某所で直流安定化電源を中古にて購入いたしました。
購入したものがシリーズレギュレータなのかスイッチングレギュレータなのか判別するには基盤のどのあたりを見るとわかりますか?
いろいろと調べてみたところ電源トランスが入力の直後についていればシリーズタイプになりそうだというところまではわかりました。
また、平滑コンデンサーの前の方に、c3306なるパワートランジスタが付いていて、このトランジスタが平滑コンデンサーと組んで最終的な安定した電圧を作っていることもわかりました。
それと一緒の放熱板にD25-02Cというやはり3端子の同じ形をした部品が乗っかているのですが、それの役割がわかりません。
スイッチング電源であれば制御用のスイッチング素子なる部品が乗っかているはずですが、外見はどういったものでしょうか?
電気回路の基礎については昔大学にて勉強したのみですっかり忘れてしまっています。
興味本位の質問大変恐縮ですが、過去の質問を調べましてもこのような質問がなかったためどうかよろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

No.3 です。


間違いなくスイッチングレギュレータ(以下SW-REG)です。
他の仕様でもSW-REGの特徴を表現されています。

>NEMIC-LAMBDA製のRS-10-15・・・・ <-SW-REG専業メーカー
>INPUT 85-132VAC 75W <-通常90Vから110Vです。75WではPCのATX電源の大きさが必要
>15V 3.4A OUTPUT  <-かなりの重量(5Kg程度)の電源トランスが必要
>外形は煙草の箱2個分くらい <-完全にSW-REGです。
NEMIC-LAMBDA製は、現在TDKラムダ(旧デンセイ・ラムダ)製でSW-REG専業メーカー
でした。
 ご使用の電源ユニットは、組み込み用途で色々な産業機器に利用されていました。
S/Nの劣化に影響されない機器には、小型・軽量で便利だったのですが、よりコスト
低減の関係でモジュール部品や、各社で社内開発製に切替り市場が縮小していますので
一般の中古市場に出回ったのでしょう。・・・・・

>今回の使用目的はフォノイコライザーキットの電源供給部にと思っての購入です。
試しに使ってみてください。S/N40dB程度でインパルスノイズが混入します。
LCフイルターの容量・・以前の問題ですので、別途質問してください。
 
    • good
    • 0

RS-10-15は製造中止済で、メーカーのサイトに資料がありませんね。


http://www.archive.org も探してみましたが残っていませんでした。

前の回答はトランジスタとダイオードが2次側に付いている前提だったのですが、(高耐圧のものを使っているので妙だと思いましたが)
1次側となると、ハーフブリッジダイオードの使い道が???です。普通はフライバック方式かフォワード方式が用いられますが、その場合あんな大きなダイオードは要りません。プッシュプル方式ならあり得ますが、その場合はC3306が2個必要です。
まあ、スイッチング電源には違いないですけどね。

LCフィルターについては別に質問を立てたほうがいいですよ。
    • good
    • 0

パネルの上に書いてある型名で推定可能です。


たとえば、「***-15V-5A」で定格15V/5Aで***社製など・・・・
あと質問者さんの考えている入力にトランスを使用していれば、シリーズレギュレータ
式です。
定格出力の割りに軽量であればスイッチングレギュレータ式です。
>トランスを使用しているため、同容量で比較した場合、スイッチング方式の製品よりも、容積が大きく、また重くなります。

 2SC3306/D25-02Cの部品を使っていれば、シリーズレギュレータ式と推定されます。
が、もし出力電圧のノイズ特性を気にされているなら、下記の【シリーズドロッパ(シリーズレギュレータ)方式】 では、
制御回路と電圧制御にスイッチング方式を採用していますので、多量の高周波ノイズが
重畳されてきます。
 オーディオ系のアンプ電源に利用される場合は、出力端にLCフイルターを挿入される
のをお勧めします。
(数10KHzから10MHzのスイッチングノイズに悩まされました。)

>制御用のスイッチング素子なる部品が乗っかているはずですが、外見はどういったものでしょうか?
制御用のスイッチング素子はMOSFETを使っています。トランスはタバコの箱程度の形状
となります。

PMCシリーズ/PMC-Aシリーズ参照
■ドロッパ方式

http://www.kikusui.co.jp/catalog/selection/selec …
 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。
商品の方を記載しなかったのは手落ちでした。
NEMIC-LAMBDA製のRS-10-15
INPUT 85-132VAC 75W
15V 3.4A OUTPUT
外形は煙草の箱2個分くらいのものです。
> 2SC3306/D25-02Cの部品を使っていれば、シリーズレギュレータ式と推定
どうも下記の回答からスイッチングレギュレータ式と思われました。
電源ライン用の3端子フィルタでもよさそうです。
今回の使用目的はフォノイコライザーキットの電源供給部にと思っての購入です。オーディオ用途ですので、スイッチングノイズ対策はよく考えなくてはいけませんね。LCフイルターの容量決定に役立つページがあれば教えていただけますか。

お礼日時:2009/05/13 09:12

C3306はこれです。


http://www.datasheetcatalog.org/datasheets/228/7 …
D25-02Cはこれです。
http://www.fujisemicon-elis.com/PDF/Q0400406.pdf
ハーフブリッジダイオードです。おそらくトランスの2次側はセンタータップつきのタイプで、アノードがその両端に接続され、カソードが平滑コンデンサの+側に、センタータップが-側に接続されていると思います。

スイッチング電源のスイッチング素子は、バイポーラパワートランジスタの場合もありますし、パワーMOS FETの場合もありますし、IC(パッケージやピンの数は色々)の場合もあります。外見は様々です。

トランスが重くて鉄芯を使ったもので、入力の直後についているならたぶんシリーズレギュレータですが、二次側の電圧を非絶縁のスイッチングレギュレータで降圧している場合もあるかも知れません。この場合は、平滑コンデンサ→スイッチング素子→インダクタ(コイル)→平滑コンデンサと接続されているはずです。

入力側に整流ダイオード、平滑コンデンサがついていて、スイッチング素子を経てフェライトコアトランスが接続されていれば、間違いなくスイッチング電源です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
データシートをお探しいただきありがとうございます。
入力側というのはスイッチング素子までをいうのですよね。
C3306が、スイッチング素子として働いていると考えてよろしいのでしょうか?
ちなみに入力の流れは、ヒューズ→コンデンサー→コイル→コンデンサー→ダイオード?(黒くて四角いさいころみたいなものシルク印刷にはD1と記載)その後200V470μFの大きなコンデンサーがついています。
トランス(型番はNO1の質問に記載)は小さなものですがC3306→D25-02Cの直後です。
やはりスイッチングで電源と考えてよさそうです。
丁寧なご回答本当にありがとうございました。

お礼日時:2009/05/13 08:59

基盤よりトランスを見てください。



ケースの半分近くを占めるような大きめのトランスが使われていて、
トランスの巻き線がほんの一部(端子の部分)しか見えなければ
ほぼ、シリーズレギュレータでしょう。

トランスが以外と小さくて、基盤の上に載っていたりすると
スイッチングレギュレータの可能性が高いです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
トランスは、NO2の回答にある、ハーフブリッジダイオードと平滑コンデンサーの間に3センチ四方くらいのものです。もちろん基盤の上に実装されています。
型番は10971A(RS-10/45-15V)
ケースのほんの一部です。
スイッチングレギュレータと考えてよさそうです。

お礼日時:2009/05/13 08:42

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング