもしれないんですがどこが痛いか
特定できず、背中の毛を撫でただけで鳴いたり
ベランダに出ようとして鳴いたり・・・なのです。
病院でレントゲンを撮ってもらっても異常ないし、
普通にびっこ引かず歩いています。
医者も原因がわからず、様子見と言われたのですが
一応、痛み止めの注射で今朝は落ち着いています。
これは何かの病気なのでしょうか?
外傷もないのでケガをしたわけではないと思う
のですが。

Aベストアンサー

獣医師です。
レントゲンは取られたのですね?どこのレントゲンを撮ったのでしょうか?
全身くまなく撮影していなければ、当然レントゲンで写っていない部位に異常がある可能性は
残っていますね。
あくまで飼主さんからの訴えだけを聞いて推測しているのでここからは回答ではなく、
いち獣医師としてのひとりごと程度に受取ってください。
トイ種ではしばしば首の骨(頚椎といいます)の1番目と2番目のつながりが不安定な個体が
見受けられます。1番目の骨を環椎、二番目の骨を軸椎と呼び、そのつながりが弱い事を
「環軸不安定症」「環軸亜脱臼」などと呼びます。
この場合はレントゲンを普通に撮影するのではなく、首を伸ばした状態とやや腹側に曲げた
状態で撮影し、診断します。
症状としては質問にあるような突発的な痛みや、しばしば経験するのは、首を下に曲げるような動作
つまりお皿から水を飲もうとすると痛がるが、何か台の上にお皿を乗せてあげると痛がらずに飲める、などです。
痛みが毎回ではない事もよく見られます。同じように持ち上げても泣く時と泣かない時があるなど。
また、病院などではかなりの緊張状態になるので自宅では痛がるが病院に行くと
どこを触っても鳴かない、というケースがほとんどです。

首の関節に限らず、No.3の方が回答されているように、脊椎の疾患(例えば椎間板ヘルニアの軽いもの)でも
同様の症状を取ることがあります。椎間板ヘルニアはただのレントゲンでは判明せず、脊髄造影で判明する
ケースや、CT,MRIで判明するケースも十分考えられます。

ですから、今回レントゲン撮影で異常がなかったからといって絶対に異常がないわけではなく、
少なくともレントゲン撮影で分かる範囲の異常がなかった、というだけしか言えません。

痛みが続くようであれば、首の関節についてチェックしてあるかどうか、担当医に質問されてみては
どうでしょうか?または整形外科を得意とする病院のセカンドオピニオンを求めても良いかと思われます。

獣医師です。
レントゲンは取られたのですね?どこのレントゲンを撮ったのでしょうか?
全身くまなく撮影していなければ、当然レントゲンで写っていない部位に異常がある可能性は
残っていますね。
あくまで飼主さんからの訴えだけを聞いて推測しているのでここからは回答ではなく、
いち獣医師としてのひとりごと程度に受取ってください。
トイ種ではしばしば首の骨(頚椎といいます)の1番目と2番目のつながりが不安定な個体が
見受けられます。1番目の骨を環椎、二番目の骨を軸椎と呼び、そのつながりが...続きを読む

Q犬の頚椎ヘルニアについてアドバイスお願いします。

13歳の女の子(ポメラニアン)が、昨年12月のはじめに、首のヘルニアだと診断されました。
その後、ステロイドを飲まして、ケージレストをしていましたが、段々とよくなっていき、お正月からは、ケージの外に出して普通に生活をさせていました。

ところが、先週末辺りから、前足が突っ張ったような感じになったり、内側に折れた感じになって、転ぶことが多くなりました。
病院は週に一度連れて行って、薬はずっと飲ませていました。
今朝、病院で診てもらったら、前足が2本とも麻痺してる感じで、感覚がないから、歩いてて転んでしまうのだと言われました。
今日は、レーザー治療もしてもらい、しばらくはレーザーとステロイドを続けるつもりですが、またケージレストに戻ってしまい、かなり凹んでしまいました。

ただ、あまり歩かせないと、筋肉が落ちてしまうそうなので、足のマッサージや、介護用のハーネスをつけて、転ばない程度になら、少しは歩かせてもいいと言われました。

また、ネットなどを見ると、プールや鍼も効果があると書かれていて、でも、いざとなると、ほんとに効果があるのか、もしこれ以上悪くなったら…と不安になります。
病院にすべて任せていたほうがいいのでしょうか?
このまま、よくならなかったら、MRIをとって、きちんと調べた方がいいと言われましたが、13歳の高齢犬なので、麻酔も心配です。
ましてや手術となると、かなり抵抗があります。

ワンちゃんの頚椎椎間板ヘルニアで、完治したお話とかお聞きしたくて、今回投稿しました。
まとまりが悪くて、わかりづらい店があるかもしれませんが、よろしくお願いします。

13歳の女の子(ポメラニアン)が、昨年12月のはじめに、首のヘルニアだと診断されました。
その後、ステロイドを飲まして、ケージレストをしていましたが、段々とよくなっていき、お正月からは、ケージの外に出して普通に生活をさせていました。

ところが、先週末辺りから、前足が突っ張ったような感じになったり、内側に折れた感じになって、転ぶことが多くなりました。
病院は週に一度連れて行って、薬はずっと飲ませていました。
今朝、病院で診てもらったら、前足が2本とも麻痺してる感じで、感覚がないから...続きを読む

Aベストアンサー

動物病院で勤めてましたが、ヘルニアの子は多かったです。
・ステージ5のヘルニアの子で、手術をしても立てないだろう。という子が来ましたがプリドールという注射を続けてたら歩けるようになりました。自宅で負担がかからないように筋トレもしてたそうです。

このように特例もありますが、私が勤めていた所では手術をしても歩けない子、手術をしてリハビリ、レーザー治療を続けてヨタつきながらも歩けるようになった子は
半分半分な気がしました。
因みに1件だけ リハビリ、プール、マッサージで毎週病院に通い 自宅でも続け、県外のリハビリにも通って頑張ってる子が居ましたが、残念ながら歩けるようにはならず、車イスに乗る事になりました。

質問者様のように高齢なワンちゃんだけど手術をしてあげたいと言う事で、心臓の薬を数週間続けて手術をした子も居ました。

正直、手術や治療で結果がどうなるかは 何とも言えないと思います。
大切な家族ですし不安ですよね。
今現在 少しでも疑問があるなら、納得するまで先生とお話されるか、セカンドピニオンをされるのはどうでしょうか?
高齢だし、負担もかかると思うので お一人で行かれる手もあると思います。
私の勤めてたところは実際そういう方も多く来られ、飼い主さんが納得していただいたらワンちゃん,ネコちゃん連れて来て治療開始してましたが、
やはり まずは今みてくれてる先生と話合われた方が良いのかなと思います。

動物病院で勤めてましたが、ヘルニアの子は多かったです。
・ステージ5のヘルニアの子で、手術をしても立てないだろう。という子が来ましたがプリドールという注射を続けてたら歩けるようになりました。自宅で負担がかからないように筋トレもしてたそうです。

このように特例もありますが、私が勤めていた所では手術をしても歩けない子、手術をしてリハビリ、レーザー治療を続けてヨタつきながらも歩けるようになった子は
半分半分な気がしました。
因みに1件だけ リハビリ、プール、マッサージで毎週病院に通い ...続きを読む

Q老犬の前庭疾患、病院へ行かずに様子をみたいですが

あと2ヶ月で13歳になる、シーズーなのですが、一昨日やけに転ぶなと思っていたのですが、関節の痛みの為に定期的に注射に通っていて普段から、足をひきずって歩きにくくしていることも体調によってはあるので、「今日は足が痛いんだな」と思っていました。散歩時も普段から抱っこで移動し、排尿と排便の決まった場所で降ろして排泄させて、また抱っこで連れて帰っていて、また日中もほぼ寝ているので1日のうちで自分で歩く事自体がほとんどないので、少し気になるな・・程度でした。

ですが、昨日、ご飯を食べさせるときに(スプーンで食べさせています)首が傾いているように感じ、「あれ??変やな~」と家族で話していて、ずっと首をかしげているような感じで、振り向いたりするときも何かいつもと違っていて・・「??」という感じで、ご飯もいつもならパクっと食べてくれるのですが、首がいがんでいるので上手く食べさせられないし・・と思っていると、娘が「ママ、目が変!!」というので、見てみると、左右にキョロキョロと早く動いていました。

夜だったので病院は閉まっている時間でしたので、驚いてすぐネットで調べると、前庭疾患で間違いないと思いました。で、その時は私は明日(今日)病院へ連れて行こうと思っていたのですが、昨日夜中もいろいろと前庭疾患を患ったことのあるわんちゃんのことが書いてあるブログなどを見ていると、通院しても特に治療法がないので、ステロイドや注射をする。とか、数日から数週間かけて治っていく。と書かれているブログが多く、病院へ行くのを迷っています。

迷っているのは金銭的なことではなくて、私は車に乗れなくて通院時はいつも自転車です。前のカゴに毛布やタオルケットに包んで乗せて、通院しています。時間は10分ほどですが、前庭疾患はわんこにしてみるとひどい船酔いのような感じだというのを読んで、自転車に揺られて連れて行かれるのは、ただでさえ辛いのにすごく大変な思いを愛犬にさせるのでは・・と心配だからです。

今の症状は、見た感じが首が斜めになっていて、目が左右に揺れています。昨晩気が付いたときと比べると、今は、動きがゆっくりになっています。
食欲は、普段よりはありませんが、食べています。
排尿、排便もあります。
首の傾きと目の揺れ以外では愛犬の様子は、普段と変わらず、いつもの場所でずっと寝ています。

吐いたり、よだれを垂らしたりぐるぐる回る(これは、うちのわんこはあまり立たないのでしないのかもしれませんが)症状がでる場合もあると書いてありましたが、いまのところそういう症状はありません。

このような状況ですが、病院へ行かずに様子をみても大丈夫だと思いますか?
文章だけでは判断ができないと思いますが、体験談などあれば教えていただけるとありがたいです。

もちろん、今の比較的軽度の症状の様子(昨日より目の揺れがゆっくりになっていることや、いつもと変わらず眠ったり、こちらを見たりするときの様子などが普段と変わらないなど)から、症状に変化があれば、別だと考えていますが、質問に書いたような状態で考えると自宅で様子見の方が、体が楽なのではと考えているのですが、どうでしょうか?

意見がいただきたいです。どうぞ宜しくおねがいします。

あと2ヶ月で13歳になる、シーズーなのですが、一昨日やけに転ぶなと思っていたのですが、関節の痛みの為に定期的に注射に通っていて普段から、足をひきずって歩きにくくしていることも体調によってはあるので、「今日は足が痛いんだな」と思っていました。散歩時も普段から抱っこで移動し、排尿と排便の決まった場所で降ろして排泄させて、また抱っこで連れて帰っていて、また日中もほぼ寝ているので1日のうちで自分で歩く事自体がほとんどないので、少し気になるな・・程度でした。

ですが、昨日、ご飯を食べさ...続きを読む

Aベストアンサー

病院に行くべきです。
これは別に『見ていない犬だけに、安全パイで』というような理由ではありません。

>前庭疾患で間違いないと思いました。

行かないという理由が、全てこれが大前提です。
症状からして『たぶんそうじゃないか?』というのならば、私もそうかなと思います。
ですが、やはり診察しないと解りませんよね。
犬の事ばかりじゃ無いにしても、獣医師は少なくとも六年間+αという時間をかけて学んだ専門家です。
ここはやはり専門家に任せるべきだと信じます。

>通院しても特に治療法がないので、ステロイドや注射をする。とか、数日から数週間かけて治っていく。と書かれているブログが多く、病院へ行くのを迷っています。

これも、プログ=その人の犬について書かれたことです。
参考になるでしょうが、参考以上にはすべきでないと思います。
また治療方針の相談と決定というのも、獣医師と飼い主さんにとって重要な事項です。
プログに書いてた、というのも医療の素人にとっては限られた情報のひとつです。
愛犬の様子を心配して情報を集めるというのは、至極尤もな話ですし、これを理解しない獣医師は、心を理解しない獣医師だとも思います。
少なくとも、人間の医者で患者が情報を集めることを否定する人は昨今極めて少数派ですし、逆に「何か疑問点があったらどんどん聞いて下さい」というのが医者に求められている資質のひとつです。
恥でも何でもありませんから、相談してはいかがでしょうか。

>自転車に揺られて連れて行かれるのは、ただでさえ辛いのにすごく大変な思いを愛犬にさせるのでは・・と心配だからです。

NO1に書かれているjijinohanasiさんの仰る通り、タクシーを依頼するのは手だと思います。
タクシーに予約を入れる時に予め事情を説明して、確認すれば良いのでは無いでしょうか。
もしもタクシー会社が犬の同乗を快く思わないならばですが、お住まい地域で(ペット保育所・訓練所・トリミング)こういったペット業者で送迎をされている所に事象を話してみるのも手だと思います。
もっと簡単な方法ですと、獣医さんの往診依頼ですね。
されていない所も多いですが、昔からされている獣医病院は結構な率で往診をされているように感じます。(往診=この時点で少なくとも犬の移動手段は確保できています)

お大事に。

病院に行くべきです。
これは別に『見ていない犬だけに、安全パイで』というような理由ではありません。

>前庭疾患で間違いないと思いました。

行かないという理由が、全てこれが大前提です。
症状からして『たぶんそうじゃないか?』というのならば、私もそうかなと思います。
ですが、やはり診察しないと解りませんよね。
犬の事ばかりじゃ無いにしても、獣医師は少なくとも六年間+αという時間をかけて学んだ専門家です。
ここはやはり専門家に任せるべきだと信じます。

>通院しても特に治療法がないので、...続きを読む


人気Q&Aランキング